連載官能小説『放課後の秘密』第2回

連載官能小説

連載官能小説『放課後の秘密』第2回

スカートを脱ぐと、ベージュ色のパンスト姿である。

パンストの奥には、シンプルな白の下着が見える。

それほどセクシーなショーツではないが、昭は興奮している。

憧れの美茄冬の下着姿を前に、彼は高揚していた。

(先生の下着姿……凄すぎる)

美茄冬は大変スタイルがよい女教師だ。

ファッションモデルと言っても通用するだろう。

ウエストは細いのに、ヒップは膨らみがあって、女性らしいシルエットを持っているし、胸も大きいようである。太ももは細く見えるが、適度に筋肉と脂肪がついていて、ふっくらとして柔らかそうである。

こんな姿をみていると、完全に興奮してしまう。

あまりに刺激が強過ぎる美茄冬の姿を見て、昭は半ば感動していた。

美茄冬は、そのままパンストを下ろし、さらに下着に手をかけた。

ゆっくりと下着を下ろしていくと、控えめな陰毛が見える。その奥、膣口が隠されているのであろうが今はまだ見えない。

「せ、先生。足を開いてください」

懇願するように昭は言う。

こんな生徒の前で、あられもない姿になっている。

でも決して嫌ではなかった。

むしろ逆に興奮してくるではないか?

(私、どうして興奮しているのかしら……)

不思議だった。

しかし、興奮を抑えられない。

何かこう、もっと見てもらいたいという気持ちが沸き上がってくるのである。

美茄冬は、デスクの上に座り込むと、そのまま足を広げていく。

あそこの割れ目がくっきりと見え始め、大陰唇が顔を出す。

さらに足を広げていくと、小陰唇のビラビラがみえて、奥に膣口がある。

昭は始めてみる女性器に感動を覚えていた。

「せ、先生のあそこ、凄いキレイですね」

「あんまりじろじろ見ないでね。凄く恥ずかしいから」

「でも綺麗すぎます。あ、あの、触ってもいいですか?」

「少しなら……」

「じゃあ少しだけ」

昭は美茄冬に近づき、震える指であそこに触れてみた。

しっとりと濡れている。

指に僅かであるが、愛液が付着した。

女性が興奮すると濡れるというのは、知識として知っている。

しかし、実際に目の当たりにするのは初めてなのだ。

(せ、先生も興奮しているんだ)

その事実を知り、昭はかなり嬉しくなる。

もっとHな行為を楽しみたい。

恐らく、美茄冬はそれほど嫌がってはいないのだろう。

自分のために、体を使って指導してくれる。そんな美茄冬の姿に、昭はありがたさを感じていたし、このまま時間が止まればいいのにとさえ思っていた。

「あん、そんな風に触らないで」

生徒にあそこを触られていると、なんだか変な気分になってくる。

興奮し、あそこは濡れている。

どうしてそこまで興奮するのか、美茄冬にはわからなかった。

しかし、もっと触れてもらいたい。

もっと、興奮させてほしい。そんな風に感じるのは事実である。

「せ、先生にあそこ、濡れますよ」

「そ、そんなこと言わなくていいの」

「興奮しているんですね。俺も凄い興奮しています」

そのまま昭は指を滑らせて、膣口に持っていく。

「中に指入れてもいいですか?」

「いいけど、丁寧にするのよ」

「わかりました」

承諾を得た。

昭は、指を膣内に滑り込ませていく。

ぬるぬるとした質感で、指はあっさりと膣内に吸い込まれていった。

(あ、温かい……)

膣内は体温で温かった。

それでいて、ぬめぬめと愛液で湿っている。

だからこそ、指はスムーズに動いた。

膣口付近を指でくりくりと動かしながら、次第に奥の方まで指を入れていく。

濡れているからこそ、指は速やかに奥まで入っていく。

「く、くぁ……」

美茄冬の甘い声が漏れる。

(先生の声、……たまらないよ)

こんな声を聞いていると、どんどんおかしくなってしまう。

もっと過激に、もっとHに……。

そんな思いが、昭の身体を支配していく。

最初は指を一本だけ入れていたが、次は二本入れてみた。若干窮屈になったが、それでも美茄冬のあそこは指を迎い入れていく。

「そ、そんなにかき回さないで」

「でも凄い濡れていますよ。どうしたらいいですか? 教えてください」

生徒に指を挿れられている。

性器の中に……。

顔から火が出るくらい恥ずかしかったが、気持ちいいことには変わらない。

美茄冬も次第に大胆になっていく。

「新藤君。クリトリスって知っている?」

「知ってますけど。あんまり詳しくはないです」

その言葉を受け、美茄冬は、自分の性器に指を持っていき、ある場所を指さした。

そこは包皮に包まれており、ぷっくりと膨らんでいる。

「ここがクリトリス。ちょっと触ってみて」

「い、いいんですか?」

「ええ、その代わり丁寧にゆっくり触るのよ」

「はい。わかりました」

美茄冬は一旦指を抜き、ぬるぬると濡れた指で、陰核を覆っている包皮を指で上にあげた。

すると、むくっと白い豆のようなものが顔を出した。

(こ、これがクリトリスかぁ)

感動した気持ちで、彼は陰核を見つめる。

そして、そのまま粘ついた指で軽く触れてみる。

「あん。す、凄い感じるわ」

美茄冬の声も自然と大きくなる。

「先生、気持ちいいんですね。なら、もっと触ります」

昭は指で陰核を摘まみ、コリコリと弄り始めた。

すると、美茄冬は圧倒的な快楽に包まれていき、身を捩らせ始めた。

恍惚とした表情を浮かべ、快楽に身を委ねている。

「あん。そんな風に弄られたらおかしくなっちゃうわよ」

「スゴイ、どんどん濡れてきますよ」

興奮も次第にピークを迎えていく。

そんな中、昭はある提案をした。

「せ、先生。実はお願いがあるんです?」

「え、お願い?」

「はい。実は先生のおま×子を舐めたいんですけど駄目ですか?」

「舐める? そんな汚いわよ」

「汚くありません。むしろ舐めたいんです。お願いします」

「そうすれば、悶々とした気持ちが晴れるのね?」

「多分ですけど」

「わかったわ、なら舐めて頂戴。先生を気持ちよくさせて」

「ありがとうございます」

美茄冬は今、デスクの上にM字開脚をして座っている。

昭はというと、デスクの下に移動し、デスクの上に顔を持っていくと、ゆっくりと顔を美茄冬の性器に近づけていく。

甘い女臭が漂ってくる。

牝の香りである。こんな匂いを嗅いでしまうと、自分はどんどんおかしくなってしまう。

しかし、おかしくなりたい。もっと先に進みたい。そのような気持ちがあるのは事実だ。

昭は指であそこを押し広げると、サーモンピンクの粘膜に舌をつけた。

しっとりとしている。無味であるが、僅かに甘さを感じるような気がした。

くちゅくちゅと音を立てて、丁寧にあそこを舐め上げていく。

(せ、生徒にあそこを舐められるなて……)

恥ずかしさのピークにいた美茄冬であったが、気持ちいいことには変わらない。

むしろ、この快楽の海に身を委ねたくなってしまう。

もしも、生徒とこんなプレイを楽しんでいると見つかれば、ただでは済まないだろう。

しかし、その禁忌を犯しているという行為が、妙に興奮させ、Hな気分を盛り上げていくのである。

膣口付近を舐めていた昭であったが、次第に舐める範囲を広げていく。

膣内に舌を入れたり、陰核を舐めたり、美茄冬のあそこを堪能していく。

(先生のあそこ、本当に美味しい……)

それは正直な気持ちであった。

堪らない女臭が鼻をつき、どんどんと興奮していくのである。

「ふ、ふあぁ、あん、す、すごい、新藤君の舌が、私の中に入って……はん」

甘い声で喘ぐ美茄冬。

もっとこの声を聞きたい。

そう感じた昭の舌の動きも徐々に速くなっていく。

舌先を使い、クリトリスを弄り、美茄冬を気持ちよくさせていくと、自分のペニスもはち切れんばかりに膨張していくのがわかった。

(こ、これをあそこに挿れたい)

つまり、セックスである。

美茄冬のあそこを舐めていると、セックスがしたいという希望が浮かび上がり、昭を支配していく。

このまま途中では辞められない。

もっと先まで行きたい。

昭は、童貞であるが、美茄冬で童貞を捨てたいと考え始めた。

初めては好きな人と。

そんな淡い希望がないわけではない。

昭は美茄冬が好きなのか?

そう問われると、恐らく昭は回答に迷うだろう。

但し、憧れがあるのは事実だ。

昭にとって、美茄冬は一つのセックスシンボルであった。

経験豊富な大人の女性。そんな強い憧れがあったのである。

だからこそ、初めては美茄冬に捧げたい。……そのような気持ちがあった。

さて、美茄冬はどうだろう。

彼女は、生徒に性器を舐められて、興奮の渦の中にいた。

教師として、生徒をより良い方向に導くのであれば、こんな行為は絶対にダメだ。けれど、抗えない。行くところまで行ってしまうだろう。

昭はむしゃぶりつくように、性器を舐め上げると、やがて美茄冬の様子が変わっていく。

「新藤君。先生イキそうよ。もっと激しくして」

「はい、イってください。イク姿がみたいです」

さらに舌の動きを速くする昭。

すると、美茄冬の身体が反り返り、膣内がびくびくと痙攣し始めた。

「あん、イク、イク……イッちゃう!」

オルガスムスを感じた美茄冬は、激しく昇天した。

そのままデスクの上に倒れ込み、ガクガクと震え始める。

「せ、先生。イッたんですね」

「新藤君の舌づかいが凄いから、あまりに気持ちよくて」

「せ、先生、もっと気持ちよくなりましょう」

「え、もっと?」

「はい、俺のち×ぽを先生のおま×こに挿れたいんです」

「セックスしたいのね……。でも私とあなたは生徒と教師という関係よ」

「そんなの関係ありません。ここで辞めたら、俺は一生悶々としてしまいます。お願いです、俺を助けると思って、セックスさせてください」

あまりに懸命な昭の姿勢に、美茄冬は心打たれた。

「わかったわ。あなたを受け入れる。その代わり、二人だけの秘密よ」

「もちろんです」

美茄冬はにこっと微笑むと、昭のペニスを受け入れるために、仰向けに寝そべり、足を広げた――。

 

〈続く〉

スカートを脱ぐと、ベージュ色のパンスト姿である。

パンストの奥には、シンプルな白の下着が見える。

それほどセクシーなショーツではないが、昭は興奮している。

憧れの美茄冬の下着姿を前に、彼は高揚していた。

(先生の下着姿……凄すぎる)

美茄冬は大変スタイルがよい女教師だ。

ファッションモデルと言っても通用するだろう。

ウエストは細いのに、ヒップは膨らみがあって、女性らしいシルエットを持っているし、胸も大きいようである。太ももは細く見えるが、適度に筋肉と脂肪がついていて、ふっくらとして柔らかそうである。

こんな姿をみていると、完全に興奮してしまう。

あまりに刺激が強過ぎる美茄冬の姿を見て、昭は半ば感動していた。

美茄冬は、そのままパンストを下ろし、さらに下着に手をかけた。

ゆっくりと下着を下ろしていくと、控えめな陰毛が見える。その奥、膣口が隠されているのであろうが今はまだ見えない。

「せ、先生。足を開いてください」

懇願するように昭は言う。

こんな生徒の前で、あられもない姿になっている。

でも決して嫌ではなかった。

むしろ逆に興奮してくるではないか?

(私、どうして興奮しているのかしら……)

不思議だった。

しかし、興奮を抑えられない。

何かこう、もっと見てもらいたいという気持ちが沸き上がってくるのである。

美茄冬は、デスクの上に座り込むと、そのまま足を広げていく。

あそこの割れ目がくっきりと見え始め、大陰唇が顔を出す。

さらに足を広げていくと、小陰唇のビラビラがみえて、奥に膣口がある。

昭は始めてみる女性器に感動を覚えていた。

「せ、先生のあそこ、凄いキレイですね」

「あんまりじろじろ見ないでね。凄く恥ずかしいから」

「でも綺麗すぎます。あ、あの、触ってもいいですか?」

「少しなら……」

「じゃあ少しだけ」

昭は美茄冬に近づき、震える指であそこに触れてみた。

しっとりと濡れている。

指に僅かであるが、愛液が付着した。

女性が興奮すると濡れるというのは、知識として知っている。

しかし、実際に目の当たりにするのは初めてなのだ。

(せ、先生も興奮しているんだ)

その事実を知り、昭はかなり嬉しくなる。

もっとHな行為を楽しみたい。

恐らく、美茄冬はそれほど嫌がってはいないのだろう。

自分のために、体を使って指導してくれる。そんな美茄冬の姿に、昭はありがたさを感じていたし、このまま時間が止まればいいのにとさえ思っていた。

「あん、そんな風に触らないで」

生徒にあそこを触られていると、なんだか変な気分になってくる。

興奮し、あそこは濡れている。

どうしてそこまで興奮するのか、美茄冬にはわからなかった。

しかし、もっと触れてもらいたい。

もっと、興奮させてほしい。そんな風に感じるのは事実である。

「せ、先生にあそこ、濡れますよ」

「そ、そんなこと言わなくていいの」

「興奮しているんですね。俺も凄い興奮しています」

そのまま昭は指を滑らせて、膣口に持っていく。

「中に指入れてもいいですか?」

「いいけど、丁寧にするのよ」

「わかりました」

承諾を得た。

昭は、指を膣内に滑り込ませていく。

ぬるぬるとした質感で、指はあっさりと膣内に吸い込まれていった。

(あ、温かい……)

膣内は体温で温かった。

それでいて、ぬめぬめと愛液で湿っている。

だからこそ、指はスムーズに動いた。

膣口付近を指でくりくりと動かしながら、次第に奥の方まで指を入れていく。

濡れているからこそ、指は速やかに奥まで入っていく。

「く、くぁ……」

美茄冬の甘い声が漏れる。

(先生の声、……たまらないよ)

こんな声を聞いていると、どんどんおかしくなってしまう。

もっと過激に、もっとHに……。

そんな思いが、昭の身体を支配していく。

最初は指を一本だけ入れていたが、次は二本入れてみた。若干窮屈になったが、それでも美茄冬のあそこは指を迎い入れていく。

「そ、そんなにかき回さないで」

「でも凄い濡れていますよ。どうしたらいいですか? 教えてください」

生徒に指を挿れられている。

性器の中に……。

顔から火が出るくらい恥ずかしかったが、気持ちいいことには変わらない。

美茄冬も次第に大胆になっていく。

「新藤君。クリトリスって知っている?」

「知ってますけど。あんまり詳しくはないです」

その言葉を受け、美茄冬は、自分の性器に指を持っていき、ある場所を指さした。

そこは包皮に包まれており、ぷっくりと膨らんでいる。

「ここがクリトリス。ちょっと触ってみて」

「い、いいんですか?」

「ええ、その代わり丁寧にゆっくり触るのよ」

「はい。わかりました」

美茄冬は一旦指を抜き、ぬるぬると濡れた指で、陰核を覆っている包皮を指で上にあげた。

すると、むくっと白い豆のようなものが顔を出した。

(こ、これがクリトリスかぁ)

感動した気持ちで、彼は陰核を見つめる。

そして、そのまま粘ついた指で軽く触れてみる。

「あん。す、凄い感じるわ」

美茄冬の声も自然と大きくなる。

「先生、気持ちいいんですね。なら、もっと触ります」

昭は指で陰核を摘まみ、コリコリと弄り始めた。

すると、美茄冬は圧倒的な快楽に包まれていき、身を捩らせ始めた。

恍惚とした表情を浮かべ、快楽に身を委ねている。

「あん。そんな風に弄られたらおかしくなっちゃうわよ」

「スゴイ、どんどん濡れてきますよ」

興奮も次第にピークを迎えていく。

そんな中、昭はある提案をした。

「せ、先生。実はお願いがあるんです?」

「え、お願い?」

「はい。実は先生のおま×子を舐めたいんですけど駄目ですか?」

「舐める? そんな汚いわよ」

「汚くありません。むしろ舐めたいんです。お願いします」

「そうすれば、悶々とした気持ちが晴れるのね?」

「多分ですけど」

「わかったわ、なら舐めて頂戴。先生を気持ちよくさせて」

「ありがとうございます」

美茄冬は今、デスクの上にM字開脚をして座っている。

昭はというと、デスクの下に移動し、デスクの上に顔を持っていくと、ゆっくりと顔を美茄冬の性器に近づけていく。

甘い女臭が漂ってくる。

牝の香りである。こんな匂いを嗅いでしまうと、自分はどんどんおかしくなってしまう。

しかし、おかしくなりたい。もっと先に進みたい。そのような気持ちがあるのは事実だ。

昭は指であそこを押し広げると、サーモンピンクの粘膜に舌をつけた。

しっとりとしている。無味であるが、僅かに甘さを感じるような気がした。

くちゅくちゅと音を立てて、丁寧にあそこを舐め上げていく。

(せ、生徒にあそこを舐められるなて……)

恥ずかしさのピークにいた美茄冬であったが、気持ちいいことには変わらない。

むしろ、この快楽の海に身を委ねたくなってしまう。

もしも、生徒とこんなプレイを楽しんでいると見つかれば、ただでは済まないだろう。

しかし、その禁忌を犯しているという行為が、妙に興奮させ、Hな気分を盛り上げていくのである。

膣口付近を舐めていた昭であったが、次第に舐める範囲を広げていく。

膣内に舌を入れたり、陰核を舐めたり、美茄冬のあそこを堪能していく。

(先生のあそこ、本当に美味しい……)

それは正直な気持ちであった。

堪らない女臭が鼻をつき、どんどんと興奮していくのである。

「ふ、ふあぁ、あん、す、すごい、新藤君の舌が、私の中に入って……はん」

甘い声で喘ぐ美茄冬。

もっとこの声を聞きたい。

そう感じた昭の舌の動きも徐々に速くなっていく。

舌先を使い、クリトリスを弄り、美茄冬を気持ちよくさせていくと、自分のペニスもはち切れんばかりに膨張していくのがわかった。

(こ、これをあそこに挿れたい)

つまり、セックスである。

美茄冬のあそこを舐めていると、セックスがしたいという希望が浮かび上がり、昭を支配していく。

このまま途中では辞められない。

もっと先まで行きたい。

昭は、童貞であるが、美茄冬で童貞を捨てたいと考え始めた。

初めては好きな人と。

そんな淡い希望がないわけではない。

昭は美茄冬が好きなのか?

そう問われると、恐らく昭は回答に迷うだろう。

但し、憧れがあるのは事実だ。

昭にとって、美茄冬は一つのセックスシンボルであった。

経験豊富な大人の女性。そんな強い憧れがあったのである。

だからこそ、初めては美茄冬に捧げたい。……そのような気持ちがあった。

さて、美茄冬はどうだろう。

彼女は、生徒に性器を舐められて、興奮の渦の中にいた。

教師として、生徒をより良い方向に導くのであれば、こんな行為は絶対にダメだ。けれど、抗えない。行くところまで行ってしまうだろう。

昭はむしゃぶりつくように、性器を舐め上げると、やがて美茄冬の様子が変わっていく。

「新藤君。先生イキそうよ。もっと激しくして」

「はい、イってください。イク姿がみたいです」

さらに舌の動きを速くする昭。

すると、美茄冬の身体が反り返り、膣内がびくびくと痙攣し始めた。

「あん、イク、イク……イッちゃう!」

オルガスムスを感じた美茄冬は、激しく昇天した。

そのままデスクの上に倒れ込み、ガクガクと震え始める。

「せ、先生。イッたんですね」

「新藤君の舌づかいが凄いから、あまりに気持ちよくて」

「せ、先生、もっと気持ちよくなりましょう」

「え、もっと?」

「はい、俺のち×ぽを先生のおま×こに挿れたいんです」

「セックスしたいのね……。でも私とあなたは生徒と教師という関係よ」

「そんなの関係ありません。ここで辞めたら、俺は一生悶々としてしまいます。お願いです、俺を助けると思って、セックスさせてください」

あまりに懸命な昭の姿勢に、美茄冬は心打たれた。

「わかったわ。あなたを受け入れる。その代わり、二人だけの秘密よ」

「もちろんです」

美茄冬はにこっと微笑むと、昭のペニスを受け入れるために、仰向けに寝そべり、足を広げた――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました