連載官能小説『家出少女』第1回

連載官能小説

連載官能小説『家出少女』第1回

24歳の社会人、北原慎太が帰宅すると、自宅のトビラの前に、一人の少女が座り込んでいるのがわかった。

(誰だ……あれ?)

全く心当たりはない。

彼がトビラの前に行くと、少女はすっくと立ちあがり、

「あの、ここの住民ですか?」

と、声をかけてきた。

「そうだけど、君は?」

「何も言わず、私を匿ってください」

「は?」

「いいから、とにかく中に入れてください。寒いんです」

季節は冬。12月である。

少女の服装は、長袖を着ているものの、簡素なブルゾンにひざ丈のスカートという装いである。黒タイツを穿いているようだが、これでは寒いだろう。

果たして、どうするべきか?

慎太は迷っていた。

こんな見ず知らずの少女を部屋に連れ込めば、何かトラブルになってしまうのではないか? そんな思いがあったのは事実だ。なるべくなら、トラブルは避けたい。

しかし、この少女には何かあるようである。

無下に追い返すのも忍びない。

ならば……。

「まぁ、お茶くらいなら出すけど」

結局、慎太は少女を部屋に招き入れた。

 

慎太の部屋は、普通にワンルームである。

広さは8畳ほど。その空間に、キッチンからベッドまですべてがある。トイレや風呂は一緒であり、不便だがしかたない。それほど裕福ではないのだ。節約できる場所は、節約しなければならない。

部屋の中央にはローテーブルと座布団が置かれている。

少女は座布団との上にちょこんと座り込んだ。

エアコンのスイッチを入れて、部屋を暖めると、そのままキッチンへ向かい、お湯を作った。コーヒーでも淹れてやろうと考えたのである。

少女はキョロキョロと部屋の中を見渡し、興味深そうに視線を注いでいる。

「君、名前は?」

徐に、慎太は尋ねた。

気づけば、まだ名前を聞いていない。

「私は恵梨香です。湯島恵梨香。高校生です」

「高校生か、どこの学校?」

「それは言えません」

「まぁ良いけどさ。もうすぐ夜になるから、コーヒー飲んだら帰りなよ。送っていくから」

「帰れないんです。お願いです。今日だけ泊めてもらえませんか?」

「は?」

頭がこんがらがる。

恵梨香はどうやら、頭のねじが一本どころか、何本も飛んでいるらしい。

そうでなければ、見ず知らずの男性に家に泊めてくださいとは言わないだろう。

一体、この子は何を考えているのだろうか?

「泊まるってここに?」

「そうです」

「友達の家とかがいいんじゃない」

「友達いませんから」

きっぱりと、恵梨香はそう言った。

確かに友達が多そうな人間には見えない。

しかし、それでもかなりルックスはいいだろう。

アイドルです。といっても、慎太は疑わなかったかもしれない。

きりっと整った鼻筋に、やや細めの眉毛。目は猫目でくりくりとしている。

「あのさ、俺、男なんだけど」

「知ってます」

「それに、君のこと知らないし」

「それも知ってます」

「じゃあなんで俺の家に泊まるなんて言うんだよ」

「あなたは私を知らないかもしれません。でも私はあなたを知っているんです」

それは不思議な言葉だった。

慎太は記憶を巡らせ、この少女とどこかで会ったのか探った。それでも、全く記憶は結びつかない。

「俺たちどこかで会った?」

「私の祖母が……」

「祖母」

そこまで聞き、慎太は考えを推し進める。

「もしかして、君って湯島カヨさんのお孫さん?」

「そうです。探偵みたいですね」

慎太はある介護施設で働いている。

その時、老人の世話をよくするのであるが、その時確か湯島カヨという老婆を介護したのである。

「おばあちゃん、あなたの話をよくするんです。すごくいい人だって」

「そ、そう」

「それで、私を助けてくれるかもって思って。お願いです。今日一日だけ泊めてください。私を助けると思って」

「そ、そうはいってもねぇ」

なかなか納得できない。

だが、恵梨香は行く場所がないようである。

慎太は、コーヒーを恵梨香に渡すと、自分は頭を冷やすために、シャワーを浴びることにした。

決して、ヤらしい思いがあって、シャワーを浴びたわけではない。

単純に頭を冷やしたかったのである。

 

シャワーをひねり、熱い湯を浴びる。

幾分か頭もしゃっきりする。

とりあえず、湯島カヨさんの孫と分かれば、自宅に連絡を取るのは可能だろう。

恵梨香に見つからないように、会社に電話し、そこで連絡先を聞こう。

そのように考えた時だった。

不意に浴室のトビラが開いた。

そこには、生まれたままの恵梨香が立っていた。

「ちょ、おま、なんで入ってくるんだよ」

「私の自宅に連絡しようって考えているんじゃないですか? そうなる前に、既成事実を作っちゃいます」

「何を言って……」

慎太は抵抗しようとしたが、狭い浴室であるためなかなか上手くいかない。

恵梨香はバスタブに入ってくると、慎太に抱きついた。

そして、そのままゆっくりと姿勢を下におろしていき、慎太のペニスを見つめ始めた。

「まだ、大きくないですね」

悪戯っぽく恵梨香は呟く。

「当たり前だ」

「なら、私が大きくしてあげます」

そう言ってからは、行動が早かった。

恵梨香は手で慎太のペニスをしごき始めたのである。

それほど巧みな動きではなかったが、懸命な姿勢でペニスをしごき始める。

「な、何を」

抵抗するが、次第にペニスが気持ちよくなっていく。

特に最近仕事が忙しくてろくにマスターベーションをしていない。

その影響も手伝って、彼は抵抗しきれずにいた。

慎太のペニスは次第に勃起し、臨戦態勢になる。

「勃ちましたね。どうしてほしいですか?」

「止めるんだ。俺は捕まりたくない」

「もう無理です。でも安心してください、私を泊めてくれれば、ここで起きたことは他言しませんから」

それは半ば脅しに近い響きがあった。

高校生を相手に、性的な行為に及んだとわかれば、それだけで致命的である。

ならば、ここは言うことを聞くしかないだろう。

「わかった。泊めるから、こんなことは止めるんだ」

「本当にそう思ってます? ち×ぽ、こんなにビンビンですよ。あなたが望むなら、続きをしてもいいんですよ」

「で、でも。俺は……」

「自分に正直になってください。例えばこんなのはどうですか?」

恵梨香は胸を寄せると、谷間にペニスを挟んだ。

恵梨香の胸は高校生離れしており、かなり大きい。パイズリも可能なくらいの大きさなのだ。

「これってパイズリっていうんでよね? 気持ちいいですか?」

「う、くぁ」

言葉にならない。

しかし、気持ちいいことには変わりない。

徐々に、抵抗する意思が挫け始める。

胸にペニスを挟み、その状態で上下に動かし、さらに舌で亀頭の先端を舐め始めた。

こんな風にされると、頭がおかしくなってしまう。

特に最近溜まっているから、気持ちよさは段違いだった。

ペニスの先端から先走り汁が迸り、それが、次第に多くなっていく。

「Hなお汁が出てきまいたね。続きをしたいって意味ですね」

「それは……」

「大丈夫です。私、あなたが相手なら、問題ありませんから」

そのままパイズリを続けた恵梨香であったが、彼女はペニスを一旦胸から外すと、口に含み、フェラをし始めた。

決して上手と言うわけではないが、愛情を感じさせるフェラチオである。

「北原さんのおちん×ん、おいひいです」

ペニスをしゃぶりながら、恵梨香はそんな風に呟いた。

温かい口内の質感を感じていると、次第に気持ちよくなっていき、どうにでもなれという感覚になっていく。

「うぅ。うぁ」

あまりにきもちよくて、言葉にならない。

しかし、このまま止めることできないだろう。

既に快楽の海に踏み出してしまっている。最後までやりたいという希望が、沸々と湧き上がってきた。

「イキそうになったら言ってください。全部受け止めますから」

嬉しいことを言ってくれる。

恵梨香は亀頭の先端を舌先でレロレロと舐めたり、陰嚢を指で揉んだりして、ペニス全体を刺激していく。

女子校生離れした技術に、慎太はメロメロになっていた。

このままではあまり持たない……。

「も、もう止めてくれ。イキそうだ……」

正直に告げる慎太。彼のペニスは限界を迎えていた。

「イってください。私が受け止めますから」

恵梨香はフェラを止めようとはしない。

次の瞬間、圧倒的なオルガスムスが慎太を襲った。

「駄目だ、イク!」

慎太は勢いよく射精をしてしまう。

自身の口内で精液を受け止めた恵梨香は、大量の精液をごくりと飲み込んだ。

「これが精液なんですね。初めて飲みました。大人の味です」

「な、何をしているんだ君は?」

「北原さん、今度は私を気持ちよくしてください。このままお風呂で続きをしましょう」

恵梨香はやる気満々である。

どうやら、ここからは逃れられない。

行くところまで行ってしまうだろう。

覚悟を決めて、慎太は恵梨香の裸体を見つめ始めた――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました