連載官能小説『先生の部屋』第2回

連載官能小説

連載官能小説『先生の部屋』第2回 

智樹は童貞である。

当然、女性器を見た経験はない。それ故に、今目の前に日がる光景が、真実なのか、よくわからなくなってくるのだ。

蘭のショーツに手をかけると、それを蘭が止めた。

「そんなに先生のあそこが見たいの?」

と、蘭が聞いてくる。

たまらず、智樹は答える。

「は、はい。見たいです」

「でも、もう少し我慢してね。まずはおっぱいから弄ってくれる?」

「おっぱいですか」

「そう。先生のおっぱい触ってみたいでしょ?」

「そ、それはまぁ、そうですけど」

「うふふ。いい子ね。日高君、じゃあブラを恥じて頂戴」

「わ、わかりました」

慣れぬ手つきで、智樹がブラのホックを外すと、大きなバストが目の前に広がった。

蘭は今年30歳になる女性であるが、身体のラインは非常に美しい。バストも鍛えているのか、決して垂れてはおらず、ツンと上を向いている。それでいて、それなりの大きさがある。

決して爆乳というわけではないが、小さすぎず、大きすぎずの絶妙なカップをしている。それ故に、触ってみたいという衝動に、智樹は駆られた。

ごくりと生唾を飲むと、ただ、無心に蘭の胸を凝視していた。

「どうしたの? 日高君、そんな顔して……」

「い、いえ、ただ、凄い綺麗だなって思って」

「褒めてくれるのね。ありがとう。日高君にとって、私はもうおばさんなのにね」

「そんなことは、先生は十分キレイですよ」

「うふふ。そう言ってくれるとありがたいわ。さぁ、胸を触って頂戴。触ってもいいだからね」

「はい、で、では……」

恐るおそる手を伸ばし、胸に触れてみる。

(あ、柔らかい……)

初めて女性の乳房を触る智樹。

それは感動的ですらあった。すべすべとした肌に、マシュマロのような触り心地。これが女性の身体。男性とは違うのだなと、智樹は感じ始めていた。

乳房全体を手で覆いこむと、ぎこちない手つきで、智樹は胸を揉み始めた。

弾力のある胸はとにかく柔らかく、触り心地がいい。

「私の胸どうかしら?」

と、蘭が聞いてくる。

「その、僕は初めて女の人の胸に触るで、よくわかりませんが、気持ちいいと思います」

「そう、日高君は初めてなのね」

「はい。そうなんです、すみません」

「謝らなくてもいいじゃない。何も悪いことをしているわけじゃないんだから。じゃあ次は乳首を弄ってくれる。コリコリと刺激する感じで」

「わ、わかりました、じゃあ、触ります」

智樹は指で蘭の乳首をつまんだ。

そして、くりくりと指で弄っていく。すると、乳首が硬くなり、ツンと立ったではないか。

(先生も興奮しているんだ)

そう思うと、なんだか嬉しくなる。

両方の乳首を指で弄りながら、智樹は蘭の姿を見つめていた。

蘭は恍惚としたような表情を浮かべ、静かに「んんん……」と囁いた。

その声が、堪らなく智樹を刺激していく。

「せ、先生、胸舐めてもいいですか?」

「もちろんよ、好きにしていいの。やってごらんなさい」

「あ、ありがとうございます」

次の瞬間、智樹は蘭の胸に飛びつき、そして舌先で乳首をこねくり回した。

隆起した乳首を舌で触れると、なんというか落ち着いた感じになる。これも蘭の母性がなせる業なのだろうか。

「ふぁ、日高君、くすぐったいわぁ」

「先生のおっぱいとても美味しいです」

母乳が出るわけでないが、乳首に吸い付いていると、独特な雰囲気に包まれる。赤子に戻ったというか、落ち着いていくのである。

智樹は乳首を舐めながら、さらに相手で、乳房を刺激した。

どこまでも柔らかい蘭の乳房は、智樹の指の中で変幻自在に形を変えていく。

どんどんと興奮してくる智樹。

やがて、胸だけの刺激では足りなくなっていく。

どうしてもあそこが見たくなるのである。その思いは、次第に膨れ上がっていき、智樹を刺激し始めた。

「ん……んっ」

乳首を舐められ、蘭の吐息が漏れる。

うっとりとするような声である。

そんな声を聞きながら、智樹は蘭に向かって言った。

「せ、先生、そろそろ、下の方も責めたいんですけど」

「ふふふ。そんなにあそこが見たいのね、仕方ないわ。じゃあショーツを脱がして頂戴」

「はい」

乳首を責めるのを止め、智樹はショーツに手をかけた。

蘭は脱がしやすいように膝立ちをし、智樹を迎え入れる。

ゆっくりとショーツを下ろしていく智樹。

(これが先生のあそこ)

陰毛に包まれた女性器が顔を出す。

膝立ちしているので、すべてが見えるわけではないが、陰毛の奥に恥丘や大陰唇が見えている。初めてみる女性器に、智樹は酷く感動していた。

ショーツをすべて脱がしてしまうと、クロッチの部分に染みができているのがわかった。どうやら、蘭は濡れているらしい。それだけ興奮しているのだろう。

女性は興奮すると濡れるということを、智樹は知っている。だからこそ、蘭のあそこが濡れている事実を知り、心の底から興奮していったのである。

「先生、濡れてますね」

「ふふ。先生も興奮しているのよ。日高君、ゆっくりあそこを触ってみて」

「はい」

蘭は膝立ちしたまま、足の幅を広げた。

それを見た智樹は、蘭のあそこに指を当てた。

(あ、熱い)

蘭のあそこはじんわりと熱を帯びている。

同時に、しっとりと濡れていて、愛液が智樹の指先を覆った。

「はぅ、いい感じよ。そのまま指であそこを弄って」

膣口を指でくりくりと動かし、智樹は蘭の性器を刺激していく。

それに合わせて、蘭のため息が漏れ、さらに愛液が迸ってくる。

(指、挿れてもいいのかな)

そう感じた智樹は、膣内に指を挿れてみた。ぬるりとした質感であり、指はすんなりと膣内へ吸い込まれた。

「日高君の指が入ってくるわぁ。少しずつ動かして刺激してみて頂戴」

指先を膣内に挿れると、くちゅくちゅと卑猥な音が鳴り響き始めた。

蘭の部屋にそんな淫靡な音が染み渡ると、徐々に興奮のレベルも上がっていく。

「せ、先生のあそこ、どんどん濡れて、凄いです」

「もっと速く指を動かしてぇ」

言われるままに、指の動きを速める智樹。

あそこはしっとりと濡れているため、容易に指は動いていく。

(もっと先生を気持ちよくさせたい)

そう思った時は、クリトリスの存在を思い出した。

女性の一番敏感な部分。それがクリトリスである。

その存在を、智樹は知っている。そこを触れば、もっと気持ちよくなってもらえるかもしれない。

右手の指を使い、膣内をかき回し、さらに開いた左手で、今後はクリトリスの位置を探る。顔を近づけて蘭のあそこを見ていると、ラビアの上方部分に包皮に包まれた地帯があるのがわかった。

(ここだ)

智樹は陰核を刺激し始める。

すると、蘭の背筋が反り返り、

「ふあ、そ、そんな敏感なところを」

蘭の甘い声も一層強くなっていく。

「先生、気持ちいいですか?」

「日高君、もっと触って頂戴。先生をおかしくさせてぇ」

陰核の包皮を剥き、白い突起を露出させると、そこを指でくりくりと刺激し始めた。

それに伴い、蘭は狂ったように叫ぶ。

「あん、そう、そこが気持ちいいのぉ。もっと、もっと激しくしてぇ」

クリトリスを刺激しながら、膣内を指でかき回していく智樹。

蘭の興奮も次第にピークを迎え、ガクガクと痙攣し始めたではないか。

「日高君、先生もイキそうよ。そのままクリとあそこを刺激して頂戴」

「わかりました」

懸命に指を動かす智樹。

彼は必死だった。自分の興奮を抑えられなかったのである。同時に、蘭にも気持ちよくなってもらいたい。そんな思いが浮かんでは消える。

「あああぁ、もう、ダメ、イク、イッちゃう」

「先生イってください。先生のイク姿が見たいんです」

「あん、イクゥー」

蘭の身体が反り返り、そのままガクリと前方に倒れた。

どうやらオルガスムスを迎えたらしい。激しく昇天した蘭は、そのままソファの上に倒れ込むと、しばらく恍惚とした表情で震えていた。

「先生、イッたんですね」

「ええ、日高君、初めてとは思えないくらいテクニシャンだから、とっても気持ちよかったわよぉ」

「あ、ありがとうございます」

「じゃあ、そろそろ次のステップに移ってもいいわね」

「次のステップ?」

「そう、お互いにもっと気持ちよくなりましょう。つまりね、セックスをしましょうって言う意味」

セックス。

憧れの蘭とセックスができる。その喜びが、智樹を支配していく。

「せ、先生、良いんですか?」

「もちろん、日高君もいいわね」

「はい、むしろ、お願いします」

互いに気持ちよくなった二人のセックスが始まろうとしている――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました