連載官能小説『先生の部屋』最終回

連載官能小説

連載官能小説『先生の部屋』最終回

全裸でソファの上に座る智樹と蘭。

お互いが見つめ合い、甘い雰囲気が流れる。

ふと、蘭が智樹の香を見つめ呟いた。

「日高君は初めてなのよね?」

それに対し、智樹は答える。

「はい。そうです。彼女もいませんし」

「なら、初めての相手が私になるのね?」

「そうなります」

そこで言うと、蘭は少し考えこんだ。

「本当にいいのかしら?」

「え?」

「初めての相手は好きな人がいいんじゃないの?」

「まぁそうかもしれませんけど、僕は先生みたいな人がいいです。初めてのセックスは」

「うふふ。そう言ってくれるとありがたいわね。じゃあ、日高君の初めてをもらっちゃおうかしら」

「そうしてください。先生が初めての相手なら、僕も本望ですから」

「そう、ならしましょうか? 日高君はソファに横になってくれる。まずは、先生が主導で動いてあげるから」

「わかりました」

言われるままに、智樹はソファの上に仰向けで寝転ぶ。下から蘭を見上げる形である。

それ見た蘭は。智樹に跨ると、ゆっくりと腰を落としていく。

そして、自分のヴァギナに、智樹のペニスを押しあてる。

そのままゆっくりと挿入していった。

ずぶずぶずぶ……

ペニスは膣内に吸い込まれていく。

初めてのセックスを通し、智樹は酷く感動していた。

(すごく、温かいんだ)

蘭の体内はとろけるほど熱く、それでいて魅力的であった。

足をM字に開いているから、結合部分が良く見える。蘭のあそこに自分のペニスが入っている。そんな光景をみるだけで、智樹は興奮してきた。

ペニスははち切れんばかりに膨張し、既に一回イッた後とは思えないくらい勃起していた。それくらい、彼は興奮しているのである。

「す、すごいわ。日高君のち×ぽ、先生の中でまだ大きくなっているみたい」

「せ、先生……、す、すごい気持ちいいです」

「先生の中、気持ちいいでしょう? でもこれからが本番よ。しっかり味わいなさい」

にちゃにちゃと淫靡な音が鳴り響き、部屋の中を満たしていく。

蘭は最初はゆっくりと動いていたが、次第にそのペースを上げて、腰の動きを強めていく。

(すごい、刺激だ。先生の中でち×ぽが擦れてたまらないよ)

気を抜けば、早くイってしまうかもしれない。しかし、この気持ちよさを長く味わって痛い気持ちもある。智樹は気持ちよさに耐えながら、騎乗位でのセックスを楽しんだ。

「日高君、下から突き上げて頂戴。そうすれば、先生も気持ちよくなるから」

「は、はい。わかりました」

蘭の腰の動きに合わせて、智樹も腰を動かす。ペニスを抽送していき、リズミカルに腰を振った。

「いいわ、いい感じぃ。日高君のち×ぽ、とっても硬くて気持ちいいのぉ」

「ぼ、僕も気持ちいいです、先生の中、温かくて、ぬめぬめとしていて、堪らないですよ」

やや反り返る姿勢で蘭は動いていたのだが、次第に姿勢を変えていく。

今度は姿勢を前傾にして、智樹に覆いかぶさるようになった。

そして、そのまま智樹の体を抱きしめていく。

智樹もされるがままに、蘭の身体を抱きよせる。

蘭の豊満な胸が自分の体に当たり、柔らかく潰れていく。胸の柔らかさを感じながら、智樹はペニスを動かし、更なる快楽を求めて貪欲になる。

しかし、これが初セックスだけあって、すぐに限界はやってくる。早くもイキそうになってしまうのである。

「せ、先生、僕、もう駄目です」

「イキそうなのね?」

「はい」

「でもまだイッちゃだめよ、まだまだこれからなんだから、少しペースを落としましょうか?」

蘭はそう言うと、一旦ペニスを引き抜き、騎乗位でのセックスを止めた。

もうすぐイキそうだった智樹は、寸前のところでお預けを食らい、悶々としていた。しかし、これで幾分かペニスは回復し、またセックスができるようになる。

「日高君。今度は日高君が中心になって動いてみましょうか?」

「僕がですか?」

「そう、先生を後ろから犯してみない?」

「う、後ろから……」

意外な提案に智樹の胸は高鳴る。

蘭を後ろから犯してみたいとい願望は少なからず存在する。だからこそ、彼はその提案を飲んだ。

「後ろから挿れたいです」

「うふ、いい子ね。じゃあ後ろから挿れて頂戴」

蘭はそう言うと、姿勢を四つん這いに変えていく。

お尻を高くつき上げると、女性器だけでなく、アナルの様子もよく見えた。どこまでも官能的な光景が広がる。

蘭のお尻に手を当て、ペニスを秘部に押し当てる智樹。慣れなかったので、なかなか入れにくかったが、蘭が手ほどきして、無事にペニスは膣内に挿入された。

(これがバックか。すごい気持ちいい。騎乗位とは違う感じだ)

智樹はぎこちない様子でペニスをピストンさせていく。

あまりに速く動くと、すぐに限界がやってきてしまうので、なるべく自分のペースを保とうと思った。

速くは動けない。しかし、その代わり奥までペニスを挿入する。膣壁をメリメリと広げるように、智樹のペニスが蘭の膣内で暴れていく。

「くぁ、日高君のち×ぽが奥まで当たって、先生も気持ちいいわぁ」

「僕も気持ちいいです」

智樹はバックで蘭を犯しながら、姿勢を前傾にさせて覆いかぶさると、蘭の胸を揉みしだいた。

後ろから犯し、さらに胸を揉んでいると、何かこう征服したような気持になり、より一層興奮していくのである。二人はまさに獣のようにセックスしていた。

「あん、くぁ、日高君、もっと激しく、先生を犯してぇ」

その言葉を聞き、少しだけペースを上げる智樹。

膣壁のぬるぬる感がペニスを覆いこみ、堪らない快楽へ誘っていく。

本当はもっと激しく動きたい。しかし、それではすぐに果ててしまうだろう。

そんなジレンマの中、智樹は懸命にペニスを動かしていた。

(もっと気持ちよくなりたい)

智樹はふと、AVで見たようなプレイを思い出した。

確か、バックから犯す時、片足を持って後ろから突くプレイがあったはずである。

あれを真似てみよう。そう考えた智樹は、蘭の右足を抱え、牡犬がおしっこをするようなポーズを取らせると、そのまま激しく突き始めた。

「こ、こんな格好恥ずかしいわぁ、初めてなのに、日高君は大胆なのね」

足を抱えたことにより、より奥深くまで挿入できるようになった。

グチュグチュと結合部分からは愛液が溢れ出し、それがソファの上に落ちて水たまりを作っている。そんな淫靡な光景も興奮のレベルを上げるために一役買っている。

「せ、先生、最後は正常位も試してみたいんですけど」

「正常位、そうね、最後はそれでフィニッシュが一番いいわね」

智樹は一旦ペニスを抜くと、蘭を仰向けに寝かせた。

そして、両足を広げて、ヴァギナを押し開くと、すぐにペニスを挿入した。

やはり、セックスの基本は正常位である。

これを知らずに、セックスは語れないだろう。智樹は、正常位で蘭を犯かし、プレイを楽しんでいく。

「ふあ、あん、すごい、日高君のち×ぽ、まだ固くなっているぅ。先生のあそこを広げていくのぉ」

「先生、僕も気持ちいいです。最後、どこに出したらいいですか?」

「中に出して頂戴。大丈夫、先生がすべて受け止めて上げるから」

「な、中にでも……」

「今日は安全な日だから大丈夫よ、安心して中出ししなさい」

「わかりました。じゃあ中に出します」

智樹は残った力を振り絞り、激しい勢いで、ピストンを続ける。

もう、我慢する必要ない。力の限りピストンするだけである。

智樹は蘭に覆いかぶさるように姿勢を変えると、そのまま激しく抽送を繰り返した。

「せ、先生、僕、もうイキます」

「あん。先生もイクわ。一緒にイキましょう」

「うわぁぁぁぁ」

智樹と蘭の絶叫が部屋に轟く。

次の瞬間、智樹はオルガスムスを感じ、激しく昇天する。

大量の精液が蘭の膣内に注ぎ込まれ、トプトプと満たしていく。

「イッたのね、日高君」

「はい、先生は?」

「私もよ、気持ちよかったわぁ」

智樹はゆっくりとペニスを引き抜いた。

すると、どろりとした白濁の精液がソファに上に流れ落ちた。

淫靡な光景を見て、智樹は満足感を得ていた。

こうして、二人のセックスは終わりを迎える。

 

セックスが終わり、智樹と蘭は二人でソファに座っていた。

そんな中、蘭が囁いた。

「日高君、初めてのセックスはどうだった?」

「最高でした。先生、ありがとうございます」

「うふ、そう言ってくれると先生も嬉しいわ。日高君とはこれからも仲良くやっていけそうね」

「え、でもいいんですか、僕は生徒なのに」

「もちろん、皆には内緒を、二人だけの秘密にするの。いいわね?」

「はい、これからも宜しくお願いします」

智樹と蘭の禁断の関係はその後も続いたそうである。

それはまた別の話――。

 

〈了〉


Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました