連載官能小説『憧れの女子生徒』最終回

連載官能小説

連載官能小説『憧れの女子生徒』最終回

帰り道、勇磨は奏と一緒に歩いた。

思えば、彼女ができたのである。生まれて初めての彼女。それが奏である。何かこう、感慨深くなっていく。

何しろ、学園でもトップクラスに可愛い女の子が奏なのだ。そんな子を自分のものにできる。その気持ちが、勇磨を高揚させていた。

(手とか繋いだ方がいいのかな?)

と、勇磨はふと考える。

二人の間には少しだけ距離がある。

その距離を縮めていきたい。

そのためには手をつなぐといいかもしれない。

勇磨は思い切って、自分の手を伸ばし、奏の手に絡めた。

ハッと奏は、立ち止まる。

「あ、ゴメン、いきなりだったかな」

と、勇磨も同時に立ち止まる。

奏は決して嫌がる素振りを見せずに、

「ううん、ちょっとびっくりしただけ、私も手を繋ぎたいって思ってたし」

「それはよかった。いきなり嫌われると思った」

「嫌わないよぉ。むしろ大歓迎だよ」

ニコッと頬みながら、奏はそう言った。

その表情を見ていると、抱きしめたいという衝動に駆れられる。

しかし、ここは耐えなければならない。

何しろここは人の流れが多い、通学路だ。

こんなところで抱き合っていれば、どんな目で見られるかわからない。もしかすると、奏のファンに突き刺されるかもしれない。

(まぁ刺されるは流石にないか……)

勇磨と奏は手を繋ぎながら、通学路を歩く、やがて駅前を超えて、そのまま住宅地に法へ入っていく。奏の家は、勇磨の自宅と同じ方角にあるようだが、少し距離が離れていた。

「私はね、B町に住んでるの」

徐に奏が言った。

勇磨が住んでいるA町の隣がB町である。

「ちょっと距離があるかな。でも許容の範囲だよ」

「多分、勝田君の家からは20分くらいかな。まずまずの距離だよね」

「自転車を使えばもっと早く行けるよ」

「うん。そうかもしれない」

二人はやがてB町に辿り着く。

そのままB町の住宅街を通り抜け、あるマンションの前に立った。

「ここが私の家」

と、奏は言った。

それは、おしゃれな雰囲気のあるマンションだった。

かなりキレイなマンションで、ホテルのような趣がある。

「キレイなマンションだね」

「出来たばかりなの。私が高校に入学してから、入居したから、まだ一年経っていないかな」

「そうなんだ。なんかホテルみたいだ」

「ふふ。中はキレイなの。でも私に部屋はそんなにキレイじゃないから期待しないでね」

期待しないでと言われても、女の子の部屋に初めて上がるのである。緊張はするし、気体をしてしまう。

エントランスを抜け、エレベーターに乗る。

どうやら、10階建てのマンションらしい。その7階に奏の自宅はあった。

7階で降り、奥の方まで足を進める。一番端の部屋が奏の自宅のようであった。

家の前に立つと、奏は鍵をかけて、勇磨を招き入れた。

「誰もいないから、安心してね」

と、奏は言った。

誰もいないというのは、それだけで逆に緊張してしまう。

勇磨は玄関で靴を脱ぎ、そのまま玄関脇にある部屋に案内された。

それは8畳ほどの空間で、キレイな奏の部屋であった。

部屋を入ると、右側の壁に机があり、対面にベッドが設置されている。また、机の脇には少し大きな棚が置いてあり、本や小物などが並べられている。

部屋の中央にはカーペットが敷かれ、ローテーブルがある。ローテーブルの上には読みかけの雑誌が置かれていた。どうやら、ファッション誌のようである。カーペットに上にはクッションがいくつか置かれ、ピンクの女の子らしいカラーであった。

「キレイな部屋だね」

と、正直な印象を告げる勇磨。

散らかっていると言っていたが、全体的にキレイな印象がある。

「ちょっと待ってて、お茶用意するから」

「あ、ありがとう」

一旦部屋の外を出ていく奏。

数分後、彼女はお茶を持って部屋に入ってきた。

それをローテーブルの上に置き、奏は恥ずかしそうに言った。

「そ、その、学校の続きする?」

続き……。

もちろんできるのであればしたい。

「いいの?」

「うん。私はいいよ、勝田君は?」

「俺もしたいかな」

「なら私先にシャワー浴びてくるね。ちょっと待ってて」

そのままシャワーに消えていく奏。奏がシャワーから上がると、入れ違いに、勇磨が入り、体をキレイにした。そして、そのまま部屋に戻る。

勇磨がシャワーを浴びて部屋に戻ると、下着姿の奏がベッドの上でちょこんと座っていた。それはどこまでも愛らしい。

「西園寺さん。本当にいいんだね?」

ベッドに近づき、再度確認する勇磨。

奏は静かに首を上下に振った。

それを確認すると、勇磨は優しく奏を抱きしめ、まずはブラジャーを外した。すると、プルンと胸が露になる。奏の胸はどちらかというと小さい方だろう。しかし、その分形が良く、ぷにぷにと柔らかかった。

胸を愛撫しながら、さらに手を下半身に進める。

下着の中に手を入れ、性器を弄ると、じんわりと濡れているのがわかった。

これだけ濡れていればもう挿れても問題ないだろう。

勇磨自身、興奮から早くペニスを解放させたかった。

奏の下着を下ろし、全裸にさせると、勇磨も全裸になった。そして、奏を仰向けにさせ、足を広げると、彼女の秘部に向かって、自分のペニスを近づける。

「あ、あの、コンドームないんだけど」

「生で大丈夫だよ。今日は安全な日だから」

「なんかゴメン、じゃあ生で挿れるよ」

勇磨は静かにペニスを挿入し、そしてゆっくりと動き始めた

初めてのセックス。それは感動的な暗い気持ちがいいものだった。

あまりの気持ちよさに、すぐにイキそうになってしまう。

三擦り半でイってしまう人もいるらしいが、その気持ちが十分にわかった。

「うぅぅ……」

快楽を感じている勇磨とは裏腹に、奏は唸っていた。

彼女は処女であり、激しい痛みに耐えていたのである。それを見た勇磨は動くのを止めて声をかけた。

「だ、大丈夫? 大分辛そうだけど」

「結構痛くて、でも大丈夫。ゆっくりしてくれれば、そのうち慣れると思うから」

「わかった。なるべくゆっくり動くよ」

勇磨はなるべく奏痛まないようにゆっくりとピストンさせていく。

奏のあそこからは愛液と一緒に赤い血液が流れていた。

処女膜が破れたのであろう。

奏の処女を奪ってしまった。嬉しい気持ちもあるが、同時に責任感もある。このセックスが思い出に残るようにしなければならない。

くちゅくちゅ、ちゅぱん……。

性器同士が擦れ合う淫靡にな音が鳴り響く。

二人以外誰もいない空間で、こうしてセックスをしていると、どこか不思議な気分になる。奏の学校では見られない一面を覗いているかのようで、勇磨はたまらなく嬉しくなった。

どのくらいだろうか、ゆっくりとピストンをしていると、次第に奏の表情も穏やかになっていく。

少しずつ痛みが引いていき、代わりに気持ちよさを感じるようになったのである。

(ちょっと気持ちいいかも……)

奏はそんな風に感じ、勇磨に対して声をかけた。

「勝田君、もっと早く動いていいよ。あんまり痛くなくなってきたから」

「わかった。じゃあ少し早めに動くよ」

少しずつペースを上げていく勇磨。

今まではかなりゆっくり動いていたため、何とか耐えられたが、あまり速く動いてしまうと、あっという間にイってしまいそうになる。バランスを保つのが難しいと思えた。

「あん、き、気持ちいいよぉ、勝田君」

と、甘い声を出す奏。

その言葉を聞いていると、勇磨も気持ちよくなっていく。

正常位で腰を動かし、気持ちよさを味わっていく勇磨。

姿勢を前傾にさせて、奏に覆いかぶさるようになると、そのまま唇にキスをした。

今思えば、まだキスもしていなかった。キスよりも先にセックスをしてしまうという、かなり順序があべこべな展開を迎える。

「ふぐ、ふぅん、あはん」

キスで口を塞がれた奏が吐息を漏らす。

キスをしながら、ペニスを突いていると、堪らない心地よさに襲われ、奏が愛おしくてたまらなくなる。もっと奏を堪能していたいし、もっと奏にも気持ちよくなってもらいたい。そんな思いが勇磨を支配していた。

しかし、彼の限界もすぐそこまで迫っている。

初めてのセックスであるため、あまり快楽に対する耐性がない。そのため、気持ちよさをダイレクトに受けてしまい、もう長い間我慢できそうにないのだ。

「さ、西園寺さん、俺、もう駄目かも」

「勝田君、イキそうなの?」

「うん。もう限界」

「ならイっていいよ。私が受け止めてあげるから」

「じゃあ中に出すよ」

「うん。きてぇ」

「うわぁぁぁ。駄目だ、で、出るぅ」

次の瞬間、勇磨は激しく射精した。

奏の膣内に精液が流れ込んでいく。

「す、すごい、熱い精子が私の中にたくさん入ってきてるぅ」

膣内は精液で満たされ、二人のセックスは終わりを告げた。

 

初めてのセックスを終え、勇磨と奏はベッドの上に横になっていた。

まだ興奮は冷めない。

「ねぇ勝田君、どんな感じ?」

「スゴイよかったよ。嬉しいし、気持ちよかった」

「ホント。ならさ、もう一回してほしいんだけど」

「もう一回? い、いいの?」

「うん、もっと勝田君を感じていたいの」

既にペニスは回復している。二回戦も問題なくできるだろう。

「わかった。じゃあもう一回やろう」

二人は抱き合い、優しくキスをした後、再びセックスをするために、体の向きを変えた。

二人の甘い時間はこれからも続く――。

 

〈了〉


Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました