連載官能小説『同級生狩り』第7回

連載官能小説

連載官能小説『同級生狩り』第7回

(あんな恥ずかしい格好で、イってしまった……)

悶々とした気分の中、真紀は自室で塞ぎ込んでいた。

何か昭にどんどん引き込まれていく。嫌なはずなのに……。

(どうしたらいいんだろう……)

真紀はそんな風に考えていた。

嫌だが、どこか惹かれている。

牝犬と呼ばれ、本当に犬のようになった気分であった。はしたない格好をして、コンビニやカフェに入り、そのままオルガスムスを感じ、人目も憚らずイってしまっている。

昨日、自宅に帰って来てからも、悶々とした時間を過ごしていた。とにかく、体が火照ってしまい、仕方ないのである。もっと気持ちよくなりたい。そんな思いが消えずに、彼女は苦しんでいた。

旦那を会社に送り出すと、彼女は一人になる。専業主婦であるため、午前中は掃除をしたり、料理をしたりして、過ごすのだが、今日は何も手が付かなかった。とにかく如何わしい妄想が頭をよぎり、気が気ではなくなるのである。

ベッドの上に横になり、ふと陰部に手を触れる。

(熱い……)

じんわりと秘部は熱を帯びているように感じられた。

ここに指を挿れられたり、バイブを突っ込まれたりすると、それだけで気持ちよくなってしまう。もっと、あの快楽を味わいたい。しかし、一度その快楽に身を委ねてしまうと、もう戻って来られないような気がして、怖くなるのも事実である。

(私、何をしているんだろう)

こんな昼間からオナニーのようなことをして、気持ちよくなろうとしている。

このままじゃ駄目だとわかっていながら、それでも誘惑には勝てない。

スカートをめくりあげ、下着を露にする。そして、陰部を指で弄っていく。すると、じんわりと気持ちよくなっていき、クロッチ部分に愛液が付着していった。染みが徐々に広がっていき、興奮も高なっていく。

(駄目よ、こんなことしたら……)

駄目だとわかっていながら、指は止まらない。

くちゅくちゅと卑猥な音が鳴り響く。

自分以外、誰もいない空間であるため、余計に音が淫靡に聞こえていく。

下着を脱がし、性器を露出させると、指を挿入していく。ヌレヌレになった陰部は、すんなりと、指を吸い込んでいく。指を出し入れしていくと、どんどんと気持ちよくなっていく。指を止めたいのであるが、全くいうことを聞かない。次第に指の動きが早くなり、理性を保てなくなる。

もっと刺激が欲しい……。

真紀はそんな風に考えていた。

そこで、昨日穿いたマイクロミニのスカートを思い出し、それを取り出して、穿いてみた。太ももは丸出しになり、性器もチラリと覗いている。

(こ、こんな格好……なんてヤらしいのよ。まるで、変態じゃないの)

変態的な格好であるのだが、そんな格好をしていくと、ますます興奮していく。堪らなく気持ちよくなっているのである。

スカートを穿き、しゃがみ込む。スカートがずり上がり、太ももはもちろんだが、お尻まで見えてしまっている。しゃがみ込みながら、陰部に指を挿れる。そして、ゆっくりとピストンさせていき、陰部を濡らしていく。

にちゃくちゃにちゃ……。

ヤらしい音を響かせながら、オナニーに耽る真紀。

止めたいのに、こんなのはいけない行為なのに。

指は止まらない。むしろ、勢いは増すばかりである。

「アン、ふぁ。き、気持ちいい……」

しゃがみ込む姿勢から、ごろッと横になり、さらに足を大きく広げる。卑猥なポーズをして、オナニーに耽ると、それだけで刺激が入り、気持ちよさのレベルがアップする。マイクロミニのスカートはずり上がり、完全に性器を露出させている。

やがて、指の動きは早くなり、そして、オルガスムスを感じ始めた。

「いやん、もう駄目……、イク、イっちゃうわぁ」

身体を反り返しながら、真紀は昇天する。ガクガクと体を震わせながら、布団に顔を押しつけて、快楽を味わう。

「き、気持ちいい、もっと気持ちよくなりたいのぉ……」

真紀は自己嫌悪に陥りながら、そのままベッドで目を閉じた。

昭から連絡が来たのは、その日のお昼を過ぎたころだった。

昼食を終えてテレビを見ていると、スマホが震えた。

昭から着信が入っている。

「も、もしもし」

「真紀か、元気にしてるか?」

「別に普通よ」

「そうか、一人Hしているかと思ったよ。どうだ、もっと気持ちよくなりたいだろ」

「そ、そんなことは……、私は……」

オナニーをしていたことを見抜かれ、真紀は恥ずかしさでいっぱいになった。

「今日の午後5時に、例のマンションに来い。また、気持ちよくしてやる」

「で、でも……、そんな時間から家を空けるなんて」

「大丈夫さ。どうせ旦那は遅くなるんだ。なら、こっちはこっちで楽しもうじゃないか。今日はまた別のトビラを開いてやる。きっと気に入るぜ」

別のトビラ。

一体何のことだろう。

興味はあるが、ここで巻き込まれると、もう戻れないような気がする。

「ど、どうしても行かないと駄目なの?」

「当然だ。良いのか、例の写真はこっちにあるんだぞ」

「そ、それは、私、おかしくなりたくないの。ただ平穏に暮らしたいだけなのよ」

「ククク、お前はただ戸惑っているだけなんだよ。迷うことはない。自分の気持ちに正直になればいいんだよ。気持ちよくなりたくないのか?」

気持ちよくはなりたい。

むしろ、快楽を求めるから一人で昼間からオナニーをしてしまっているのである。

「そ、それは……」

「気持ちよくなりたいだろう?」

「そ、そんなことは……。だけど」

「どうなんだ。気持ちよくなりたいはずだ」

「そ、そうかもしれない。でも、怖いの……。自分でもどうしていいのか」

「大丈夫さ。気持ちよくなりたいんなら、俺のところに来い。俺がお前を変えてやる。恐れることはない、気持ちよさを求めるのは、人間として当然の感情だ。自然なことなのさ」

とりあえず行くしかないだろう。

弱みを握られているから、抗えない。だけど、それ以上に気持ちよくなりたい。だからこそ、この連絡を待っていたのかもしれない。

心のどこかで、昭から連絡が来るのを待っていたのである。

「わかった、行くわ。5時に行けばいいのね」

「そうだ、では待っているぞ」

そう言うと、電話は切れた。

真紀はフンと鼻を鳴らし嘆息すると、約束の時間を待った。

午後4時半を回り、真紀は支度を始める。

どんな格好で行っても問題はないだろうが、何があるかわからない。シンプルな装いを心がけ、家を出た。シックなトレンチコートに、黒のスキニーパンツ、トップスはブラウスにカーディガンを羽織った。スタイリッシュな格好で彼女は、昭の元へ向かった。

マンションに向かい、部屋のトビラをノックする。

「よく来たな。入れ」

「え、えぇ」

簡素な部屋に案内される。

床の上にはいつもの首輪が用意されている。

昭は真紀を部屋に入れると、すぐに指示を出した。

「真紀、服を脱ぎ、首輪をつけるんだ」

真紀は言われるままに服を脱いだ。恥ずかしさはあるのだが、大分慣れてしまっている。すぐに服を脱ぎ、そのまま首輪をつけた。

「よし、じゃあ四つん這いになれ。そして、尻をこっちに向けろ」

「そ、そんな恥ずかしいわ」

「何を今さら、見え透いた演技をするな、お前は気持ちよくなりたいはずだ。ならさっさと、こっちに尻を向けろ」

真紀は尻を上げて昭の方に向けた。

その様子を見ていると、昭は尻の双肉を手で広げると、秘部を露にさせた。

「流石、牝犬だな、もう濡れている」

真紀はこの時激しく濡れていた。このマンションに来ると、ゾクゾクしてしまうのである。

「だが」昭は真紀の菊門に指を押し当てる。「今日はこっちの穴を使ってみるか」

「え、そっちの穴は違うわ、止めてぇ」

「アナルも気持ちよくなれるんだぜ、お前にはその素質があるだろうよ」

昭は、ローションを取り出し、それを指に垂らすと、ぬるぬると滑らせ、さらに指をアナルに挿入した。

メリメリと、菊門の中に指が入っていく。

強烈な排泄感が沸き上がるが、身体が求めてしまう。

「どうだ、気持ちいいか?」

「き、キツイ、も、もう抜いて」

「まだ始まったばかりだぜ。もう少し楽しませてくれよ」

「いやぁぁぁ、そっちの穴が広がっちゃうわぁ」

アナルに指を入れていた昭であったが、少しずつアナルを拡張していき、次なるステップに進んだ。やや小ぶりのバイブを取り出し、それにローションをたっぷり塗ると、ゆっくりと菊門に挿れていった。

「くぅ、うあぁ、避けちゃう、お尻が裂けちゃうわぁ」

「大丈夫だ、このくらいの大きさなら問題なく入るはずだぜ」

昭はバイブを奥深くまで挿れると、スイッチを入れて刺激を入れ始めた。

ヴヴヴヴヴ。

稼働音が鳴り響き、真紀はガクガクと体を震わせる。

「アアン、も、もう止めてぇぇ……、お、おかしくなっちゃうわぁ」

「どうだ、気持ちいいだろ? もっと刺激が欲しいんじゃないのか?」

「キツイわ、お尻が……お尻が……」

窮屈な感じはあるが、次第に気持ちよさが襲ってくる。

アナルを弄られるという変態的な行為をしているのに、どんどん気持ちよくなってしまうのである。

「よし、こっちも弄ってやろう」

昭は、アナルにバイブを突っ込みながら、空いた手を使ってクリトリスを刺激し始めた。

二か所を同時に弄られて、真紀は気絶寸前まで追い詰められた。

とにかく気持ちいい。もう、どうなってもいい、そんな気分に襲われるではないか。

真紀はやがてエクスタシーを迎え、身体を反りかえらせ始めた。

「い、イク、イっちゃうわぁ」

「おっと、まだイカせないぜ」

昭はバイブのスイッチを止め。クリトリスから指を離した。

あまりに突然の行為であり、真紀はイキたいのにイケず困惑してしまった。

「お、お願い、い、イカせて。このままじゃ生殺しよ」

「まだ楽しみにはこれからだ。自分ばかり気持ちよくなっていたら不公平だろう。そう思わないか?」

「そ、それは」

「俺の方も気持ちよくしてもらうか。フェラをするんだ。上手にできたら、ご褒美をやろう。さぁ牝犬、やってみろ」

昭は仁王立ちに立つと、真紀を見下ろした。

真紀は静かに昭を見つめると、彼のスラックスに手をかけた――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました