連載官能小説『女性向け風俗』第8回

連載官能小説

連載官能小説『女性向け風俗』第8回

栄太とセックスしたものの、裕子は悶々とした気分の中にいた。

オフィスウエアに身を包み、デスクで仕事をしているのだが、身体が疼いてしまう。パンストに包まれた脚を組み替えながら、仕事に勤しんだ。

だが、考えるのは、セックスのことばかり。

(私って変態なのかもしれない)

セックスを求める男性は多い。

しかし、裕子は女性である。なのに、男性並みに性力が旺盛なのである。同時に。なぜここまで性欲が溢れてくるのかわからなかった。

風俗に行ってしまっているし、人には言えない話がたくさんある。

夕方を迎え、終業時間である。基本的に裕子の会社は仕事さえ終われば、定時で帰れる。仕事が片付かないと、そのまま作業をする必要はあるのだが、裕子は仕事が終わっていた。このまま帰ってしまっても問題ないだろう。こういう悶々とした日はすぐに帰った方がいいはずだ。

しかし、そこに木佐貫がやってきた声をかけてきた。

「裕子君。今日この後大丈夫かね?」

「はい、大丈夫ですけど……」

「実ね、至急、頼みたい仕事があるんだよ。やってくれるとありがたいんだがな」

「わかりました。仕方ないですね」

裕子は基本的に真面目である。

仕事を頼まれたら断れないのだ。それに、木佐貫も真面目な所があり、就業時間中は勤勉に仕事をしている。仕事ができる上司なのだ。そんな上司が頼んできた仕事であるから、断り切れない。帰りたい思いはあったが、それでも裕子は仕事を引き受けることに決めた。

パソコンを立ち上げ、仕事の準備を始める。

時刻は午後6時を回っており、そろそろお腹も空いてくる。まだ、仕事は終わりそうにない。軽食を買ってきてもいいかもしれない。

そう考えていると、木佐貫がやってきて、彼女に差し入れをしてきた。

コンビニのビニル袋の中にチョコレートとコーヒーが入っている。

「遅くまですまないね。裕子君、食べてくれたまえ」

「あ、ありがとうございます。助かります」

チョコレートのような甘いものがちょうど食べたいと持っていた。そこで裕子はありがたくチョコレートを頂き、それをコーヒーで流し込む。そして、そのまま作業を続ける。

一人、また一人社員が帰宅していき、社内には木佐貫と裕子の二人だけになった。裕子は集中していたのであるが、何か気分が高揚してきた。どこか、ムラムラとしてきたのである。この変化は一体何なのだろうか?

(体が熱い……。どうしたんだろう)

それでも、懸命に仕事を続ける。しかし、徐々に集中力が途切れ、身体が熱く反応する。

「裕子君、大丈夫かね、顔が赤いようだが……」

ニヤッと不気味な笑みを浮かべて、裕子に向かってくる。

「は、はい。ただ、少し火照っちゃって。暑いですね」

季節は冬である。

暑さを感じるのはおかしい。

「少しソファで休んだらどうかね? ずっと休みなしだろう」

「じゃあ少しだけ休みます」

裕子は商談ルームにあるソファに座り、足を伸ばした。

依然と体は熱い。火照っているというか、ムラムラとしてしまうのである。

そんな中、木佐貫がやってきて、彼女の前に立った。

「どうかね、気分は?」

「気分はそんなに悪くないです。ただ、暑くて」

「そうかね。私が様子を見てやろう。まず上着を脱ぎたまえ」

「は、はぁ……」

やや強引に上着を脱がせる木佐貫。

流されるままに、上着を脱ぐ裕子。その時、木佐貫の手が裕子の二の腕に触れた。瞬間、電流が走ったように、体中に刺激が入る。

「いやぁん。なんか変です……」

「どうしたのかね。落ち着くんだ。私が介抱してあげよう。次はブラウスを脱ぐんだ」

脱ぎたくないのに、ブラウスも脱ぎたくなる。堪らなく、Hな気分になってくるのである。それに触れられるだけで陰部が熱く反応してしまう。

パンストに包まれたショーツの中は、既にぐっしょりと濡れ始めていた。

木佐貫はブラウスを脱がすと、彼女のブラジャーをも外してしまった。

そして、あろうことか胸を揉み始めたのである。

抵抗したい。でもそれができない。何かこう、もっと触ってもらいたくなるのである。

(もしかしてチョコレートに何か入っていたんじゃ……)

堪らずそう察する裕子。

「木佐貫さん。チョコレートに何か入れたんじゃないですか?」

その言葉を受け、木佐貫の体が硬直した。

「な、何を言っているんだね、そんなわけは」

その姿は明らかに動揺している。裕子は少し触れられただけで、全身が性感帯になったように敏感に反応してしまう。拒みたいのに拒めないのだ。

「酷いです。きっと媚薬か何かを入れたんですね。わ、私、身体がおかしいです。とにかく気持ちよくなってしまうんです」

「なら、一緒に気持ちよくなろう。私が気持ちよくしてあげるから」

木佐貫は必死であった。

実は、彼はネットで購入した媚薬をチョコレートの混ぜていたのである。その効果が、湯子に現れていた。堪らなくHな気分になり、自分から木佐貫を求めてしまう。

「き、木佐貫さん、胸を触ってください。お願いします」

抗えなかった。白く豊満なバストを、揉み始める木佐貫。彼は乳房を揉みしだきながら、さらに乳首を弄り始めた。

「裕子君、気持ちいいかね?」

「き、気持ちいいですぅ。もっと触ってぇ……」

笑みを浮かべた木佐貫は気分よく胸を触り始める。

彼の手のひらの中で、雄渾も乳房が変幻自在に形を変える。マシュマロのように柔らかいおっぱいを揉まれていると、何も考えられなくなる。もっと過激に刺激を求めていく。

木佐貫は乳首に口を当て、そして甘噛みをする。すると、裕子の身体に電流が走る。ビクンビクンと激しい反応が襲い、身体をくねらせていく。

「アアン、凄い、刺激が強すぎますぅ、うぅぅぅ……」

「ちゅぱ、にちゃ、むちゅ、裕子君のおっぱいは素晴らしいよ。よし私の方も気持ちよくしてくれた前」

木佐貫はベルトを外すと、勃起したペニスを露出させると、それを裕子の谷間に挟み、激しくしごき始めた。いわゆるパイズリしている形になる。

胸の谷間にペニスを挟み込まれると、普通なら嫌なはずなのに、今は全く違う。もっとこすりつけてほしい、熱い精液が欲しいと思ってしまうのである。

気づくと、裕子は率先してパイズリを始めていた。木佐貫のペニスからカウパー腺液が溢れ出してきて、それが胸に付着する。ぬらぬらとした透明な糸がヤらしく伸びていき、一層興奮していく。

「ゆ、裕子君、最高だ、気持ちいいよ」

「わ、私も気持ちいいですぅ。木佐貫さんのち×ぽがどんどん硬くなって、私の胸に当たってるんです」

「裕子君、そのまま先端を舐めてくれたまえ、そうすれば、もっと気持ちよくなれるから」

「な、舐めればいいんですね。わかりました」

裕子は、胸にペニスを挟みながら、さらに亀頭を舐め始める。舌先でちろちろと亀頭を優しくな舐めていくと、木佐貫の表情がうっとりとしたものに変わっていく。激しく隆起した男根から止めどないカウパー腺液が溢れ出し、にちゃにちゃと淫靡な音が鳴り響いていく。

裕子は一旦胸からペニスを外すと、しゃぶりついてフェラを始めた。亀頭の裏側を舌で刺激しながら、口内の全体を使ってストロークさせていく。

「くぁ、裕子君、堪らないよ」

「き、木佐貫さん、私の方も刺激して下さい」

「よし、こっちにあそこを向けてごらん。シックスナインをしよう」

裕子は言われるままに、熱くなった下半身を木佐貫に向けていく。裕子が上になり、木佐貫が下になる、裕子はフェラを続けながら、フリフリと腰を振りながら、刺激を求めている。木佐貫は、スカートとパンストを脱がし、ショーツのみにさせると、ショーツの上から秘部を刺激し始めた。するち、じんわりと蜜液溢れてきて、ショーツに染みを作った。ジュクジュクとした女蜜が、止めどなく溢れてくる。

木佐貫はショーツのクロッチ部分を横に少しずらし、舌先を膣内に入れた。裕子の身体が熱く反応し、反り返らせる。

「アアアン、凄い、刺激が強いですぅ。もっと舐めてくださいぃ」

べろべろチュパチュパ。

舌先を使って、木佐貫はヴァギナを舐め回していく。媚薬によって、感度が最大まで高まった裕子は、少し触れただけで、失禁してしまった。びちゃびちゃと女水が飛び散り、それが木佐貫の顔に降りかかる。

「アアアン、も、もう駄目、イク、イッちゃう……」

「私もイキそうだ、一緒にイこう」

「あああああん、イクゥゥぅー」

次の瞬間、裕子は激しく体を痙攣させてオルガスムスを感じ始めた。

少し遅れて木佐貫も射精する。熱いスペルマが、裕子の口内注がれ、ドクドクと脈打っていく。

裕子は白濁したザーメンを口で受け止めると、それをそのまま飲み干していった。

「裕子君、最高だったよ。気持ちいいだろう」

「気持ちいいですぅ。でも、まだ足りないんですぅ」

「よしなら続きをしよう」

続きというのは恐らくセックスだろう。

裕子はギリギリの精神の中にいた。このままセックスしてしまったら、もう元には戻れないような気がした。

「セックスは駄目です。だって木佐貫さんには奥さんがいるじゃないですか」

「そんなことは気にする必要はないんだよ。だがね、君がそこまでセックスに反対なのなら、代替案がある」

「代替案?」

「そうだ、要はセックスしなければいいんだろう。なら、私に任せたまえ」

木佐貫はそう言うと、裕子を四つん這いにさせ始めた――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました