連載官能小説『後輩社員と秘密の関係』第9回

連載官能小説

連載官能小説『後輩社員と秘密の関係』第9回

瑞希は孝樹のペニスを手でしごき始めた。柔らかな手で包まれていると、どこまでも気持ちよくなっていく。ゆっくりとペニスをしごいていくと、時折、孝樹の「うぅ」とか「うぉ」という声が漏れる。

「先端からHなお汁が出ていますよ」

「ゴメン。興奮してるから、出ちゃうんだよ」

「謝らないでください。気持ちよくなってもらって、私も嬉しいです」

「スゴイ、気持ちいいよ。本当にありがとう」

「うふふ。たっぷりと気持ちよくなってくださいね」

瑞希は懸命に手コキを続けていく。動きをスムーズにするために、たっぷりと唾液を垂らして、ローション代わりにしていく。唾液で満たされた孝樹のペニスは、テカテカと光り輝き、途轍もないエロスを感じさせる。

孝樹のペニスは、はち切れんばかりに膨張し、暴発寸前になっている。まだ余力はあるが、このままのペースで弄られると、すぐに限界を迎えてしまいそうになる。

「み、瑞希ちゃん、かなり上手くなったよね」

「そうですか? 私、工藤さんに気持ちよくなってもらいたいんです。だから、気持ちを込めています」

「そこまでしてくれて、本当に感謝だよ。俺も、瑞希ちゃんを気持ちよくさせたい」

「もう少ししたら、本番をしましょうね。それまで我慢してください。私がたっぷりと奉仕してあげます」

瑞希は手コキをしながら、孝樹の陰嚢を揉みしだき始めた。ペニスと陰嚢を同時に責められて、孝樹の気持ちよさもアップしていく。途轍もない快楽が、孝樹を支配していき、この時間をもっと長く味わっていたくなる。

ペニス全体が気持ちよくなっていき、ますます膨張していく。

「す、凄い、いい感じだよ、瑞希ちゃん、最高だ」

「次はフェラでご奉仕してあげます」

手コキを一旦止めると、瑞希は、舌先でペニスをペロペロと舐め始めた。

舌先でペニスの先端を刺激されると、少し擽ったいのだが、これはこれで気持ちいいがいい。特にカリの裏側をレロレロと舐められると、それだけで昇天してしまいそうになる。溢れ出るカウパー腺液は、留まるところを見せない。その我慢汁を舌先で弄りながら、ペロペロと舐めていく瑞希。

少し苦く、雄の香りが充満している。孝樹の性臭を感じ、瑞希も興奮していた。孝樹の匂いを嗅いでいると、もっと、この匂いを嗅いでいたくなるし、さらに、ペニスを弄りたくなるのだ。

たっぷりと唾液を含ませて、ペニス全体を口で含ませていく。

温かな質感が孝樹のペニスを覆っていき、恍惚とした表情を浮かべる孝樹。彼の満足感のアップし、フェラをする瑞希の顔を見つめた。

懸命にフェラを続ける瑞希は、どこまでも愛らしく、思わず抱きしめたくなる。ここまで自分のために尽くしてくれる存在に、孝樹は心の底からありがたくなった。

(瑞希ちゃん。本当にいい子なんだ)

感動しながら、孝樹は瑞希の髪を撫でた。

僅かにシャンプーの淡い香りがして、それが孝樹の鼻孔を擽る。

瑞希のふんわりとした体臭と、石けんの香りが入り混じり、高貴な匂いを生み出していた。このような匂いを嗅いでいると、ますます興奮してしまう。性的に満たされながら、孝樹は感じ始めていた。

やがて、瑞希のフェラのスピードが速くなる。

じゅぼじゅぼと大きな音を立てながら、ペニスを吸い続けている。ぴったりと口腔内の粘膜が張りつき、気持ちよさを演出している。ぬめぬめとした質感が、形容しがたい快楽を生み出し、孝樹は感動していた。

喉の奥の方までペニスを咥えこむと、口腔内で擦れ合う面積が広くなり、快楽のレベルは一層高まっていく。

「瑞希ちゃん、凄い、気持ちいいよ、もう少しでイキそうだ」

「イキそうになったら、存分にイってください。私がすべて受け止めますから」

健気に素晴らしいことを言ってくれる。

心の底からありがたくなった孝樹は、瑞希の髪をさらに優しく撫でた。

徐々に、限界を迎え始める孝樹。ペニス全体が収縮を始め、身体が小刻みに震えていく。

後少しで絶頂を迎える。その兆候が表れ始めた。

「瑞希ちゃん……、お、俺、もう駄目だ、イクよ」

「イってください。そして気持ちよくなってください」

瑞希はさらにペースを上げて、ペニスをしゃぶりつくしていく。

バキュームフェラを激しくしていくと、孝樹もとうとう限界を感じ始めた。

「うぉぉぉ、もう駄目だ、イクゥ」

次の瞬間、激しい性の爆発があった。

圧倒的なオルガスムスを感じ、そしてペニスから大量の精液が発射される。

瑞希の口腔内に大量の精液をぶちまけた孝樹は、ガクガクと体を震わせ始めた。

「んぐ、むぐ」

瑞希は口腔内に発射された精液をすべて飲み干した。

ゴクリと言う咽頭を駆け巡る音が聞こえると、瑞希はにっこりと笑みを浮かべた。

「工藤さんの精液、ものすごく濃いんです」

「の、飲んでくれたの?」

「はい。工藤さんのだから飲みたいんです」

瑞希は毎回精液を飲んでくれる。

これは孝樹にとって非常にありがたい行為であった。

孝樹は起き上がり、そっと瑞希の身体を抱きしめた。

そして、そのまま熱いキスを交わす。にちゃにちゃと舌を絡ませながら、瑞希の唾液を啜っていく孝樹。蜜のように甘い瑞希の唾液を堪能しながら、孝樹は瑞希を押し倒した。たった今イッたばかりだというのに、彼のペニスは衰えを見せるどころから、より一層、硬くなっていった。

血液全体がペニスに流れ込み、膨張させていく。興奮冷めやらぬ孝樹は、瑞希を押し倒すと、そのまま正常位でペニスを挿入していく。

「瑞希ちゃん、挿れるよ」

「はい。お願いします」

瑞希の脚を持ち、膣口に照準を合わせて、挿入していく。

トロトロとした蜜液で満たされた膣内は、すんなりとペニスを飲み込んでいく。

温かな膣内の感触が孝樹のペニスを満たしていく。

奥までペニスを挿入していくと、孝樹はゆっくりと動き始めた。

腰を丁寧に動かし、ピストンを進める孝樹。

イッたばかりのペニスは、過敏に反応を示し、小刻みに動いていた。

それでも快楽を貪るような形で、孝樹はプレイを続けていく。

姿勢を前傾にさせ、瑞希に覆いかぶさるようにすると、胸を吸ったり揉んだりしながら、抽送を続ける。

ペニス全体をフルに使い、奥の方まで挿入していく。瑞希の膣内は、かなり窮屈であり、ペニスを激しく包み込む。キュウキュウと搾り取られるかのような感覚が、孝樹に広がっていく。

「瑞希ちゃん、締まりが凄いよ」

「だ、だって、気持ちいいんですもの。感じちゃうんです」

「もっと感じてくれ。俺も気持ちいいから」

懸命に孝樹は動き続ける。

今度は瑞希の脚を大きく広げて、突きさすように挿入を続けていく。

まんぐり返しに近いような形になり、ペニスは奥の方まで突き刺さっていく、それはまるで子宮に届くようLな勢いであった。

結合部分から、精液と蜜液が入り混じった液体が迸り、それがシーツに流れ始めた。

白濁色の液体は、テカテカとした光沢があり、一層エロスを生み出していく。

あまりの気持ちよさに、自然と孝樹のペースも速くなっていく。

もう、このまま果ててしまいたい。そんな思いが孝樹を支配していく。

「み、瑞希ちゃん、中に出しても良いかな?」

「はい、中に下さい、工藤さんの精液を私の中にたっぷりと注いでぇ」

「わかった。後少しでイクから、一緒にいこう」

孝樹は精一杯のスピードで動き始めた。もう、後先を考えない。ただ目の前にある快楽に向かって一心不乱であった。とにかく気持ちよくなりたい、そして、自分の精液のすべてを、瑞希の中に出してしまいたい。

「瑞希ちゃん、お、俺、イキそうだ。イクよ」

「ひぎぃ、私もイキそうです。気持ちいいですぅ」

「イクよ。もう駄目だ、イクゥゥ」

再び、激しいオルガスムスを感じ始める孝樹。同時に、瑞希もエクスタシーを迎えていた、二人は一心同体のように絶頂を迎え、そして果てた。

孝樹は瑞希を思いきり抱き締めて、そのまま倒れ込んだ。

激しい性の爆発があり、大量の精液が膣内に流れ込んでいく。

トプトプと、結合部分から、精液が溢れ出してきた。

「スゴイです。工藤さんの精子が私の中で暴れていますぅ」

「瑞希ちゃん、気持ちよかったよ、本当に最高だ」

二人のセックスはこうして終わりを告げた。

孝樹はセックスの余韻に浸りながら、あることを考えていた。

瑞希と咲子。どちらかを選ぶのは難しい。

自分は二人とも幸せにしたいし、一緒にプレイをしてみたい。

そんな願望が思い浮かぶ……。

(三人でしてみたいな……)

孝樹は3Pを夢見ながら、瑞希に向かって優しくキスをした――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました