連載官能小説『多淫少女は文芸部員』第3回

連載官能小説

連載官能小説『多淫少女は文芸部員』第3回

「江藤君は童貞だから、まずは私が主導でやってあげるわ」

「はぁ、そうしてもらえるとありがたいですけど」

「それじゃまずはそこに寝てもらえる。仰向けで……、床だけど、すぐに慣れると思うから最初は我慢してね」

「わかりました」

そう言い、司は、床に仰向けに横になった。

下半身は丸出しになっているので、床の冷たさがダイレクトに臀部に伝わった。

「それじゃ挿れるわよ」

司に跨った静華が呟くように言った。

そして、そのまま腰を落としていき、自分の蜜壺に、司のペニスを押し当てていった。

ずぶずぶずぶ……。

ゆっくりとペニスは挿入されていく。

初めて感じる、温かな感触に司は感動していた。

(すごい、ヌルヌルなんだ)

静華のあそこはしっとりと濡れており、スムーズにペニスを飲み込んでいく。

先ほどイッたばかりだというのに、静華は大胆に動いていく。

最初はゆっくりと動いていき、次第にその動きを速めていく。

「江藤君、私のリズムに合わせて下からち×ぽを突き上げて頂戴」

「は、はい。こ、こうですか?」

見様見真似に司はペニスを押し上げる。

ぐちゅと淫靡な音が聞こえ、奥深くまで挿入されていくではないか。

「あん、そう、その調子よ、良い感じ」

「あ、ありがとうございます」

続けて、司は下からペニスをずんずんと突き上げていく。すると、膣壁にペニスが擦れて、ますます気持ちよくなっていく。

もちろん、静華もペースを落とさない。快楽を感じながらも、腰を振り続けている。

静華は姿勢をやや前傾にして、司に覆いかぶさるような体勢を取った。司の顔面に、静華の乳房が映り込む。彼は思わず乳房に触れて、乳首を刺激した。

「いやぁん、乳首を弄らないでぇ」

「霧島さんの乳首、凄い立っていて魅力的なんです。舐めてもいいですか?」

「仕方ないわね、じゃあおっぱい舐めてぇ」

「ありがとうございます」

姿勢を起こして、司は静華の乳房にしゃぶりついた。

チューチューと音を上げながら、赤子のように乳首に吸い付いていく。

仄かに柔らかな香りがして、それが一層興奮の渦に誘っていくではないか。

次に、司は胸を揉みしだいた。彼の手の中で変幻自在に胸が潰れていく。

「あんまり強引にしないで。おかしくなっちゃうわぁ」

「気持ちいいですか?」

「えぇ、気持ちいいわよ、あなたは?」

「僕も気持ちいいです。こんな経験初めてですよ」

初めてのセックスを堪能し、司は喜びを感じていた。

年頃の男子生徒であるため、もちろんセックスには興味があった。しかし、自分には彼女もいないし、できる気配もない。そうなれば、セックスはまだまだ先になりそうだと感じていたのである。

そんな中、文芸部のトビラを開いたら、いつの間にか花園に迷い込んでいた。

静華という美少女に、審査だと言われてしごかれて、さらにクンニリングスまでしてしまった。その上で、今こうしてセックスをしている。数奇な運命に、彼は驚いていたのであるが、同時にこの気持ちよさをもっと味わっていたかった。

静華は一転して今度は体を反り返らせた。

司の口元から乳房が引き離されて、その代わり、結合部分が丸見えになった。

身体を反りかえらせた分、挿入は浅くなったのであるが、それでも気持ちいいことには変わりない。変幻自裁に体位を変える静華の姿勢に、司は感動していた。

「この体勢もいいでしょう?」

と、静華が尋ねる、

彼女の額には汗が浮かび上がっており、それが一層エロスを感じさせる。

「はい、気持ちいいです。僕、どうかなっちゃいそうですよ」

「ウフフ、そのままおかしくなっていいのよ、それが文学を語るための肥やしになるんだから」

身体を反らせながら、上下運動を速めていく静華。

脚をM字に開き、彼女の秘壺は丸見えになっていた。

にちゃにちゃと半透明の糸が伸びていき、さらに蜜液が流れ出している。それが司の陰部に付着していった。

(霧島さんのあそこ、本当にヌレヌレだな)

そんな風に司は感じていた。

自分も気持ちいいが、きっと静華も気持ちよくなってくれているだろう。そう考えると、なんだか嬉しくなってくる。やはり、自分だけが気持ちよくなるよりも、相手にも気持ちよくなってもらいたいものである。

司は、なるべく静華の負担にならないように、姿勢をやや起こしながら、自分でもペニスを突き上げ、静華の蜜壺を刺激していった。

「ふぁ、江藤君のち×ぽが私のおま×こに突き刺さって、気持ちいいのぉ」

「僕も気持ちいいです。もっと気持ちよくなってください」

司は、どんどんとペースを上げていく。

それに合わせて、静華もペースを上げていくのだが、やがて彼女にも疲れが見え始めた。

半立ちの状態で挿入を繰り返していたので、膝がガクガクとし始めたのである。それを見た司は、静華に提案する。

「霧島さん。今度は僕の番です。後ろから挿れさせてください」

「え? 後ろから挿れたいの? 本当にエッチなのね。でもいいわ、させてあげる」

静華は一旦ペニスを引き抜くと、四つん這いの姿勢になった。

お尻を高くあげ、腰を振り始める。それはどこまでも卑猥さに満ちた光景であった。

ゴクリと生唾を飲み、司は自分のペニスを静華の秘部に押し当てようとする。

しかし、初めてであるため、なかなか上手くいかない。

焦れば焦るほど、挿入が難しくなってしまうのだ。

それを見ていた静華が、くすっと笑い、

「江藤君、落ち着いて、こうするのよ」

そう言い、彼女は司のペニスを持つと、自信の秘裂に導いていった。

ゆっくりと挿入され、ようやくバックでの挿入に成功する司。

「あ、ありがとうございます」

「いいのよ、それじゃ少しずつ動いてくれる? バックは気を抜くと抜けてしまうから慎重にやるのよ」

「わかりました」

司は指示通り、少しずつ動き始めた。

騎乗位とは違う刺激がペニスを覆っていく。騎乗位は挿入が深いが、バックがそこまで深くはない。それに、気を抜くとペニスが抜けてしまいそうになる。抜けないように注意しながら、次第に抽送のスピードを速めていく。

「アン、良い感じよ、江藤君、もっと激しく突いて」

「激しくすればいいんですね。こうですか?」

司はずんとペニスを深く突き刺した。すると、静華の身体がビクンと跳ねた。

「そ、そう、その調子よ、そんな感じでどんどん突いてほしいの、そうすればお互いに気持ちよくなれるわ」

確かにそうかもしれない。

司は快楽に身を捩らせながら、さらにペニスを突きたてていく。

ずちゅずちゅ。

パンパンパン。

肉同士がぶつかり合う音がこだまし、静かな文芸部室内に染み渡っていく。

司は、勢いよくペニスを突きたて、静華もそれに合わせて腰を振り始める。

まさに、二人で作り上げるセックスを展開していく。

ただ、司の次第に限界を迎え始める。

ペースを速めて動いていたので、イってしまいそうになるのだ。

「き、霧島さん、ぼ、僕、そろそろイキそうなんですけど」

「イキそうなの? ならイキなさい。思い切りぶちまけて」

「中に出してもいいんですか?」

「もちろん、セックスは中出しが基本よ。大丈夫、今日は安全な日だから」

「じゃあ、中に出します」

最後の力を振り絞って、司は抽送を繰り返す。

そして、とうとう限界を迎える。

圧倒的な快楽の爆弾が、彼のペニスに降り注ぐ、ペニスが収縮したかと思うと、次の瞬間、激しい性の爆発があった。

ビュルビュルドビュ!

大量のスペルマが静華の膣内に注ぎ込まれていく。

「あぁあ凄い、精液が私の中に入ってくるわぁ」

「うわぁぁ、気持ちいいです。全部出します」

「私が全て受け止めてあげるわ、全部出してしまいなさい」

司は精液を出し尽くすと、そのまま前方に倒れ込んだ。

心地いい疲れが体を支配している。

ペニスを引き抜くと、ごぼごぼとスペルマが溢れてきて、それが床に滴り落ちた。

「お掃除もしてあげるわ」

中出しされた静華は、ゆっくりと体を司の方に向けると、彼のペニスを咥えこみ、最後の一滴まで精液を搾り取っていった。

(く、くぁ、堪らないよ)

司は、静華のお掃除フェラに感動しながら、彼女を見つめていた。

やがて、フェラが終わると、静華はにこやかな笑みを浮かべ、

「審査は終了ね。あなたは合格よ。文芸部員として認めます。明日から毎日ここに来ること、良いわね?」

「わ、わかりました。よ、宜しくお願いします」

こうして、司は文芸部に入部することになった。

しかし、これは全ての始まりでもある。

司と静華の関係はこの日から始まり、より親密になっていくのだ。

そんな中、司の元にある人物が現れる。

それは、文芸部の顧問、林田恵であった。

恵の登場で、司はある事実を聞かされることになる――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました