連載官能小説『多淫少女は文芸部員』最終回

連載官能小説

連載官能小説『多淫少女は文芸部員』最終回

恵はお尻を高く上げ、そして股を開きながら司を誘惑し始めた。

臀部の双肉がたぷんと揺れ、卑猥な印象を見せつける。

司は恵のお尻に手を置くと、ペニスの照準を合わせて、蜜壺にペニスを押し当てた。

既に、恵の秘部はぐっしょりと濡れており、問題なくペニスを飲み込んでいく。

ずぶずぶずぶ……。

スムーズに、そして緩やかにペニスは飲み込まれ、膣壁をメリメリと侵食していく。恵の蜜壺は、静華に比べると、若干ではあるがゆとりがあった。激しい締め付け感はそこまでなく、全体を優しく包み込むような締め付けである。ソフトに包み込まれていくように感じながら、司はピストンを開始した。

(先生の中、凄いヌルヌルだ……)

感動するくらい、蜜液に満たされていた。ヌメヌメとぬめっており、ペニスはスムーズに動いていく、特徴的な肉襞が、ペニスを包みこみ、更なる快楽に導いていく。

「ふあん、大きいち×ぽ。もっと動いてぇ」

と、恵が声を出す。

うっとりとしているかのような甘い声であった。

司は少しずつペースを速めていく。しかし、そこまで飛ばさない。既に一度イッているから、すぐには射精しないであろうが、それでも気を抜いてしまうと、たちまちイってしまいそうになる。

もっと、恵の膣内を楽しんでいたかった。それ故に、自分のペースを守りながら、抽送を繰り返していく。

にちゅ、ぬちゅと、淫靡な音が駆け巡り、それが文芸部の部室内に響き渡っていく。司はその音を聞きながら、確実にピストンを繰り出していき、恵の膣内をどんどんと侵食していく。逞しい司のペニスが、勢いよく突かれていき、恵も止めどない快楽の中に放り込まれた。

「江藤君、良い感じよ。大分上手くなったわね」

「あ、ありがとうございます。先生の中、凄い気持ちいいです」

「私も気持ちいいわ。その調子でどんどんち×ぽを突いて頂戴」

「わかりました」

臀部に手を当てて、激しくピストンを繰り出していく司。

立ちバックの状態で挿れているため、気を抜いてしまうと、たちまちペニスが抜けてしまいそうになる。そのため、細心の注意を払いながら、ピストンを続けていく。

(少し体位を変えたいな……)

と、司は考え始めた。

立ちバックは、どうしても動きが単調になってしまう。

激しく動いているうちはいいのであるが、あまりに激しく動いていると、すぐに限界がやって来てしまう。もっと、変則的な体位も試してみたい、そんな風に司は考え始めた。

そこで司は、挿入したまま恵の身体を持ち上げると、恵を抱き寄せながら、挿入を始めた。いわゆる、駅弁という体位である。

突然、抱き寄せられ、驚いた恵であったが、すんなりと、その体位を認め、司の身体に抱かれながら、駅弁を堪能していく。

「スゴイ、こんな体位もできるのね。流石は江藤君よ」

「先生、気持ちいいですか?」

「もちろん、奥までち×ぽが届いて、とっても気持ちいいわぁ」

駅弁は女性を抱きかかえて行う体位であるため、必然的に重心が下半身に集中し、挿入が深くなる。司のペニスも、恵の膣内の奥底まで届き、どんどんと膣壁を切り開いていった。

ずんずんと、抱きかかえながら、挿入を繰り返す司。次第に腕は辛くなってくるが、それでも無理をして駅弁を続けた。ここで無理をしなければ、いつ無理をするのか? そんな気合が感じ取れる挿入であった。

「江藤君、大丈夫? 疲れない?」

「だ、大丈夫です、ちょっと腕がキツイですけど」

「わかったわ。今度は私が動いてあげるから、江藤君は休んでいなさい」

と、恵は言い、一旦挿入を中止した。

ペニスを引き抜くと、半透明のヤらしい糸が伸びていき、それがにちゃにちゃと光って見える。そんなぬらぬらとしたペニスを見つめながら、恵は司を仰向けに寝かせた。

教室の床で仰向けになる司。床は硬く冷たいが、すぐに慣れそうであった。

仰向けになった司を前に、恵は股を開いて跨っていく。

そして、騎乗位でペニスを秘部に導いていく。

ぬむぬむと、静かにペニスが飲み込まれていき、あっという間に結合してしまった。

恵は膝を曲げて、しゃがみ込むような姿勢で腰を振り始める。足を開いているので、結合部分がよく見えて、ペニスがずぷりと飲み込まれている様がよく見えた。それはどこまでも卑猥な光景であり、司の興奮のレベルを押し上げていく。

「せ、先生、おま×こが締まって気持ちいいです」

駅弁の時とは違う衝撃が司を覆っていく。

挿入は駅弁と同じで深いのであるが、それでもゆったりとしているので、また違った刺激が入るのである。

「私も気持ちいいわ。でももっと気持ちよくしてあげる、覚悟しなさい」

「は、はい」

堪らず返事をする司。恵は姿勢をやや前傾にさせると、司を抱きかかえるような姿勢を取り、その状態で抽送を繰り返した。二人の密着度が高まり、司は目の前に現れた恵の乳房を堪能していく。乳首を舐めつつ、さらに全体を揉みしだきながら、恵の腰の動きに合わせて、自分のペニスを突き上げた。

「アアン、ヒギィ、江藤君のち×ぽが深く突き刺さるわぁ」

「先生の中、凄く気持ちいいんです。僕、おかしくなってしまいそうです」

「一緒におかしくなりましょう。もっと気持ちよくなれるから」

さらに恵のペースが上がっていく。

腰を大きくグラインドさせながら、ピストンを繰り出していくので、気持ちよさのレベルは高まっていく。次第に、司も限界を迎え始めた。

「せ、先生、このままだとイってしまいそうです」

「駄目よ、イクのはまだ待って……」

「で、でも、このままじゃ」

「体位を変えましょう、最後は正常位がいいわ」

「わかりました。それでお願いします」

恵は、騎乗位から一転して、正常位の姿勢を取った。

仰向けに寝そべり、脚を大きく広げると、サーモンピンクの膣口が押し開かれて、内部の様子までよく見えた。ぬらぬらと光る膣口は、愛蜜で満たされており、蕩けるクリームのように見える。

起き上がった司は、ペニスを持ち、蜜壺に押し当てていく。そして、再び挿入していく。

ずぶずぶと、ペニスが飲み込まれていき、セックスはクライマックスを迎える。

限界は近い。必然的に、抽送のリズムは鈍足になってしまったが、それでも、一定のリズムを刻んでいる。

そんな二人の様子を見ていた静華がここで動いた。

「二人で気持ちよくなるなんてずるいわ。私も気持ちよくなりたいのに」

「き、霧島さん……」

正常位で挿れる司の横に、静華は寝転がった。そして、脚を大きく広げて、蜜壺を押し開くと、司を誘惑し始めた。

司は恵とセックスしながら、さらに空いた手を使って、静かの秘部を弄り、刺激し始めた。静華にも気持ちよくなってもらいたい。そのためにできることはしたいと考えたのである。

二人の美女が仰向けで寝そべり、大きく足を開いている光景は、それだけで魅力的に映る。司のペニスもこれ以上ないくらい勃起して、はち切れそうなっていた。剛直な肉棒は、最後の力を振り絞って抽送を繰り返し、快楽の高みに登っていく。

「せ、先生、ぼ、僕イキそうです。もうそろそろ限界なんです」

司は悲痛に叫んだ。

最早、あまり持ちそうにない。

「アン、ひぃん。私もイキそうだから、私の中に思い切り出してぇ」

「わかりました、中にたっぷり出します」

司は最後の仕上げのつもりで、動きを速めていった。

ズバンズバンと、肉同士がぶつかり合う音がこだまし、セックスは最高の時を迎える。

同時に、司は静華を手マンしながら、さらにクリトリスを弄るという離れ業もやってのけた。これにより、静華の快楽の中に放り込まれ、大量の蜜液を迸りさせ始めた。

「え、江藤君、私もイキそう」

と、静華が告げる。

ぷちゃぷちゃと、少しずつ潮を吹き始め、イク寸前になっていた。

「みんなで行きましょう。うおぉぉ。で、出るぅ」

次の瞬間、激しい性の爆発があった。

圧倒的なオルガスムスを感じ、尿道を一気に精液が駆け巡る。

そして、大量のスペルマが恵の膣内に放出された。

ドクドクドク……。止めどなく溢れる精液が、ゴポゴポと流れ込んでいく。

「あああ、凄い、大量の精子が私の中に入っているわぁ」

身を捩らせながら、感じる恵、

同時に、静華もイッたようである。体をビクンビクンと痙攣させながら、膣内を収縮させていった。さらに気持ちよさから大量の失禁をしており、それが潮となって溢れ出していく。

三人のセックスはこうして終わりを告げた。

「初めての3Pどうだった?」

行為が終わり、一段落就いたところで静華がそう尋ねてきた。

「すごく気持ちよかったです。こんなの初めてですよ」

何度もイってしまったが、ペニスはまだまだ元気であった。

ムクムクと大きくなり、たちまち臨戦態勢になっていく。

それを見た恵が横から声を出した。

「江藤君はまだまだ出来そうね。今日はまだ時間もあるし、たっぷり三人で楽しみましょう」

「はい、お願いします」

それを受け、静華が答える。

「江藤君、次は私に駅弁をしなさい、先生にばかりしてずるいわ」

「わかりました。それじゃあやりましょうか」

こうして、三人は再びセックスに戻っていく。

止めどなく流れる性体験の時間。まだまだ終わりそうにない。

司は喜びを感じながら、ペニスを持ち、静華の膣内に挿入していった――。

 

〈了〉


Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました