連載官能小説『初体験の教室』第6回

連載官能小説

連載官能小説『初体験の教室』第6回

放課後――。

良治が席で待っていると、そこに愛花がやってきた。

「高田。じゃあ行こうか?」

と、愛花は言った。

もちろん、断る理由はない。良治はすっくと立ちあがり、彼女の後についていった。

よく考えると、女子生徒と一緒に帰るなんて、今まで一度もなかった。だからこそ、気分が浮き立っている。特に愛花は美少女である。そんな少女と一緒にいられて、良治は喜びを考えていた。

てくてくと歩いている良治と愛花。

二人は横並びに歩いていたが、ほとんど会話はなかった。何か、変に意識して緊張してしまうのである。

(何か話した方がいいのかな?)

と、良治は考える。

「あ、あの、角田さんの家ってどこなの?」

「え? えっと、駅前かな。普通のマンションだよ」

「マンションに住んでるんだ」

「そう。まぁあんまり期待していないでね。本当に普通のマンションだから……」

通学路を歩き、やがて駅前に到着する。

騒がしくなり始め、学生の姿や主婦やサラリーマンの姿が多く見えた。

駅前を抜けていくと、住宅地に入っていく。

その中に、愛花の住んでいるマンションがあるようで、愛花はあるマンションの前で立ち尽くした。

「ここ、私の家……」

そう言い、愛花はマンションを見上げた。

キレイなマンションであり、清潔感が漂っている。おまけに豪奢なマンションであると感じられる。

「お、大きんいんだね」

と、良治は言う。

良治の家は、普通の一軒家であるが、それほど大きくはない。自分の部屋は一応あるが、広くはなく、物置のような感じである。だからこそ、このような大きなマンションに来て、彼は動揺していた。

「そうかな? 普通だと思うけど、とりあえず部屋いこっか」

マンションのエントランスに入るためには、鍵が必要になる。

愛花は合鍵を持っているようで、それで鍵を開けると、スムーズに中に入っていく。その後に、良治は進み、二人はエレベーターに乗る。

しんと静まり返ったエレベーター内で、良治では尋ねた。

「何階なの?」

「10階」

「ここって何階建て?」

「10階建てだから、一応最上階かな」

「ふ、ふーん。そうなんだ」

やがて、エレベーターは10階に到着し、二人は下りると、そのまま部屋に向かう。

愛花の自宅は、10階の奥の方にあり、なかなかいい場所にあった。

鍵を開けて、愛花が自宅の中に招き入れる。

「ちょっとリビングで待ってて。部屋の片づけするから」

「あ、うん、わかりました」

そう言い、愛花は良治をリビングに案内し、ソファーに座らせると、自分は部屋の方に消えていった。

一人残される良治。

自分の自宅とは全く違う。

キレイなソファーに、大きなリビング。キッチンも広々している。もしかすると、お金持ちなのかもしれない。そんな思いが浮かび上がってくる。

やがて、愛花が戻ってくる。

「準備できた。部屋に案内する」

「わかった」

通された部屋は、意外なほど整頓されていた。

女の子の部屋に入るのは初めてであったが、それは想像と違っている。

ぬいぐるみやファンシーな家具があるかと想像していたのだが、全く違う。シンプルな部屋であり、最低限の家具が置かれている。部屋の左側に机があり,その脇に小さな棚が置かれている。中央にはカーペットが敷かれ、小ぶりなローテーブルと、クッションが数個置いてある。右側のスペースにはベッドがある。シンプルなシングルサイズのベッドで、花柄のカバーがかかっており、ここだけは女の子っぽく見える。

「わたし、あんまりモノがあるの苦手なの」

と、愛花は言った。

確かに、この部屋には物がない。

シンプルイズベストという感じだ。

「キレイでいいと思うけど、俺の部屋とは全然違うよ」

「そう、ありがと……」

「うん」

途端、緊張感のあるムードに包まれる。

これから、ここでセックスするかもしれないのだ、そう考えるだけで、鼓動が激しくなってくる。

「とりあえず服脱いで……」

と、愛花の方から声をかけてきた。

「もう、脱ぐの?」

「だって、そうしないとできないじゃん」

「まぁそうだけど、なんか緊張するなぁ」

「私も緊張している。でも、あんただから安心できるわ」

「そう言ってもらえるとありがたいよ」

言われるままに、良治は上着を脱ぎ、さらにスラックスを脱ぎ始めた。

まだ、ペニスは勃起していない。しかり、少しずつ硬くなり始めている。

愛花はボクサーパンツ姿になった良治のそばによると、しゃがみ込み、ペニスを弄り始めた。

「う……。なんか変な感じ」

と、良治は言う。

「少しずつち×ぽが大きくなってきたよ」

「そりゃそうだよ、これで勃たないほうがおかしい」

「ふふ。手でされるのと、口でされるのはどっちがいいの?」

「どっちも良いかな、最初は手で、最後は口でしてくれると嬉しい」

「わかった。じゃあ両方してあげる」

愛花はボクサーパンツを下ろした。

すると、プルンと、ペニスが反り返り、猛々しいペニスが露になった。

先端からは、カウパー腺液が滲みだし、さらに牡の香りが漂っている。

「エッチな匂いがするね」

「ゴメン、シャワー浴びてないから」

「ううん。別に大丈夫。私この匂いが好きだから」

愛花は良治との体験で、少しずつ手コキやフェラが上手くなっていた。巧みな指捌きで、ペニスを動かすと、静かに手コキを始めていく。にちゃにちゃと、淫靡な音が鳴り響き、静かな部屋に染み渡っていく。

「エッチなお汁がたくさん出てる」

「う、く、くぁ、気持ちいい」

「これからもっと気持ちよくしてあげる」

愛花は徐々に手コキのスピードを上げていく。唾液をペニスに垂らし、滑りをよくしながら、手コキをしていく。

さらに、愛花はペニスを弄りながら、陰嚢を弄り始めた。ペニスを弄られながら、陰嚢を刺激されると、堪らなく気持ちがいい。ダブルの刺激が入り、恍惚とした表情を浮かべる良治。彼は堪らない気持ちよさの中にいた。

「タマタマ弄られるの気持ちいい?」

と、愛花は尋ねてくる。

その顔は悪戯っぽい笑みで満たされていた。

「うん、凄く気持ちいい」

この時、良治は立っていたのだが、やがて立っているのが辛くなってきた。膝をガクガクと震わせて、快楽に抗い始める。

「ねぇ、座っても良いかな? 立っているのちょっと辛いかも」

「じゃあベッドに座って。そこでしてあげる」

二人はベッドに移動し、そこでプレイを続ける。

脚を伸ばした状態で、良治は座り込み、そして対面に愛花が座り、ペニスを弄り始めた。

「次は舐めてあげるね」

と、愛花が言い、手コキからフェラへと移っていく。

温かな口腔内の刺激を感じながら、良治は気持ちよさを味わっていた。

やはり、フェラチオは気持ちいがいい。手淫とは全く違う刺激が入るのである。にちゃにちゃとねっとりとした口腔内の粘膜に包まれていると、素晴らしい気持ちよさが襲う。

舌先を使って、亀頭の裏筋を舐めながら、どんどん刺激を強めていく愛花。

亀頭の裏筋を舐められると、形容しがたい気持ちよさが襲ってきて、身体をガクガクと震わせていく。愛花はさらに陰嚢を刺激し、ペニスを陰嚢のダブルで刺激し始めた。

やがて、愛花は舌先をゆっくりと下の方におろしていき、根元を間で舐めていくと、次は、陰嚢を口に含み、優しく舐めまわし始めた。

「う、く、あ、気持ちいい……」

「もっと気持ちよくしてあげるから覚悟しなさい」

陰嚢を舌で舐め回していくと、今度はペニス全体を奥深くまで咥えこみ、ディープスロートを始めた。

喉元までペニスを咥えこみ、全体を包み込むと、ペニス全体が熱く脈動を打ち、どんどん気持ちよくなっていく。

やがて、良治の我慢も限界を迎え始める。

もっと、この気持ちよさを味わっていたい。

「す、角田さん、い、イキそうだ」

「イキそうなの? イってもいいよ。私が受け止めてあげる」

徐々に限界を感じ、ペニスがヒクヒクと震え始める。

下半身に力が入り、懸命に耐えようとする良治であったが、それも最早難しい。

「だ、駄目だ、イク、出ちゃうよ」

「たっぷり精液出して。私が受け止めてあげるから」

「うわぁぁぁ、駄目だ、出る……」

次の瞬間、激しい性の爆発があった。

尿道に熱い精液が駆け巡る。そして大量のスペルマを発射させた。

ビュルビュルドビュ。

愛花は大量の精液をすべて口で受け止め、やや涙目になりながら、ごくりと飲み干した。

「す、角田さん、飲んでくれたの?」

「うん。あんただから特別。凄い濃い精液だね、大人の味って感じ」

「無理しなくてもいいのに、ありがとう」

「ううん。全然大丈夫だから」

気持ちのいいフェラの余韻に浸りながら、良治が横になっていると、それを見た愛花が告げる。

「これで終わりじゃないわよね? もっと気持ちいいことしよ」

「う、うん。俺は大丈夫」

「今日はね、してもらいたいことがあって」

と、愛花は恥ずかしそうに顔を赤らめた。

愛花の表情を見ながら、良治は溢れ出る高揚感を抑えられずにいた――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました