連載官能小説『母娘の誘惑』第3回

連載官能小説

連載官能小説『母娘の誘惑』第3回

「ほ、ホントにいいの? そのセックスなんてして」

と、和樹が告げる。

未だに、妹とセックスすることに抵抗を抱いていた。

しかし、ペニスは熱く反応している。

既に一度イッたばかりであるというのに、猛々しくいきりたっているのだ。

最早我慢するのは難しい。

それでも、やはり兄妹で寝るのには問題がありすぎるように思えた。

「お兄ちゃんだからいいんです。私の初めてをもらってくれませんか?」

「それは嬉しいんだけど……」

「妹だと抵抗があるんですか?」

「それはまぁ……」

「大丈夫です。誰にも言わなきゃ問題ありませんよ」

本当にそうであるかわからなかったが、結局和樹は流されてしまった。セックスの誘惑には勝てそうにない。

既に紹介しているが、和樹は童貞である。

童貞ゆえに、セックスへの憧れは強い。同級生の中にも、セックスを経験済みの人間は多いし、自分も早く男になりたいと思っていたのだ。

そんな中、やってきたチャンス。相手は問題あるが、それでも、セックスできる最大の好機である。

ベッドでお互い向かい合わせになる和樹と小夜。

ここは男性である自分がリードしなくては。そう考えた和樹は、小夜の肩を抱き、そして唇を奪った。二度目のキスを体感し、興奮は高鳴っていく。何度経験しても、キスの素晴らしさは忘れられない。柔らかく、しっとりとした小夜の唇は、それだけで魅力的なのだ。

「んぐ、むぐ……」

キスをされながら、小夜が小さく声をあげる。

その声を聞きながら、和樹はゆっくりと小夜をベッドに押し倒した。

さて、このままどうすればいいのであろうか?

既に手マンをしているから、すぐに挿入しても問題ないように思えた。

だけど、初めてのセックスである。少し段階を踏んだ方がいいのかもしれない。そう考えた和樹は、小夜の性器に口を近づけ、クンニリングスをすることにした。

舌先で、膣口をレロレロ舐めると、僅かだがアンモニア臭がして、それが一層彼を興奮させていった。

「アン、イッたばかりだから、余計に感じちゃいます」

小夜が告げる。

同時に、体をくねらせて感じ始める。

舌先を膣内に挿入していく。温かな質感が舌先を覆い、ねっとりとした愛液が付着する。微かに甘い女臭が漂ってきて、必死に舐め回す彼のペースを上げる。

「お、お兄ちゃん。き、気持ちいいですぅ」

「このままクリトリスも弄ってあげるよ」

次に、和樹は舌でクリトリスを弄り始めた。丁寧にソフトクリームを舐めるように舐めまわしていく。すると、小夜の身体がビクンと跳ね返り、一層感じ始めた。

「アン、ダメぇ、感じちゃう」

必死に抵抗する小夜であったが、感じすぎて上手く力が入らない。体をガクガクと震わせながら、快楽を貪っていく。

陰核を刺激していくと、たっぷりと愛蜜が溢れ出してきて、挿入の準備は完全に整ったようである。これなら、問題なく挿れられるだろう。そう考えた和樹は、今度は自分のペニスを持ち、それを膣口に当てた。

ぬらぬらと愛液で光る膣口は、それだけで魅力十分で、ヒクヒクと小刻みに震えていた。早く挿れてほしそうな感じである。ここまでくると、和樹の我慢も限界だ。相手が妹であろうが、とにかく気持ちよくなりたい。その気持ちが先行し、彼を突き動かした。

「小夜ちゃん。挿れるよ」

「お願いします」

ペニスを膣口に当て、そのままゆっくりと挿入していく。

 

 

挿れる瞬間、僅かに「ブチ」という音が聞こえたような気がした。

処女である小夜の、処女膜が破れたのである。

(い、痛い……)

小夜も初めてのセックスである。

流石に中学生で初体験は早い気もするが、彼女は早く女になりたかった。

同時に、初めての相手が和樹であれば一番いいと考えていたのである。

小夜と和樹が初めて会ったのは、数カ月前。

両親の再婚が決まり、お互い初めて会ったのだ。その時、小夜は和樹を一目見て気に入った。とにかく優しそうな人だと思ったのである。それに、自分を気遣ってくれる優しさが嬉しかった。この人が兄になってくれれば、自分は安心して暮らせる。そんな風に感じたのだ。

そこから、少しずつ和樹に惹かれていった。会う度に和樹の優しさに触れ、思いはますます強くなる。自分たちは兄妹になる。恋人ではないのだ。それが彼女を苦しめ始めた。本当はもっと親密になりたいのに、兄妹という壁がそれを阻害している。

そんな時、彼女はエッチな小説を読み、兄妹でセックスしても愛があれば問題ないということを知った。もちろん、お話しの中の出来事だから、それを現実世界に当てはめるというのはおかしな話なのだが、彼女は止まらなかった。

官能小説を読み、兄妹でもセックスできることを知り、それが小夜の希望に繋がった。

 

 

「小夜ちゃん、痛いの?」

不意に声が聞こえた。

小夜が眉間にしわを寄せているから、不審に思った和樹が声をかけてきたのだ。

「だ、大丈夫です。でも、少しゆっくり動いてもらえますか? 慣れれば大丈夫なになると思うんですけど」

「わかった、最初だからゆっくり動くよ」

和樹は無理をせず、ゆっくりとしたペースで抽送を繰り返した。

かなりペースを落としたので、小夜の痛みも激減した。この辺の和樹の心遣いがとても嬉しく感じられた。自分本位のセックスをせずに、相手のことを慮り、行動してくれる和樹の優しさに感動していた。

にちゃ。ぬちょ。

結合分から愛蜜が流れ出し、さらに、ピストンの動きをスムーズにしていく。淫靡な音が室内に染み渡り、二人だけの空間を作っていく。

徐々にではあるが、小夜の痛みも少なくなってきた。

最初はかなり痛くて、このままで大丈夫なんだろうかと、不安になったが、今ではその痛みも消失し始めている。その代わり、少しずつ気持ちよさが襲い始めた。性器が擦れ合うと、とにかく気持ちがいい。形容しがたい快楽が小夜を包み込んだ。

「お、お兄ちゃん、もう少し速く動いても大丈夫です」

と、小夜は告げる。

それを受け、和樹は徐々にペースを上げていく。

「わかった、少し速めに動くよ」

パンパンと肉同士がぶつかり合い、二人はお互いに気持ちよくなっていく。

(小夜ちゃんの中、ヌルヌルで気持ちよすぎるよ)

と、和樹は感じていた。

これまで、性処理はもっぱらマスターベーションばかりであったが、セックスの気持ちよさは、マスターベーションの比ではない。ペニスが膣内を擦れ合うと、それだけで天にも昇るような気持よさが現れる。

「アン、お、お兄ちゃん、気持ちいいですぅ」

「お、俺も気持ちいい。小夜ちゃんの中最高だよ」

「ひぃぃ。気持ちよすぎておかしくなっちゃいますぅ」

「小夜ちゃん、声が大きいよ。もっとトーンダウンしないと」

「す、すみません、でも感じすぎちゃって声が出ちゃうんです」

「俺も気持ちよすぎてどうかなりそうだ」

圧倒的な快楽が二人を包み込む。

初めてのセックスは、このようにして淡々と流れていく。

正常位で挿入を繰り返していたのだが、少しこの体位にも飽きてきた。変化をつけてみたい。そんな風に考えた和樹はある提案をした。

「さ、小夜ちゃん。後ろから挿れてもいい?」

「ひ、ひん、アン、う、後ろからですか? い、いいですよ」

一旦ペニスを引き抜く。すると、女蜜に満たされたペニスがキラキラと輝いて見えた。

小夜は後ろからの挿入に備えて、四つん這いになる。

四つん這いになり、お尻を高く上げると、性器が押し開かれて、膣口から肛門まで丸見えとなる。かなり恥ずかしい格好なのではあるが、小夜は、大好きな兄のために喜んでバックからの挿入を受け入れた。

「じゃあ挿れるよ」

バックからの挿入は意外と難しい。照準を合わせるのが少し面倒なのだ。和樹が戸惑っていると、小夜が代わりにペニスを持ち、自分の性器に導いていく。

「慌てないでください。ここに、ゆっくりと挿れればいいんです」

「ご、ゴメン。慣れてなくて」

「大丈夫です。私もよくわかりませんから、とりあえず、たくさん突いてください」

「わかった。いっぱい気持ちよくなろう」

無事、挿入できた和樹は、ペニスを膣内の奥深くまで挿入していく。

正常位に比べると若干ではあるが挿入が深くなり、ペニス全体が気持ちよくなっていく。膣壁をメリメリと切り開いていき、膣とペニスが擦れ合う。ぬちょぬちょと、スムーズにペニスは動いていき、小夜の膣内を堪能していく。

一心不乱にペニスを突き続ける和樹。

バックからの挿入は、どこか激しく犯しているような感じがして、それが彼の興奮を一層高めていく。もちろん、気持ちいいことには違いない。この快楽に抗うのはなかなか難しいように思えた。

本当ならば、もっとペースを落とさないと、早く尽き果ててしまうところであるが、和樹は上手くコントロールできなかった。それだけ、快楽に支配されていたのだ。それ故に、かなりのオーバーペースで動き続け、抽送を繰り返した。

「アン、ひひぅ。ヒギィィ、後ろから突かれると、とっても気持ちいいですぅ」

「俺も気持ちいいよ。狂いそうだ」

「なんか動物の交尾みたいですけど、それが逆に興奮させますぅ」

小夜もノリノリでバックから挿入されていく。彼女もまた激しい快楽の中にいた。

お互いが気持ちよくなりはじめ、セックスを堪能しつつあったが、次第に限界を迎え始めた。

ハイペースで動き続けていたので、和樹の我慢も限界に近かった。

最早、後少ししか持たないだろう。

「さ、小夜ちゃん。ご、ゴメン、俺イキそうだ」

「イキそうですか? 私も気持ちいいです、一緒にイキましょう」

「どこに出せばいい? 中は不味いよね?」

「大丈夫です、中にたくさん出してください」

「え、でも……そんなことしたら」

「今日は安全な日だから大丈夫です。それに仮に赤ちゃんができても、お兄ちゃんの子なら嬉しいですし」

「小夜ちゃん……じゃあ中に出すよ。俺も責任とるから」

次の瞬間、激しい性の高鳴りを感じ始める。

強烈なオルガスムスが小夜と和樹の二人を襲っていく。

「だ、駄目だ。イクぅ……、出るぅ」

「私もイキます。いやぁん、ダメェ、イクウゥ」

狂い咲く気持ちよさを体感しながら、和樹は大量のスペルマを小夜の中に発射した。

ビュルビュルドビュ。

精液が尿道を駆け巡る快感。形容しがたい快楽に包まれながら、二人は果てた。

こうして、二人の初セックスは終わりを告げた。

「お兄ちゃん気持ちよかったですか?」

セックスの余韻に浸りながら、小夜がそう尋ねてきた。

もちろん最高の体験だった。有無を言わさずに……。

「うん、よかったよ、ありがとう」

「これからもずっと一緒ですよね?」

「もちろん。これから宜しくね」

「はい。いっぱい愛してください」

二人は硬く抱き合い、そして唇を重ねた――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました