連載官能小説『家政婦に首ったけ』第3回

連載官能小説

連載官能小説『家政婦に首ったけ』第3回

 恵美子の下着姿はシンプルなものであった。白系統のブラにショーツ、ところどころにレースがあしらわれているが、決して華美なデザインではない。それでも、恵美子の雰囲気に合っており、昭は思わず見惚れてしまった。
(早く、おま×こが見たい)
 そう考える昭。
 女性器を見るのは、かなり久しぶりである。以前の彼女と別れてから、それなりに年月が経っているため、大きな期待感に胸を寄せた。
「恥ずかしいです。ですから、あんまりじろじろ見ないでください」
 顔を朱に染めながら、恵美子はそのように言った。
 そして、ゆっくりとショーツを下ろしていく。
 ぷっくりとした恥丘にふさふさと陰毛が生え揃っている。陰毛はそれほど濃くなく、さらに手入れをしているのか、きちんと整えられていた。大陰唇付近には全く恥毛が生えておらず、つるつるとした白い肌が見えた。うっすらとだが、赤く色づいているようにも見える。
(なんて素敵なおま×こなんだろう」
 久しぶりの女性器を垣間見て、思わず見惚れてしまう昭。
 対する恵美子は、恥ずかしそうに顔を背けている。すべてショーツを脱いでしまうと、丁寧に畳んで、脇に置き、そして、おもむろに、ヴァギナがすべて見えるように、足を開き始めた。
 大陰唇が開かれて、内部の小陰唇、そして、その奥にサーモンピンクの膣口が見える。わずかだが、しっとりと濡れているようにも見える。恐らく、恵美子もこの状況に興奮しているのだろう。昭はそう考え、どこか嬉しくなった。
「もっとよく見せてください」
 そう言い、昭は女性器に顔を近づける。
 僅かだが、アンモニア臭のようなツンとする香りが漂う。しかし、それは決して不快な香りではなく、完全なる牝の香り。堪らない性臭が、昭の鼻腔を擽る。
(なんていい香りなんだろう。もっと嗅ぎたくなってしまうよ)
 我慢できなくなった昭は、女性器に鼻を近づけて、クンカクンカと匂いを嗅ぎまわっていく。どんどん興奮していき、先ほどイッたばかりだというのに、すでにペニスはギンギンに回復し、隆々といきり勃っていた。
「に、匂いを嗅がないでください。恥ずかしいです」
 思わず、顔を背ける恵美子。かなり恥ずかしがっているようである。
 しかし、その姿がいじらしく、昭を余計に興奮させていった。
「触ってもいいですか?」
 と、昭は尋ねる。
 主人の命令に忠実な家政婦である恵美子は、決して否定はしなかった。
黙って頷くと、触りやすいようにさらに足を広げていった。
 手指を膣口に押し当てる。 
 ヌルっとした質感が手指全体に広がる。愛蜜が溢れ出しているのだ。蜜液で指がたっぷりと濡れると、徐に昭は指先を舐めた。僅かだが、甘い蜜のような味がするように感じる。こんなに濡れ濡れになったあそこをみていると、それだけで興奮してしまう。同時に、もっと弄って濡らしたくなる。
 では、どうすれば、もっと気持ちよくなってもらえるのだろうか? 昭は、性体験がそれほど豊富な人間ではない。以前、彼女がいた時期は、それなりにセックスを重ねていたが、どこか単調で、いつも物足りないと感じていた。しかし、あまり過激に求めてしまうと、嫌われてしまうような気がして、我慢していたのである。
 だが、今回は少し違う。この家政婦は、自分の命令に忠実なのだ。多少、野暮なお願いであっても、きっと聞いてくれるだろう。でも、その前に、この女性器を弄びたい。興奮の渦に巻き込まれた昭は、指先を恐る恐る膣内に導いていく。
 ヌルヌルとした膣内は、スムーズに手指を飲み込んでいく。それでいて、体温に満ちており、非常に暖かかった。ヌルヌルとした質感に暖かな感触。その相乗効果で、昭はますます興奮してしまった。
「おま×こ、凄い濡れますよ」
「いやぁん、そんな風に言わないでください、恥ずかしいですから」
「感じているんですね。どうすればもっと気持ちよくなれますか?
「指で奥のほうを突いてください。優しくお願いします」
「わかりました」
 言われるままに、昭は手指を奥の方まで挿入していく。ずぶずぶと指はヴァギナにめり込み、奥の方まで届いた。若干窮屈な感じがするが、これはこれで堪らない。きっとペニスを挿れたら、もっと気持ちよくなれるだろう。
 最初は、人差し指を一本だけ挿れて、様子を見ることに決めた。
 膣内はヌルヌルと湿っているので、窮屈ではあるものの、それなりに動き回る。奥の方をノックするように刺激すると、恵美子の甘い吐息が漏れ始めた。
「はぁん、ひぃ、ふぅ……。指が奥まで当たります」
「どんどん濡れてきますよ。もっと感じてください」
 うっとりとした目つきで、快楽に身を委ねる恵美子。その表情は恍惚としており、見るものを魅了する不思議な力があった。止めどなく溢れる蜜液。指先をたっぷりと濡らしながら、昭は手マンを続けた。
 やがて、指一本だけでは物足りなくなってくる。もっと、過激な刺激を加えたい。昭はそんな風に考え始めた。
(中指も同時に挿れてみようか)
 人差し指にプラスして、さらに中指を挿入していく。ますます膣内は窮屈になったが、これはこれで素晴らしい。膣壁をめりめりと手指が切り開いていき、擦れ合っていく。途端、恵美子の体が激しく反り返った。
「そ、そんなに指で弄ったら、おかしくなっちゃいますぅ」
 ビクビクと痙攣するかのように体を震わせる恵美子。その姿は、まるで馬が嘶く姿に似ていた。それだけ、快感に身を捩らせたくなっているのだろう。この姿をみた昭は、ますます勢いづき、続けて、手マンを行った。
 ぬちょ、じゅちょ……。
 淫猥な音が鳴り響き、静かな室内に染みわたっていく。二人だけの空間。甘い時間。この時間をもっと味わっていたい。昭は、そんな風に考えていた。ペニスは熱く反応し、ギンギンになっている。早く、セックスをしたいという欲望が沸々と湧き上がってくる。しかし、まだできない。今は恵美子を気持ちよくさせたいし、女性器をもっと堪能したいのだ。セックスはその先でいい。楽しみは最後まで取っておかなければならない。
「はぁん、あ、あの、ご主人様、おしっこが出ちゃいそうです」
「おしっこが、ぜひ、見せてください」
 沸騰した頭で、昭はそのようにお願いした。
 いつの間にか、ヴァギナの奥のほうを突いていたつもりであったが、恵美子のGポットを刺激していたらしい。執拗な手マンに恵美子の忍耐も限界を迎え、尿意が発生したようである。
「そ、そんな一度やめてください、おしっこをみせるなんてできません」
「だめです。これは主人としての命令です。僕の前でおしっこしなさい」
「ひ、ひぃ。これは命令なんですね。なら、私は従わなければなりません」
「そうです。思い切りおしっこしてください」
「あぁぁん、も、もう、ダメ、……で、出るぅ」
 次の瞬間、恵美子の顔がブルブルと弛緩した。
 そして、プシャーと潮を噴くように、黄金色の尿が飛び散った。
「あぁぁ、出る、止まらない、いやぁん」
 激しく悶える恵美子。
 びちょびちょと大量の尿が迸り、床に零れていく。
「凄い、熱いです。失禁するほど気持ちいいんですね」
「いやぁぁ、見ないでぇ、恥ずかしすぎますぅ」
 それでも昭は指の動きを止めなかった。
 ただ、淡々と指を抽送していき、快楽を生み出していく。
 完全に失禁してしまった恵美子は、恥ずかしさで顔を真っ赤にさせていた。ただ、そんな表情もどこか愛らしく、昭は思わず抱きしめたくなった。
 彼は恵美子を抱きしめると、優しく口づけをした。唇同士が触れある簡単なキスであったが、唇を重ねた瞬間、もっと、味わいたいという熱望が生まれた。アッという間に、舌を絡めていくと、唾液を啜るように、濃厚なキスを展開し始めた。
 恵美子も熱いキスに反応し、体を昭に預けてくる。そして、彼の背中に手を回し、思い切り抱き寄せると、そのまま激しい熱烈なキスを続けた。
 甘く、蕩けるようなキスが展開されていく。それはどこまでも濃厚であり、恋人たちが見せる甘い一幕のようにも感じられる。恵美子の唾液を啜っていると、僅かだが甘い香りが漂ってきた。その刺激は徐々に強くなり、昭を恍惚とさせていく。
「ご主人様、頭がフワフワとします」
 濃厚なキスで、胡乱げな瞳を向けた恵美子がそのように呟いた。
「ぼ、僕もこんな濃厚なキスは初めてです。体が自然と求めてしまうんです」
 強く抱き合う二人。濃密な時間が流れ、うっとりとするような長い長いキスが続いた。貪り合うように、唇を求めて、舌を絡める。興奮は強くなっていき、二人を見えない縄のようなもので縛り上げていく。もう、ここからは抜けられない。そんな感覚が昭を支配していった。
 長いキスを終えた昭は、続けて、ブラジャーを外し、胸を揉みしだいた。
 恵美子のバストは、それほど大きいわけではないが、形がよく、綺麗なおわん型をしていた。いわゆる美乳というやつである。カップ数で言えば、恐らくCカップ前後であろう。右の乳房を揉みながら、左の乳房の乳首を甘噛みする。
 すると、ゴムを噛んでいるような感触が広がっていくではないか。母乳が出るわけではないが、何かこう甘い香りがして、それが余計に昭を興奮させていく。円を描くように乳首を舐めまわし、さらに空いた手で揉みしだいていく。
「お、おっぱいも気持ちいいです、もっと触ってください」
 思わず、恵美子はそんな風に呟いた。
 感じているのだろう。ビクビクと体を震わせながら、快楽に身を委ねている。
 たっぷりと乳房を愛撫し、刺激を加えていく昭。
 恵美子の顔はうっすらと上気し、興奮でキラキラと輝いているように見えた。次に、昭は、乳房をレロレロと舐めまわしながら、唾液で満たしていった。びちょびちょに濡れた乳房は、それだけでヤらしく輝き、途轍もない興奮を生み出していく。執拗に乳首を攻め続けて、さらに優しく揉んでいく。すると、恵美子も耐えられなくなったのだろう。息をを詰めて身を捩じらせ始めた。
「あぁぁ……、おっぱい感じます。ご主人様はおっぱいがお好きなんですか?」
「もちろん好きですよ。恵美子さんのおっぱいはとても美味しいです」
「いやぁん、そんな風に言われると照れ臭くなってしまいます。ご主人様、下の口ももっと弄ってくださいまし」
「わかりました。おま×こもたっぷりと弄ってあげます。次は舐めた方がいいですかね」
 昭は乳房を弄るのを止めると、再び照準をヴァギナに合わせた。そして舌を出して、ねっとりとした所作で女性器を舐め始めた――
 
〈続く〉


Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました