連載官能小説『家政婦に首ったけ』第5回

連載官能小説

連載官能小説『家政婦に首ったけ』第5回

昭にとって、セックスは久しぶりである。とにかく、性的な欲望が強い。今まで、もっぱらマスターベーションばかり行っていたが、やはり、セックスは別物だ。男なら、誰もが憧れるだろう。

昭は恵美子を抱きしめ、そして、ゆっくりと押し倒した。恵美子はされるがままに、押し倒されて、甘い吐息を吐いた。

「挿れますよ」

と、昭は告げる。

すると、恵美子は何も言わずに、ただ淡々と頷いた。

ペニスをヴァギナに押し当てる。にちゃと、淫靡な音が聞こえ、ペニスがゆっくりと吸い込まれていく。ずぶずぶずぶ……。ペニスは膣内に挿入された。たっぷりと濡れているので、スムーズに挿入できた。温かな質感がペニス全体を覆いこみ、昭を恍惚とさせた。

(うわぁ……、き、気持ちいい……)

昭は気持ちよさの中に放り込まれ、思わず笑みを浮かべた。

ペニス全体が、熱い膜に包まれているかのように気持ちいい。淡く蕩けるような感覚である。久しぶりのセックスの快感に、身を捩らせながら、昭は感じ始めた。

「お、奥まで当たります」

恵美子自身も、快感を覚え、身体をビクつかせていた。ビクンビクンと背筋を震わせながら、うっとりとした表情を浮かべる。ペニスが子宮口付近まで届き、膣壁をメリメリと切り開いていく。軽い異物感を覚えるが、それはすぐに消えて、忽ち快感へと変わっていく。ペニスが膣壁を擦り、にちゃにちゃと愛蜜が溢れ出してくる。止めどない蜜がペニスを包み込み、スムーズに抽送させていく。

昭は、まずゆっくりと動き始めた。既に一度イっているものの、膣内の気持ちよさは段違いである。気を抜いたらすぐにイってしまうそうになってしまうのだ。もっと、長くこの気持ちよさを味わっていたい。そう考えた昭は、なるべく無理をせずに、自分のペースで動くことに決めた。

ゆっくりとペニスを奥深くまで突き刺し、抽送を続けていく。息を詰めるように呼吸をし、下半身に力を入れていく。途端、射精感が発生するが、動きがゆっくりなので、今のところ、まだ耐えられる。

(ち×ぽが絡み取られるみたいだ……)

恵美子の膣内は独特の襞があり、それがペニスに吸い付き、絡めとっていく。キュウキュウと締め付けるようにペニスを包み込み、圧倒的な快楽が昭を覆っていく。いわゆる、名器という性器なのだろう。ペニスをピストンさせるたびに、独特の襞がペニスを絡めとり、気持ちよくなってしまうのだ。

通常の正常位で挿入し、ゆったりとしたペースで抽送を続ける。思わず、快感のあまり、声が漏れる。微睡むような気持よさを味わいながら、昭は必死に腰を動かした。

(速く動きたい……けど……)

もっと速く動きたいという希望が湧き出してくる。

ただ、これ以上速く動くと、あまり持たないかもしれない。それでも、もっと気持ちよくなりたい。なら、別の体位を試す必要があるか……。

通常の正常位から、昭は恵美子の脚を抱え、姿勢を前傾にさせた。恵美子にもたれかかるように、上から押し付けて挿入していく。顔同士が近くなり、思わず昭は恵美子の唇にキスを重ねていく。

「んぐ、むぶ、うむぅ」

キスをされながら、恵美子が甘い声を漏らす。

ぴちょぴちょと、唾液を啜るように、キスを展開していく。続けて、濃厚に舌を絡めていった。

キスをしながらセックスをしていると、どこか激しく愛し合っている気分になる。昭には恋人はいないが、どこか恋人と熱烈なセックスをしているような気持になり、気分が高揚していく。

唇を離し、今度は乳房に照準を合わせる。

そして、右の乳首を甘噛みしつつ、ちゅーちゅーと吸いながら刺激を加えていく。

「いやぁん、おっぱい吸わないでください……」

「恵美子さんのおっぱい、凄い美味しいです。もっと吸わせてください」

貪るように胸に吸い付きながら、空いた手で左の乳房を揉みしだく。ぷにぷにと弾力のある乳房は、昭の手の中でぐにゃりと潰れた。どこまでも柔らかい質感。たっぷりと胸を堪能しながら、昭はピストンを続けていった。形容しがたい快楽が全身を包み込み、貪欲に快感を追い求める。

「やぁ、そ、そこ、ダメェ」

乳房を揉まれながら、恵美子は叫び散らす。

同時に、彼女が見悶える度に、豊かな乳房がブルンブルンと揺れていく。また、淫部からは止めどない蜜液が溢れ出してきて、噎せ返るような牝の芳香が漂い始める。こんな匂いを嗅いでいると、ますます興奮してしまう。

昭は鼻息を荒くしながら、乳房から口を離し、顔を上に向けながら、必死に抽送を繰り返した。ペニスを膣の奥深くまで挿入しながら、昭はクリトリスを刺激し始めた。指先で包皮を捲り上げ、尖った花芯を弄ってやると、恵美子の喘ぎ声が強くなっていった。

「あぁぁん、んぅふ、はぁ……」

恵美子は気持ちよさで、若干白目をむき始めた。ビクンと腰が大きく動き、軽い絶頂を迎えたようである。昭はそれを感じ、ぶるりと全身を慄かせた。恵美子の艶めかしい反応に、昭の体中の血が沸騰していくように、熱い興奮を生み出していった。

少しずつ、昭はペースを速めていった。変に我慢して挿入を続けるよりも、気持ちよさを追い求めた方が良いような気がしたのである。ぬぷりと亀頭の括れまで押し入れると、恵美子の背中が反り返る。そして、激しく喘いだ。

「あぁ、はあぁあ、あぁ……」

恵美子が咽喉を震わせて嬌声を上げると、熱くうねる膣襞が、肉胴をぎゅるぎゅると締め付けていった。

「奥まで入っていますよ。気持ちいいですか?」

「は、はい、気持ちいいです、も、もっと突いてください」

思わず、昭らはため息を吐いた。

久しぶりに感じる女体の感触に、体中が喜びの声を上げていく。得も言われぬ気持ちよさが、全身を支配し、圧倒的な心地よさであった。どくどくと脈動する男根と、熱くねっとりと蠢く濡れ襞が、溶け合うように融合していく。

しばらくの間、昭は膣肉の感触を味わっていった。そして、徐々にペースを上げて、抽送を速めていく。途端、ペニス全体が気持ちよくなり、堪らない射精感に襲われる。それでも下半身にグッと力を入れて、懸命に耐え続ける。

「んんぅ、はぁ、はぁっ、んんんっ」

激しく突き上げる度に、淫襞がキュッと収縮を繰り返した。その絶妙な動きが昭を恍惚とさせていった。

「凄い熱いですよ。恵美子さんのおま×こ最高だ」

にちょ、ぐちょ、にちゅ……。

激しく突き上げる度に、愛蜜の弾ける音がこだまし、それが快楽のレベルを押し上げていく。卑猥な音が耳に心地よく届き、新鮮な感動が昭の全身を包んでいく。

「あぁん、あぁ、も、もう、駄目ですぅ、はぁっ」

恵美子は白い肌をうっすらと赤く染め上げて喘いでいく、乱れる自分に驚いているようにも思えた。あまりの快楽に、自分の身体がついていかないのだろう、激しく見悶えながら、体を震わせていった。

艶やかな黒い髪がバサバサと揺れ、乱れていく。また、たわわな乳房が昭の抽送に合わせてたぷたぷと揺れていった。

恵美子の扇情的な姿を垣間見て、昭はますます興奮していく。射精感はどんどん上がっていくが、それでも賢明に耐えながら、彼はピストンを続けた。

「あぁ、駄目です。そ、そんなにしちゃ……」

赤く腫れ上がった膣襞が捲れ上がるくらいに激しく、亀頭の括れで擦り上げていく。恵美子の背中がぶるっと震え、あられもない声を上げる。

「あぁ、そ、そこ、もう、駄目です」

「ここが感じるんですね?」

すらりとした恵美子の脚を抱えて、さらに結合を深めていく。そして、膣腔を押し広げるように、腰をぐりぐりと動かしていく。すると、恵美子の身体がビクビクと浮き始めた。

「やぁ、だめ、それ以上されたら、私……」

恵美子は思わずシーツを硬く握りしめる。爪先に力がこもり、キュッと丸まった。

また、恵美子が感じる度に、淫襞がキュッと収縮していき、男根を激しく咥えこんでいく。こうなると、腰の奥が人と痺れるほど気持ちよくなった。

「恵美子さんのおま×こ、締め付けが凄くて最高です」

蠢く淫襞の心地よさに、昭の理性は完全に失われていく。恵美子のほっそりとした腰を引き寄せると、下半身を浮かせるようにして、ガンガンと腰を打ち付けていく。

恵美子は激しい抽送を前に、ビクビクと身悶え、喘いでいく。感じやすい部分を中心に刺激されて、彼女もまたイク寸前になっていた。それでも昭はピストンを続けていく。膨れた先端でぐりぐりと捏ねくり回すと、激しい快楽が発生し、恵美子の嬌声も甲高くなっていく。

「ひぃ、う、はぁ、はぁぁぁ」

恵美子の端正な顔に汗が浮かび上がる。三日月形の眉の根元にキュッと快楽の色が見え始めた。整った美貌が熱く蕩けていき、それがまた昭の獣欲を煽り、気持ちを昂らせていく。子宮口まで突き破るような勢いで挿入を続けていく昭。彼もまた、限界を迎え始めた。

「あぁ、もう駄目だ、イキそうです。イっても良いですか?」

「もちろんです、イってください」

ぶるりと腰を震わせて、がつがつと腰を穿つと、一足先に恵美子が昇天を迎える。

「い、イク、んぁ、も、あぁ……駄目ですぅ」

ぴくぴくと淫襞が収斂し、恵美子の全身がピンと強張っていく。そして、歓喜に震えていく。

恵美子のイッた瞬間を感じ取った昭もオルガスムスを感じ始めた。同時に、激しく性を解き放つ。

「うぁぁぁ、出るぅ」

一気にスペルマが放出される。

びゅくびゅくと大量の白濁液を恵美子の膣内にぶちまけた。

セックスを終え、二人は抱き合っていた。

たった今イッたばかりなのに、ペニスは既に大きくなっていた。

「ご主人様、まだできそうですね」

「そうですね。まだ満足できません」

「では、もう一度お相手させていただきます」

「良いんですか? じゃあ、次はバックから挿入してみたいんですけど、いいですか?」

「承知しました。バックですね」

恵美子は四つん這いになり、腰をユラユラと揺らし誘惑し始めた。

それを見た昭は、ギンギンになったペニスを持ち、ごくりと生唾を飲み込んだ――。

 

〈続く〉

※アイキャッチ画像はyou_ggさんの写真を使用しました。

 


Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました