連載官能小説『幼馴染』第2回

連載官能小説

連載官能小説『幼馴染』第2回

琢磨はゆっくりと手指を下半身に沿わせていく。ぷっくりとした恥丘に、ふさふさと陰毛が茂っている。琢磨の指先が、陰毛に触れる。さわさわと擽ったく、手指を刺激していく。そのまま、陰部に向かって手を沿わせていき、膣口に触れる。

にちゃ……。

エロスを感じさせる音が、琢磨の耳に心地よく届く。女壺の中はどうなっているのだろうか? 期待感は高鳴っていく。

陰部に触れると、そこは大量の蜜液で満たされていた。ぬるぬると湿っていて、滑りが良くなっている。女壺に指を沿わせると、自然と中に吸い込まれていく。ずぶずぶと指が胎内に挿入され、温かな質感が指先を覆っていく。

(すごい、ぬるぬるだ……)

素直に琢磨はそう感じた。

そして、そのままゆっくりと指をかき回し始める。

指先全体が、温かな膜のようなものに包まれて、心地よくなっていく。指先で奥の方まで掻き乱していくと、自然と麗佳の身体がビクンと反り返る。その反応がもっと見たくて、琢磨は懸命に指先を動かし始めた。

「んぁ、き、気持ちいいぃ」

思わず、声が漏れる麗佳。

その声尾を聞いていると、ますます興奮してくる。

そもそも琢磨は久しぶりのエッチである。彼女がいないため、性処理はもっぱらマスターベーションであった。昔は風俗に行って解消していたが、今はそこまでしておらず、自宅で自慰行為に励んでいたのである。だからこそ、久しぶりの性行為に喜びを感じていた。

「凄い、濡れてるよ」

「だって、気持ちよくて……、ひ、ひやぁ」

触れる度に、蜜液が迸ってくる。指先は完全に愛蜜に満たされて、ぬるぬるとぬめっていた。堪らない性臭が辺りに充満していき、それがまた最高の興奮剤となっていた。

指を一本挿れていたのだが、次は二本挿入してみることにした。人差し指と中指をくっつけて、太い一本の指にして、再び女壺に挿入していく。かなり窮屈な印象があったが、それでも指はスムーズに飲み込まれていった。

そして、そのまま奥まで指を挿れて、ノックするように内部を刺激していく。カリカリと膣壁をこすり合わせていくと、その動きに合わせて麗佳が身体を捩らせた。

(どうしたらもっと気持ちよくなれるんだろう?)

それほど、テクニシャンではない琢磨は、どのようにしたら麗佳を気持ちよくさせられるかを考えていた。必死に指先をピストンさせているもの、どこか動きが単調になってしまい、麗佳が気持ちよくなってくれているか不安になってくる。

「麗佳、気持ちいいか?」

確認のため、琢磨はそのように声をかけた。

すると、麗佳はガクガクと身体を震わせながら、声を発した。

「う、うん、気持ちいいけど、どうして?」

「否、何ていうか、俺、そんなに上手くないから」

「そんなことないよ。上手な方だと思うよ」

そういう風に言われると、何となく自信が湧いてくる。

琢磨は続けて陰核を弄ってみることに決めた。

女性の一番敏感な部分が、クリトリスである。それを、琢磨は知っている。小陰唇を押し開き、サーモンピンクの膣口を露出させると、その上方部に包皮に包まれた一角がある。そこがクリトリスだ。

彼は、クリトリスの包皮を丁寧に剥くと、白い女豆を露出させて、そこを指を使ってくりくりと刺激し始めた。途端、麗佳の身体がビクンと跳ねた。その姿は、まるで電流が走ったかのようであった。

「ひゃん、そ、そこは駄目だよぉ」

「クリトリス、感じるんだね。もっと弄ってあげるよ」

「やぁぁん、おかしくなっちゃうぅ」

麗佳は抵抗してみせるが、そこまで強くない。むしろ、逆にもっと弄ってほしいという意思が読み取れる。それを察した琢磨は陰核を指でつまんだり、転がしたりして、刺激を加えていく。

麗佳のことは、それなりに知っているつもりだった。何しろ、幼稚園の時から一緒なのだ。中学を迎え、二次性徴期を迎えた後は、それほど合わなくなったが、それでも長い間一緒にいた事実は変わらない。だが、大人になった麗佳の身体はどこまでも魅力的であり、知らない麗佳を覗いているかのようで、琢磨を満足させていった。

麗佳の鋭敏な反応を見て、琢磨は今までにない興奮を感じていた。

クリトリスを弄りながら、指先を使って、奥の方まで刺激していく。すると、麗佳はきれぎれに喘ぎ声を漏らし始めた。彼女は仰向けに寝そべっているものの、腰を自然と動かし始め。その動きが琢磨の手指に伝わってくる。とてもいやらしい動きのように感じられた。また、既にクリトリスは、ビンビンに勃っていた。

琢磨は驚きを覚えていた。

麗佳がここまで声を出すとは思っていなかったのだ。彼の記憶では、確かに麗佳は元気のよい少女であったが、ここまで自分を曝け出すような人間ではなかったはずだ。それなのに、今は快楽に身を捩らせ、快感を覚えている。

結婚という事実が、彼女を変えているのかもしれない。相手はどんな人間なのだろうか? 幸せになってほしいという思いがありながらも、どこか寂しさも感じていた。琢磨は、自分の頭の中に降りかかってきた邪念をすべて薙ぎ払う。今は、余計なことを考えている意味はない。もっと、快楽を追求しなければならない。麗佳にとって、結婚前の最後に思い出になるようにしないとならないだろう。

それが、幼馴染としての自分の責務だ。そんな風に琢磨は考え、手指を動かしながら、刺激を与え続けた。

「だ、ダメ……、いやぁん。なんか出る」

途端、消え入りそうなくらいの声で麗佳が囁いた。

「出る? 何が?」

「わかんない。でもおしっこ出そうなの、一旦中止、ちょっと止めて」

止めてと言われると、ますますやりたくなるのが男心である。琢磨は動きを止めず、むしろ逆に強めていった。膣の奥を突いていたつもりが、いつの間にか彼女のGスポットを刺激していたらしい。Gスポットを強く刺激されると、女性は尿意を発する。麗佳の我慢も限界を迎えていた。

「あぁん、琢磨、もう駄目、出ちゃうよぉ」

「出していいよ。俺におしっこみせてよ」

「いやぁぁん、で、出るぅ」

次の瞬間、プシャーと、潮吹きのような現象が発生した。

大量の黄金色の聖水が迸ったのである。

それは、シーツの上に零れ落ちて染みを作っていく。

大量の失禁をしてしまった麗佳はガクガクと身体を小刻みに震わせていく。

そして、堰を切ったように怯えた声を出した。

「ひ、酷いよぉ、琢磨、止めてって言ったのに」

「ゴメン、でも、最後まで見たくて、気持ちよかった?」

「うん。よかったよ」

「じゃあ、もっと気持ちよくさせてやるよ。俺が最後の思い出を作ってやるから」

「た、琢磨……」

二人の間に、しんみりとした空気が流れる。

同じ時代を生き、そして、別々の道を歩んだ二人の男女が、こうして今再会したのである。二人は決して結ばれることはない。今日、ここで蜜戯を重ねた後は、もしかすると、もう二度と合わないかもしれない。それくらい、拙い関係……。

だとしても、それでもいい、これっきりでもいい。例え、これで関係が終わってしまっても、この一度の密議が最高の思い出になるのなら、それで満足だ。少なくとも、琢磨はそんな風に感じていた。

「麗佳もこんな反応するんだな」

「え?」

「否、俺さ、麗佳を知っていると思いながら、全然知らないんだなって思って……」

「私たち、幼い頃は一緒だったけれど、だんだん離れちゃったからね」

「うん。そうだな、もしも、ずっと一緒だったら、どうなっていたかな?」

「もしかすると、琢磨と結婚していたかも……」

麗佳はそう言うと、悪戯っぽく微笑んだ。

それを見た琢磨は、スッと驚いた笑みを浮かべた。麗佳と結婚。それも悪くない。だが、その夢は叶わない。麗佳は既に別の男性と結婚するのだから……。

「なんてね、冗談だよ……」

麗佳は最後にそう言った。

その言葉を受け、琢磨は一抹の寂しさを感じながらも、次の一歩を踏み出した。

「そうだな、俺とお前が結婚なんて夢のような話だもんな。でもさ、最後、俺にできることをするよ」

琢磨は無理矢理、麗佳の脚を広げた。

すると、ぱっくりと肉びらが分かれて、キレイなサーモンピンクの粘膜が露出した。そこは、テカテカと濡れ光っており、大量の愛蜜で満たされている。

「舐めるよ」

「え、ちょっと汚いよ」

「汚くないよ、舐めたいんだ」

琢磨はそう言うと、強引に陰部に顔を近づけて、舌を伸ばした――。

〈続く〉


Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました