連載官能小説『幼馴染』第5回

連載官能小説

連載官能小説『幼馴染』第5回

(凄い匂い……、くらくらしちゃう)

噎せ返るような雄の香りを感じながら、麗佳はペニスを口に含む。

怒張はますます膨れ上がり、口の中で暴発寸前になっている。

まずは、傘頭を中心に、唾液をたっぷりと含ませて嬲り始める。

じゅぽじゅぽと激しく音を上げながら、ペニスを吸い上げると、先端からカウパー腺液が溢れ出し、その味が口内に広がっていく。少し苦く、繊細な味がする。

亀頭の先端を舌で弄ぶように刺激する。舌で傘頭を刺激する度に、ペニスがビクンと震え、まるで生き物のように思えた。

(まだ、大きくなってる……)

怒張はますます大きくなり、はち切れそうである。

既に一度イッているが、ペニスはまだまだ元気であり、余力は十分に感じられる。当の琢磨自身、まだまだ快楽を追い求めたくて仕方なかった。

(す、凄い……気持ちよすぎる……)

素直にそう感じた。

久しぶりに堪能するフェラの味に、ただただ、感動する琢磨。フェラでここまで感動したことは、恐らく今までなかったはずである。相手が麗佳だからこそ、ここまで嬉しくなるのかもしれない。一晩限りの関係であるだろう。これで終わりなのだ。だからこそ、この関係を最後まで楽しみたい。……徐に琢磨はそう考えていた。

やがて、傘頭からカリ裏に舌を滑らせていく麗佳。

亀頭の括れの部分を舌でレロレロと刺激し、快楽を生み出していく。カリ裏にも快感のスポットがあって、琢磨は激しく身を捩らせた。とにかく、気持ちよくて堪らないのである。もっと、この快感を味わっていたい。この時間が永遠に続けばいいとさえ思えた。

「琢磨、気持ちいい?」

「うん、最高だよ。本当に気持ちいい」

「ホント、嬉しいよ」

と、若干潤んだ瞳で麗佳は琢磨を見つめた。

そんな瞳で見つめられると、思わず抱きしめたくなる。

寝そべったまま、琢磨はやや姿勢を起こすと、優しく麗佳の頭を撫でた。

透き通るようなライトブラウンの髪の毛は、どこまでも柔らかく、手指の中でさらさらと流れた。また、シャンプーと香水の混じった香りが漂っており、琢磨をうっとりとさせていく。大人の色気というか、女のホルモン臭を感じられて、琢磨は満足している。もっと、匂いを嗅ぎたい。体を起こし、思い切り呼吸をする。

柔らかい香りが鼻孔を擽り、彼を恍惚とさせていく。馨しい香りと、快楽が融合し、ひと際凄まじい快感を生み出していく。

亀頭全体と舌で弄んでいく麗佳。余程慣れているのか、動きに無駄がなかった。テクニックも申し分なく、とにかく気持ちよくなってしまう。琢磨は自分の知らなかった幼馴染の顔を知り、不思議な気分になった。

(間近で見ると、本当大きいんだ……)

思わず、自分のフィアンセの大きさと比べてしまう。

琢磨のペニスの大きさは、遥かにそれを凌いでいる。こんな巨根が本当に自分の胎内にはいるのかと、少しだけ不安になる。肉棒にむしゃぶりつきながら。艶やかな口唇を使って、必死に愛撫を続ける。

麗佳は比較的整った顔立ちをしている。昔から可愛いと言われることが多かったのである。そんな麗佳が美貌を崩しながら、ペニスを頬張っている。その姿は、どこまでもエロスに満ちていて、琢磨を満足させていく。

(麗佳が、俺のち×ぽを舐めているんだ……)

そう考えると、猛烈に興奮してくる。

怒張ははち切れんばかりに膨れ上がり、カウパー腺液を滲ませた。

やがて、窄まった唇が、亀頭の括れを柔らかく包み込み、締め上げていく。この行為に、思わず琢磨は腰を浮き上がらせた。快楽の塊が降り注ぎ、ペニス全体を包み込んでいく。少しでも気を抜くと、再びイってしまいそうになる。それをギリギリのところで抑えながら、彼はフェラを受け続ける。

琢磨は腹筋に力を入れて、懸命に耐える。それでも快楽は留まることを知らない。薄暗い口腔内に閉じ込められたペニスの切っ先が、粘膜のぬめりと温もりを感じて、ぴくぴくと反応していく。思わず、腰を上げて、ガクガクと身体を震わせる琢磨。それくらい、この快楽の衝撃は凄まじかったのだ。

「そ、それ、凄い、気持ちいいよ……」

「ウフフ、でもまだこれからだよ、もっと気持ちよくなってね」

麗佳はそう言うと、舌腹を擡げて、亀頭をすくい取るように舐め始めた。そして、そのまま口蓋に押し付けていく。滑らかな口腔内の刺激に、琢磨は卒倒寸前になるくらい、激しく身悶えした。

ペニスを挟み込むように舐めまわすと、麗佳はユラユラと頭を揺らしていく。

こうなると、質感の違う粘膜で上下から挟まれた形になり、形容しがたい快楽が襲い始める。琢磨は身震いしながら、ただただ、快感に耐えていた。亀頭の先端から溢れ出したカウパー腺液が、麗佳の唾液の中に溶け、さらに口腔内に青臭い塩気を広げていく。

「ち×ぽがズキンズキンって動いているよ」

「うん、それだけ気持ちいいんだよ。無意識に反応しちゃうんだ」

「こんなに感じてもらえると、私も嬉しいよ」

自分の献身的な行為が認められたような気がして、麗佳は心の底から嬉しくなった。また、ペニスを頬張る姿勢にも力が入り、もっと気持ちよくさせてあげたくなるのだ。

迸るカウパー腺液は、青臭さがあるが、献身的な態度でフェラを続ける麗佳にとっては、決して不快な分泌液ではなかった。むしろ、嬉しいくらいである。ワッと唾液が溢れ、さらに、口腔内が熱く潤んでくるではないか。

どこまでも硬くなっているペニス。それだけ、琢磨も興奮しているのである。限界ギリギリまで怒張は膨れ上がり、ピクピクと小刻みに蠢いている。太幹を唇で扱いていく麗佳。膨張した傘頭をたっぷりと刺激し、愛撫していく。

たっぷりと唾液を含ませた麗佳の口腔内は、ぬめぬめとぬめっており、本当に心地いい。その快感の快さに魅せられて、琢磨の表情がだらしなく崩れていく。

「と、蕩けちゃいそうだよ、麗佳」

琢磨は激しく歓喜しながら、感謝の言葉を告げる。

口腔内で琢磨のペニスはヒクつき、敏感に反応していく。

それを愛おしく感じた麗佳は、ますますフェラの動きを速めていく。

亀頭を中心に責めていたのだが、次は、根元までずっぽりと口で含み、愛撫を重ねていく。口元に、陰毛の茂みが触れ、何だが擽ったい。恍惚の鼻息を漏らしながら、懸命にフェラを続けていく麗佳。その姿は、まるで天使のようであった。

麗佳はさらに、怒張の根元を摘まんで刺激を加えると、軽快な仕草で扱き始めた。ここまで献身的にフェラをされると、耐えるだけで精一杯である。堪らない射精感が迸り、琢磨を襲っていく。

「くぁ、た、堪らない。また出そうだ」

「もう少し我慢して、まだこれからなんだから」

吐精をねだる琢磨であったが、麗佳はそれを退ける。そして、そのままペニスを吸い込むように刺激を加えると、ますます動きを速めていった。琢磨の先走りのとろみが吹きこぼれ、麗佳の口腔内で溶けていく。熱く滾った陰嚢周辺からは、圧倒的な雄の性臭が分泌され、それが麗佳の鼻をついた。

(匂いがますます強くなった。琢磨、興奮しているんだ)

そう考えると、嬉しくなる麗佳。自分のフェラでここまで気持ちよくなってもらうと、やっている甲斐があるものだ。媚びるような甘い声を上げながら、麗佳は必死にフェラを続けた。

頭を激しく振りながら、フェラを行っているため、全身がクラクラとしてくる。それでも麗佳は動きを緩めることなく、むしろ攻撃的に速めていった。頭を振って呼吸を荒くしている関係上、噎せ返るような性臭を否応なしに嗅ぎ続けなければならなかった。

「ふぅ、んぅ、ふぅん」

麗佳の声が漏れ聞こえる。そして、悶々と吐息を蒸らしていく。

そのままの状態で、勃起したペニスを弄び、舌をくねらせていく。さらに、根元までずっぽりとペニスを咥えこみ、バキュームフェラの要領で刺激を重ねていく。ふっくらとした口唇から唾液が滲み出し、それが半透明の糸を生み出していく。

「あぁ、おかしくなりそうだよ、麗佳、もう駄目だ……」

ペニスをヒクつかせ、情けない声を上げる琢磨。

それだけ、彼の忍耐も限界を迎え始めている。しかし、麗佳の動きは留まることを知らず、むしろ速まっていく。止めどないカウパー腺液が滲み出し、それを飲み下しながら、麗佳はフェラを続ける。こんな風にして透明蜜を飲み下していると、自分の方も興奮してくる。両腿の付け根が激しく疼き、蜜を発生させる。

(ち×ぽが小刻みに動いている。イキそうなんだ……)

そう察した麗佳。

このまま口腔内で射精させてやろう。そう感じると、胸がときめてくる。

最後の火遊びだからこそ、後悔のないような行いをしたい。

(飲んであげたら喜んでくれるかな?)

思えば、フェラをした経験はあるが、口腔内で射精された経験はない。

だからこそ、少しだけ不安ある。それでも自分の火遊びに付き合ってくれた幼馴染の優しさを感じ取れば、彼の精液を飲み下すことに躊躇はない。全く抵抗なく飲めるだろう。

麗佳は最後の仕上げと言わんばかりの勢いで、きつく雁首を吸って唇で擦り上げた。そして、さらに敏捷な手つきでペニスの幹を扱いた。

「うぁ、麗佳、もう駄目だ、出ちゃうよ」

「出していいよ。私が全て受け止めるから……」

とうとう琢磨は喋る余裕も失い、体をガクガクと震わせた。

そして、歯を食いしばって身体を仰け反らせた。肉棒が硬く引き締まり、裏筋がこんもりと隆起していく。

次の瞬間、激しい性の爆発があった。

麗佳はルージュの剥げた唇で、ねちっこく亀頭を舐り、そして放出されたスペルマを受け止める。肉胴が脈を刻んで、麗佳の口腔内に熱い滾りを広げていく。

こうして、琢磨は果ててしまった。圧倒的なオルガスムスを感じ、表情は満足している。充足感に満ちた顔を浮かべ、彼はベッドに崩れ落ちた。

麗佳は顎を上げて喉を鳴らし、さらに口腔内に蓄えた多量のスペルマを一気に飲み下した。その光景を見て、琢磨は心の底から嬉しくなった。

(俺の精液を飲んでくれたんだ……)

「凄い、濃いせーえきね。少し苦いかな」

「飲まなくてもよかったのに」

「ううん。琢磨だから特別。それに、まだこれで終わりじゃないんだからね」

「もちろんわかってるよ」

ふとペニスを見つめる琢磨。

射精したばかりのペニスは小刻みに震えているものの、まだ熱く反応している。猛々しく隆起し、すぐにでも挿入できそうである。

「琢磨、最後まで付き合ってよね」

「うん、いいんだな?」

「大丈夫、挿れて頂戴」

結婚前の最後の火遊び。その女心が新たな快感を求めて喜びに色めいた――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました