連載官能小説『後輩社員と励ましセックス』第2回

連載官能小説

連載官能小説『後輩社員と励ましセックス』第2回

翠の蜜壺に指を這わせていき、軽く入り口に触れてみた。

愛蜜が、ピトっと指先に付着して、堪らない気分にさせる。

(凄い、濡れてる……)

単純に、正明はそんな風に感じた。

セックスは初めてではないが、それほど経験がある方ではない。それでも、彼女を気持ちよくさせたいし、信頼してくれたのであるから、それなりの対応をしたかった。

正明は、指先を膣内に挿れて、そのままゆっくりとかき回し始めた。

胎内は、非常に温かく、それでいてぬめぬめと滑っていた。

愛蜜が止めどなく溢れ、指がスムーズに動く。膣襞を擦るように指を動かしていくと、ビクンとみどりの身体が跳ねた。恐らく感じているのであろう。

「あぁん、佐々岡さんの指が私の中に入っています」

「どんどん濡れてきますよ。気持ちいいですか?」

「はい、恥ずかしいですけど、気持ちいいです」

指を少しずつ、速く動かしていく。

にちょにちょと、淫猥な音が鳴り響き、それが室内に染み渡っていった。こんな淫靡な音を聞いてしまうと、ますます興奮してしまう。正明は、耳を澄ませながら、淫音を聞いていた。

最初は指を一本だけ挿れていた。しかし、まだ入りそうである。翠の胎内は若干窮屈な印象があるが、それでも少しずつ開拓されていき、広がりを見せている。問題なくもう一本の指は入るだろう。

正明は、人差し指にプラスして、中指を同時に挿入した。ぬむぬむと、中指が吸い込まれていき、膣内の温かな感触に包まれていく。

なるべく、動きが単調にならないように、正明は指の動かし方を工夫した。入り口を刺激したかと思えば、一転して、奥の方まで指を突っ込んで、掻き乱す。このようにして、刺激に変化を加えていったのである。

それが功を奏したのか、翠は感じまくっていた。身体を小刻みに震わせながら、息を詰めるように呼吸していく。過敏な反応を見ていると、もっと気持ちよくさせてやりたくなる。そのためには、どうすればいいのか、必死に正明は考えていた。

指で弄っていると、やがて、性器を舐めたいという衝動に駆られた。

(舐めてもいいかな……)

そんな風に感じ、彼は、顔面を性器に近づけていく。

ツンと、甘酸っぱい香りが鼻孔を付いた。僅かなアンモニア臭と、チーズのような香りが、鼻を突く。しかし、それは決して不快な香りではなく、むしろ逆に興奮させる高貴な香りであった。こんな匂いを嗅いでしまうと、ますます興奮してしまう。

ペニスを熱く反応させながら、正明は舌を伸ばして、秘裂に触れた。

「いやぁん、な、舐めないでください。汚いですよぉ」

「そんなことないです。お、俺、宮沢さんの性器が舐めたいんです」

興奮した正明は、必死にそう言い、強引に性器を舐め始めた。

僅かに塩気があり、うっとりとさせてくれる。

べろべろとアイスクリームを舐めるように、秘裂を舐めまわしていくと、翠は過敏に反応し、身体をビクンビクンと震わせていった。その反応が楽しくて、もっと悪戯したい気持ちになっていく。

調子づいた正明は、舌を奥の方まで入れて、膣内を刺激し始めた。そして、空いた手を使って、陰核を責め始める。

クリトリスが女性の一番敏感な部分であることは、知識と知っている。変にテクニックがない分、単純に気持ちいい場所を責めてやろうと思ったのである。陰核は包皮に包まれており、正明は指でその包皮を剥いた。

すると、米粒大の小さな陰核が顔を出す。僅かにピンクがかったキレイな白色をしており、ヒクヒクと小刻みに震えていた。指先を使って、優しくクリトリスに触れると、翠は思わず声を上げた。

「く、くぁ、そ、そこは駄目ですぅ」

「どうして? 気持ちいいんじゃないですか?」

「気持ちよすぎておかしくなっちゃいますよぉ」

「おかしくなっていいですよ。もっと乱れてください。セックスっていうのは、恥ずかしがっていては駄目です」

セックスをする際、大胆になった方が快楽を追求できる。

経験は少ないが、僅かな経験から彼はそんな風に考えていた。変に緊張して、我慢したり、嫌がったりすると、それだけで、快感は半減してしまう。快感に忠実になり、それに身を委ねればいいのである。そうすれば、必然的にもっと気持ちよくなれる。

正明は、クリトリスを刺激しながら、同時に膣内を舌で弄び始めた。

淫猥な音を必然的に聞くことになる。そして、そんな淫音を聞きながら、彼はどんどん興奮していくのであった。

翠も、正明の言葉通り、快感に忠実になり始めた。恥ずかしがるのではなく、もっと大胆になり始めたのである。大きく足を広げ、快感を追い求めていく。濃密な時間が二人の間を支配し、ゆっくりと流れていく。

一旦、正明はクリトリスから指を離した。そして、真っ白な太ももを指の内側を使って撫でまわしていく。焦らす作戦に出たのである。太ももを撫でると、心地よさそうな翠の吐息が聞こえ始めた。

次いで、花園を凝視する。秘部の茂みは、かなり整っており、ビーナスの丘に密生する漆黒のヘアが情欲を掻き立ててくれた。

膣内を舐め回していたのであるが、今度は、足を大きく持ち上げて、まんぐり返しの形のさせると、アヌスを舌で刺激し始めた。

「そ、そこは違う穴ですよぉ」

翠は恥ずかしそうに告げる。

興奮の導火線に火が付いた正明は止まらなかった。アヌスとべろべろと舐めまわしていく。

「あぁ、だ、ダメ、イキそうです」

不意に、翠がそう言った。

彼女の身体が小刻みに震えていき、さらに膣内も激しく収縮し始めた。

そして、身体を反り返らせるように、絶頂を迎えた。ガクガクと身体を動かし、快感に酔いしれる翠。その姿はまるで天使の要であった。

「イッたんだね。宮沢さん」

「はい。とっても気持ちよかったです。次は、私が佐々岡さんを気持ちよくします」

「いいのかい?」

「はい。仰向けに寝てください」

言われるままに、仰向けになる正明。

仰向けになった正明の脚を左右に広げ、空いた中央に座り込む翠。 彼女はそのままペニスを握りしめると、握った肉竿をゆっくりと扱き始めた。触れ合っている部分から、止めどない淡い快感が迸り、正明を恍惚とさせていく。

普段、マスターベーションをするから、ペニスを扱く行為には慣れている。しかし、自分以外の第三者からペニスを握られると、どういうわけか、新鮮に思えて不思議と気持ちよくなってしまう。

「く、うぁ、気持ちいい」

と、思わず声を漏らす正明。

それを聞いた翠は、楽しそうに微笑むと、そのまま肉竿を激しく上下に動かし始めた。

ゾクゾクするような淡い快感がペニス全体に広がっていく。穏やかな気持ちよさに包まれていき、正明は満足し始めた。

「エッチなお汁がたくさん出てますね」

既に、傘頭の先端からは大量のカウパー腺液が滲み出していた。それを翠は指で摘まむと、丁寧に弄び、にっこりと笑みを浮かべた。

溢れ出るカウパー腺液を裏スジやカリ表部分に塗り付け、その後は、尿道口を指の腹で押さえて、小さな円を描くように刺激し始めた。

堪らない刺激が入り、正明も身体を震わせた。力が入りすぎて、硬く緊張してしまう。

「佐々岡さん、もっとリラックスしてください」

「ご、ゴメン。あまりに気持ちよくて、過敏に反応しちゃうんだ」

「ウフフ。……もっと気持ちよくしてあげますよ」

蠱惑的な笑みを浮かべて、翠はペニスを扱き続ける。

翠の指が裏スジを擽った。それに合わせて、正明は脚をピンと伸ばした。かなりの快感が迸るように伝わってくる。次いで、翠は面積の広いカリ表部分での愛撫へ移行した。すると、ますます強烈か快感が発生し、正明を虜にしていく。

(参ったな、このままじゃあまり持たないぞ……)

射精感が少しずつせり上がってきて、彼を圧迫し始めた。

この快感をもっと味わっていたいが、限界も近い。何とか下半身に力を入れて耐えているが、あとどれくらい耐えられるかは未知数である。少なくともそれほど長いこと、持ちそうにない。

「み、宮沢さん、俺、イキそうだ」

「イキそうなんですか? ならイって下さい」

「宮沢さん、うぅぅ……く……んんん、た、堪らないよ」

自分でしている時は穏やかな快感であるが、翠に扱いてもらうと、忽ち強い快感に変化へする。それが不思議で、正明は目を丸くしながら、絶頂を迎えた。

ここで、とうとう我慢の限界を迎え、正明は欲望を放出した。

ドクドクと、温かいスペルマが勢いよく迸る。

翠は、それを手で受け止めながら、自身も快感に酔いしれていく。

「あぁ、熱い、佐々岡さんの精液、とても熱いです」

「うぁぁ、と、止まらない、どんどん出てくるよ」

大量の精液を放出した正明は、半ば放心状態になっていた。

そのままぐったりしていると、やがて翠が言った。

「佐々岡さん、まさかこれで終わりじゃないですよね?」

「え、あぁ、でも本当にいいの?」

「大丈夫です。むしろ、ここで止められたら、私、変になっちゃいます」

「わかった。続きをしよう。まずは正常位から始めようと思うけどいいかな?」

「もちろんです。お願いします」

ゆっくりと姿勢を起こし、正明はペニスを持ち、さらに翠を仰向けに寝かせて、脚を広げていく。脚を広げたことにより、くぱぁと秘裂が押し開かれ、花園が顔を見せる。ぬらぬらと濡れているサーモンピンクの花園は、それだけで美味しそうに見えた。

正明はゆっくりとペニスを膣口に持っていき、挿入の準備を始めた。

翠も、興味津々という表情を浮かべて様子を伺っている。

今、二人は繋がろうとしている――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました