連載官能小説『後輩社員と励ましセックス』第3回

連載官能小説

連載官能小説『後輩社員と励ましセックス』第3回

正明は翠の脚を広げて、ペニスを膣口に当てる。

にちょっと、愛蜜にペニスが触れ、ぬるぬるとして質感が広がる。

そして、ゆっくりと胎内に挿入していく。

ずぶずぶずぶ。

ペニスはスムーズにゆっくりと吸い込まれていく。

(うわぁ、かなり気持ちいいぞ……)

膣内にペニスを導いて、正明は感動していた。

久しぶりのセックスは、どこまでも気持ちよく、その快感に痺れ始めた。

ペニスを奥深くまで挿入すると、そのままゆっくりと動き始める。

「う、うぁ、奥までち×ぽが当たります」

翠の甘い声が漏れる。

その声を聞きながら、正明は抽送を続ける。

脚を大きく広げ、なるべく奥の方までペニスが届くように工夫していく。ずんずんとペニスは膣壁を切り開いていき、メリメリと奥の方まで侵入していく。翠の胎内は、独特の襞状の突起があり、それがペニスに絡みつき、快感を生み出していた。

翠も、息を詰めながら、喘ぎ、大きく足を広げて、身体を小刻みに震わせている。

ペニスはヴァギナに飲み込まれている。また、花びらのように開いた小陰唇が取り囲んでいる。少し上にある長いサヤのようなクリトリスが垣間見える。ヒクヒクと蠢く陰核が、小動物に見えて、正明を興奮させていた。

ぷっくりとした恥丘には、ふさふさと陰毛が生い茂っている。漆黒の茂みが、興奮を煽り、正明の性的なボルテージをどんどん上げていく。すべてが卑猥で美しい。女体がここまでキレイであり、興奮させるものだとは、正明は考えていなかった。

もちろん、女性のことは好きだから、女性の裸を見れば、興奮するのは知っている。だが、翠の裸体は、どこまでも美しく、淫猥さに満ちている。だからこそ、自然と正明の動きにも力が入っていく。

「うううぅ、くぅぅ、はぅぅ」

翠の長い吐息が聞こえる。そして、程よく引き締まった腹部が波打った。括れのある肉体は、女性らしい魅力で満ち溢れており、正明を恍惚とさせる。正明は、必死にペニスを突き続ける。すると、ヴァギナの内部の圧力が強くなった。

ペニスを搾り取るように、締め付け感が強くなり、正明は堪らず嗚咽を漏らした。

「くぅ、宮沢さんの中、またきつくなりました」

「興奮しているから、自然と締まっちゃうんです」

「ち、ち×ぽが締め付けられて、凄い気持ちいです」

膣肉は締まる。そして、表面にある突起状の襞がぬめぬめとしていて、コロコロと亀頭全体を刺激し始めた。正明は、Gスポットを中心に責め始めた。奥の方までペニスを挿れて、そのまま激しく突き続ける。

Gスポットを擦る出し入れの動きは、だんだん深くなっていく。翠は、Gスポットを刺激されて、思わず喘ぎ声を上げながら、よがり始める。その声を聞きながら、正明は必死に突き続けた。

軽いオルガスムスを感じ始める翠。少しずつ、身体を反らしながら、快感に酔いしれている。オルガスムスを味わうように、翠は体をくねらせていった。

擦られているカリ表から痺れるような快感が迸る。それは背骨を突き抜けて、圧倒的な愉悦をもたらす。また、それだけではなく、ランダムに締まる膣内部がペニス全体を柔らかく嬲った。

「あぁあん、佐々岡さん、凄い、凄い気持ちいいです」

「俺も気持ちいいです。おかしくなりそうだ」

正明はやや状態を起こして、ある提案をした。

「宮沢さん、体位を変えたいんだけどいいかな?」

「どんな体位にするんですか?」

「う~ん、バックとかしてみたいんだけど……」

「わかりました」

翠は承諾すると、ペニスを一旦抜いて、起き上がり、そのまま四つん這いになった。

お尻を高く上げて、腰をフリフリと振り始め誘惑している。

「佐々岡さん、早く挿れて下さい」

四つん這いになり、むき出しになった性器がいやらしい。アヌスまで丸見えになっていて、ヒクヒクと動いていた。

正明はペニスを持つと、ゆっくりとヴァギナに挿入した。

たっぷりと愛蜜に満たされているため、ペニスはスムーズに挿入された。

バックでの挿入は、結合がやや深くなり、正常位に比べると、奥の方までペニスが届いた。子宮口までペニスが届いているかのようで、正明は心の底から気持ちよくなっていた。

姿勢をやや前傾にしながら、翠に覆いかぶさるようになると、思い切り胸を揉みしだき、さらに乳首をコリコリと刺激し始めた。

乳首を弄られながら、挿入されて翠は甘い声を上げて、身体を震わせていく。

正明は、クリトリスを潰す勢いで押し付けながら、腰をグラインドさせていく。ペニスは、蜜でヌルヌルになった膣肉にもみくちゃになされながら、結合を深めていった。

突き続けていると、翠の膣内が急激に締まり始めた。同時に、不規則に痙攣していた。

あまりの快感に顔を振る正明。彼は懸命にペニスを突き続けた。どんどん気持ちよくなっていき、もっとこの快感を味わっていたい。そんな気持ちになるのである。まるで、動悸が外へ聞こえるのではないかと思えるくらい、心臓が高鳴っていた。

「さ、佐々岡さん、もっと激しく突いてください。乱暴にされたい」

「わ、わかりました、いきますよ」

さらにペースを上げる正明。

やがて、射精感がせり上がってきて、段々、我慢ができなくなる。

それでも、正明は下半身に力を入れながら、懸命に射精感に抵抗する。まだイケない。もっと気持ちよくなりたいのだ。しかし、限界はすぐそこまで忍び寄っていた。

胸を揉みしだくのを止め、姿勢を起こす正明。彼は翠のお尻に手を置くと、スパンスパンと大きな音を上げながら、腰を振り続けた。

ゆっくりと、そして時には激しく腰をしゃくっていく。繰り返すほどに、官能が深くなり、満足感を発生させていく。ペニスは深々と膣内に飲み込まれていく。正明は、手を前の方に回していき、クリトリスを刺激していく。

すると、翠が声を漏らした。

「あぁん、クリトリス弄らないでください」

「弄ってほしそうな感じですよ」

「意地悪しないでぇ」

クリトリスを弄っていくと、膣内の締め付けが強く唸った。沸き上がる快感に酔いしれるように、腰の動きを速めていく。

「き、気持ちいい。うぅぅ、あぁぁ」

「もっと声を聞かせて……、宮沢さんの声が聞きたい」

翠はペニスを中で執拗に掻き回し、乱暴に動きながら悶えていた。

やがて、正明も激しいオルガスムスを感じ始めた。

「も、もうイキそうだ。宮沢さん、イってもいいかい?」

「イキそうなんですか? わ、私もイキそうです。一緒にいきましょう」

小刻みに身体を震わせながら、翠も快感に酔いしれている。

不意に兆しの訪れを感じた正明は、外に出すべきか、中に出すべきか迷っていた。

すると、それを見抜いているのか、翠が声を出した。

「佐々岡さん、中に出して、私を満たして……」

「中に出してもいいんですね?」

「中にたくさん頂戴、お願いぃ」

ペニスを突き挿したまま、彼は欲望をぶちまけた。

ビュルビュルドビュ。

勢いよく子種が放出される。溢れ出るスペルマは、翠の胎内に注ぎ込まれ、そしてとぷとぷと満たしていく。

「あぁぁ、中に出てる、熱いぃ」

翠がヨガリ、快感に酔いしれる。

正明もまた、快楽の海に放り込まれていた。

「すごい、気持ちいいぃ。あぁ、止まらない」

大量の精液を放出した正明は、ペニスを引き抜いた。

すると、ゴポゴポと入りきらなった精液が零れ出し、シーツに染みを作った。

「佐々岡さん、気持ちよかったです、ありがとうございました」

行為が終わった後、翠はそのようにお礼を言った。

「君は魅力溢れる女性だと思うよ。だから自信持ちなよ」

「はい、佐々岡さんのおかげで、自信が出ました。もう一度、元彼に話してみようと思います」

こうして、二人のセックスは終わりを告げた。

恍惚とした気分の中、たっぷりと精を放出した正明は、満足感に得ながら笑みを浮かべた――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました