連載官能小説『後輩社員と励ましセックス』第5回

連載官能小説

連載官能小説『後輩社員と励ましセックス』第5回

恵利子は正明のペニスを持つと、ゆっくりと上下に扱き始めた。

既に、傘頭の先端からは、カウパー腺液が滲み出しており、それがてかてかと光り輝いていた。

「エッチなお汁がたくさん出てますよ」

カウパー腺液を指で弄びながら、恵利子が告げる。

せっせと手コキする姿が愛らしく、正明は気分がよくなっていた。

当然だが、マスターベーションはする。

しかし、誰かに扱いてもらうというのは、本当に久しぶりなのである。風俗もいかないし。彼女もいない。だからこそ、自分以外の誰かにペニスを扱いてもらえて、正明は感動していた。

(うわ、かなり気持ちいいぞ)

まだ、始まったばかりなのに、既に射精感がせり上がってくる。

まだ、イクわけにはいかない。なんとしても耐えなければならないだろう。

下半身にグッと力を入れて、正明は耐え始めた……。

亀頭全体を手で弄っていた恵利子は、徐に、ペニスに顔を近づけて、舌先をペロッと出した。そして、そのまま亀頭を包み込むように舐めまわしていく。

それは、どこまでもエロスに満ちた光景であり、正明を興奮の渦に巻き込んでいった。舌先をレロレロと亀頭を刺激し、快感を強めていく。圧倒的な快楽が、正明を包み込んでいった。

やがて、恵利子は喉元の奥までペニスを咥えこむと、激しく吸引するようにフェラを始めた。じゅぼじゅぼと淫音がこだまし、静かに響き渡っていった。

正明自身、懸命に耐えていた。とにかく気持ちよく、少しでも気を抜くと、忽ちイってしまいそうになる。それをギリギリのところで耐え忍びながら、快感に身を捩らせる。

頭の奥底がじりじりと痺れていき、ガクガクと身体が震えていく。シーツをギュッと握りしめて、力を入れつつ、快楽に抵抗していく。そんな中、恵利子の必死のフェラが続けられる。激しく吸引しながら、行うフェラチオは、口腔内の粘膜とペニスが擦れ合い、かなり気持ちよくさせてくれる。

温かな口腔内の刺激に、正明はすっかり虜になっていった。とにかく気持ちいい。ここまで快感に酔いしれたのは、もしかすると、初めてかもしれない。先日、翠とセックスした時も、非常に気持ちよかったが、今回はそれ以上の衝撃があるように感じられた。

続けて、恵利子はフェラチオを続けながら、陰嚢を揉みしだき始めた。

ペニスと陰嚢をダブルで刺激されて、たまらない快感が発生する。ペニス全体が蕩けてしまうのではないかというくらい、熱く反応していく。どこまでも硬くなり、ギンギンにはち切れそうになったペニスは、暴発寸前になっていた。

それでも正明は耐え忍ぶ。まだ始まったばかりである。ここでイクわけにはいかない。まだまだ気持ちよくなりたいのである。そのためには、ここで耐えなければならない。身体を小刻みに震わせながら、正明は必死に耐え続けた。

それでも限界は近づいてきている。

恵利子は、今度、睾丸を優しくマッサージし始めた。デリケートな部分であるため、あくまでも丁寧に、繊細な所作でマッサージを行っていく。それが堪らなく気持ちよく、正明を恍惚とさせていく。

「タマタマ気持ちいいですか?」

唐突に、恵利子が尋ねてきた。

それを受け、正明は答える。

「う、うん、凄い刺激だよ。おかしくなりそうだ」

「ウフフ。気持ちよくなってもらえて嬉しいです。イキそうになったら教えてくださいね」

「実は、もうそろそろイキそうなんだ。あまり持たない」

「なら、私が受け止めます。いつでもイってください」

そう言われると、非常にありがたい。

恵利子の優しいフェラチオに導かれて、正明は心の底から気持ちよくなっていた。

そして、ペニスの奥底から、射精感がせり上がってくる。

小さい絶頂を小刻みに感じ、それがやがて、大きな塊となって降ってくる。

ペニスが収縮を始め、身体も痙攣し始めた。

イク兆候が見え、それを感じ取った恵利子はさらにペースを上げた。

じゅぼじゅぼと大きな音を上げながら、フェラチオを続けていく。

「あぁぁ、前田さん、お、俺、もう駄目だ、イク」

次の瞬間、激しい性の爆発があった。

一気に欲望を放出し、ドクドクとスペルマが恵利子の口腔内に流れ込んでいく。

恵利子は精液をすべて口腔内で受け止めると、一気にそれを飲み砕いた。

ゴクリと咽頭を駆け巡る音が聞こえたと思うと、恵利子はペニスから口を離し、正明を見つめた。

「前田さん、飲んでくれたの?」

感動のあまり、正明はそのように尋ねた。

「はい。凄い濃い精液でした。喉に絡みつく感じかな。でも、悪くないです」

「ありがとう」

「まだち×ぽ元気ですね。このまま、直ぐに続きができそうですね」

「うん。でもいいの?」

「もちろんです。佐々岡さんの不思議な力に肖りたいんです」

「わかった。じゃあ続きをしよう」

イッたばかりだというのに、ペニスは熱く反応し、留まることをしらない。猛々しく隆起し、赤黒く変色し、小刻みに震えていた。

正明は恵利子を仰向けに寝かせると、そのまま足を持ち、左右に広げた。すると、陰部が押し開かれて、秘裂の様子が良く見えるようになった。小陰唇のビラビラが、左右に開かれ、奥に膣口が見える。サーモンピンクの膣内は、ぬらぬらと愛蜜で満たされており、直ぐに挿入できそうであった。

「挿れるよ」

「お願いします」

ゆっくりと膣口にペニスを押し当て、正明は挿入していく。

ぬむぬむぬむ……。

愛蜜で満たされており、ペニスはスムーズに中に入っていった。

メリメリと膣壁を侵食し、切り開いていく。恵利子の膣内は、若干窮屈であり、ペニスを激しく締め付けた。しかし、それが妙に心地よく、正明を興奮させていく。

(す、凄い狭い……。でも気持ちいい)

と、正明は感じていた。

そして、そのまま静かに抽送を開始した。

最初から飛ばさずに、あくまでゆっくりとした動作でピストンを続けていく。すると、その動きに合わせて恵利子も腰をくねくねと動かした。

「はぁん、き、気持ちいいです」

「お、俺も気持ちいい。前田さんの中最高だよ」

「もっと早く動いてもいいですよ。私は大丈夫ですから」

「わかった、じっくり責めていくよ」

そう言いながら、正明は速やかにピストンを続けていく。

リズミカルに腰を振っていくと、ペニス全体が熱くなり、やがて気持ちよくなる。膣壁をメリメリと擦れていき、圧倒的な快感を発生させるのである。

また、突けば突くほど、味わい深くなり、蜜が止めどなく溢れ始めた。結合も少しずつ深くなり、奥の方までペニスが届くようになる。

正明は、なるべき動きが単調にならないように、工夫しながらピストンを続けた。激しく突いたかと思えば、今度は動きを止めて、様子を見たりして、膣内の感触を味わっていく。

続けて、正明は姿勢をやや前傾にさせた。そして、恵利子の覆い被さるような姿勢になると、そのまま顔を近づけて唇を奪った。挿入をしながら行うキスは格別な思いがある。心の底から愛し合っている気分にさせるのである。

貪るようにキスの雨を降らせ、舌を絡めていく。唾液同士が激しく絡みつき、それが口元から滴り落ちていく。お互いの唾液を啜り合うような、濃厚なキスが展開されていく。

キスを終えると、姿勢をやや起こし、今度は胸を揉みしだきながら、抽送を繰り返した。恵利子の爆乳を揉んでいると、何だか不思議な気分になってくる。乳房はどこまでも柔らかく、正明の手指の中でぐにゃりと潰れていった。

「さ、佐々岡さん、もっと激しく突いて……」

恵利子がヨガリながら告げる。

その言葉を聞き、正明も力を入れて、ピストンを繰り出す。

既に一度イっているから、余力はあるのであるが、かなりのオーバーペースである。このままでは果てるのは時間の問題であろう。

しかし、それでもよかった。もっと気持ちよくなるためには、ここで動きを止められない。あくまでも激しく抽送を続けて、限界までイクのだ。それが、正明のできる全てであった。彼は必死にピストンを続け、恵利子と共に官能の中に放り込まれた。

「いやぁん、ふぁ、深い、そ、それ凄いいです」

胸を揉みしだくのを止め、今度は、挿入しながら、同時にクリトリスを刺激し始めた。すると、恵利子の体が反り返り、激しく喘ぎ声を上げ始めた。

「く、クリちゃん、気持ちいいですぅ、もっと弄ってぇ。激しくしてぇ」

クリトリスを指で弄び、さらに深く挿入していく。恵利子の膣内もやがてキュウキュウと締め付けが強くなり、より一層気持ちよくなっていく。

突けば突くほど、恵利子は乱れていく。もちろん、正明も快感を覚えている。二人で軽い絶頂を迎え、次第に、本格的なオルガスムスに向かおうとしている。ペニスの打ち込みに合わせるかのように、ヴァギナ内部の動きも激しくなっていった。

締め付けが激しくなり、ペニスが搾り取られるかのような気分になる。傘頭だけでなく、竿自身もキュッキュッと締め付けられていく。そして、ヌルヌルになった襞に揉まれ続けて、快楽の味わいがどんどん深くなっていった。

「あぁぁ、前田さん、このままだと出ちゃう」

と、正明が告げる。

彼も限界を感じ始めたのである。

それでも動きを緩めることなく、むしろペースを上げていた。

「もっと、乱暴にしてください、激しく犯されたいのぉ」

「でも出ちゃう」

「イキそうになったら中に出してください。私もイキますから」

「中に出してもいいんだね」

「はい。中にたっぷり注いでください。あぁぁ、深い、それいいです」

もう少し長く楽しみたいと考えていたのであるが、恵利子も正明も動きを止められなかった。貪欲に快楽を追求し、やがて臨界点を迎える。

快感のテンションを維持したまま、正明はピストンを続けた。恐らくこのヴァギナは速いスピードで突きまくるのがいいのであろう。それを、正明は感じ取っていた。そして、最後の力を振り絞って、突きまくった。

「うぁぁあ、駄目だ、イクゥ」

再び、激しい射精感がせり上がってくる。

ペニスの奥深くが熱くなり、尿道に精液が駆け巡る。

そして、正明はそのまま欲望を発散させた。

ビュルビュルドビュ。

勢いよく子種が膣内に放出された。

ドクドクと大量のスペルマが注ぎ込まれていく。

「あぁぁ、出てる、熱い、佐々岡さんの精子、とても熱いです」

恵利子が身体をくねらせながら、発射された精液の感触を味わっていく。

「と、止まらない。精子がどんどん出ていくよ」

スペルマを最後の一滴まで絞り出しながら、正明はピストンを続けていた。敏感になっている亀頭を、弾力のある膣内が揉み続けるので、堪らない気持ちよさに襲われ始めた。

精液を出し尽くすと、ようやくペニスを膣口から抜いた。すると、膣口から入りきらなかった白濁色の精液が流れ始めた。それはシーツに零れ落ち、染みを作り始めた。

「佐々岡さん、気持ちよかったです。きっと、これで私も上手くいくはずです」

「だといいけど。満足できたのなら嬉しいよ」

こうして二人のセックスは終わりを告げた。

後日、恵利子は合コンで出会った男性と縁があり、無事結ばれたようである。

その話を聞き、正明は驚きを覚える共に、自分の力は本物なのではないかと思うようになった。

そんな中、第三の女性が彼の前に現れる。

今度は一体どんな女性なのであろうか? 正明は不思議な力を感じながらも仕事に勤しんだ――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました