連載官能小説『社長秘書のお仕事』第7回

連載官能小説

連載官能小説『社長秘書のお仕事』第7回

「挿れますよ」

そう言いながら、誠はゆっくりと腰を動かし始めた。

ずぶずぶとペニスが膣内に吸い込まれていく。たっぷりと愛蜜で満たされているため、ペニスはスムーズに挿入された。但し、あまりに巨大なペニスであったため、美琴は苦痛に顔を歪めた。

(お、大きすぎる……)

膣内が拡張されていくような感覚が広がっていく。

メリメリと膣壁を切り開いていき、そして、ペニスが奥深くまで入ってくるのだ。

「最初はちょっときついかもしれませんが、すぐに慣れますよ」

と、誠は呟いた。

余裕綽々の態度で、ペニスを動かしていく。

「あぁ、大きすぎて、あ、あそこが壊れてしまいます」

「大丈夫。最初だけだからね、僕のち×ぽはちょっと大きいけど、君も気に入るはずさ」

誠は相変わらずマイペースに抽送を続けていく。

ぐちゅぐちゅと、淫音が鳴り響き、それが、社長室内に響き渡っていく。

また、結合部分から、淫臭が立ち上っていた。フェロモン臭と体臭が入り混じり、興奮させるような匂いを発生させている。その匂いを嗅ぎながら、誠は満足そうに、ピストンを速めていく。

最初は、ゆっくりとしたペースで動いていたのであるが、次第にそのペースを速めていく。怒張が、どんどんと奥に侵入し、快感を与えていく。

誠の言うとおり、最初は、ものすごくきつく感じたのであるが、次第にそのきつさが快感に変わってきた。思い切り大きなペニスで、奥まで突かれると、それだけで気持ちよくなってしまう。

美琴は、自然と足を広げながら、誠の分身を受け入れ始めた。

「大分、慣れてきたようですね。もう少し速く動きますよ」

誠は美琴の腰に手を回すと、ずんずんと大きな音を上げながら、ピストンを繰り出し始めた。

ズンと、頭の奥に衝撃が走る。全身が痺れていくような感覚。それでいて、激しく気持ちがいい。

美琴はセックスが初めてというわけではないが、ここまでの快感を味わったことがない。自分が今までしてきたセックスは、一体何だったのだろうか? と、疑問を感じてしまう。それくらい、誠のセックスは荒々しく、それでいて逞しさを感じさせた。

「あぁ、凄い、何か変です」

「どうです? 気持ちがいいでしょう。皆、僕のち×ぽの虜になるんですよ」

「いやぁん、それ以上突かれたら、おかしくなっちゃいます」

「もちろん、おかしくなってもいいんですよ。僕はおかしくなった美琴君が見たいですからね。ほら、もっと突きますよ」

誠は美琴の脚を垂直に持ち上げた。

すると、膣内の形状が若干変わり、また、挿入の角度も変化している。そのため、刺激の入り方が変わり、別の気持ちよさが発生したのである。

美琴は、頬を上気させながら、快感に耐えている。

そんな美琴を見ていた誠は、彼女の着ていたブラウスを脱がし始めた。

そして、自身の服も一枚ずつ脱いでいく。

但し、美琴のパンストだけは脱がさなかった。パンストは挿入部分に小さな穴を開けるにとどめて、それ以外はびりびり破らないようにしている。それも、誠の美学の一つである。あくまでもパンストにこだわる。一種のフェティシズムが垣間見える。

美琴のブラを剥ぎ取った誠は、やや乱暴に美琴の乳房を揉み始めた。

「流石は、Fカップだ。揉みごたえがある。凄くいいですよ。柔らかくてマシュマロみたいだ」

子供のように無邪気な口調で、誠は囁く。同時に、乳房をこねくり回して刺激を加えていく。

最初は乳房全体を揉みしだいていき、次第に、円を描くように、乳首へと移っていく。そして、乳首を摘まんでコリコリと刺激していく。すると、美琴の乳首が、ピクっと勃ちあがった。

「いやいや、乳首は止めてぇ」

「どうしてですか? 感じているんじゃないですか?」

「感じ過ぎちゃうんです。だから、そんなに弄らないでぇ」

「駄目です。僕は乳首も好きなんですよ。しっかりと弄りますからね。こんなのはどうですか?」

誠はそう言うと、カプリと乳首に噛みついた。噛みついたといっても、あくまでソフトなタッチである。甘噛みし、歯と歯の間に乳首を挟み込み、キリキリと優しく噛んでいく。ゴムを噛んでいるかのような触感が誠に伝わる。

乳首を噛まれ、美琴は快感の中に放り込まれた。乳首を刺激されると、頭がふわふわとして、どうにかなってしまう。もう、何も考えらない……。ただ、気持ちよくなりたい、考えられるのはそればかりであった。

乳首を弄っていた、誠はさらに顔を美琴の顔の前に移動させた。

そして、じっくりと喘いでいる彼女を見つめると、そのままにっこりと微笑み、唇を奪った。

最初は触れるだけのささやかなキスが展開される。

美琴は口を封じられ、堪らず嗚咽を漏らす。

「うん、ぐむぅ……、あぁぁ」

誠の舌が美琴の口腔内に侵入していく。口腔内の粘膜を舌先で堪能していくと、今度は、舌同士を絡め始めた。同時に、唾液を啜り、甘い蜜を味わっていく。

二人の口元から、テロテロとした唾液が滴り落ち、それがソファに零れていく。どこまでもエロスを感じさせる光景である。じっくりとディープなキスを展開しながら、誠は、乳房を弄るのもやめなかった。上下の口を塞がれ、さらに乳房も刺激されている。

トリプルの刺激に、美琴は卒倒しそうになっていた。とにかく気持ちよすぎて、おかしくなりそうなのだ。同時に、こんな快楽を味わってしまうと、二度と元に戻れないような気がして、堪らない恐怖感も湧いてくる。

誠は、キスをするのを止め、姿勢をやや持ち上げた。そして、美琴の脚を大きく左右に髭ると、そのまま持ち上げるようにして、まんぐり返しの姿勢を取った。その状態で、上から突き挿すように抽送を始めたのである。

ぐちゅぐちゅと、ペニスが膣内に突き刺さっていく。

「いやぁん、こんな格好、恥ずかしすぎます」

「変則的な正常位ですけど、奥まで突き刺さるでしょ。もっと気持ちよくなれます」

確かに言うとおり挿入は深くなった。あまりに巨大なペニスが子宮まで届きそうな勢いで突き刺さっている。奥の方も膣壁をペニスで思い切り擦り上げられると、それだけで、堪らない気持ちよさが襲ってくるのである。

「ぐ、ぁぁあん、ふ、深い、奥まで入って、気持ちいい……」

あれだけ嫌だったセックスなのに、今ではそれを受け入れてしまっている。自分の変身に、美琴は驚いていた。

その美琴の変化を見抜いているのか、誠はニッと不気味な笑みを浮かべると、さらにピストン運動を速めていった。

突き挿すように挿入されると、それだけで気持ちよくなってしまう。もっと、大胆に、そして激しく犯してほしい……、そんな野蛮な思いが浮かんでは消える。

仰向けに寝ている美琴は、その状態で、身体を激しく捩らせた。また、それと同時に息を詰めていく。誠はというと、再び乳房に照準を移し、いやらし手つきで乳房を揉み始めた。乳房全体を揉みしだきながら、乳暈と乳首への愛撫を快楽の波を作っていく。

この辺のテクニカルな動きは、誠の経験から来ているのであろう。今まで数えきれないくらいの女を抱いてきたのである。熟練のテクニックで美琴を追い詰めていく。

続けて、誠はマシュマロのような、美琴の巨乳を口いっぱいに頬張った。美琴の甘い声が漏れ、それが誠をどんどん興奮させていく。美琴から立ち上る牝フェロモン臭が、より一層興奮剤となり、誠のボルテージを上げていくのだ。

こんな風にして、誠は、快楽の波が次第に大きくなるように心がけた。刺激を絶えず変化させていけば、美琴を手に入れることができるだろう。事実、美琴は誠のテクニックの虜になりつつあった。手中に堕ちるのは最早時間の問題と言えるはずだ。

誠は、美琴の脚を元の位置に戻した。普通の正常位の状態に戻し、再び抽送を繰り返す。但し、今度は、同時に陰核を責め始めた。挿入しながら、陰核の包皮を剥き、そこを指でこねくり回す。すると、美琴の顔がどんどん赤くなり、快感に耐えている様子が、手に取るようにわかった。

花園からは、レモンを効かせたチーズケーキのような匂いが漂っていた。性欲をそそる香りである。誠は鼻いっぱいに匂いを嗅いでいく。鼻腔を伝わって、ペニスまで染み渡るようであった。

クリトリスを一旦弄るのを止め、代わりにパンストに包まれた真っ白な太腿を撫でまわし始めた。美琴はお預けを食らったような形となり、体をくねらせてもっと触ってくれと要求してくる。そんな彼女の様子を楽しむように、誠はプレイを続けていく。

「あぁ、もっと、弄ってください」

「どこを弄ってほしいの?」

「そ、そんな、……恥ずかしくて言えません」

「言わないとわからないよ。さぁ言ってごらん」

「く、クリトリスを弄ってください」

「仕方ない、そんなに弄ってほしいのなら弄ってあげようかな」

誠はそう言うと、結合部分を凝視した。

美琴の花園は、命令によりツルツルのパイパン状態になっている。ビーナスの丘がツルツルだと、誠は性的に激しく興奮する。また、ノーパンでパンストを穿かせているので、蜜がパンストに付着して、ぬらぬらと光り輝いていた。それはまさにエロスを感じさせる光景である。

割れ目の上部に位置しているクリトリスを手指で触れる。米粒大の小ぶりなクリトリスがビクンと震えていく。それを丁寧に弄ぶように、誠は弄り回していった。

挿入しながら、クリトリスを弄られて、美琴は再びイキそうになっていた。激しい快感が体中を襲い、どうにかなってしまいそうである。

必死に快感に耐えているのであるが、誠の怒張の大きさは凄まじく、休む暇を与えてくれない。次第に、彼女は限界を迎え始めた。

「あぁぁ、し、社長、私またイキそうです」

「またイキそうなのか。まだイッちゃだめだよ、もっと我慢しなくちゃ……」

誠は全ての動きを止めて、一旦静止した。

あまりの展開に美琴はキョトンとしてしまう。

誠はペニスを抜き、美琴の身体を優しく支えると、抱き起した。

「今度は、バックから挿れようか。だから、まだイクのは駄目だよ。もっと気持ちよくなってからイクんだ」

「で、でも、直ぐにイキそうになってしまうんです」

「我慢するんだよ。必死に耐えるんだ。それでもダメなら僕に教えてね。そうしたら動きを止めるから。わざと言わないようにしても、僕には大体君がイキそうな時が分かるから無駄だと思うけど」

誠は美琴を四つん這いにさせると、臀部を押し広げ、性器を露出させた。

ぬらぬらと愛蜜で満たされた女壺が押し開かれて、ヒクヒクと震えている。

誠はそんな様子を見ながら、ペニスを秘部に押し当てていった――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました