連載官能小説『占い師との関係』第2回

連載官能小説

連載官能小説『占い師との関係』第2回

 瑞希の秘裂に手指を添わせ、そっと刺激していく司。

 既に密壺はしっとりと濡れており、スムースに指を動かしていく。

「はぁん、ふぅ……」

 瑞希の口から甘い声が漏れていく。

 その声を聴きながら、司は、緩やかに愛撫を重ねていく。

「結構濡れてますね」

 と、司は言った。

 すると、瑞希は恥ずかしそうに顔を背けながら、次のように声を出した。

「そんな風に言わないでください。何か恥ずかしいです」

「恥ずかしがらないで、自分を解放すればいいんです」

 しっとりと濡れる秘部に触れると、それだけで堪らない気持ちになってくる。

 最初は、ゆっくりと手指を添わせて、緩やかに刺激していく。たっぷりと吹き出す愛蜜が、ぬらぬらと光っており、堪らないエロスを生み出している。

(奥まで挿れても大丈夫かな?)

 と、司は考える。

 瑞希は処女らしいから、あまり胎内を刺激すると、過剰に反応してしまうかもしれない。それならば、丁寧に弄ってやった方がいいような気がする。司は、指をぺろりと舐めると、そのまま丁寧に奥の方まで指を忍ばせていった。

 すると、瑞希の体がビクンと跳ねた。ガクガクと、体中を捩らせながら、快感を覚えている。

「はぁ、そ、それ、気持ちいいですぅ」

「どこが気持ちいいんですか?」

「奥の方が」

「おま×この奥がいいんですね? なら、そう言ってください」

「そんな恥ずかしいです」

「さっきは言えたじゃないですか。もう一度言ってくださいよ」

 瑞希は恥ずかしがり、顔を朱に染めていく。

 それでも、彼女は決意を固めたようで、囁くように声を出した。

「おま×この奥を弄ってください」

 その言葉を聞き、司も満足げな笑みを浮かべる。

 瑞希は大変ルックスが整っている。そんな美女が、淫猥な言葉を口にすると、圧倒的なエロスを生み出すのである。

 司は、指を膣内の奥の方まで挿れた。

 そして、膣壁を擦るように、カリカリと刺激し始める。

 最初は指を一本だけ挿れていたのであるが、今では二本の指を挿入している。しっとりと濡れている胎内は、何の違和感もなく、二本の指を咥えこんでいった。

 膣内の奥の方をノックするように刺激していく。するとどうだろう? 愛蜜が止めどなく溢れ、司の指に付着していった。

「大分濡れてきましたね。どんな感じです?」

「どんなって言われても……。なんというか気持ちいいです」

「もっと気持ちよくしてあげますよ。これなんかどうです?」

 そう言うと、司は陰核を丁寧に指でこすり始めた。 

 ふっくらとしたビーナスの丘にふさふさと繁茂する陰毛。

 そして、秘裂を指で広げ、小陰唇のビラビラを露出させる。

 小陰唇を広げ、膣口を解放し、その上方部に包皮に包まれた陰核があるのだ。

 司は、陰核の包皮を丁寧に指で向くと、白く小刻みに震えている女豆を露出させた。

 瑞希の陰核は米粒大の大きさであり、そこまで大きくない。どちらかいうと、小ぶりなサイズ感であろう。

「クリトリス、気持ちいいですか?」

 と、司が尋ねる。

 瑞希はあまりの気持ちよさに、白目を見せながら、何とか反応をしめす。

「す、すごい刺激です」

「瑞希さんはオナニーとかしないんですか?」

「あまりしません。よくわからなくて」

「クリトリスを弄ると、気持ちよくなれるので、覚えておくといいかもしれませんよ」

 次に、司は瑞希の秘部に顔を押し付けていった。

 わずかに、レモン風味のチーズケーキのような香りが漂っていく。

 どこまでも興奮させる香り。

 司は恍惚としながら、鼻一杯に匂いを嗅いでいく。

「そ、そんな、匂いを嗅がないでください」

「どうしてです? とてもいい香りですよ。堪らなくなる」

 性器に顔を近づけて、さらに舌先を伸ばす。そして、そのままレロレロと、舌を使って秘所を刺激していく。

 堪らなくなった瑞希は、懸命に耐えようとするが、上手くいかない。

 さらに、司は陰核を舌で舐ると、カリカリと甘噛みを始めた。

 途端、瑞樹の体が激しく反り返る。

「あぁぁぁ。ダメです、刺激が強すぎる……」

 息を詰めながら、瑞樹は反応する。

 あまりの快感に心がついてゆかないようでもあった。

 陰核を執拗に責め続ける司は、瑞樹の密壺が激しく収縮を始めたことに気づいていた。

(瑞希さん、イキそうなんだな)

 そう考え、司は最後に仕上げに、陰核を舐めながら、さらに手指を使って秘裂を突いた。

「あぁぁん、なんか変です。気持ちよすぎて、体がおかしくなりそう」

 過敏に反応を示した瑞希は、そのまま小さな絶頂を迎え、やがてその絶頂が大きくなっていった。圧倒的なオルガスムスを感じ、彼女はとうとう果てた。

「あぁぁぁ、もう、ダメェェェ」

 体を痙攣させるように、瑞希は激しくイッた。

 その姿を見た司は、するするとバスローブを脱ぎ去り、勃起したペニス解放した。

「瑞希さん。次は、私のち×ぽを可愛がってください」

 ち×ぽという単語を聞き、瑞希は顔を赤らめていく。

 処女である瑞希は、当然であるがフェラチオの経験はないし、男性のペニスを触った経験だってないのである。だからこそ、赤黒く巨大化した怒張に驚きを覚えていた。

(こ、こんなに大きいの……)

 慌てふためく瑞希。

 そんな彼女を、面白おかしく見つめながら、司が口を開いた。

「瑞希さん、手で私のち×ぽを触ってもらえますか?」

「さ、触ればいいんですね」

「そうです」

 瑞希は、恐る恐るペニスに触れた。

 酷く熱い。蕩けてしまうそうであった。

「なんか、小刻みに震えています」

「えぇ。興奮していますからね。手で扱いてみてくれますか」

「わかりました」

 言われるままに、瑞希は怒張を扱き始める。

 もちろん、扱いた経験はないから、完全に見様見真似なのであるが、それとなくやり方は知っているつもりだ。手でペニスを握りしめると、上下に動かし、扱き始める。

「んんん、先端から何か出てきました」

「我慢汁ですよ。男性は興奮すると、先走りの精子みたいなものを出すんです。興奮している証拠ですよ」

「そうなんですか……。それは知りませんでした」

「さぁ、続けて。もっと動きを速くしてみましょうか」

 瑞希は、少しずつ動きを速めていった。

 次第にカウパー腺液が溢れ出していき、それが瑞希の手指に付着していく。

 圧倒的な牡の香りを前に、瑞希は少しだけクラクラし始めた。こんなにも性臭がグッとくるものだとは思わなかったのである。しかし、決して不快な香りではない。興奮を煽る、馨しい香りであることには違いない。

「き、気持ちいいんですか?」

 と、瑞希は尋ねる。自分の行為が本当に正しいものなのかわからなくなっているのだ。

 対する司は、気持ちよさそうな顔を浮かべながら、行為に耽っている。決して、感じないわけではない。瑞希の手コキは、決して巧みではないけれど、丁寧さが魅力であり、独特の気持ちよさがあった。だからこそ、司は概ね満足している。

「気持ちいいですよ。では、次は咥えてみますか?」

「く、咥える? おちん×んをですか?」

「そうです。セックスの前にフェラチオを経験しておいた方がいいと思いますから」

「私にできるでしょうか?」

「私の言うとおりにやってみてください。まずは、舌先を伸ばして、亀頭の舐めてみましょう」

 瑞希は言われるままに、舌を伸ばし、そして亀頭をぺろりと舐め上げた。

 それはまるで、アイスクリームを舐めているかのようにも見える。

「うん、いい感じですよ。では、次は、しっかり咥えこんでみましょう。この時、歯を立てないように注意してください」

「わ、わかりました」

 しっかりとペニスを咥えこむ瑞希。

 独特の苦みのある味わいが、口腔内に広がっていく。男性器がここまで大きいものだとは、ろくに知らなかった。しかし、今こうして自分はセックスをしようとしている。大人の階段を登っているような気がした。

 司はブルブルと身体を震わせながら、快感に身を捩らせている。

 そして、次なる指示を飛ばす。

「では、そのままゆっくりと咥えこんで、動かしてみましょう。口腔内の粘膜でペニスを擦るような感じでしてみてください」

 唾液をたっぷりと含ませ、瑞希はフェラを開始した。

 最初は戸惑いが大きく、ビクビクしていたが、徐々にフェラチオにも慣れ始めている。

 ぎこちなさはあるのであるが、それでも十分に気持ちがいい。

(もしかすると、エッチの素質があるのかもしれないな)

 と、司は感じていた。

 それだけ、瑞希のフェラチオは吸収率が高い。少しずつ、気持ちよくなるポイントを押さえ、着実にそこを狙ってくる。しっかりと、技術を覚えれば、男性を虜にすることができるだろう。そんな風に司は感じていた。

 フェラを続けて、数分経つと、司もだんだんボルテージが上がってきて、射精感が迸ってくる。ビクビクと身体を震わせて、射精感に堪えていたのであるが、やがて限界が訪れる。

「瑞希さん、私もそろそろイキそうです。このまま口の中に出してもいいですか?」

「く、口の中にですか?」

「そうです。私の精液を受け止めてください」

 瑞希は拒否しなかった。首を縦に振ると、最後の仕上げと言わんばかりの勢いで、激しく怒張を責め立てていく。

 そして、とうとう緊張の糸が途切れた。

 司は、オルガスムスに到達し、その欲望をすべて吐き出していく。

 ビュルビュルドビュ。

 勢いよく子種が放出される。

 瑞希は口で精液を受け止めると、もごもごと口を動かした。

(す、凄い、熱い……」

 感動するくらい熱い精液を受け、瑞希は動揺していた。

 そして、口いっぱいに精液を含むと、彼女はそのままそれを飲み下した。

 身体が自然に動いたという感じである。

「飲んでくれたんですね。ありがとうございます」

 感謝の言葉を述べる司。

 自分の精液を飲んでもらえれば、それだけ嬉しいものである。

「少し苦いですけど、飲めました。気持ちよくなってくれたみたいですね」

「えぇ、もちろんです。ですが、これからが本番ですよ。私はあなたの願いを叶えます。セックスをしましょう」

 改めてセックスという言葉を聞き、瑞希は緊張していく。

 しかし、ここまで来たら引き下がれない。 

 彼女は強い決意を持って司を見つめた――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました