連載官能小説『占い師との関係』第7回

連載官能小説

連載官能小説『占い師との関係』第7回

「それでは挿れますよ」

「は、はい。お願いします……」

司は、極太のペニスを持つと、それを膣口に当てた。にちゃと淫靡な音が聞こえ、やがて、ゆっくりとペニスが胎内に吸い込まれていく。たっぷりと愛蜜で濡れているため、ペニスはスムーズに飲み込まれていった。

ずぶずぶずぶ……。

胎内の感触を楽しむ司。

真由美の膣内は激しく窮屈であり、ペニスをキュウキュウと締め付けていく。また、膣壁に独特の襞のようなものがあり、それがペニスを絡めとっていく。いらゆる数の子天井という名器である。

(凄い締め付けだ……)

と、司は感じていた。

ここまでの締め付けは、あまり感じた経験がない。それ故に、気を引き締めてかからないと、忽ちイってしまいそうになる。抽送を始める前に、気合を入れなおす司。顔をしゃっきりとさせると、少しずつ動き始める。

最初は緩やかなペースでピストンを始める。あまり最初から飛ばしてしまうと、気持ちよさを味わえないと感じたためである。あくまでもペースが大切。そんな風に感じられた。

「ふぁ、あぁぁ、き、気持ちいい……」

奥の方を突かれ、思わず甘美の声を漏らす真由美。

膣の奥底からじわじわと熱が発生し、それに呼応して快楽もうなぎ上りになっていく。

目をキュッと閉じながら、白い肌を薄紅色に上気させている。その姿は、どこまでも卑猥さに満ちており、司をますます興奮させていった。

「少しずつ、速く動きますよ」

「はぁん、速く動いてくださいぃ」

若干であるが、ペースを上げ始める司。ずんずんと極太の怒張を奥深くまで挿入していく。ペニスは子宮の入り口に届く勢いであった。メリメリと膣壁を侵食していき、そして切り開いていく。ペニス全体が包み込まれるような感覚になり、快感も上がっていくではないか。

司は、姿勢をやや前傾にさせた。覆い被さるような体勢をとり、上から下にペニスを突き挿すような形でピストンを続けていく。ふと、真由美の顔を見つめる。真由美の額には玉のように汗が浮かび上がっていた。

また、興奮からか、頬には朱が入り、白い肌がほんのりと赤らめて見える。息を付けて、快感に耐えている真由美を見ると、もっと気持ちよくしてあげたくなる。司は、ピストンを続けながら、さらに顔を真由美の額に近づけていく。

そこで、額に向かって優しくキスを展開した。汗のしょっぱい味が、舌全体に広がっていく。その後、唇をそのまま下に移動させ、真由美の唇に自らの唇を押し当てた。

思えば、まだキスはしていない。まるで順序があべこべであるが、猛烈にキスがしたいという衝動に駆られたのである。

「むぶ、んぐ……」

唇が触れるだけの、柔らかなキスから、一転して舌を絡めるディーブなキスを展開していく。唾液同士を啜り合い、そして貪るように舌を絡めていく。

うっとりとするような瞳で、真由美は司を見つめていた。キスをされていると、なんだか頭がふわふわとしてくる。同時に、もっと激しく愛し合いたいという希望が生まれてくる。

司はキスをしたまま、抽送を続けて、必死になっている。とにかく快感を貪るように感じたかった。真由美のすべてを味わいたい。その想いで身体が支配されている。長いキスを終えると、司はそのまま顔を真由美の胸に埋めた。

真由美の豊満なバストに胸を埋めると、ほんのりといい香りがしてきて堪らなくなる。まずは、手指をつかって、乳房を揉み始める。どこまでも柔らかく、マシュマロのような質感である。手の中で蕩けてしまうのではないかと思える。懸命に乳房を弄っていると、真由美が甲高い声を上げた。

「ち、乳首を弄ってください」

乳首。その言葉を聞き、司は乳首を見つめた。ぷっくりと花の蕾のように膨らんでいる。張りのある乳首を見ていると、何だか悪戯したくなってくる。

司は、あえて乳首を弄らずに、焦らして乳房を揉みしだいた。

それが耐えられないのか、真由美は切なげに息を吐き、懸命に訴えてくる。

「意地悪しないで、乳首をもっと触って……」

「そんなに乳首がいいんですか?」

「はい、挿れられながら、乳首を弄られると感じるんです」

「仕方ないですね、じゃあ少しだけ弄ってあげますよ」

そう言うと、司は指で乳首を優しく摘まんだ。強く刺激を加えない。あくまでも焦らし続ける。真由美はM女である。焦らし続けた結果、何か起きるかもしれない。その大胆な変化が見たくて堪らないのである。

「あぁぁ、イイ、でも、もっと弄って……」

真由美が甲高い喘ぎ声を上げる。

乳首を弄り始めると、それにリンクして膣内の締め付けがより一層強くなっていった。ペニスをガチガチに咥えこまれている感じである。しかし、それが妙に心地いい。窮屈なのに柔らかい、そんな独特の質感なのだ。

あまりの快感に、司は射精感を覚え始めた。つい先ほどイッたばかりなのではあるが、この独特の蜜壺の質感を感じてしまうと、何度でもイってしまいそうになるのだ。

(まだ……、耐えないとな)

と、司は考える。

少なくとも、まだイクわけにはいかない。

まだまだ楽しみはこれからである。

「つ、司さん、乳首を思いっきり噛んでください」

「噛めばいいんですね。わかりました」

司は乳首を噛み締めた。やや強めに噛むと、生ゴムを噛んでいるような感覚が口腔内に広がっていく。優しくガムを噛むように乳首を刺激していくと、真由美の身体がビクビクと震え始めた。小さい絶頂を小刻みに感じ、身体を捩らせていく。

「感じているんですね。いけない女だ」

「だって、気持ちよすぎて……、感じてしまいます」

「いいですよ、もっと気持ちよくなってください。それであなたが満足するのなら、私は本望です。それが占い師としての役目ですから……」

乳首を責めつつ、もちろん抽送のペースも落とさない。ずんずんと激しく奥深くまで突き上げ、快感を生み出していく。結合部分からは、愛蜜とカウパー腺液が入り混じった半透明の液体が滲み出し、それがシーツの上に流れていく。その液体は、シーツの上で水たまりを作ると、キラキラと光り始めた。

「はぁぁん」

甘い声を漏らす真由美。

彼女の膣の締め付けはより一層激しくなっていく。真由美の肉割れは過敏に反応を示し、どんどんペニスを締め付けていくのである。また、ヒクつくように収縮したかと思うと、次の瞬間には、傘頭の先端を擽るように甘締めしていった。

気を抜けば、直ぐに射精してしまいそうになる。司は懸命に射精感に堪えながら、奥歯を噛み締めて腰を落としていく。そして、ググっと両足に力を入れて強く踏ん張っていった。

「あぁぁ、硬いち×ぽが気持ちいいです」

「私も気持ちいいですよ。いい感じだ」

ペニスを包み込む肉洞の感触に、思わず司も声を上げる。

じっくりと真由美の胎内を堪能していくと、彼もまた小刻みに身体を震わせ始めた。まだ、幾分か余力はある。しかし、あまり持ちそうにない。そのくらい、真由美の胎内は気持ちよさで溢れていた。

ぬめぬめと粘度の高いシロップにみちた秘部は、思いも寄らない窮屈さである。まるで、アナルに挿れているのではないかと、錯覚するくらい、締め付けが強かった。慄然とするような狭隘さを感じながら、司はピストンを続けていく。

「も、もっと、奥まで挿れてください。はぁ、はぁん」

「うぉぉぉ」

真由美の言葉を胸に、司も奥の奥へとペニスを導いていく。いきり立った怒張が、激しく膣内で暴れ狂う。真由美の媚肉はヒクヒクと蠕動していき、猛るペニスを思いがけない力で締め付けていくのである。

想像を絶する心地よさが司を覆っていく。

大量のカウパー腺液が迸り、それが胎内に流れていく。

「真由美さん、そんなに締め付けないでください」

「いやぁん、そ、そんなつもりはないんです。ただ、あそこが勝手に……」

「あそこって何ですか? しっかり言って下さい」

「お、おま×こが勝手に締まるんです」

自らの口から卑猥な言葉を放ち、真由美は恥ずかしさで顔を更に赤らめた。その初心な反応が楽しくて、ついつい悪戯してしまいたくなる。

ここで、司は姿勢を上げた。そしてやや反り返った状態になると、真由美の脚を高く持ち上げて、その状態で挿入を繰り返した。

真由美の白い肌に、汗の甘露が滲み出していく。室内に射し込む電球の明かりが、優しく二人を照らし出し、より一層女体をセクシーに見せていった。妖艶な光沢を見せる女体を見つめ、司も貪欲にペニスを動かしていく。

「あぁ、凄い気持ちいい、真由美さん最高ですよ」

「わ、私も気持ちいいです。おかしくなりそう……」

ペニスを締め付ける肉壺の感触に、司は概ね満足していた。同時に、堪らない射精感がせり上がってくるのを感じた。

今まで懸命に耐えていたのであるが、もうあまり持ちそうにない。

ペニスは既に暴発寸前な程、膨れ上がっており、小刻みに収縮を繰り返した。

「真由美さん、中に出してもいいですか?」

不意に、司はそう尋ねた。このまま中に出して、欲望を放出したい。

真由美は少し躊躇したが、直ぐに答える。

「……、な、中に出してください」

「いいんですね?」

「はい、中で感じたいんです」

「わかりました」

その言葉を胸に、司は最後の力を振り絞って抽送を繰り返していく。

ずん、ずちゃ、にちゃ、淫猥な音が響き渡り、司を鼓舞していく。

やがて、ペニス全体が快感の塊に包まれていく。オルガスムスを感じ始めたのである。

ペニスの奥底からじわじわと気持ちよくなっていき、次の瞬間激しい性の爆発があった。

「うぉぉぉぉ。で、出るぅ、イキます」

「あはぁん、わ、私もイクゥ」

二人の声がシンクロした瞬間、司は欲望を放出した。

ビュルビュルドビュ。

ドクンドクンと脈動が感じられ、間欠泉が噴き出すような衝撃が司に襲い掛かる。司は意識を混濁させて、アクメの至福に酔いしれながら、射精の快楽に恍惚としていく。

頭の中が真っ白になってしまうようであった。頭が痺れ、何も考えられない。

二人は激しく抱き合うと、そのまましばらく硬直した。

「あぁぁ、司さんの精液が私の中に……、す、すごい、熱い……」

真由美は恍惚とした表情を浮かべると、汗ばむ身体をなおも痙攣させていく。行為の余韻に浸っているのである。こうして、二人のセックスは終わりを告げた。

「どうでしたか? 真由美さん」

「ありがとうございます。満足出来ました。欲を言えばもう少しイジメてほしかったかも」

「そうですか、私の方も気持ちよくなれました。また何かあれば、言ってください。きっと手伝えると思いますから」

「はい、お願いします」

二人はこうして別れた。

真由美は、セックスの快感の余韻に浸りながら、司とセックスができてよかったと感じるのであった――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました