連載官能小説『温泉宿の女将の甘い誘惑』第5回

連載官能小説

連載官能小説『温泉宿の女将の甘い誘惑』第5回

メリメリと、膣内をペニスが侵食していく。バックからの挿入は、正常位に比べると、やや深くなり、奥の方まで届く。全く違った刺激が入り、明美は強い満足感の中にいた。後ろから挿れられていると、なんだか激しく犯されているような気分がしてきて、妙に興奮してしまうのである。

(私ったら、こんな獣みたいな恰好で……、でも、気持ちいい)

後ろからズボズボと突かれ、明美も気持ちよくなっていく。彼女は、それほどバックをした経験がないので、新しい刺激を感じられて、心地よくなっていった。

「明美さんのおま×こ、本当によく締まって気持ちいいです」

と、後ろから突きながら、孝信が告げる。

明美の女陰は、ペニスをしっかりと咥えこみ、さらに、甘い締め方でじりじりと刺激していった。その力加減が絶妙であり、孝信を確かに興奮させていくのである。こんなにも、セックスで興奮したのは、過去に類がない。そんな風に感じられた。

「あぁ、私も気持ちいいです。もっと、突いてください」

明美は甘い声で喘ぐ。

そんな声を聞いていると、孝信もより一層興奮してきて、抽送のスピードも一段と上がっていく。

「もっと突いてもいいんですね?」

「は、はい、お願いします」

「わかりました。では行きます」

孝信はそう言うと、明美の手を自分の方にもっていって、姿勢をやや反り返らせた。そして、その体勢のまま、激しく怒張を突き立てていく。

ずちょ、ぬちょ……。

激しい結合音が聞こえ始める。

この淫音は、どこまでも二人を興奮させていった。静かな宿の一室に、しっとりと、淫猥な音が鳴り響いていく。

孝信は、必死になって腰を動かし続けていた。

若干の射精感がせり上がってくるが、今のところまだ問題はない。このペースで動き続けても、大丈夫であろう。但し、油断は禁物である。あまりに気持ちがいいので、つい気を抜いてしまうと、忽ちイってしまいそうになるのだ。

しっかりと、下半身に力を入れて、溢れ出す射精感を抑えながら抽送を続けていった。

明美は腕を掴まれて後ろから突かれているため、姿勢が反り返っている。何だか自分が獣になったかのような気分がして、妙に興奮してくるのである。もっと突いてほしい……。そして、滅茶苦茶にしてほしい。そんな過激な欲望が浮かんでは消えていく。

彼女は、いつの間にか自分でも腰を振り始めていた。それは自然な動作であり、もっと気持ちよくなりたいと感じたからこそ、勝手に身体が動き始めたのである。もちろん、その姿勢に孝信も気づいている。明美が腰を振り、貪欲に快感を求めている。

それは、彼を興奮させたし、大きな喜びへと変えていった。

(明美さん、気持ちいいんだな。よし、もっと突いてやろう)

そう考え、自然と気合が入っていく。

既にかなりオーバーペースであるが、そんなことは一向に構わず、孝信はピストンのリズムを速めていく。じっくりと素早く腰を動かし、後ろから犯していく孝信。しばらくは一定のリズムを刻んでいたのであるが、少し動きが単調になってきた感じがする。

そこで彼は、明美の腕を掴むのをやめて、姿勢を前傾にさせた。明美に覆いかぶさるような姿勢を取ったのである。そして、その状態のまま、激しく怒張を突き立てていく。

また、身体を前傾にさせたため、明美の乳房を思う存分弄ぶことができる。彼は、両手を使って、明美の乳房を揉み始めた。

明美は胸を揉まれながら、快感を覚えていく。胸を揉まれながら、後ろから突かれていくと、自分が変態になったかのような気がして、心の中に棲むM性が引き出されていったのだ。彼女は、自分がMなのかはわからない。だが、こうして後ろから突かれて、激しく犯されていると、女の本性が暴かれるような気がして、心地よくなっていくのである。

(あぁ、こんなの駄目なのに……、身体が反応してしまう。あぁん)

明美の身体は、じっとりと汗を掻き、さらに熱を持ち始めた。蕩けてしまうのではないかと思えるくらい、熱い刺激が入っていく。このままこの快感に身を委ねたい。そうすれば、今以上に気持ちよくなれると感じられた。

「明美さんのおま×こ最高ですよ。ヌメヌメしていてとにかく気持ちいい」

と、孝信は正直な印象を告げる。

しっとりと濡れまくった明美の秘所は、ペニスを優しく包み込み、そして甘締めしていくのである。それが堪らない快感を生み出し、孝信を満足させていく。彼は感じていた。これまでにそれなりの数のセックスを経験してきたが、今回のセックスは一番気持ちいいのではないか? そんな風に思えたのである。

もしかすると、明美と身体の相性がいいのかもしれない。孝信は嬉しくなって、そのままピストン運動を続けていく。

姿勢を前傾にさせ、胸を揉んでいたのであるが、彼はここでまた体勢を変えた。今度は、一転して、身体を起こして、明美の身体を大きく反り返らせた。明美の両肩を持ち、姿勢を強引に起こさせると、その状態のまま激しく怒張を突き立てていったのである。

こうすると、膣内の締め付け具合が変わり、より一層ペニスを締め付けていくのがわかった。心地いい刺激が、ペニス全体を覆っていき、彼を興奮の海へと誘っていく。激しくペニスを突きたて、そして腰を動かしていくと、自然とペニス全体が淡い心地よさに包まれていい、射精感がせり上がってきた。

(このままだとあまり持たないかもしれない……)

と、孝信は感じ始めた。

しかし、まだイクわけにはいかない。もっとこの心地よさを味わっていたいのである。少しだけペースを落とそうか? そんな風に考えるが、それを明美は許さなかった。彼女は、燃えるような瞳で、セックスを堪能していた。同時に、もっと過激に犯してほしいという願望が現れ始めていた。

「お、尾崎様、も、もっと激しくしてください。私を滅茶苦茶にして」

「あ、明美さん。……わかりました。僕も限界までやります。でも先に果ててしまうかもしれません」

「イキそうなんですか?」

「はい、このペースで行くと、あまり持ちません」

「イってもいいので、もっと激しくしてください。お願いします」

と、明美は懇願するように告げた。

ここまで言われると、牡の闘争本能が駆り立てられる。行くところまで行ってやろう。そんな思いに駆られ、彼は必死になって腰を動かし続けた。

途端、激しい射精感に見舞われるが、それを必死になって耐える。グッとアヌスに力を入れると、幾分か射精感が収まり、少しだけ余力が生まれた。そして、力を振り絞って抽送を生み出していく。

自分の中で、心地のいいクラシック音楽が流れているような感覚になる。孝信は激しく身悶えしながら、脳内が痺れていくのを感じていた。明美の身体を堪能しながら、ここまで興奮してしまうと、もっと遥かな高みへと昇りたくなっていく。

きっと、このままセックスを続ければ、更なる快感を得られるだろう。彼はそう感じながら、怒張を思う存分暴れさせていった。

「は、激しい、でも気持ちいいです」

より一層、抽送のペースは速くなっている。

ずちょぬちょと、激しい結合音が鳴り響き、それが明美の耳にもしっかりと届いているのだ。彼女は、その音を聞きながら、自分が変態になってしまったかのような気がして、顔を赤らめた。しかし、この快感に抗えない。例え、変態になってしまったとしても、快楽を味わい尽くしたい。彼女はその想いを胸に、自身も腰を動かして感じ始めた。

小さなアクメが断続的に発生し、脳内を痺れさせていく。とにかく気持ちが良くて、蕩けてしまいそうになる。身体中が激しく震え、全身が性感帯になったかのように敏感になっていく。少しの刺激でも大きな快感の波となって襲ってくるのだ。

孝信は、後ろから激しく突きながら、さらに気持ちよくするために、明美の股に手を伸ばし、そしてクリトリスを刺激し始めた。すると、明美の身体がより一層反り返った。

「は、はひぃ、そんな敏感な所を……」

クリトリスを弄られて、明らかに明美の反応が変わった。それを孝信も感じている。クリトリスを弄りながら、抽送を繰り返すと、膣内がキュッキュッと収縮を繰り返し、ここちよくペニスを締めあげていくのである、その時の心地よさといったら、素晴らしい以外何者でもなかった。

淡い刺激が、ペニス全体に伝わり、孝信の射精感も促進されていく。

「あ、明美さん、そんなに締めないでください。ぼ、僕、イってしまいそうになります」

「ち、違うんです。自然とこうなってしまうんです。だから、自分でもコントロールできません」

明美自身、自分の身体が自分のものではないような気がしていた。なんだが、乗っ取られるような気持ちがして、少しだけ怖くなった。しかし、快感の波は凄まじいものがある。それまで断続的にあった小さなアクメが、次第に大きなものへと変わっていく。

じりじりと体中が熱くなり、興奮の色も強くなっていく。同時に、激しく膣内が収縮してき、自然とペニスを咥えこんでいった。最早、それは自分でコントロールできる範囲を超えている。

貪欲に快感を追い求め、彼女は身体を震わせていった。

対する孝信も、限界が近いと感じている。必死にアヌスに力を入れて、耐え忍んでいるのであるが、それももう耐えきれない。思うがままに、欲望を放出したい。そんな思いに駆られていく。

「あぁ、明美さん、イキそうです。な、中に出してもいいですか?」

その言葉を聞き、明美は驚く。

中出しされてしまったら、妊娠してしまうかもしれない。

しかし、牡の欲望を膣全体で感じたいという願望も存在していた。

「は、はい、中に下さい。お願いします」

結果的に、彼女は中出しを懇願した。女として、牡の欲望を受け入れたいと感じてしまったのである。

「わかりました。じゃあ、中に出します」

最後の力を振り絞って、孝信は抽送を続けていく。

パンパンパン……。肉同士がぶつかり合う音がこだまし、孝信を興奮させていく。

じわじわとペニスが熱くなり、奥の方から射精感がせり上がってくる。もう我慢できない。

「うおぉぉ、で、出る、イキます」

「わ、私もイキそうです、あぁ、はふぅ」

二人の声が見事に重なった。

そして、次の瞬間、牡の欲望が一気に放出される。

ビュルビュルドビュ……、と、精液が尿道を駆け巡り、熱いマグマのように噴き出していく。それは明美の膣内に流れ込み、トプトプと満たしていく。

「あん、凄い、尾崎様の精子が私の中に……、はん、気持ちいい……」

精液を蜜壺に注ぎ込まれる快感は、形容しがたいものがある。熱く蕩ける液体を注ぎ込まれているような気分になり、明美を満足させていった。

孝信は最後の一滴まで精子を絞り出すと、そのまま床に崩れ落ちた。

明美の秘裂からペニスを引き抜くと、ゴポゴポとスペルマが流れ出し、それが床に滴り落ちていく。その時の光景はどこまでもエロスに満ちたものであった。

こうして二人のセックスは終わりを迎えた……。

「明美さん、ありがとうございました。本当に気持ちよかったです」

「私の方こそありがとうございます。満足出来ました」

二人はにっこりと微笑み合うと、最後にキスを交わして、セックスの余韻に浸っていった。心地いい爽快感が身体中を支配し、孝信は幸せの中にいた。

もっとこの人と楽しみたい……。

そんな風に思いながら、孝信はスッと目を閉じて、甘く蕩けるキスを堪能した――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました