連載官能小説『温泉宿の女将の甘い誘惑』第10回

連載官能小説

連載官能小説『温泉宿の女将の甘い誘惑』第10回

孝信とのセックスは、夢のような時間であった。まさか、あんな関係になるとは思っていなかったが、明美は孝信に抱かれて満足していた。

明け方、仕事をしていると、そこに孝信が現れた。その姿を見て、彼女は驚く。そして、激しく動揺してしまう。

「明美さん。ちょっといいですか?」

と、孝信は告げた。

浴衣姿の孝信は、先程まで眠っていたのか、髪の毛に寝癖がついている。

「何か」

「えっと、ちょっと部屋まで来てもらえませんか」

「い、今は仕事中ですし……」

「お願いです。僕はあなたが必要なんです」

必死に頼み込む孝信。

その姿を見ていると、明美は拒否しきれなくなった。

「わかりました。伺います。先に部屋でお待ちください」

「ありがとうございます。では待っています」

孝信はそう言うと、部屋に消えていく。

その背中を、明美は黙って見送った。

心のどこかで、この展開を望んでいたのかもしれない。その証拠に、部屋に呼ばれ、心臓の鼓動は速まっていた。強い興奮を感じ、あそこがじわじわと疼いた。

(私、何を考えているのかしら……)

セックスがしたいという欲望と、これ以上は踏み込めないという焦りが、同時に襲い掛かってきて、彼女を困惑させる。自分はどうすればいいのであろうか?

しかし、もう部屋に行くと言ってしまっている。今更後には引けないのである。

(少しくらいなら……)

そう考え、明美は孝信の部屋に向かった。

一方、孝信の部屋では、孝信と薫の二人が座り込んでいた。孝信は、薫も呼び寄せていたのである。

「あ、あの、何をなさるんですか?」

おずおずと、薫が尋ねる。彼女もここに呼ばれた理由は何となく察している。

昨日、孝信とは淫らな関係になってしまった。恐らく、その続きをするのだろう。背徳感と同時に、期待感もせり上がってきて、彼女を困惑させた。ただ、不可思議なのは、孝信が動かないことだろう。ただ、じっと前を見据えているのである。

「もう少し待ってください。実は、もう一人呼んでいるんです」

「え、もう一人? 誰か他にいるんですか?」

それを聞き、慌てふためく薫。

自分以外の誰かがここに来る。それは男性か? それとも女性か?

「安心してください。もう一人というのは、あなたもよく知っている人です。それに男性ではありません。女性です」

「女性……。だ、誰ですか?」

「今にわかりますよ」

と、孝信は誰が来るか告げなかった。

とりあえず、男性ではないようである。それを聞き、薫はほっと胸を撫でおろす。どうやら、乱暴されるわけではないようだ。そうなると、一体誰が来るのであろうか? 自分が良く知っている女性。

となれば、自ずと答えは狭まっていく。そう、この宿の従業員であろう。それしか考えられない。この宿には数多くの仲居がいるが、若い人間はあまり多くない。

(一体、誰が来るんだろう)

一層、困惑の色が強まっていく。

そんな時、部屋のトビラがノックされた。

その音を聞き、孝信はスッと立ち上がり、トビラの前まで足を進めた。

そして、トビラをガラッと開ける。

目の前には、着物姿の明美が立っていた。

「お待たせしました」

「やぁ、待っていましたよ。さぁ、中に入ってください」

そう言い、孝信は明美を部屋に招き入れた。

部屋の中央には、座っている薫の姿がある。ここで、二人は対面した。

「か、薫さん。どうしてここに」

驚いた明美が声を出した。

それを聞き、薫が答える。

「お、女将さんことどうして」

「わ、私は……。そ、その」

二人のやり取りを聞いていた孝信は、間に割って入った。

「僕が二人を呼んだんです。仲良くしましょう」

彼の言葉を聞き、薫はサッと理解した。

昨日、部屋にいた女性は明美だったのだ。

孝信は、自分だけでなく、明美とも関係を持っていた。そう考えると、何かこう切なくなっていく。決して付き合っているわけではないのだが、浮気を目撃してしまったかのような気分になるのだ。

同じような気持を、明美も感じている。

「お、尾崎様、これはどういうことですか?」

問われた孝信は、にっこりと笑みを零した。

「いえ、三人で楽しもうかなって思いましてね……。いいでしょ?」

「わ、私、帰ります」

明美はそのまま部屋を出ていこうとする。しかし、それを孝信が止める。

「いいんですか? 僕との関係をバラしますよ。そうなれば、あなたも困るんじゃないですか」

「そ、それは……」

「明美さん、それに薫さん。僕は純粋に三人で楽しみたいだけなんです。その願いを叶えてもらえませんか」

それは無茶苦茶な願いであった。

しかし、一度関係を持ってしまったのは事実である。つまり、弱みを握られていると言っても過言ではない。ここは言うことを聞くしかないのかもしれない。

「薫さん、あなたはどう思っているの?」

と、明美は薫に向かって言った。

「わ、私は……」

薫自身、激しく混乱していた。自分は純粋に孝信と楽しみたかっただけだ。そこに明美が入ってきて驚いているのは確かだ。だが、相手が明美であった良かったような気もしている。

「明美さん、薫さん、まずは親睦を深めるために、二人でいちゃついてみてもらえませんか? 僕はそれを見て楽しみます」

「え、それってつまり」

「はい、レズプレイです。前から興味があったんですよ。女同士のプレイを。僕の前で見せてください」

「し、しかし……」

明美は困惑している。レズプレイなどした経験はない。同時に、自分はヘテロセクシャルなのだ。全く女性に興味はないのである。もちろん、薫も同じである。

固まっている二人を前に、孝信がとどめの一撃を放つ。

「ここでレズプレイをしてくれたら、その後、僕も交じって楽しみます。僕のち×ぽが欲しいでしょう。それに、あなたたちには拒否権はないんです。もし拒否すれば、昨日の関係を大っぴらに告げます。それでもいいんですか?」

もし変な噂が立ては、旅館経営は上手くいかなくなる。そうなってしまっては死活問題になるだろう。それならば、ここで取る選択は一つしかない。

「わかりました。薫さん、覚悟を決めましょう」

「お、女将さん」

先に覚悟を決めたのは明美であった。彼女は来ていた浴衣を脱ぐと、下着姿になった。そして、その恰好のまま薫に近づき、薫の着物を脱がしにかかる。

「え、本当にするんですか?」

「旅館のためよ、我慢して頂戴」

身包みを剥がされた薫。彼女はとても緊張していた。同じくらい、明美も緊張している。そもそも、レズプレイなどした経験がないのだから、何から手を付けていいのかわからない。とりあえず、キスをしてみようか?

「薫さん、目を閉じて」

「目を閉じればいいんですね」

「えぇ。お願い……」

言われるままに、薫は目を閉じた。

薫が目を閉じたのを確認すると、明美はそっと顔を近づけていく。

そして、勢いよく自らの唇を、薫の唇に押し付けた。

ぷちゅ……。

触れるだけのささやかなキスが展開される。

(あぁ、私、女将さんにキスされているんだ)

と、薫は感じていた。

不思議と嫌な感じはしない。むしろ、心の奥底では興奮している。

明美はチュッチュッとキスの雨を降らせながら、やがて手指を、薫の胸に移動させていく。そして、明美の豊満な乳房を指でこねくり回した。

「ふ、ふあぁ、あぁ、おっぱい触らないでぇ」

甘く蕩ける声が、室内に響き渡っていく。

「薫さんも私の胸を触ってみて……」

明美は、薫の手を掴み、その手を自分の胸に押し当てた。

プニっと柔らかい質感が、薫の指に伝わっていく。

(あぁ、凄く柔らかい……)

薫はソフトに胸を揉み始めた。

自分の胸を揉まれながら、他人の胸を揉むのは、どこか変な気分がするのであるが、興奮してしまう自分もいる。

二人の乳房の触り合いを、黙って孝信は見つめていた。

彼もレズプレイを見るのは初めてである。どこか初々しい二人のレズプレイは、奇妙な臨場感があって、孝信を強く興奮させた。ペニスは熱く反応し、浴衣の下で大きくなっていった。

お互いの胸を触り合っていると、明美も薫も変な気分になってきた。性的に興奮してきたのである。とにかく、あそこが疼いて仕方ない。ショーツには、じっとりと染みができ始めていた。

「薫さん、目を閉じたまま座って……。そして足を広げて頂戴」

「足を広げるんですか?」

「そう、私が愛撫してあげるから……」

スッと薫は座り込むと、その姿勢のまま、足を左右に広げた。

ショーツのクロッチ部分には、僅かに染みが浮かび上がっている。その染みを丁寧になぞるように触れていく。

「あぁ、何かゾクゾクします」

「凄く濡れているわ。興奮しているのね」

明美は薫のショーツを脱がした。そして、秘部を解放すると、手指を使って丁寧に愛撫し始めた。ぬらぬらと濡れている蜜壺は、すんなりと指を咥えこんでいく。

「はぁん、そ、そんな風に弄らないでください……」

「気持ちよくなっているのね。でも大丈夫。私もあそこが疼いて仕方ないの」

二人のやり取りを見ていた孝信が、ここで声を出した。

「明美さん、薫さん。二人でおま×こを触り合ってはどうでしょうか? つまり、シックスナインの形になってプレイをするのです。そうすれば、今以上に気持ちよくなれると思いますが……」

孝信の意見を聞き、明美は姿勢を変えた。お尻を薫の方むけ、自分の顔を薫の股部分にもっていく。

「女将さん、ショーツを脱がしてもいいですか?」

「いやん、恥ずかしいわ」

「でも私は脱いでいますし、ショーツがあると、邪魔になって触りにくいです」

「わ、わかったわ、じゃあ脱がして頂戴」

薫は静かに明美のショーツを脱がしていった。

跨っているので、明美の秘部は丸見えになる。同時に、ぬらぬらと愛蜜で満たされていた。

二人は互いの性器を触り合い、そして興奮を高めていく。

手指を使って、秘部を触り同時に陰核を責めた。

「あぁ、そ、そこは感じちゃう。だ、ダメェ」

クリトリスを弄られた明美が喘ぎ声を上げる。

ただ、彼女も負けてはいない。快感に耐えながら、お返しとばかりに、薫の陰核を舌で舐め回し始めた。

これには薫も堪らない、身体をビクビクと痙攣させ、快感に身を捩らせていく。

「いやん、く、クリトリス、気持ちいいですぅ」

二人は徐々にアクメを感じ始めて、動きも鋭くなっていった。

ここで、ようやく孝信が動いた。

明美と薫のレズプレイを見て、情欲が掻き立てられる。もう、見ているだけでは我慢できない。早く自分も交じりたい。そんな風に感じたのである。

孝信は、レズプレイをしている二人の前に立つと、浴衣を脱ぎ捨て、いきり勃ったペニスを解放した。赤黒くギンギンに膨れ上がったペニスは、生き物のように小刻みに震えている。

「明美さん、薫さん、そろそろ僕も混ぜてもらいますよ。まずはどっちから挿れましょうか?」

孝信の問いかけに、二人は黙り込む。

同時に、激しく勃起した肉竿を見て、あそこが疼いていった。

「じゃあ、まずは薫さんのおま×こに挿れてあげます。でも安心してください。直ぐに明美さんにも挿れてあげますから」

そう言うと、孝信は、薫を仰向けに寝かせ、足を大きく広げた。

蜜壺がヒクヒクと震え、ペニスを待ち構えている。

「それでは挿れますよ」

孝信はそう言い、ペニスを秘部にあてがっていった――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました