連載官能小説『温泉宿の女将の甘い誘惑』第11回

連載官能小説

連載官能小説『温泉宿の女将の甘い誘惑』第11回

薫の秘裂にペニスを押し当て、そのままゆっくりと挿入していく。

ずぶずぶずぶ。

先ほどのレズプレイの影響により、薫の秘部はたっぷりと愛蜜で満たされており、すんなりとペニスを飲み込んでいった。若干窮屈である膣内を、ペニスがメリメリと押し開いていく。ずんずんと奥まで到達したペニスは、そこで小刻みに震え始めた。

(あぁ、凄い気持ちいい……)

と、孝信は感じていた。

圧倒的な心地よさを感じるのである。

「少しずつ動きますよ」

「はぁん、おちん×んが奥まで届いちゃってますぅ」

と、甘い声で囁く薫。

薄っすらと頬は上気し、薄紅色に輝いている。

次第に抽送のペースを速めていく孝信。ずちゅぬちょと、淫猥な音が響き渡り、その淫音が心地よく耳に届く。このような音を聞いていると、ますます興奮する自分がいる。孝信は、ペニスをピストンさせながら、そんな風に感じていた。

正常位での挿入になるが、足を大きく開いて挿れられているので、ペニスが奥深くまで突き刺さる。膣壁をペニスが勢いよく擦っていき、堪らない快感が迸る。恍惚とした表情を浮かべながら、薫は快感を覚えていた。

「す、凄い、気持ちよくて……、も、もっと突いてください」

と、懇願するように薫が叫ぶ。

その言葉を聞き、孝信も動きも一層速くなっていく。

先ほどのレズプレイを見て、孝信も興奮していた。自分も早く気持ちよくなりたい。その思いが先行し、抽送のリズムを速めていたのである。あまりに速く動けば、その分イク瞬間は近づいてくる。しかし、それでもよかった。暴発したら、最初からやり直せばいい。

時間はたっぷりあるのである。何度だってできる。孝信は、心行くまで、二人の身体を堪能したくて、仕方なかった。

「ひっ、あひぃ、ひぃぃぃ。あ、駄目、そんな……」

薫の喘ぎ声も、次第に色気を帯びていく。

激しくペニスを突かれ、薫も心地よくなっていった。ここまで気持ちよくなったのは、昨日のセックス以来かもしれない。もしかすると、孝信と体の相性がいいのではないかと、薫は考え始めた。だからこそ、これほどまで気持ちよくなれるのだろう。

「う、嘘、こんなに強く突き上げられるなんて、凄すぎますぅ、アァァ」

あられもない声を上げる薫。

その声を聞き、孝信も興奮もより一層煽られ、ますます怒張を激しく突き立てていった。

急激に悦楽が上昇していく。全身の毛穴が開き、そこから汗が噴き出していった。

ただ、溢れ出すのは汗ばかりではない。結合部分からは、たっぷりと蜜が溢れ出し、にちゃにちゃと淫猥な音を響かせていた。同時に、白く泡立っており、情欲を一層駆り立てる。

「ほぉ。おほぉ。ん、くぁ、堪りません、凄すぎますぅ」

思わず、薫は身体をビクンと反応させながら叫ぶ。それだけ強い快感が襲い掛かってくるのである。

「僕も気持ちいい。もっと激しく突きますよ」

孝信はそう言い、さらに抽送のペースを上げた。

まるで獣が強引に交尾をしているかのような獰猛さがあった。しかし、やや乱暴な行為が、薫の情欲に火をつけ、ますます興奮させていく。犯されているという背徳感が、興奮を誘うのである。

(あぁあん、お、おま×こが蕩けそう……)

と、薫は感じていた。

膣内全体が熱くなり、淡い刺激が次第に強まっていく。

蜜が大量に吹き出し、少しずつペニスを甘締めしていくのだ。その時の心地よさは、マスターベーションの比ではない。セックスでしか辿り着かない境地であると感じられた

膣内に溜まっていた愛液が、割れ目から流れ出し、臀部に伝っていく。そして、白い肌をブルブルと震わせながら、快感に酔いしれていく薫。発情しきった女は、まさにセックスの虜になっていた。

このままいくところまでいってしまいたい。感じまくって果てれば、きっと今まで以上に気持ちよくなれるだろう。薫は懸命に快感と戦いながら、腰を振り始めた。

狭かった牝孔が徐々に拡張されていき、孝信の大きなペニスを温かく包み込んでいく。全体的にふんわりとしており、淡い膜のようなもので包まれていくような感覚が直走る。

孝信は姿勢を前傾にさせて、薫の顔に、自らの顔を近づけていく。唇同士が近づき、孝信はそのまま唇を奪った。ちゅぱちゅぱと、唾液を啜るようにキスを行うと、そのまま舌を絡めていき、ディープなキスを展開していく。

蕩けるようなキスをされ、薫の精神もますますヒートアップしていく。脳内が淡く痺れ、もっとキスをしてほしいという感情に駆られる、同時に、自分も舌を絡めていき、激しく求めていく。

「んぐ、むぐ、あぁあ、き、気持ちいい」

キスをされて、ここまで気持ちよくなったのは、もしかすると初めてかもしれない。心地いい感覚が全身に広がっていき、薫を満足感で包み込んだ。

長いキスを終え、孝信は次に薫の乳房に照準を移した。たわわな乳房が、突かれることでゆさゆさと揺れている。その乳房を徐に手で鷲掴みにすると、もみもみと乱暴に揉み始めた。

「いや、おっぱい揉まないでぇ」

「どうしてですか? 気持ちよくないですか?」

「き、気持ちよすぎて、イキそうになってしまうんです」

「イキたくなったらイってもいいでしょ。何度イってもまだ時間はあるんですから」

と、孝信は告げる。

小さなアクメが身体を覆っていき、それが次第に大きくなっていく。膣内がヒクヒクと震え、淡い刺激が襲ってくるのである。

(あぁ、私、イキそう……。それくらい気持ちいい)

勃起の先端が、ずるりと膣を穿いていく。熱く太い肉棒が、媚襞を掻き分けて奥へと進み、圧倒的な快感を生み出していく。孝信の巨大なイチモツは、既に子宮の入り口付近まで到達しており、最新分をコリコリとノックするように掻き乱していく。

(尾崎様のおちん×ん、何て大きいの、おま×この奥まで届く……)

女は、素晴らしい快感を覚えながら、必死にイクのに耐えていた。ふと力を抜けば、忽ちイってしまうだろう。それくらい強い悦楽が彼女を襲っていた。孝信の力溢れる突きに圧倒された薫は、感動したかのように声を上げる。

「ひ。ひぃぃ、ひぃぃぃ。凄く深くて、気持ちいいです」

胸を揉みしだきながら、同時に激しくペニスを突きたてる孝信。

その姿は、まるで獣のように見えた。貪婪に膣内を掻き回してくのである。

「くぅぅ、薫さんのおま×こ、堪りません。最高ですよ」

あまりの快感に、孝信が随喜の声を上げる。

薫の胎内の感触を心行くまで堪能し、体中を反応させてピストンを続けていく。次第に、孝信にも激しい射精感がせり上がってきた……。

二人のセックスを、少し横から明美は見つめていた。

(二人とも、凄い気持ちよさそう)

思い浮かぶのは、自分も早く混じりたいという気持ち。

あそこジクジクを疼いて仕方ないのである。早くあの大きな肉棒で、自分のあそこを貫いてほしい。そうすれば、もっと気持ちよくなれる。無意識に、明美は手指を使って秘裂を弄り始めた。にちゃにちゃと指を動かし、膣内に淡い刺激を加えていく。

(あぁ、早くち×ぽがほしい)

思うのはそればかりであった。

さて、孝信は湧きあがる射精感を抑えながら、必死に抽送を続けていた。

セックスに慣れてきて、少しだけ余裕が生まれたが、気を抜いてはならない。下半身に力を入れていないと、忽ちイってしまいそうになるのだ。

やがて、孝信は乳房を弄るのを止めた。そして、薫の身体を起こすと、四つん這いになってもらい、後背位で突き始めた。力強い指でがっしりと尻肉を掴み、勢いをつけて腰を振り始める。

正常位の時に比べて、挿入が深くなり、ペニスは一層奥まで届いた。

カリカリと膣壁を擦っていき、快感を生み出していく。あまりの刺激に、薫は耐えきれず叫んだ。

「アァッ、アッ、当たる。当たるぅ。ほほ、ほぉ、おっふ、奥まで当たりますぅ」

ストロークの大きなピストンと、長大な肉竿は容赦なく蜜壺に襲い掛かる。深々と抉っていき、敏感の膣粘膜を削っていくのだ。そして、子宮口に、熱烈すぎるキスを交わしていく。

子宮が揺さぶられる感覚を前に、若い薫は翻弄されていた。そして、次第に大きくなったアクメが、全身を包み込む。

「お、尾崎様、わ、私、限界です。もう駄目ですぅ」

「イキそうなんですか?」

「はい。気持ちよすぎて、もう我慢できません」

「ならイってください。僕もそろそろイキそうですから、一緒にイキましょう」

孝信も限界を迎えつつあった。

ペニスは小刻みに震え収縮を繰り返している。

(おま×こ、ゴンゴン突かれるの、気持ちいいぃ……)

イク寸前、薫はより深い快感に溺れた。最早我慢できない、身体がビクビクと蠢めき、ふるえていく。

同時に孝信もオルガスムスを感じ始めた。

「あぁ、出る。薫さん、出ます。中に出してもいいですか?」

「はい、中に、中にたっぷり出してください……」

次の瞬間、牡の欲望が爆発した。

ビュルビュルドビュと、白濁色の子種が、薫の膣内に放出されていく。

膣内に精液を注がれる快感を覚えながら、薫は身体を捩らせた。

「す、凄い、たくさんの精子が私の中に。き、気持ちいい」

女の喜びが、体中を支配していく。中出しという危険な行為が、彼女を一層興奮させていった。

たっぷりとスペルマを放出した孝信であったが、まだまだ息子は元気であった。

いきり立った肉胴は、ヒクヒクと震え、次なる快感を求めている。

すると、それを見ていた明美が、そっと孝信に近づいた。

「尾崎様、今度は私を可愛がってください」

「もちろんです。次は明美さんの番です」

「う、後ろから突いてください、激しく犯してほしいんです」

「わかりました。では、後ろからやりましょう」

孝信はそう言うと、明美を四つん這いにさせた。

そして、お尻を高く上げてもらい、臀部の双肉を手で鷲掴みにして、左右に開いた。

すると、ヌレヌレになった秘裂が顔を出す。ペニスを待ち構えている女壺は、愛蜜で満たされており、どこまでも卑猥に見えた。

ゴクリと生唾を飲み込み、孝信はいきり勃った怒張を近づけていった――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました