連載官能小説『大胆過ぎるメイド妻』第4回

連載官能小説

連載官能小説『大胆過ぎるメイド妻』第4回

スッと手を伸ばし、秘裂に触れてみる。

そこは、たっぷりと愛蜜で満たされており、さらに、トロトロとして温かい。

(凄い……、濡れてる……)

元気は久しぶりに感じる女体に感動していた。

自分だけの女。それが美琴である。高鳴る興奮を抑えながら、彼は丁寧に指を動かしていく。

「あぁ、何かくすぐったいです」

と、美琴が囁く口調で言った。

ただ、決して嫌がっているようには見えない。むしろ、好意的に愛撫を受け入れている。

膣口付近を指で弄り回していた元気は、やがて指を胎内に挿入していった。ずぶずぶと、ゆっくり指は吸い込まれていき、温かな質感が指先を覆っていく。

「ヌルヌルだね」

「いやん、は、恥ずかしいです。こんな風に弄られたら誰だって濡れてしまいますよ」

「そうだね。ねぇ、美琴ちゃん、触らわれてどんな感じ?」

「えっと、少しくすぐったいですかね。でも、気持ちいいです」

気持ちよくなってもらえて、元気は嬉しくなった。同時に、もっと気持ちよくさせたいという希望が湧き出してくる。

膣の入り口付近を、指で弄り回していたのであるが、やがて元気は、指を奥の方まで導いていった。ずぶずぶと、深く指が侵入していき、膣内を開拓していく。美琴の膣内は、全く穢れを知らないので、とても窮屈であった。指をキュウキュウと締め付け、そして離さない。しっとりとした質感で満たされて、元気は心地よくなっていった。

指を奥の方まで挿れて、カリカリと膣壁を擦り上げていく。すると、奥の方から愛蜜が噴き出してきて、ツツツと秘部から零れ落ちていった。ぬらぬらと光り輝く蜜は、どこまでも官能的であり、元気を大きく興奮させていった。

「どんどん濡れてくるね。びちょびちょだ」

「だ、だって、そんな風に触られたら、やん、感じちゃいます」

そう言うと、美琴はビクッと体を震わせた。快感に身を委ねて、心地よくなっているようであった。その姿を見て、元気は概ね満足していく。

(もう一本指を挿れてみようかな?)

膣内は窮屈であったが、まだ少しゆとりがある。広がりを見せつつある膣内に、元気はもう一本指を加えて挿入していく。人差し指と中指を使って、胎内をコリコリと刺激していく。指全体が、柔らかな粘膜に包まれていった。

「げ、元気さんの指が奥まで届きます」

「奥まで届くと気持ちいいの?」

「はい、何か、ふわふわした感じになります」

美琴は、最愛に男性から秘裂を弄られて、心の底から心地よくなっていた。もっと弄ってもらいたい。そんな気分に駆られていく。

元気はやがて、陰核を刺激してみることにした。

女性の一番敏感な部分である、クリトリスを弄れば、もっと気持ちよくなってもらえると思ったのである。右手を使って、膣内を掻き回しながら、空いた左手で、陰核の包皮を剥いてみた。

すると、プクっと白い米粒のような豆が飛び出した。それは、ヒクヒクと小刻みに震えており、触ってほしそうな動きをしている。迷わず、元気は女豆に触れる。クリトリスに触れると、キュッと膣内が締まった。

同時に、美琴の身体がビクッと跳ねていく。

「あぁん、そ、そこは駄目ですぅ」

「どうして? 感じるんじゃないの」

「感じすぎちゃいますぅ」

「もっと気持ちよくなっていいんだよ。俺に気持ちよくなっている所を見せてほしい。そうすれば、俺ももっと興奮できるし、嬉しいんだ」

「そ、そこは敏感だから、なるべく優しく扱ってください」

「うん、わかった。丁寧に弄っていくから心配しないで」

元気は指先を使って、ツンツンとクリトリスを突いてみた。陰核はフルフルと震え、まるで生き物ように見えた。また、突くだけではなく、丁寧に指で擦り上げていく。そうすると、快感が強まっていくのか、美琴は息を詰めて喘ぎ始めた。

「くぅ、はぁん、き、気持ちいいれす……」

呂律が回らなくなっている美琴。それだけの快感が彼女を支配していた。

これで動きを止める元気ではない。彼は、むしろ指先の動きを速めていった。膣内を掻き回しながら、同時に、陰核を擦り上げ、ダブルで刺激を加えていく。美琴は過敏に反応し、大量の密を噴き出していった。

「あぁん、ふぅ、ひぃ、ら、らめぇぇぇ」

美琴の身体が反り返る。それでも、元気は動きを弱めようとはしない。今度は、陰核を指で挟むと、揉み込むように刺激し始めた。激しい悦楽が美琴を覆っていく。淡かった刺激が、徐々に強まっていき、鋭い快感となって襲ってくる。彼女は、これまでに何度かマスターベーションをした経験があったが、その時とは比べ物にならないくらいの刺激を感じていた。

大好きな人に、大切な部分を触られると、これだけ気持ちよくなってしまうのである。嬉しい気持ちと、大きな喜びが彼女を包み込んでいく。

「げ、元気しゃん、く、クリちゃん気持ちよすぎましゅぅ」

「もっと感じて、そしておかしくなったところを見せて」

「どんどんおかしくなりましゅぅ、あぁぁ、刺激が強すぎてぇ、……ひゃん」

美琴は必死に快感と戦っていた。気を許せば、忽ちイってしまいそうになる。小さなアクメを断続的に感じながら、美琴は身体を捩らせていく。強まった刺激は、収まるどころか、徐々に大きくなっていくのだ。

(あぁ、堪んない。美琴ちゃんのおま×こ最高だよ)

と、元気は感じていた。

そして、徐に性器に顔を近づけていく。

女壺からは、甘酸っぱいヨーグルトのような香りが漂っていた。立ち昇る女臭が、元気の鼻孔を激しく刺激し、興奮の渦へと巻きこんでいく。こんな素敵な匂いを嗅いでしまうと、もっと美琴を堪能したくなる。自然と指の動きも速くなっていった。

「美琴ちゃん、おま×こ舐めてもいい?」

「ふぇ、ひ、ひゃい……、舐めてくらさい、お願いひますぅ」

元気は舌先を秘裂に近づけていき、そしてべろべろと舐め始めた。

僅かに塩気を感じ、トロトロとした蜜液が舌に付着していく。しっとりと暖かな蜜壺を舐めていると、どんどん心地よくなっていく自分に気づいた。

美琴は、クンニリングスをされるのが初めてである。初めて感じる強い刺激に、彼女は翻弄されっぱなしであった。膣内がじんわりと熱を帯び、同時に激しい悦楽が襲ってくる。じわじわとアクメを感じ、彼女は気持ちよくなっていった。

「やぁ、な、舐められると、感じしゃいますぅ」

美琴が甘い声で叫ぶ。

心の底から気持ちよくなっているような声である。

その声を聞き、元気はさらに舌先を動かしていく。膣口付近をべろべろと舐め回していたのであるが、今度は胎内に舌を滑らせ、レロレロと刺激していく。美琴も堪らなくなったのか、身体を大きく震わせて感じ始めた。

断続的に訪れるアクメの間隔が、徐々に短くなっていく。ずんずんと、快感の塊が降ってくるようで、彼女を恍惚とさせていった。

「ひゃん、お、おま×こ、気持ちいいれすぅ。もっと舐めてくらさいぃ」

美琴は叫ぶように言った。

元気はチュパチュパと激しく淫音を鳴り響かせながら、クンニリングスを続けていく。馨しい香りが、鼻腔を突き抜けていき、彼をますます興奮させていく。

(美琴ちゃんのおま×こ、すげぇ美味しい……、堪らないよ)

元気はやがて、照準をクリトリスに移した。

舌先を使って、転がすように陰核を舐めていくと、美琴はさらに興奮したのか、甘い声で叫んだ。

「ひぎぃぃ。やぁ、はぁ、ひゃん、く、クリちゃん……、舐められると、おかしくなっちゃいますぅ」

次第に膣内が収縮を繰り返し、過敏に反応していく。同時に、美琴の中で大きなアクメが襲ってきた。

「げ、元気しゃん。わ、私、もう、らめれす。もう、イキそうれす」

「イってもいいよ。イクところを俺に見せて」

元気は最後の仕上げと言わんばかりの勢いで、秘裂を舐めまわしていく。美琴はガクガクと体を震わせて、快感に耐え忍んでいる。しかし、最早限界は近い。膣内がどんどん熱くなり、快感が鋭くなっていくのだ。

「あぁぁぁぁ、らめぇぇぇぇ」

最後、美琴は大きく叫んだ。

そして電流に貫かれたように、大きく体を反り返らせた。

瞬間、膣内が激しく痙攣し、ビクビクと蠢ていく。

そのまま美琴は果ててしまった。力なくベッドの上に崩れ落ちる。

「美琴ちゃん、イッたの?」

と、元気が彼女のそばにより、尋ねてきた。

美琴はスッと体を起こすと、質問に答える。

「は、はい、イってしまいました」

「気持ちよかったかな?」

「凄くよかったです。ありがとうございます、元気さん」

「俺の方こそありがとう。気持ちよくなってもらえてよかったよ」

元気はそこで、自らの分身に視線を落とした。

ボクサーパンツの中で、暴発寸前な位に膨れ上がっている。早くこの怒張を解放したい。そんな思いに駆られる。

「み、美琴ちゃん、ち×ぽ、おま×こに挿れてもいい? も、もう我慢できないんだ」

「ウフフ。そうですね。挿れて下さい。私ももっと気持ちよくなりたいです」

「うん、お互いに気持ちよくなろう」

「元気さん、私、初めてなんで優しくしてください」

「もちろん、痛かったら言ってね」

元気は美琴を仰向けに寝かせ、そして両足を持ち、それを左右に広げた。

すると、小陰唇のビラビラが左右に押し開かれて、さらにヒクヒクとした膣口が顔を出した。サーモンピンクの膣口は、ぬらぬらと滑っていて、早くペニスを咥えこみたくて仕方ないという表情をしている。

ゴクリと生唾を飲み、元気はペニスを女壺に近づけていった――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました