連載官能小説『大胆過ぎるメイド妻』第5回

連載官能小説

連載官能小説『大胆過ぎるメイド妻』第5回

「それじゃ、挿れるよ」

「は、はい、お願いします」

やや緊張感のある空気が流れる。

元気にとって、セックスは久しぶりの行為である。久しぶりに感じる女体の感覚に、自然と心が躍っていく。

一方、美琴は初めての体験である。初めてペニスを向かい入れるだけあって、かなり緊張していた。

(やっぱり、痛いのかな……)

と、美琴は考える。

話を聞く限り、初めてのセックスは痛みがあるらしい。それがどのくらいの痛みなのかわからないが、彼女は元気なら優しくしてくれると信じていた。

元気は美琴の脚を左右に広げ、性器を露出させると、膣口にペニスを押し当て、そのままゆっくりと挿入していった。既に、女壺はたっぷりと蜜で濡れており、スムーズにペニスを吸い込んでいく。

その過程で、僅かに「プチッ」という音が聞こえた。

美琴の処女膜が、初めて破られたのである。

「く、ぅぅぅ……」

美琴は目をキュッと閉じた。

確かに痛みはあるのだが、耐えきれないほどではない。淡く切ない鈍痛が、じんわりと広がっていく。もちろん、その仕草に元気は気づいた。

「美琴ちゃん、大丈夫?」

「は、はい、大丈夫です。ただ、最初はゆっくり動いてもらえますか?」

「わかった。ゆっくり動くよ」

言われた通り、元気はガンガン腰を動かすのではなく、緩くペニスを操り、膣内の感触を味わっていく。手マンしていた時にも気づいていたが、美琴の胎内は凄く狭い。キュウキュウとペニスを甘締めしていくのである。その締め具合が絶妙であり、心地いい刺激が、元気の身体を覆っていった。

(あぁ、凄く気持ちいいぞ)

元気は溢れ出る快感の虜になっていた。とにかく気持ちよくて堪らない。本当ならば、もっと腰を動かしたいところであるが、それはできない。美琴はきっと痛みに耐えている。それなのに、自分の欲望のままに、動き回るのは愚の骨頂であると感じていた。

「く、うぁ……、元気さんのおちん×んが、私の中に」

「うん、そうだよ。俺のち×ぽ、美琴ちゃんのおま×この中にいるんだよ」

「う、嬉しいです、やっと一つになれた……」

美琴はにっこりと笑みを浮かべた。

その表情を見ていると、元気も嬉しくなってくる。心の底から、美琴と結婚してよかったという気持ちが溢れ出てくるのだ。

亀のような鈍足で、ペニスを動かしていく元気。ぬるぬるとした胎内の質感がペニス全体を覆っていき、快感を発生させている。決して速く動かなくても、淡い刺激がペニスを直撃し、心地よくなっていくのである。

「うぉぉ、美琴ちゃん、凄い気持ちいいよ」

元気は叫んだ。

この快感の高鳴りを、美琴にも伝えたかったのだ。

それを聞いた美琴は、元気の手を握りしめる。

「私も、気持ちいいです。これがセックスなんですね」

「うん、好きな人とするセックスは格別だね。これ以上の快感はないよ」

ペニスを動かすたびに、にちょにちょと、淫猥な音が鳴り響き、それが静かな室内に染み渡っていく。この淫音を聞いていると、自分の中の性的なボルテージが一気に刺激されて高まっていく。

元気はゆっくりと腰を動かしながら、姿勢を前傾にさせていく。そして、美琴に覆いかぶさるような姿勢を取ると、そのまま顔を近づけて、唇に自らの唇を重ねた。

二度目のキスである。

美琴の唇はぷにぷにとしており、非常に柔らかい。適度に弾力があって、しっとりとしている。触れるだけのキスをしていたが、それだけでは物足りない。元気は、自らの舌を伸ばし、美琴の舌に絡ませていく。にちょにちょと、半透明の唾液が糸のように伸び、口元から滴り落ちていく。お互いの唾液を啜るように、ディープなキスを展開していくと、身も心も満足感に包まれていく。

「んぐ、むぐ、んんん……。もっと、もっとキスしてぇ」

甘い声で美琴が囁く。

猛烈なキスを求めている。一旦唇同士を離すと、元気は美琴の身体の至る所にキスをしまくっていく。それに感じているのか、美琴は恍惚とした表情を浮かべ、うっとりとしている。

キスの雨を降らした元気は、やがて照準を乳房の方に移していた。おわん型のたわわな乳房が、ピストンの動きに合わせてゆさゆさと揺れている。元気は乳房を揉みながら、さらにペニスを突き続けた。こうしていると、どんどん気持ちよくなっていって、堪らなくなるのである。

美琴の乳房はどこまでも柔らかく、弾力がある。揉めば揉むほど、柔らかくなっていくような気がした。

「美琴ちゃんのおっぱい、凄くいいよ」

「おっぱいも気持ちいいです。あ、あの乳首、弄ってください」

「乳首だね、わかった」

言われるままに、今度は乳首を捏ねくり回す。

まずは指を使って、摘まんでみると、コリコリと弄り回して刺激を加えていった。

乳首を抓られると、美琴がビクンと跳ねた。そして甘い声で叫ぶ。

「ふぁ、ややぁ、ち、乳首、気持ちいいれすぅ」

「もっと気持ちよくしてあげるよ」

そう言い、元気は乳首に吸いついた。

そして、チュパチュパと音を立てながら、乳首を吸い上げていく。ふんわりとした女臭が漂ってきて、元気の鼻孔を擽っていく。

(美琴ちゃん、凄いいい匂いがする……)

牝フェロモン臭とでも言えばいいのであろうか? 牡の情欲を高める、不思議な匂いがすると感じられた。

乳首を甘噛みしながら、刺激を加えていくと、自然と美琴もセックスに慣れ始めたようである。最初の時は、かなり痛みがあったのだが、今は、少しずつ痛みがなくなってきて、その代わりに、淡い快感を覚えるようになったのである。

「げ、元気さん、少し早く動いても大丈夫です」

「え? でも大丈夫。無理しなくていいんだよ」

「大丈夫です。なんか慣れてきたみたいです。少しずつ気持ちよくなっています」

「わかった。じゃあ少しずつ速く動いてみるよ」

元気は徐々に抽送のスピードを上げていった。

膣壁をメリメリとペニスが開拓していき、快感のレベルも押し上がっていく。速く動けば動くほど、ペニスが激しく膣壁を擦って、心地いい刺激が伝わってくるのである。元気は淡い刺激を感じつつ、巧みにペニスを操りながら、抽送を繰り返していった。

一方、美琴も快感を覚えていた。あれだけ痛かったのに、今では快感の方が上回っている。膣内をペニスでかき回されると、それだけで、気持ちよくなり何も考えられなくなる。美琴は、自然とピストンの動きに合わせて腰を動かし始めた。こうすることで、もっと悦楽を感じることができるような気がした。

「ふぁ、あぁ、げ、元気しゃん、き、気持ちいい、おま×こ気持ちいいれす」

呂律が回らなくなった美琴。心の底から気持ちよくなっているようである。

それを聞いた元気も、嬉しくなってくる。自分のピストン運動で、ここまで気持ちよくなってもらえているのだから、自然と嬉しくなるのは当然だろう。彼は、必死にペニスを動かしながら、もっと気持ちよくなってもらう方法はないか考えていた。

胸を揉みながら、ピストン運動をしていたのであるが、一旦、乳房を弄るのを止めた。そして、その代わりに、陰核を弄り始めたのである。

抽送を繰り出しながら、そのリズムに合わせて、クリトリスを刺激していく。そうすれば、もっと気持ちよくなってもらえるような気がした。

「クリ、触ってあげるよ」

元気は陰核の包皮を剥き、白い米粒大の女豆を露出させると、それを指でこねくり回した。すると、美琴は堪らなくなったのか、身体をビクビクと震わせて反応を示す。

「いゃん、く、クリちゃん、気持ちいいのぉ、おかしくなっちゃうぅ、うぅぅ、うぅぅ」

クリトリスを弄ると、それにリンクして膣内がキュッと締まった。締め付けが強くなり、鋭い締め付け感がペニス全体に広がっていく。

「み、美琴ちゃん、締め過ぎ……、ち×ぽが食いちぎられそう」

「ら、らって、気持ちよくて自然とそうなってしまうんれす。わざとじゃないれす」

美琴は快感が強すぎて、身体を痙攣させ始めた。

その様子を見て、元気はさら抽送のリズムを上げていく。

「うぉぉぉ、美琴ちゃんのおま×こ最高だよ、き、気持ちいい」

「私もきれひいいれす。もう駄目れす、らめぇぇぇ」

美琴が叫ぶ。膣内が激しく痙攣し、アクメを感じ始める。

どうやら、絶頂を迎えてしまったようである。

それでも元気は抽送のペースを落とさなかった。ガンガンとペニスを突きたて、胎内の感触を味わっていく。

「あぁぁイッてるおま×こ突かないでくださいぃ。あひぃぃ」

「たくさんイっていいんだよ。俺がもっと気持ちよくしてあげるから」

元気は美琴の脚を持ち上げると、その状態でクロスさせた。すると、膣内の形状が変わり、違った刺激が入るようになる。これはこれで気持ちいい。

アダルトビデオで見た知識を総動員して、元気はペニスを動かしていった。それほど、性体験が豊富なわけではないので、テクニックはそれほど高くないが、それでも相手を気持ちよくさせたいという気持ちがよく表れている。試行錯誤しながら、元気は抽送を繰り返していった。

やがて、自分自身も気持ちよくなっていく。激しい射精感が襲ってきて、耐えきれなくなる。

「み、み、美琴ちゃん、俺もイキそうだ、イってもいいかい?」

「はい、イってくらさい。私ももう一回イキそうれすぅ」

「あぁぁ、で、出る、中に出してもいい?」

「中に、中にたくさん出してください……」

「うぉぉぉぉ、い、イクゥ……」

次の瞬間、牡の欲望が放出された。

ドクドクと白濁色のスペルマが、美琴の胎内に注がれていく。

「しゅ、しゅごい、たくさんのせーえきが私の中で踊ってるぅ」

溢れ出る精液を感じながら、美琴は果てた。そして、膣にキュッと力を入れて、精液を最後まで搾り取るのであった。

 

〈続く〉


Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました