連載官能小説『大胆過ぎるメイド妻』第9回

連載官能小説

連載官能小説『大胆過ぎるメイド妻』第9回

先ほどの愛撫により、美琴の蜜壺は、たっぷりと愛蜜で満たされていた。そのため、激しくいきり立った元気の怒張を、すんなりと飲み込んでいく。メリメリと窮屈な胎内を侵食していくように、元気の男根が突き刺さる。

(く、う、うぁ、相変わらず、凄くキツイ……)

と、元気は感じていた。

美琴の膣内は、ものすごく窮屈であり、尚且つ締め付けが強い。そのため、ペニスが搾り取られてしまうのではないかという気分になってくるのだ。ペニス全体を淡く締めあげていき、心地の良い刺激が元気のペニスに伝わってくる。

「元気さんのおちん×ん、私の中に入ってきましたぁ……。お、奥の方まで届きます」

立ちバックで挿入しているので、それほど、挿入は深くはならないのであるが、それでも、露天風呂で行為をしているという臨場感が、いつものセックスの何倍もの興奮を生み出していた。

美琴は後ろから挿れられて、堪らず声を上げながら、快感に身を捩らせていった。

元気はというと、美琴のお尻に手を置いて、スパンスパンと、リズムよく腰を動かしていく。立ちバックは、結合部分をよく見ていないと、スルッと抜けてしまうことが多々ある。その点に注意しながら、元気は腰を動かし続けた。

自然と、腰の動きも早まっていく。露天風呂で、こうして情事に耽ることができて、元気は感動していた。こんな経験はなかなかできないであろう。それだけに、この気持ちよさを最大限に満喫したい。そんな思いに駆られながら、彼は抽送を繰り返していった。

「元気さんのおちん×ん、私の中でどんどん大きくなってますぅ。す、凄い……」

「美琴ちゃんの中が、あまりに気持ちいいから興奮しちゃうんだよ」

「もっと興奮してください。私のおま×こで、気持ちよくなってぇ。私のおま×こは、元気さんのものですから」

「美琴ちゃんのおま×こ最高だよ」

美琴の言葉に欲情した元気は、より一層速いペースでペニスを突き上げていった。

ずりゅじゅる……と、結合部分から淫音が鳴り響いてくる。

その音は、温泉の音にかき消されて僅かにしか聞こえないが、元気の耳には確かに届いた。そして、淫らな音を聞きながら、ますます興奮していくのであった。

「美琴ちゃんのおま×こは、俺だけのものだ」

「そうです。美琴のおま×こは、元気さんのものです。だ、だから、もっとたくさん突いてください。私を気持ちよくしてぇ」

「もっと気持ちよくするからね。よし、いくぞぉぉぉぉ!」

元気は気合を入れ直し、抽送のリズムを整える。

なるべく動きが単調にならないように、腰を捻ったり、リズムを不規則にしたりと、工夫しながら行為を続けた。

後ろから突かれている美琴は、どこか強引にされているかのような気分になって、それが興奮のレベルを高めていった。レイプされたいわけではないが、やや強引にされると、興奮してしまうのである。その相手が元気なら、より一層興奮してくるものである。

「げ、元気さん、お、犯されてるみたいで気持ちいいです」

「そうだよ。俺が美琴ちゃんを犯してるんだ。美琴ちゃんは、俺に犯されているんだ」

興奮からか、よくわからない日本語を発し始めた元気。彼はそれだけ興奮の渦の中にいた。どんどん気持ちよさがせり上がってきて、元気を恍惚とさせ始める。美琴とこれまでにも数多くセックスをしてきたが、ここまで興奮したセックスはなかった。

今回のセックスはそれだけ特別な行為であると感じられた。貪欲に快感を貪る奴隷のようになりながら、元気はひたすらに腰を動かし続けた。

「美琴ちゃん、おっぱい揉むからね」

元気は姿勢を前傾にさせ、美琴に覆いかぶさると、そのまま手を前の方に持っていき、強引に乳房を揉みしだいた。柔らかく、形のいい乳房が、元気の指の中でぐにゃりと潰れた。

「げ、元気さん、もっと乱暴に揉んでください。そ、そっちの方が興奮します」

「ら、乱暴にだって……、み、美琴ちゃん、いいのかい?」

「はい。乱暴にされてみたいんです」

「美琴ちゃんは本当にドスケベなんだね。乱暴にされたいなんて、とんだ変態メイドさんだ」

「いゃん、そんな風に言わないでください、元気さんだって変態ですよ。だって、10歳以上歳が離れている私に欲情しますし、何よりも、メイド服が好きッて時点で変態です」

「歳の差なんて関係ないよ。それにメイド服が好きな男は結構多いからね……」

「私たち、お互いに変態なのかもしれません。だって、誰もいないのをいいことに、露天風呂でセックスしてるんですから」

「この環境たまらないよ。誰かに見られているかもしれないって感じが、凄くいいんだ」

「そ、それ、凄いわかります。私も見られているかもしれないって思うと、興奮してくるんです」

「変態妻にはお仕置きが必要だな。もっと気持ちよくしてあげるよ」

元気は胸を揉みしだくのをやめて、手を下半身の方に下げていった。

そして、美琴の股の部分に手を当てると、結合部分のやや上方にある、陰核を指でこねくり回した。

これには、美琴も堪らない。忽ち体をガクガクとさせて、悶え始める。

「あぁん、立ったままでクリちゃん弄るのは、反則ですぅ。立っていられない」

「我慢して立ってないと駄目だよ。もしヘタレ込んだら、ち×ぽを抜いちゃうからね」

「いやいや、おちん×ん抜かないでぇ。この状態でおちん×んが抜かれたら、私変になっちゃいます」

「なら耐えないと駄目だよ。ほら、もっとクリトリス弄ってあげるから」

陰核の包皮を剥き、女豆を露出させると、そこを指で擦り上げながら刺激していく。強烈な刺激が、美琴の体中を貫く。あまりの快感に立っているのが辛くなる。しかし、ここでヘタレ込んでしまえば、ペニスを抜かれてしまう。もっと気持ちよくなりたい美琴は、懸命に力を入れながら、快感に耐えていた。

「クリちゃん弄られると、何か出そうになります」

「潮吹きするのかもしれない。出してもいいよ」

「いやいや、嫌です。恥ずかしいですよぉ」

「いうことを聞かないメイド妻にはこうしてやる」

元気には、ペニスを奥深くまで突き刺しながら、さらに陰核を指で強く揉み始めた。すると、電流が走ったかのように、美琴の身体がビクンと震えた。

「きゃぁ、そ、それ駄目です、そんな風にされたら、私、変になります」

「変になっていいよ。変になった美琴ちゃんが見たいな」

「元気さん、本当に何か出そうです、もしかすると、おしっこかもしれません。一度抜いてくれませんか?」

「駄目だよ、ここでは抜けないよ。このまま出してしまいなさい」

「元気さんの意地悪ぅ。あぁぁ、も、もう、駄目……」

美琴の股がガクガクと震え始めた。

そして、次の瞬間結合部分付近から蜜が噴き出した。

「あぁ、凄い、熱い。挿入されたまま潮を吹いているんだよ」

「やぁぁぁ、み、見ないでぇぇぇ」

美琴は叫ぶ。

しかし、元気はさらに興奮して、抽送のスピードを速めていく。

パンパンパンと肉同士がぶつかり合う音がこだまし、露天風呂内に染み渡っていく。

元気は美琴の右足を手で持ち上げた。そして、牡犬がおしっこをするような格好にさせると、やや横向きの状態からペニスを突っ込み始めた。結合部分が丸見えになり、にちゃにちゃと淫猥な糸が伸びている。

「らめぇぇぇ、こ、こんな格好恥ずかしすぎます」

「恥ずかしいけれど、興奮してるんでしょ。おま×こがさっきよりも締まってるよ」

「ち、違いますぅ。き、気持ちいいから、自然に締まってしまうんです。興奮してるわけじゃ」

「嘘言っちゃだめだよ。美琴ちゃんは強引に犯されて興奮してるんだ。発情した牝犬なんだよ。だから、こんなにもおま×こを濡らして、ち×ぽをズボズボ挿れられて甘い声で叫ぶんだ。美琴ちゃん、言ってごらん。私は変態メイドですって」

「そ、そんなぁ、元気さんの意地悪ぅ。そんな恥ずかしいセリフ言えません」

「言わないとち×ぽを抜いちゃうよ。それでもいいの?」

「それは嫌です。おちん×ん抜かないでぇ」

「なら言ってごらん。変態メイドですって」

「わ、私は変態メイドです……。だからち×ぽ抜いちゃ嫌ぁ」

「よく言えました。ご褒美に、もっと激しく突いてあげるね」

元気はより一層ペースを上げて、抽送を繰り返していく。

ペニスは奥の方まで届き、美琴をどんどん心地よくさせていった。

胎内では、元気のカウパー腺液と、美琴の愛蜜が入り混じり、にちゃにちゃとした液体で溢れていた。それが上手い具合に潤滑油となり、抽送のリズムを手助けてしていく。

「美琴ちゃんのおま×こトロトロだよ。エッチなお汁がたくさん出て気持ちいい……」

「私も気持ちいいです、元気さんのおちん×ん、とっても大きくて奥まで届くんです。子宮の入り口まで届くような感じで、じわじわって気持ちよくなります」

次第に、元気も射精感に覆われ始めた。

アクメが小刻みに襲ってきて、じわじわと快感がペニス全体に広がっていく。ペースを速めて動いていたため、限界が来るのも速かったようである。

「み、美琴ちゃん、イキそうになったら、中に出してもいいの?」

「はい、中に出してください。元気さんを感じていたいから」

「じゃあ中にたっぷり出すからね」

「いっぱい出してぇぇぇ」

元気は最後の力を振り絞って腰を動かし続けた。

すると、快感の塊が降り注いできて、全身が淡く痺れていく。

そして、次の瞬間激しいオルガスムスを感じ、牡の欲望を発散させる。

「あぁぁぁ、精子、出る……、美琴ちゃんの中に……」

ドクドクと、白濁色の精液が美琴の胎内に注ぎ込まれていく。

「いっぱい出てます、元気さんのせーえきが私の中に……。お腹が熱いぃ」

「精子止まらないよ。どんどん出てくる」

入りきらなかった精液が、結合部分から溢れ出てくる。

じゅぶ、じゅぼっと激しい音が聞こえたかと思うと、ようやく射精が終わった。

元気は圧倒的な爽快感を胸に、美琴の秘裂からペニスを抜いた。

「美琴ちゃん、凄い良かったよ。最高だった」

「私も気持ちよかったです。お部屋に戻ったら、またしましょうね」

美琴はそう言うと、軽くウインクしてみせた。その仕草があまりに可愛くて、元気は思わず美琴を抱きしめる。そして、優しく口づけをすると、にっこりと微笑んだ。

二人の甘い時間はまだまだ終わらない――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました