連載官能小説『ランジェリーモデル』第3回

連載官能小説

連載官能小説『ランジェリーモデル』第3回

桜はそれほど性体験が豊富なわけではない。既に25歳なので、セックスの経験はあるのであるが、数えるほどであった。そのため、当然だがフェラチオの経験も然程ない。いざ、大輔のペニスを握りしめても、やり方がよくわからなかった。

「どうしたんですか? 早く舐めてください」

と、大輔が急かすように言った。

「あ、あの、私、あんまり経験がなくて、よくわからないんです」

消え入るような声で、桜は告げる。

すると、それを聞いていた大輔はスッと笑みを零し、

「なるほど、じゃあ俺の言うとおりにしてみてください」

「本当にするんですか?」

「美咲さんの話、聞いていなかったんですか? もしあなたがここで拒絶すれば、恥ずかしい写真をバラまかれることになります。それでもいいんですか?」

「そ、それはよくありません」

「なら、取るべき行動は一つです。俺のち×ぽをしゃぶってください。それじゃ、まずはしゃぶる前に手で扱いてもらえますか? そのくらいなら問題なくできるでしょう」

ほとんど知らない男性のペニスを扱くなんて、こんな屈辱的な行為はない。

桜は、嫌で仕方なかったが、弱みを握られている以上、言うことを聞かなければならない。大輔のペニスは、桜が知っている男性器のレベルを超えている。とにかく大きいのである。

(こんなに大きいの……)

唖然としてしまう。

小さな子供の腕の太さくらいはあるのではないか? そんな風に思えるくらい、大輔の男根は凶悪なオーラを放っていた。

「さぁ、早く扱いてください」

大輔は余裕綽々の態度で告げる。

最早、逃げられない。

「わ、わかりました」

仕方なく、桜は男根を握りしめ、それを上下に動かし始めた。

ペニスはどこまでも熱く、そして小刻みに震えている。また、赤黒く変色し、奇妙な生き物のようにも見える。扱いていくと、脈動が感じられ、大輔の声が漏れる。

「うん、なかなかいい感じですよ。もう少し速く動かしてみましょうか?」

「速く動かせばいいんですね」

言われるままに、桜は男根を素早く上下に動かし始めた。

動かし続けていくと、亀頭の先っぽから半透明の液体が滲み出してきた。それを見て、桜は苦悶の表情を浮かべる。

(何か出てきた……、もう止めたいよぉ)

必死に早く終わってほしいと念じる。

だが、大輔は一向にイク気配がない。まだまだ続きそうである。

「桜さん、タマを優しくマッサージしてもらえますか? あくまでも優しくね、強くしたら、怒りますよ」

「タマっていうのは、その……」

「知っているでしょう、金玉ですよ。ほら、さっさとやってみて」

本当はやりたくないのであるが、拒否できない。

仮に拒否すれば、恥ずかしい写真をバラまかれてしまうのだから。そうなったら、人生は終わってしまう。ここは、何とか耐えなければならない。

桜は、右手でペニスを扱きながら、左で陰嚢を揉み始めた。

言われた通り、あまり力を入れずに、ゆっくりと静かに揉んでいく。

「うぉぉ、き、気持ちいいですよ。桜さん、もしかすると、エッチな才能があるのかもしれませんね」

エッチな才能があると言われても、全く嬉しくはない。

思うのは、早くここから解放されたいということばかりだ。

「よし、そろそろ、手コキはいいでしょう。次はフェラチオをしてもらいます」

大輔はそう言うと、姿勢を少し起こして、その前に桜を座らせた。

「桜さん、では俺のち×ぽを舐めてみてください」

「舐めればいいんですね」

「そうですね。最初は舌先を使って、レロレロとアイスクリームを舐めるような感じでやってみましょうか」

桜はペニスに顔を近づけた。

猛々しい、牡の香りが漂ってくる。

ムワッとする、性臭を嗅ぎながら、桜は舌を伸ばしていく。そして、桜の舌先が亀頭に触れた。

(あ、熱い……)

キノコのように張り出した亀頭は、僅かに熱を持っていた。先端からはカウパー腺液が滲み出しており、それが桜の舌に触れる。僅かだが、苦みのある味わいが口腔内に広がっていく。

「舌を素早く動かして、亀頭を舐め回してください」

「もうこれくらいで勘弁してください」

「何を言っているんですか? まだまだこれからですよ。桜さんはこれから俺とセックスをするんです。それが仕事ですからね」

「で、でも、そんな風俗嬢みたいな真似……、したくないです」

「これは風俗ではありません。あくまでもシルキームーンのランジェリーを売るために必要なことなんです。仕事ですよ」

そうは言われても、完全には割り切りない。

桜にとって、セックスとは好き合っている者同士が行う行為である。だからこそ、こんな風にして大輔のペニスを舐めたり、セックスをしたりはしたくなかった。

「亀頭の裏スジを舐めてみましょうか」

「裏スジ?」

「亀頭の裏側ですよ、ここを刺激されると、気持ちよくなる男性は多いんです。やってみましょう」

ペニスを手で持ち上げ、亀頭の裏スジに舌を這わせていく。そして、亀頭を舐めた時と同じような感じで、舐め上げていった。

「うん。いい感じですよ。その調子でしばらく舐めていてください」

そこまで言われ、桜はふと美咲の方に視線を注いだ。

美咲はじっと二人の行為を見ていて、不気味な笑みを浮かべている。

桜は、シルキームーンの採用試験を受けたことを、心の底から後悔していた。これまで通り、普通に働いていればよかったのである。そうすれば、少なくともこんな目には遭わなかった。

本当に早く止めたい。解放してほしい。地獄のような時間が続いていく。

「桜さん、次は棹の部分をしゃぶってみましょうか? 歯を立てないようにち×ぽを咥えこんでください」

「いやぁ、も、もう止めてください。本当にお願いします」

涙ながらに桜はお願いをする。

しかし、大輔は全く同情する素振りをみせない。むしろ高圧的な態度で桜に迫る。

「馬鹿言っちゃいけない。あなたにはしっかりと仕事をしてもらわないと。それに、直ぐに慣れますよ。俺のち×ぽの味を知れば、きっと気に入ると思います。だから、今は言われた通りにしてください」

「で、でも、本当に嫌なんです。私、これ以上はできません」

それを聞いた大輔は、チラッと美咲の方を見つめる。

「美咲さん、どうしますか?」

すると、美咲が桜の方に歩みを進め、

「桜さん、ここで止めるというのなら、画像をネット上に公表します。それでもいいのなら、この場を去りなさい。一度ネット上に出回った画像は、決して回収できません。それに、あなたの勤めている会社にも同時に添付します。そうなれば、あなたは会社にもいられなくなるでしょう。さぁ、どうするのかしら」

「写真はバラまかないでください。私はシルキームーンのランジェリーモデルがしたいだけなんです」

「今やっている行為も、ランジェリーモデルの仕事なのよ。それに、大輔君も言ったけれど、彼のち×ぽを一度味わえば、抜けられなくなるわ。最初は大変かもしれないけれど、その内慣れるから安心しなさい」

「で、でも……」

「早く先に進みなさい。自分を変えるために……」

ここからは抜けられない。

屈辱感を覚えながらも、桜は肉胴を舐め始めた。

(もう嫌だよ……)

頭を擡げたくなってくる。桜は、噎せ返るような香りに、クラクラしてきた。あまりに強烈な性臭で、頭がおかしくなりそうであった。

「桜さん、激しく吸い上げてください」

桜は、必死にペニスに吸いつき、この悪夢からの解放を願っている。これが終われば、解放される。願うのはそればかりであった。

ペニスを舐め回していくと、次第にビクビクと小刻みに動き始めた。収縮を始めたと言えば分かりやすいかもしれない。

「あぁ、イイ。俺もそろそろイキそうです。口の中に出すんで、飲み込んでください」

「ふご、もご、いやれすぅ……」

「あなたに拒否権はありません、うぉぉぉ、出る……」

大輔の額に玉のような汗が浮かび上がる。

そして、とうとう彼は牡の欲望を放出させる。

「うぐぐぐぐぅ」

桜の口腔内に、大量の精液が注ぎ込まれる。

べとべとと粘性の高い液体が咽喉の奥に直撃し、桜は、そのまま精液を飲んでしまった。

そして、ごほごほと激しく咳き込む。

「桜さん、よかったですよ。これで次なるプレイに進めますね」

桜は呼吸を整えながら、大輔を見つめる。

「え、これで終わりじゃないんですか?」

「最初に言ったでしょ、下着をに身に付けてセックスしてみる。その時、どんな反応になるのか、これがシルキームーンのランジェリーを作る上で大切な要素になるんです。ですから、これから俺はあなたとセックスをします」

「いやいや、もう止めてぇ……」

「大丈夫、俺のち×ぽが直ぐに気に入るはずですから……」

大輔はそう言うと、むっくりと起き上がり、そして桜の身体を強引に仰向けにさせた。そして、足を左右に広げていった。ただ、この時下着は脱がさなかった。下着のクロッチ部分を脇にずらし、性器を露出させると、強めにペニスを挿れようと、腰を動かし始めた。

「ほ、本当にもう止めてください」

「駄目ですよ。これからが本番です。では行きますよ」

大輔の言葉が、室内に響き渡っていった――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました