連載官能小説『ランジェリーモデル』第5回

連載官能小説

連載官能小説『ランジェリーモデル』第5回

(あぁ、またあの大きなおちん×んを挿れられるんだわ……)

そう思うと、ゾクゾクと背筋が震えてしまう。

望まないセックスではある。しかし、身体が大輔のペニスを求めてしまうのである。こればかりは、どうしようもなかった。同時に、桜は自分の中で起こった変化に、ついていけずに、ただただ混乱していくばかりであった。

「挿れますよ、桜さん」

「ふ、ふぁ、イッたばかりなので、ちょっと待ってください」

「待てませんよ。俺も早く気持ちよくなりたいんでね。今度は俺のペースでやらせてもらいますよ」

クククと、不気味な笑みを浮かべながら、大輔は強引にペニスを秘部に挿入していく。

ずぶずぶずぶと、静かにペニスが胎内に吸い込まれていく。

(く、ぅ……アッ、お、大きい……。大きいおちん×んが入ってくる)

大輔のいきり立った怒張が、スムーズに桜の蜜壺内に侵入し、そして奥の方まで届いた。その時の衝撃は、桜の想像の遥か上を行き、彼女を混乱させていった。

「桜さんのおま×こはキツイですね。でも、それが心地いいですよ。よぉし、少しずつ動いていきますからね」

そう言い、大輔は徐々にペニスを穿つペースを速めていく。

ずんずんと、ペニスが奥の方まで届き、桜も心地よくなっていく。こんなセックスで気持ちよくなるはずがない。そんな風に思っていたのに、事実は全く違っていた。大輔の大きな男根を味わえば味わうほど、その味が忘れられなくなるのである。そして、いつの前に、求めてしまう自分がいる。

(本当は嫌なはずなのに……、どうしてなの? どうして感じちゃうの?)

混乱する頭で、必死に桜は考えていた。しかし、いくら考えたところで答えは出ない。ただ、女として激しく反応してしまうのである。それは女が持つ本能だろう。牡の激しい性行為を受け入れる。それが、桜にも少しずつ伝わってきたのである。

大輔は、桜の片腕を掴むと、それを自分の方に持ってきて、桜の姿勢を反り返らせた。そして、その状態のまま、激しく怒張を突き立てる。身体が反り返っているので、その分ペニスが奥の方まで届き、レイプされているかのような感覚が広がっていく。

激しく犯されて、桜は嫌悪感を覚えるのと同時に、心地よさを感じ始めていた。強引にペニスを突きたてられて、膣内を掻き回されると、それだけで圧倒的な快感が襲ってくるのである。

「嫌、いやぁ、止めてぇ……」

「止めてと言っている割に、おま×こは濡れまくってますよ。本当は気持ちいいんでしょう」

「き、気持ちよくなんかありません」

「嘘言わないでください。おま×こがヒクついていますよ。もし、ここで俺が突くのをやめたら、あなたはどうします? 耐えられますか?」

「そ、それは……。で、でも、本当に止めてくれるんですか?」

「止めると、これ以上気持ちよくなれないですよ。桜さん、あなたは自然に俺のち×ぽを求めている。だからおま×こを濡らすし、腰をフリフリと振って誘惑するんです。本当はあなただって気持ちよくなりたいはずなんです。口では嫌と言っても、身体は正直ですよ。どんどん敏感に反応してくるからね」

「私はおちん×んなんて求めてません」

「そうですか。でもその内、俺のち×ぽなしではいられなくなりますよ。事実、既に一度俺のち×ぽでイっているんですから……。身体が味を覚えたはずです。一度覚えた快感を、否定するのは難しいでしょう。……否、できっこない。あなたはもう、俺のものなんです。俺のち×ぽを貪欲に求める奴隷になったんですよ」

「ど、奴隷……。そ、そんな嘘です。私は嫌で仕方ありません」

「本当ですかね、少し試してみましょうか」

そう言うと、大輔は桜の右足を抱え込んだ。そして、脚を大きく広げさせ、やや斜め下からペニスを突き上げていく。結合部分が丸見えになり、半透明の糸がしとしとと伸びているのが見える。

「いやぁぁ、こ、こんな恥ずかしいポーズ。や、止めてください」

「でもおま×こは締まっていますよ。興奮しているんでしょう」

「こ、興奮なんてしていません」

「ククク、相変わらず強情ですね。でも直ぐに耐えられなくなりますよ」

大輔は思い切り怒張を突き上げると、奥の方までペニスを挿入し、そして一気に引き抜いた。膣壁を巨大な怒張が擦っていき、堪らない快感が発生する。ずりゅずりゅとペニスで膣壁を擦られると、それだけで心地よくなってしまう。これはもう嘘ではなかった。

(ど、どうして……、どうして気持ちいいの? 嘘でしょ。私おかしくなってしまったの?)

桜は混乱していた。

徐々に大輔のペニスを受け入れ始めている。同時に、もっと激しく突いてほしいという願望は生まれ始めた。

「おま×こがヒクついて、俺のち×ぽを離しませんよ。どうです、気持ちよくなってきたでしょう。俺のち×ぽはかなり大きいから、膣内を激しく擦り上げるんです。それに奥まで届くから、その分気持ちよくなっているはずです。桜さん、そろそろ認めましょうよ。俺のち×ぽの虜になったって言ってください」

「そ、そんなこと死んでも言えません」

「本当に強情だ。その意志の強さだけは認めますよ。でもそれがいつまで持つかな?」

大輔は桜を立たせて、立ちバックの姿勢で犯し始めた。ずちょずちょと、結合部分から淫音が鳴り響き、室内に染み渡っていく。

「く、あぁぁ、はぁん、そ、そんな激しく突かないで、壊れちゃいます」

「大丈夫ですよ。突けば突くほど気持ちよくなりますから」

「いやぁ、もうイキたくない。止めてぇ……」

悲痛な叫び声を上げる桜。

しかし、大輔は一切聞き入れる気配がない。むしろ逆に、抽送のペースを速めていった。

膣内がじわじわと熱くなり、奥底から快感が迸ってくる。じんわりとした悦楽が、膣内全体を包み込み、それがやがて全身に広がっていく。膣は激しく痙攣し、収縮を繰り返している。再び強いアクメが襲ってきて、桜を覆い尽くしていった。

立ちバックで犯されて、感じてしまっている。その事実に、桜は嫌気が差していた。犯されているのに、気持ちよくなってしまっているのだ。これは屈辱以上に耐えがたい感情であった。徐々に、立っているのが辛くなる。膝がガクガクと震え、ふらふらとしてくるではないか。

それでも大輔は抽送のリズムを崩そうとはしない。素早い動きでペニスをピストンさせて、突き上げていく。圧倒的な快感が桜を包み込み、彼女を恍惚とさせていった。

「おま×こがヒクついてきましたね。イキそうなんですね」

「もう、イキたくないんです。これ以上されたら、私変になってしまいます」

「変になっていいんですよ。俺のち×ぽの味を覚えて、そして快感に身を委ねてください。そうすれば、あなたはもっと自由になれる。自分の殻を破れるんです。あなただってそれを望んでいたんでしょう。きっと、セックスの快感に包み込まれて、セックスなしではいられなくなりますよ」

「いやぁ、あぁあ、そ、そんな変態みたいになりたくない」

「でも気持ちいいでしょう? 認めてください」

気持ちいいか気持ちよくないかで考えれば、当然気持ちいいという感情が優っている。しかし、それを認めてしまえば、自分がどんどん闇の中に堕ちていくようで、認められなかった。しかし、あまりの心地よさに、とうとう桜は屈してしまう。

「き、気持ちいい……。気持ちいいです」

「ククク、ようやく認めましたね。ご褒美に、もっと突き上げてあげます。覚悟してください」

大輔はそう言うと、立ちバックの姿勢を改め、桜をベッドの上に四つん這いにさせ、その状態で怒張を激しく突き立てていった。

ピストンのリズムが早くなり、さらにより一層奥深くまでペニスが届くようになる。素晴らしい心地よさが桜を包み込み、彼女はもう何も考えられなくなった。

「あぁん、い、イク、イッちゃいますぅ」

「またイクんですか? 仕方ない牝犬ですよね。でも、俺もそろそろイキそうなんで、一緒にイキますか。もちろん、中出しさせてもらいますけどね」

「な、中は止めてください……、赤ちゃんができてしまいます」

「大丈夫です。中出しされた後でも有効な避妊薬がありますから、後で飲ませてあげます。それに身籠ったら身籠ったでいいじゃないですか、俺の子どもを産んでください」

「いやぁぁ、止めてぇぇ、中はダメェェ」

激しく抵抗する桜であったが、心のどこかで大輔の精子を受け止めたいという希望もあった。それは女が持つ本性であろう。牡の欲望を、子宮で受け止めたくなるのである。

大輔の腰の動きが一層速まり、パンパンパンと肉同士がぶつかり合う音が大きくなっていった。貪欲に突かれて、桜は既に限界を超えていた。じんじんと膣内全体が反応し、ビクビクと身体を震わせていく。断続的に襲ってきたアクメは、かなり強まっており、彼女を支配していた。イクのは時間の問題であろう。

一方、大輔も激しい射精感を覚えていた。かなり速いペースで動いていたので、その分イクのも速くなる。最後の仕上げに素早く動くと、彼の中にオルガスムスという名の爆弾が降り注ぎ始めた。

「うぉぉぉ。い、イク、出ます」

大輔はそう言うと、牡の欲望を一気に放出した。

「止めてぇぇ、な、中はらめぇぇぇ」

呂律が回らなくなった口調で、必死に抵抗するが、既に遅かった。

大量の精液が、桜の胎内に注ぎ込まれる。

大輔の精液はかなり大量であり、入りきられなかった分が、結合部分から零れ落ちていった。

「あぁぁ、な、中に、精子が出てる、いやぁぁぁ」

「大丈夫ですよ。でも中出しされると気持ちいいでしょう。お腹の中が熱くなって、その内止められなくなりますよ」

「うぅぅぅ、ひ、酷いぃ。こんなのって……」

項垂れる桜であったが、熱い精液を胎内に注ぎ込まれる感覚は、素晴らしいものがあった。嫌ではあるのだが、癖になりそうな感覚であった。

大輔はセックスの余韻に浸りながら、ゆっくりとペニスを引き抜いた。すると、ゴポゴポと精液が溢れ出し、それがベッドの上に滴り落ちていった。

桜はガクッと崩れ落ち、しくしくと泣き始めた。

しかし、涙の中にも、もう一度セックスしたいという激しい願望が存在していたことに、桜は気づいていた。そんな自分が嫌になり、彼女は涙を流したのである。

ランジェリーモデルとしての日々は始まったばかりだ。

二人のセックスを見ていた美咲が、桜に向かって言った。

「今日はとりあえず終わりよ。明日、また同じ時間に来なさい。もし来なければ、写真をバラまくからそのつもりでね」

「ひ、ひぃ……。明日もするんですか?」

「もちろんよ、ただ少し趣向を変えるわ。まぁ大丈夫、あなたも直ぐに慣れて、楽しくなるはずよ。心配しないで。それじゃ明日待っているわ」

こうして、桜は一時的に解放された。

明日、再び彼女はここにやってくるだろう。桜は憂鬱と期待が入り混じった感情を覚えて、家路に就いた――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました