連載官能小説『ストリッパー』第4回

連載官能小説

連載官能小説『ストリッパー』第4回

信彦は童貞ではないが、それほど性体験が豊富なわけではなかった。現在、彼女はいないし、あまり風俗などの女遊びもしないから、性処理はもっぱらマスターベーションであった。そんな彼が、こうしてストリップ劇場に足を踏み入れているのだから、人生わからないものである。

瑠奈の脚を開く。まだシースルーのスケスケの衣装を着ているが、ドレスの上からでも下着のラインが良く見えた。もちろん、穿いているのは普通の下着ではなく、いわゆる見せパンであろう。ショーツ越しに秘部に触れてみると、じんわりと熱を持っているのがわかった。

「んん、くぁ……」

軽く触れただけなのに、瑠奈は甘い声を出し始めた。

(そんな声を出されると、興奮しちゃうなぁ)

先ほどイケなかったため、ペニスは暴発寸前な程、膨れ上がっている。溢れ出る興奮を抑えながら、信彦は性器への愛撫を続けた。

途中、ショーツが邪魔だと思い、一気に脱がしてしまった。若干締め付けのあるタイプだったので、脱がすのに手間取ったが、瑠奈が腰を上げて、脱がすのを促してくれる。ショーツのクロッチ部分には、薄っすらと染みができており、彼女も興奮しているのだとわかる。

「濡れてますね。ストリップに出ると興奮するんですか?」

と、信彦は尋ねてみた。

ストリップでダンスを踊る踊り子たちが、踊りながら濡れているとわかれば、ますます興奮してしまう。これは是非とも聞きたい質問であった。

「いやん。見られると興奮してしまうんです」

「見られると興奮するの?」

「そうです。そうすると、自然と濡れてしまうんですよ」

「エッチなんだね。でも俺もそう言う子の方が好きかな」

「フフフ。そうですか。ならよかったです。ねぇ、もっと弄ってくれませんか? 我慢できないの」

「わかった。たっぷり弄ってあげるよ」

信彦はそう言いながら、手指を秘唇に押し当て、くりくりと刺激し始めた。小陰唇のビラビラはそれほど大きくなく、全体的に小ぶりである。それでいて、変に黒くなっておらず、キレイなサーモンピンク色をしている。膣口付近を指で擦るように弄り回しながら、少しずつ、その範囲を広げていく。

すると、瑠奈の声も次第に大きくなり、それに合わせて、たっぷりと愛蜜が噴き出してくるのがわかった。きっと、興奮しやすい体質なのかもしれない。手指を舌で湿らせると、信彦はゆっくりと、胎内に指を挿れていった。

ぬむぬむと指が入っていく。既に、かなり濡れているので、指の挿入はスムーズに行われた。胎内はヌメヌメとしていて温かく、ねっとりとした感覚である。カリカリと膣壁を擦るように刺激すると、瑠奈がビクビクッと体を震わせた。

「あぁ、指でおま×こ弄られると気持ちいいのぉ」

「どうされると、もっと気持ちよくなるんだい?」

「もっと奥の方を掻き回して。おま×この奥がいいの」

「奥がいいんだね。わかった。じゃあお望み通り、奥の方を弄ってあげるよ」

信彦は指をずっぽりと奥の方まで侵入させていく。瑠奈の胎内は、かなり窮屈であり、キュウキュウと指を締めつけてくる。指だけでもこの刺激である。これがペニスだったらどうなってしまうのか? 考えるだけでワクワクしてくる自分がいた。

「締め付けが強くなってきました。おま×こ気持ちいいですか?」

「はい。気持ちいいですぅ。おま×こが熱くなって、じわじわ気持ちよくなっちゃうのぉ」

「じゃあ、もっと弄った方がいいですね。そっちの方が気持ちよくなれると思うし……」

「もっと弄ってくださいぃ。おま×こたっぷり可愛がってぇ」

瑠奈の甘い声を聞いていると、どんどん興奮してくる自分がわかる。ここまで興奮したのは、本当に久しぶりであった。

ふと、信彦はそこで洋子のことを思い出した。

瑠奈には申し訳ないが、どうしても洋子と比べてしまう。もちろん、信彦は洋子とこのような行為をしたことがない。だから、実際の洋子がどんな体をして、どんな声を上げるのかは知らない。

それでも、想像上の洋子は、いつも淫乱に輝くのである。今の相手が、洋子だったら、どれだけ幸せか。ありえない妄想を抱きながら、信彦は首を左右に振った。邪念を捨てなければならない。

今、自分がするべきなのは、瑠奈を気持ちよくすること。そうすれば、あの仮面の踊り子の正体が知れるのかもしれないのである。

仮に、あの踊り子が洋子だったら、自分はどんな反応をするだろうか? 驚くのはもちろんである。洋子に対する評価が下がるだろうか? 否、それはない。むしろ、もっと好きになるかもしれない。

「信彦さん、何か別のこと考えてます?」

と、信彦の意思を見抜いたかのように、瑠奈が声をかけた。

「あ、いや、ゴメン、ちょっと変なこと考えちゃって」

「もしかして、例の仮面の踊り子のことですか」

「うん。まぁね」

「そんなに気になるんですか?」

「そうなんだ。早く教えてくれないかな?」

「ウフフ。まだです、まだ私、たっぷり気持ちよくなっていません。私をしっかり気持ちよくしてくれたら、ちゃんと教えますよ。だから安心してください」

「本当だね?」

「もちろんです。信じてください」

今は瑠奈の言葉を信じるしかない。

信彦は、秘唇を指で弄るのを止め、顔を近づけていった。

性器に顔を近づけると、レモン風味のヨーグルトのような香りがしてきた。少しだけアンモニア臭がするが、それは決して不快な香りではない。むしろ、瑠奈の体臭と入り混じって、高貴な性臭へと変化していた。

こんな匂いが嗅いでしまうと、どんどん興奮してしまう。

信彦は狂ったように鼻を動かし、匂いを嗅ぎ始めた。

「いやいや、そんな匂いを嗅がないでください」

「瑠奈ちゃんのおま×こ、凄くいい匂いがするんだ。だからもっと嗅がせて」

「いゃん、恥ずかしいですぅ」

瑠奈は恥ずかしがりつつも、腰を左右に振って誘惑してくる。

適度に脂肪の乗った太ももを持ち、それを左右に広げ性器を露出させる。そして、その状態のまま、彼は激しく秘裂にむしゃぶりついた。

じゅるじゅる……、ちゅぱちゅぱ。

激しく淫猥な音がこだまし、静かな室内に染み渡っていく。

瑠奈は舐められるのが好きと公言している通り、うっとりとした表情でクンニリングスを受けている。そしてとろんとした目つきで、信彦を見つめる。

「あぁん、の、信彦さん、おま×こ気持ちいいです」

「どんどん濡れてくるよ、瑠奈ちゃんは本当にエッチなんだね」

「エッチな子、好きですよね?」

「もちろん、エッチは楽しむものだからね。恥ずかしがっていると、楽しみも半減してしまうよ」

「信彦さん、クリも舐めてください。そっちも感じるんです」

「うん。わかった。そっちも弄ってあげるよ」

舌先を膣内に挿れて、べろべろとアイスクリームを舐めるかのような仕草で、舐め続けていた信彦であったが、瑠奈の要望通り、照準を陰核に向けた。

手指を使って、陰核の包皮を剥くと、白い米粒大の突起が現れる。剥き出しになった女豆は、ヒクヒクと小刻みに震えていた。

そこを丁寧に舌で弄る。舌先を器用に使って、舐め始めると、瑠奈の声が一層大きくなっていった。

「くぁ、あぁん、それ、いいです、凄く気持ちいい。あぁぁん」

舐めれば舐めるほど、蜜がしとどに噴出してきて、ベッドのシーツの上はアッという間に女蜜で染まっていった。

クリトリスを舌で丹念に舐め回しながら、同時に指で胎内を刺激する。クリトリスと膣のダブルで刺激され、瑠奈はガクガクと身体を震わせていった。

「アッ、おま×こ蕩けちゃう。気持ちいい。本当に……」

やがて、瑠奈は小さなアクメを感じ始めたようであった。そして、身体をビクッと跳ね返すと、そのまま何かに耐えるように力を入れ始めた。

「瑠奈ちゃん、どうかした?」

「すみません。気持ちよくて少しだけイってしまいました」

「自分だけイクなんてズルいなぁ。でもここまできたからには、完全にイカせてあげるよ」

「いゃん、敏感になったおま×こ舐めないでぇ……、じんじんしてるのにぃ」

ぐしょぐしょになった秘裂を、必死になって信彦は舐め続けた。クリトリスと秘唇の二か所行き交うように往復し、愛撫を続けていく。

小さなアクメがどんどん大きくなっていき、やがて高波となって瑠奈を襲い始めた。

「ふぁ、くぅぅぅ、の、信彦さん、私、もうダメです。おま×こ気持ちよすぎますぅ」

「また、イキそうなんだね?」

「はい。もうイキそうです」

「ならイっていいよ、激しくイって気持ちよくなって」

「あひぃぃ。い、イグゥゥ」

唸るように声を上げると、瑠奈はそのまま身体をビクッと反応させた。膣内が激しく収縮し、締め付けが強くなる。そして、そのまま瑠奈は果ててしまった。

ガクッと項垂れる瑠奈を見て、信彦も堪らない興奮の中にいた。ギンギンに勃起したペニスを早く挿れて解放したい。仮面の踊り子も気になるが、今はセックスがしたくて堪らなかった。

「瑠奈ちゃん。イッたばかりのところ悪いんだけど、そろそろ、俺も気持ちよくなりたい。おま×こにち×ぽ挿れてもいいかな?」

すると、瑠奈は姿勢を起こしてニコッと笑った。

「そうですね。私だけ気持ちよくなってすみません。次は信彦さんの番ですね。私のおま×こを使って、存分に気持ちよくなってください」

「ありがとう、じゃあ挿れるよ」

仰向けになっている瑠奈の両脚を持ち、それをゆっくりと左右に広げていった。

イッたばかりの彼女の性器は、不規則に震えているよう見えた。しっとりと濡れているので、直ぐに挿入できるだろう。

信彦はグッと生唾を飲み込むと、ペニスを持ち、それを瑠奈の秘唇に押し当てていった――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました