連載官能小説『ストリッパー』第9回

連載官能小説

連載官能小説『ストリッパー』第9回

甘く蕩けるようなキスを展開し、そのまま洋子を押し倒していく。この時、洋子は全く抵抗しなかった。既に、自分の行く末を受け入れている。というよりも、少しずつ信彦の強引な態度に惹かれつつあった。

何かこう、無理矢理犯されていくような気がして、妙に興奮してしまうのである。

(私、佐々木さんに抱かれるんだ……)

最初は、嫌だったのに、今ではその嫌な気持が消失している。その代わり、高鳴る期待感が彼女を支配していた。

「洋子ちゃん、挿れるよ……」

キスを終えた信彦は、洋子の脚をクッと開いた。

秘所から、エッチな香りが漂ってくる。ツンとするヨーグルトのような香り、甘く切ない香りでもある。こんな匂いを嗅いでしまうと、ますます興奮してしまうではないか。信彦は、ゴクリと生唾を飲み込み、洋子の秘裂を覗き込む。

小陰唇のビラビラが妙にいやらしく、そして膣口は愛蜜で満たされて、テカテカと輝いている。そのエロスを感じさせる光景に、信彦は黙って気を高めていった。

「ちょ、ちょっと待って、そんなに大きなの入らないです」

「大丈夫だよ、洋子ちゃんのおま×こ、こんなに濡れてるし……。それに痛かったら言って。なるべくゆっくりするから」

「けど、佐々木さんのおちん×ん、凄く大きいですし」

「俺のち×ぽは大きいけど、大丈夫さ。洋子ちゃんと早く繋がりたがっている。だから、早く挿れてもいいかい?」

「なるべく優しくしてください」

「もちろんさ。その点は安心してよ。俺は洋子ちゃんを苦しめたいわけじゃない。むしろ、逆さ。一緒に気持ちよくなりたい。だって、今日だけは、洋子ちゃんは俺の彼女なんだから……。彼女とセックスしたいのは、どんな男だって一緒だよ」

信彦はそう言うと、洋子の秘唇にペニスをあてがった。

くちょんと、膣口にペニスが触れる。たっぷりと噴き出した蜜液が、信彦の亀頭に付着する。ぬるぬるとしていて、とても気持ちいい感覚である。

信彦自身も緊張していた。憧れの洋子を抱けるのである。緊張しないほうがおかしい。片手でペニスを持つと、そのままゆっくりと挿入していった。

ずぶずぶずぶ……。

愛のシロップで満たされた膣内は、どこまでも滑らかであり、とても暖かかった。ペニスはスムーズに挿入され、信彦は胎内の感触を味わっていく。

洋子の膣内は、とても窮屈であり、キュウキュウとペニスを甘締めしてくる。その締め付け具合が、見事であり、信彦を満足させていった。まさに、挿れただけでイってしまう。そんな感覚させしてくるではないか。

「あぁぁぁ、佐々木さんのおちん×んが入ってくる……。お、大きい……」

洋子は頭をフルフルと左右に振ると、甘い声を出しながら悶え始めた。

あまりに大きな信彦の怒張を迎え入れて、彼女の強い興奮の中にいた。同時に、ここまで大きなペニスを迎え入れるのは初めてであると感じる。

「全部入ったよ。俺のち×ぽが洋子ちゃんの中にずっぽり収まった」

「はうぅぅ、なんか変な感じがします。心地いいというか、安心するというか」

牡の象徴を体いっぱいに受け止める。女としての本性が、喜びの声を上げていた。

「少しずつ動くからね」

と、信彦は告げると、自然と腰を動かし始めた。

洋子の胎内は、想像以上に気持ちよく、気を抜くと、忽ちイってしまいそうになる。信彦は、キュッと下半身に力を入れると、なるべくイカないように気合を込めて抽送を始める。

(洋子ちゃんの中、すげぇ気持ちいいや……)

信彦は、緩やかなペースでピストン運動を行っていく。

結合部分から、半透明の糸が嫌らしく伸び、それに合わせて、にちゃにちゃという淫靡な音がこだましていった。二人だけの空間に、淫音が鳴り響き、二人の興奮のボルテージも上がっていく。

「あぁ、洋子ちゃん、そんなに締めないで、ち×ぽが食いちぎられそうだ」

「はぁん、そんな、わざとじゃないんです、ただ、おちん×んを挿れられると、どうしてか自然と締まっちゃうんです」

「それって気持ちいいってことかな?」

「はい、気持ちいいです」

認めたくないけれど、気持ちいいには違いない。

半ば無理矢理犯されている状態なのに、どこか興奮してしまう自分がいる。洋子の中に棲む、M性が徐々に開花していき、ストリップで観られている時のような感覚が直走る。それだけ、彼女も気持ちよくなっているのである。

「洋子ちゃんが気持ちよくなってくれて、俺も嬉しいよ。もっと気持ちよくしてあげるからね」

信彦はそう言いながら、リズミカルに腰を動かしていく。

洋子が心地よくなり、自分も満足感に浸れる。同時に、もっと二人で気持ちよくなりたいという感情が噴き出してきて、彼の動きを徐々に力強くさせていくのだ。

「さ、佐々木さん、もっと奥に、奥を突いて……」

「うん、奥がいいんだね。なら、奥を突いてあげるよ。あと、洋子ちゃん、俺を信彦って呼んでよ。今、洋子ちゃんは俺の彼女なんだから」

「の、信彦さん、奥を、突いてください、あぁぁん、そ、そう、そんな感じです、ふぁ、凄い気持ちいい。くぅぅん」

洋子の甘く蕩けるような声がこだましていく。

その淫声を聞きながら、信彦も徐々に抽送のリズムを上げていく。

なるべく奥まで届くように、腰をグラインドさせ、ペニスで膣内を抉っていく。膣壁をメリメリと切り開いていき、小さな膣内が、少しずつ拡張されていった。

「奥まで……、はぁん、おちん×んが、奥まで届いています。奥を突かれると気持ちいいのぉ、もっとたくさん突き上げて、あぁん」

奥深くまで挿入するため、信彦は姿勢をやや前傾にさせた。

正常位での行為は、それほど挿入が深くならない。しかし、姿勢を前傾にさせて、お互いの身体を密着させれば話は別である。結合部分がくっつき合い、身体同士が激しく密着する。洋子に覆いかぶさるような姿勢を取った信彦は、獣のように、腰を突き上げていった。

「うぉぉ、俺も気持ちいい、洋子ちゃんの中、凄く締まって最高だよ」

「はぅぅぅ。くぅん、いやぁぁ」

洋子の膣内を堪能していく信彦。まさにそれは至福の時間であった。この時が永遠に続けばいい。そんな風に思えてくる。

ペニスを奥深くまで挿入され、洋子の腰は砕けていく。膣内の違和感に動転しながら、彼女は腰を震わせていった。

信彦は、洋子の脚を大きく広げた。すると、膣内の形状が若干変わり、締め付け具合が強くなった。

開かされた股の間がすごく熱い。洋子は迸る快感にくらくらとしていた。妙に興奮してしまい、ぬらぬらとしたシロップ状の液体が、しとどに溢れ出してくる。

結合部分から、ムワっとする、性臭が漂ってくる。脳の奥まで響くような、興奮させる香りである。ツンとした、酸っぱい香りがするものの、決して不快な香りではない。むしろ、嗅げば嗅ぐほど興奮する、高貴な香りであった。

「洋子ちゃん、もしかして淫乱?」

「淫乱じゃないです。そんな酷いこと言わないでください」

「だって、こんなに風に犯されて、おま×こを濡らしまくっているし、いつの間にか、凄い喘いでいるし……。でも、俺は嬉しいよ。俺は、女の子は少し淫乱くらいがちょうどいいと思ってる。だって、そっちの方がエッチが楽しめるからね」

「はぅぅ、やぁぁ、あそこが熱いぃィ」

「あそこじゃないよ、おま×こだよ。洋子ちゃん、おま×こ気持ちいいって言って。俺に聞かせて」

「そんな恥ずかしい言葉、言えません」

「駄目だよ。言ってくれなきゃ、俺満足できない。洋子ちゃんの口から聞きたいんだ」

洋子は迷っていた。

そんな淫語、口にした経験はない。

しかし、言えばもっと気持ちよくなれのではないか? そんな風に思えた。

「お、おま×こ気持ちいいです」

恥ずかしながら、洋子は告げた。

その言葉を聞き、信彦は一層いきり立った。

美女の、秘唇から、酸っぱい熟した果実のような香りが漂ってくる。

信彦は、前傾にさせていた姿勢を起こし、今度は反対に反り返った。なるべくペニスが抜けないように注意しながら、抽送を続けていく。

それと同時に、信彦は、洋子の陰核を責め始めた。信彦の陰毛が僅かに触れて、心地よくなっていたのであるが、ダイレクトに秘豆を触れられて、洋子はあられもない声を上げた。

「アァ、そこは、駄目です、感じすぎちゃいます」

「クリトリス、感じるんだね、ここを弄りながら、ち×ぽで突いてあげるよ」

「うぅぅ、いやぁぁあ、ぅあぁぁぁ」

秘所をペニスで突かれ、さらに陰核を指で擦り上げられていく。ダブルで刺激されて、洋子は止めどない快感を覚え、必死に耐えていた。

つい先ほどイッたばかりだというのに、再びアクメが襲ってくる。身体を捩らせながら、快感に身を委ねていく洋子。表情はうっとりとしていて、どこまでも心地よく見える。

ペニスで奥深くまで突かれると、じゅんと熱くなる部分がある。グッと張り出した傘頭で、膣の上辺を押されていくと、圧倒的な痺れが発生するのである。同時に、それがものすごく気持ちいい。また、陰核も責められているので、丹念で永遠に続く愛撫が、妙に心地よく感じる。

陰部への刺激がこれほどまで快感を生むとは、まったく思っていなかった。

「あぁ、……あはぁ。……いやぁ。感じすぎちゃうぅ」

徐々に洋子は達しそうになる。乳首は勃起し、M字に曲げた足が震えだしている。快感が決壊しそうになるくらい、突かれているのだ。

(あぁあ、信彦さんのおちん×ん、気持ちいい……)

怒涛の責めを我慢するように、洋子は必死に耐えていた。

なるべく声を出さないようにしたかったのであるが、それもなかなか難しい。声を封じようとしても、あまりに気持ちよくて自然と声が出てしまうのである。

「くぁぁ、あ……あ……。ら、らめぇぇ」

次第に、洋子の呂律も回らなくなっていく。

洋子の息は完全に上がり、体中が痺れていった。あまりの快感に、肌は触れられるだけで感じるほど敏感になっている。

「信彦さん、許して、私、またイッちゃいそう」

「洋子ちゃん、イキそうなんだね。ならイってもいいよ」

「んんん……、んむぅぅ」

美女の身体がビクッと反り返っていく。それを見た信彦は、さらにピストン運動を進めていき、とどめの一撃を放つ。

「あぁぁ、らめ、本当に、イク、イクゥ」

洋子の激しく体を震わせ、そのまま勢いよく潮を吹いた。

まるでお漏らしをしてしまったかのような豪快な潮吹きである。

結合部分はびしょびしょになり、信彦も驚いた。愛液が音を立てて弾け飛び、肉裂を濡らし始める。そこで、信彦は一旦ペニスを引き抜いた。

「凄い潮吹きだ。洋子ちゃんエッチなんだね」

「エッチじゃないです、出ちゃったんです。我慢したかったのに、無理でしたぁ」

「洋子ちゃん、今度は後ろから挿れたいんだけどいいかな。もっと奥まで入ると思うよ」

「後ろからですか。何か動物の交尾みたいで恥ずかしいです」

「洋子ちゃんの恥ずかしいポーズが見たいな。だから、お願い、四つん這いになって」

信彦は半ば強引に洋子を四つん這いにさせた。

そして、臀部の双肉を手で思い切り掴むと、くいっと左右に広げた。

ピタッと閉じていた割れ目が、くぱぁと顔を出し、ぬらぬらと光る秘裂が垣間見えた。

(凄いいい眺めだ。洋子ちゃんのお尻の穴までよく見えるよ)

一層興奮した信彦は、再び自らの分身を持ち、秘裂にあてがっていった――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました