連載官能小説『告白手記』第1回

連載官能小説

連載官能小説『告白手記』第1回

「告白手記ぃ?」

と、素っ頓狂な声を上げた人物がいる。

それは、20歳の大学生、荒木優希である。

今、優希の前には、一人の女性が座り込んでいる。

二人は駅前のカフェの中で話し合っていた。

女性の名は、徳田絵里奈。優希と同じ20歳の大学生である。

「しっ、優希、声が大きい」

と、絵里奈は人差し指を口元に当てて囁いた。

優希と絵里奈は幼馴染であり、幼稚園から大学までずっと一緒の仲である。

「ごめん、それで告白手記って何?」

優希がそう尋ねると、絵里奈はキョロキョロと辺りを見渡して、

「うん、スポーツ新聞とか、文芸誌に載せる手記のことよ」

「手記って日記みたいなもの?」

「まぁそんな感じ。それで、私もその手記を書くってわけ」

「ふ~ん、なんかよくわからないけれど、凄いじゃん。一端のライターみたいだ」

「そう。これで私もライターデビューよ」

絵里奈は昔から物書きに憧れている節があって、いそいそと小説を書いている。

中学生の頃は、自作のポエムみたいな詩を書いていて、優希はそれを読んだこともあるのだ。また、短編小説を書き上げては、色々な文学賞に投稿しているようである。

ただ、肝心の筆力はイマイチで、数多くの文学賞に送った経験はあるものの、一回も一次選考すら通っていない。箸にも棒にも掛からぬとは、まさにこのことである。

そんな絵里奈がとうとうライターとしてデビューする。幼馴染の優希は、それを嬉しく感じていた。何かこう、夢を叶えたような気がして、自分のことみたいに嬉しくなったのである。

「それで、どんな手記を書くの?」

と、優希は尋ねた。

文芸誌やスポーツ新聞に載るのなら、そのくらいの情報は知っておきたかった。

しかし、絵里奈は顔を真っ赤にさせるだけで、口ごもってしまった。

それを不審に感じた優希は、さらに突っ込んで尋ねる。

「言い辛い仕事なの?」

「う~ん、何ていうのかな、その、えっと、つまりね」

なかなか要領を得ない絵里奈。

早く肝心の答えが聞きたい優希は、彼女を急かし始める。すると、とうとう堪忍したように、絵里奈が答えた。

「エッチな仕事なの」

「は?」

一瞬、何を言っているのかわからなかった。

優希は自分の耳がおかしくなってしまったかと思った。

「今、何て言ったの?」

「だから、そのね、下ネタっていうか、エッチなのよ、その手記」

「エッチな手記って何さ?」

「う~んと、例えば、OLがいるとするでしょ。そのOLが体験したエッチな話を、手記風に書くのよ。それが私の仕事……」

その言葉を聞き、優希は面食らった。

折角、ライターとしての仕事を始めたと思ったら、それがエッチな仕事だった。あまりの展開に優希は口を閉ざしてしまう。

「何か言いなさいよ」

「えっと、そういうのってさ、性経験が豊かな人が書くんじゃないの」

「私も初めはそう思ったの。でもね、こんな話があるのよ」

「話って?」

「童貞が書く、官能小説が一番エロい」

「へ?」

「つまり、性体験を知らなくても想像で書ければいいわけ。私の想像力を試すチャンスだわ」

「まぁいいけどさ。とにかく頑張ってよ。応援してる」

「ホントに応援してくれるの?」

「もちろん、僕にできることがあれば、協力するよ」

結局、その日はそれで別れた。

ただ、この時の優希の言葉が、後々効いてくるとは、この時の優希は全く思っていなかっただろう。

数日後――。

絵里奈が優希の自宅にやって来た。

優希は大学生になってから一人暮らしを始めている。実家から大学まで通える距離なのだが、何となく一人暮らしがしたくて、一人で暮らしているのだ。

そこに絵里奈がやって来た。血相を変えて。

「優希、ちょっと協力して……」

「協力? 何の話?」

「だから例の手記の話よ」

「あぁ、その話。仕事は順調?」

「それがピンチなのよ」

「ピンチってどういうことさ?」

「想像で書き上げて、編集部に送ったんだけど、あんまりリアルじゃないって言われて、書き直しになったの。それで困っているのよ」

「それで、僕に何をしろと」

「あなた私のために脱ぎなさい」

「は?」

「私ね、その、変な話なんだけど、勃起したペニスをみたことないの。だから、優希のペニスがみたいってわけ」

「馬鹿! そんなことできるわけないだろ」

「だって、優希、協力するって言ったし」

「確かに言ったけれどさ。それとこれは話が別っていうか」

「いいから見せてよ。原稿料が入ったら、学食で昼食くらい奢るから」

ペニスを見せて昼食を得る。なんというか、理不尽な話ではある。

しかし、幼馴染が困っているのだ。何とか協力してあげたい。その気持ちはあるのだ。

「性器を見せればいいんだな」

「うん。できれば勃起したのがみたい」

年頃の女の子が勃起勃起言わないで欲しい。そんな風に思いながら、優希は決意を固める。

「勃起するのなら、絵里奈も協力してよ」

「え、何で?」

「だって、何もないと興奮しないもん。勃起しないよ」

「エッチな本くらいあるでしょ」

「持ってないよ。今、エロ本を持っている男子って少ないと思う。大抵DVDだろうし」

「ならDVD見なさいよ」

「レンタルか動画サイトで見るから、今はないよ」

「じゃあどうすれば?」

「僕が脱ぐんだから、絵里奈、君も脱ぐんだ」

「え、えぇぇぇぇ。どうして私が脱がなくちゃならないの」

「だって、僕だけ脱ぐなんて理不尽じゃないか。それに、絵里奈の裸を見れば、勃起すると思うし」

と、正直に告げる優希。

絵里奈は困った顔を浮かべていたが、背に腹は代えられない。今は手記の仕事を完成させたい。その気持ちが、溢れ出てきた。

「わ、わかったわ。脱いであげる」

「ホントにいいんだな」

「その代わり、ちゃんと勃起してよ」

「それは大丈夫だと思う」

優希は、昔から密かに絵里奈に憧れていた。

絵里奈はスタイルもよく、ルックスもアイドル風である。少しずつ女になっていく、幼馴染を見つめては、興奮していたのである。その絵里奈が脱いでくれる。それだけで、気分は高揚してくる。

二人は、部屋の中に入り、そして服を脱ぎ始めた。

絵里奈は下着姿になるまでは勢いが良かったのであるが、ブラとショーツになった途端、躊躇し始めた。

「ねぇ、ホントに脱がないと駄目なの?」

「そうだよ。脱いでよ。僕のち×ぽを見るんだから、絵里奈だっておま×こ見せてくれないと」

おま×こというリアルな単語を聞き、絵里奈は耳まで真っ赤になった。

「自分で脱げないのなら、僕が脱がすけれど」

「わかったわよ。脱げばいいんでしょ」

とうとう、絵里奈は決意を固めた。

まずはブラを外し、その後、ショーツを脱いだ。くるくると丸まったショーツを丁寧に畳むと、それを床の上に置いた。その姿を見た優希もボクサーパンツを脱ぎ、ペニスを露出させる。ただ、まだ勃起はしていなかった。

「まだ、勃ってないわね」

「うん。もっとじっくり見てもいい?」

「え、何をするの?」

「おま×こ、もっとじっくり見たいんだ。床に座って、脚を開いて」

「えぇぇ。で、でもそんな恰好したら見えちゃうしぃ」

「だから見せて欲しいんだよ。そうすれば、完全に勃起すると思う」

ここで引き下がれない。

絵里奈はそう思ったのだろう。渋々、床に座り込むと、くッと脚を広げた。ただ、まだ、大事な部分を手で隠している。

「手をどけて」

優希はまだ童貞である。

だから、女性器を直に見たことがない。それ故に、絵里奈のエッチな姿を見て、みるみるペニスが硬くなっていった。

「あ、おちん×んが大きくなって……」

絵里奈はそう呟いた。そして同時に、

(え、男の人のアレってこんなに大きいの? 嘘でしょ)

硬く隆起したペニスは、絵里奈の想像の遥か上を行った。

彼女自身、まだ処女であり、こんなにも間近でペニスを見た経験はなかったのだ。

我慢できなくなった優希は、強引に絵里奈の手をどけて、鼻息を荒くしながら、秘裂を覗き込む。

ヴィーナスの丘には、ふわふわとした柔らかい陰毛が繁茂していて、そこから下に視線をずらと、割れ目が見える。興奮しきった優希は、絵里奈の大陰唇に指を当て、くいっと左右に押し開いた。すると、小陰唇のビラビラが顔を出し、さらに奥に膣口が見えた。

小陰唇も膣口もキレイなサーモンピンクをしていて、少しだけぬらついているようにも見える。

顔を近づけていくと、ムッと、熟れた果実のような香りが漂ってくる。牝フェロモン臭と言えばいいのだろうか。甘くうっとりとさせる香りである。

「凄い、キレイだ」

「いやぁ、あんまり見ないでぇ」

「絵里奈、触ってもいいかい?」

「え、えぇぇぇ、触るってどこを?」

「決まってるだろ、おま×こだよ」

「ダメよ、だって、そういうのって結婚してからやるべきでしょ」

「そんなの古臭い考えだよ。周りはみんなセックスしてる。だから僕もしてみたいんだ」

「ダメダメ、そんなのダメ。見るだけにしてぇ」

「ゴメン、僕、もう我慢できない」

そう言うと、優希は、指先を膣口に押し当てた。

すると、僅かであるが濡れているのがわかった。

女性が興奮すると濡れるというのを、知識として知っている。

「絵里奈。おま×こ濡れてるよ」

「嘘よ、濡れてなんか」

「嘘じゃないよ。しっかり濡れてるよ。ほら」

そう言い、優希は愛蜜で濡れた指先を絵里奈に見せた。すると、絵里奈はかぁと顔を朱色に染めた。

「絵里奈も興奮してるんだね。なぁ、おま×こもっと触ってもいい? 気持ちよくするから」「う、うぅぅ、ダメだよぉ。私たち友達でしょ」

「もちろん友達さ。でも、友達以上の関係になりたい」

優希は指先を膣内に挿れ、クリクリと刺激し始めた。

途端、絵里なの口から甘い嗚咽が漏れる。

「あぁぁん。そこ弄っちゃダメェ」

「どんどん濡れてくるよ。絵里奈も感じるんじゃないか」

「いやぁぁ、感じてなんかない、もう止めてぇ」

「止められないよ。それに、ここで経験しておけば、もっとリアルな手記が書けるはずだよ。僕はそれに協力してやるんだから、感謝してほしいな」

手記という言葉を聞き、絵里奈は奮い立つ。

物書きに憧れて、ようやく手に入れた仕事なのである。簡単には諦めきれない。

ここでしっかりとしたいい手記を書けば、もっと別の仕事ができるかもしれないのだ。そのためには、今は色々な経験をする必要があるのかもしれない。

「わかった。触ってもいいから、優しくして。初めてなんだから」

「え、絵里奈って処女なの?」

「そうよ、文句ある? あんただって童貞でしょ?」

「うん、童貞だよ、じゃあ二人とも初めてなんだ。ちょっと嬉しいな」

「馬鹿なこと言ってないで、早くしてよ。この体勢恥ずかしいんだから」

「わかったよ。ちゃんと気持ちよくするから……。もちろん、初めてだけど」

優希はそう言うと、指先を胎内の奥の方まで挿入していった――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました