連載官能小説『告白手記』第2回

連載官能小説

連載官能小説『告白手記』第2回

絵里奈の秘裂は、全体的にヌメヌメとしていて、スムーズに指を吸い込んでいく。温かな胎内の質感を堪能していくと、優希もどんどん興奮してくるのがわかった。既に、ペニスは激しく屹立し、いきり立っている。早くこの暴発寸前の分身を何とかしたい。

思うのはそればかりであった。

「指、入ったよ。どんな感じ?」

と、優希は尋ねた。

すると、絵里奈は少し恥ずかしそうに顔を背けると、

「えっと、何というか、変な感じ」

「気持ちよくないの?」

「馬鹿ぁ、そんなこと聞かないでよ」

「教えてよ。気持ちいいの? 気持ちよくないの? どっち?」

少しの間があった後、絵里奈は答える。

「まぁ、気持ちいいかな。くすぐったいけれど」

「それはよかった。安心したよ」

続けて、優希は奥の方まで挿れていった。

膣壁をカリカリと擦りながら、刺激していくと、自然と絵里奈の口から甘い声が漏れ始める。

「あぁぁん、あふぅ……」

「絵里奈のおま×こ、凄い濡れてるよ。どんどん溢れてくる」

指で弄れば弄るほど、愛蜜が溢れ出し、それが優希の指先を濡らしていく。

テカテカと光り輝く指先は、エロスを感じさせるではないか。

絵里奈は脚を広げ、ガクガクと身体を震わせながら、愛撫を受けていく。どこか恥ずかしさが襲ってきて、顔がかぁと熱くなる。ただ、少しずつ、気持ちよさの波が襲ってきて、心地よくなっていく。

最初は、くすぐったくて、変な感じがしていたのであるが、徐々に、性器を触られるとじんわりと気持ちよくなっていくのだ。

(もう一本くらい指が入りそうだな)

処女である絵里奈の膣内は、かなり窮屈である。それでも、指先でくちゅくちゅと弄り回していくと、次第に広がりを見せていき、指への吸いつきが激しくなっていく。

優希は、それまで人差し指のみを挿れていたのであるが、今度は中指をプラスして、再び胎内に挿入していく。指先はキュウキュウと締め付けられ、しっとりと愛蜜が噴き出し、ぬるぬるとしていった。

「あぁん、もう止めよ。もういいでしょ」

と、必死に抵抗しながら絵里奈が囁く。

ここまできて、止まれるわけがない。

むしろ、どんどん興奮してくるのである。性的に目覚めていく優希は、より一層大胆になっていった。

「まだ、足りないよ。ここで止められるわけない。もっと弄ってもいいでしょ」

「でも、私はただ、勃起したおちん×んが見たいだけで、その、こういうことがしたいわけじゃ」

「いいじゃん。気持ちいいでしょ?」

「それはそうなんだけど。やっぱり、こういうのって好き合っている者同士がやるべきだと思うし」

好きな者同士……。

その言葉を聞き、優希はハッとした。

自分は、絵里奈をどう思っているのだろうか?

昔から憧れていた存在。それが優希にとっての絵里奈である。

好きだからこそ、こんなにも惹かれているのかもしれない。

「ぼ、僕は、絵里奈が好きだよ」

と、正直に告げる優希。

対する絵里奈は、驚いた表情を浮かべた。

「え、今何て言ったの?」

「だから、僕は絵里奈が好き。昔から好きだったんだ」

絵里奈はスッと顔を下向けた。恥ずかしがっているようにも見える。

フルフルと身体を震わせると、彼女は恐る恐る声を出した。

「ホントに言ってるの?」

「うん、ホントだよ。絵里奈は僕のこと、どう思っているの?」

絵里奈は少し考えこむ。

(私、優希をどう思っているのだろう?)

今まで、あまりに近い存在だったから、あまり意識してこなかった。

幼稚園からずっと一緒だったし、これからも友達として一緒にいるんだろうなと思っていた。だからこそ、改めて、優希に好きと言われて、かなり驚いてしまった。

ただ、よく考えれば、優希が自分に好意を抱いている可能性は感じ取れていた。時折、目が合うし、自分を見つめる時の優希は、物凄く力が入った目をしていた。これは、好きだからこそ、できる行為なのではないか? そんな風に思えた。

「わかんないよ。だって、ずっと一緒だったし」

「僕は好きだよ。こうして絵里奈をものにしたかった。だから今、物凄く幸せだよ」

「ふぁ、あぁぁん、ズルいよ。今になってそんな風に言うなんて」

「好きだから、愛し合いたいんだ。最後までやらせて」

最後まで……。

どこまで行ってしまうのだろうか?

不安になる一方、期待感も募っていく。

「クリトリス弄ってあげるよ」

女性の一番敏感な部分。それが陰核である。

エッチな本などで、そのくらいの知識はあるのだ。そこを弄れば、今以上に気持ちよくなってもらえるような気がした。

「だ、ダメ、ダメだよ。そんなとこ弄られたら、私、変になっちゃう」

「変になっていいじゃん。僕に変になったところを見せて」

「いやぁぁ、止めてぇぇぇ」

必死に抵抗する絵里奈であったが、男性である優希の力には敵わない。

力及ばず屈していると、興奮しきった優希が陰核を責め始めた。

右手を使って膣内を刺激し、空いた左手で陰核を弄る。

小陰唇のビラビラの上方部分に、包皮に包まれた突起がある。その包皮を剥くと、白い豆のようなものが飛び出した。それは、ヒクヒクと震えていて、触ってほしそうな感じがする。

優希は女豆を指で摘まむと、コリコリと刺激し始めた。クリトリスを弄っていくと、自然と、膣内の締め付けが強くなった。また、しとどに愛蜜が滴り落ちてきて、それが床に零れ出し小さな水たまりを作った。

「クリトリス、気持ちいいでしょ?」

「あはぁ、くぅぅ、ダメだよぉ」

「絵里奈だって気持ちいいはずなんだ。正直になってよ。僕、一生懸命やるから……」

「うぐぅぅぅ、き、気持ちいいけど、恥ずかしいよぉ、こんなに脚を開いて、あそこが丸見えになって、それで弄られているんだよ。くぅぅ」

「恥ずかしがってる絵里奈も可愛いよ、もっと、恥ずかしくさせたくなる」

「いやいや、もうこれ以上はダメ。もう、おちん×ん大きくなったでしょ」

「ビンビンだよ、ほら」

そう言うと、優希はいきり立ったペニスを絵里奈に見せた。

赤黒く変色したペニスは、醜悪な生き物のように見える。こんな凶暴なものが、自分の中に入るのか? それを考えると、恐怖心が浮かび上がってくる。

「もう、大きくなったおちん×ん見れたからいいよ、もう止めよ、ねぇ」

「ダメだよ。僕、我慢できない」

クリトリスを弄っていた優希は、スッと顔を秘裂に近づけていった。

甘く少しだけ酸っぱいような香りが鼻を突く。

性器に顔を近づけ、くんかくんかと匂いを嗅ぎ始める。

「あぁぁん、ダメェ、匂い嗅いじゃいやぁ」

「凄くいい匂いがする。絵里奈のおま×この堪らないよ」

「ダメだよ、汚いし、臭うから嗅がないでぇ」

「大丈夫、汚くないよ。舐めさせて」

「きゃぁぁ、舐めちゃダメェェェ」

絵里奈は脚を閉じようとするが、それを優希が抑え込む。

そして、彼は強引に蜜壺を舐め始めた。

ぴちゃぴちゃ……にちゃにちゃ……。

淫靡な音がこだまし、優希の性的なボルテージを上げていく。

ペロッと秘唇を舐めると、僅かに塩気が感じられた。

性的に興奮する牝フェロモン臭を感じながら、クンニリングスを展開していく優希。初めてであるが、とにかく舌を動かして性器を舐め続ける。

「んん、じゅる、ちゅぱ、エッチなお汁がどんどん出てくるよ」

「ふあぁん、あぁぁ、舐められると凄く変な感じがするぅ」

ねっとりとした舌先で、女唇を舐められると、それだけで心地よくなってしまう。恥ずかしさのあまり、顔は沸騰するほど熱くなっているが、それに合わせて、快感の波が襲ってくる。

(あぁぁ、何か変、あそこが気持ちいいよぉ)

次第に、絵里奈は快楽を覚え、くねくねと身体を動かし始める。

対する優希は、懸命に秘唇を舐め続けて、さらに陰核を舌先で転がしていく。これには、絵里奈も堪らなくなって、身体を反り返らせた。

「くぅぅん、あぁぁぁん、き、気持ちいいよぉ、優希、あそこが気持ちいいぃ」

「うん、もっと気持ちよくなって。イキたくなったら、イってもいいよ」

イクというのがどのようなものかわからない絵里奈であったが、膣を通して、じわじわと全身が熱くなっていくのがわかる。同時に、淡い快楽に包み込まれ、膣内が痙攣していく。

「あぁぁ、ダメ、これ以上されたら、私、おかしくなる」

「おかしくなっていいよ。それがイクってことだから……」

せり上がってくる快感に、絵里奈は耐えきれなくなる。これがイクということなのだろう。気づくと彼女は叫んでいた。

「くぅぅ、あぁぁ、もう、限界、イク、イッちゃうぅ」

ガクガクと身体を震わせて、絵里奈はオルガスムスを迎える。

最後の最後まで優希は彼女を責め続えて、激しくイカせた。

「イッたんだね。よかったよ。ねぇ絵里奈。僕のち×ぽが見たかったんだよね?」

「そうだけど……」

「俺のち×ぽ弄ってみてよ。そうすれば、告白手記にも役に立つと思う」

「弄るってどうやって?」

「例えば、手コキするとか、フェラするとか」

「えぇぇ、ふぇ、フェラって舐めるんだよね。そ、そんなの無理、できないよ」

「何事も経験だよ。とにかくやってみてよ。僕も気持ちよくなりたいんだ」

何となく、ペニスに対する興味も出てきた。

あれだけ大きくなったペニスを弄ると、どうなってしまうのだろう。

「わかった。やってみる」

「ありがとう。じゃあ早速弄ってみて」

優希は膝立ちになると、いきり立ったペニスを絵里奈の方に向ける。

絵里奈はゴクリと生唾を飲み込み、ペニスを一心に見つめた――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました