連載官能小説『告白手記』第8回

連載官能小説

連載官能小説『告白手記』第8回

(とりあえず、おま×こにち×ぽを挿れればいいんだよな?)

童貞である優希は、混乱しながら、ペニスを秘裂に導いていく。

絵里奈自身も覚悟を決め、キュッと目を閉じながら、挿入されるのを待っていた。

ぺちぺちと絵里奈の内腿付近をペニスで叩き、何とか、膣口にペニスを押し当て、ゆっくりと挿入していく。

なかなか挿れにくかったのであるが、たっぷりと愛蜜で満たされていたため、ぬむぬむと、ペニスが導かれていった。

「入ったぁ」

感動しながら、優希が叫んだ。

それを聞き、苦痛に顔を歪める絵里奈。

処女は痛みがある。そういう話を聞いていたが、かなり痛かった。ブチっと膜が弾かれたような音が聞こえ、大きな怒張が胎内に入ってくる。

(うぅぅ、痛いぃぃ)

痛みはあるものの、痛いと言ってしまうと、どこかムードが壊れてしまうような気がして、彼女は必死に耐えていた。

挿入の喜びに、有頂天になっていた優希であったが、ふと、絵里奈の表情を見て、驚いてしまった。

「絵里奈、大丈夫?」

「うん、何とか、けど、結構痛いかも……」

「初めては痛いっていうからね。どうする? 抜く?」

「ううん、大丈夫だと思う。ただ、あんまり速く動かないで」

「わかった。じゃあゆっくり動いていくよ」

優希は絵里奈がなるべく痛まないように、緩やかなペースで動いていく。腰をゆっくりと振り、奥の方まで挿入すると、一旦そこで固まって、膣内の感触を味わっていった。絵里奈の蜜壺は、かなり窮屈であり、ペニスをキュウキュウと締め付ける。ペニス全体が、キュッと甘締めされ、心地の良い刺激が伝わっていくのだ。

(これがおま×この中なんだ……。凄い気持ちいい)

初めてセックスをして、優希はそんな風に感じていた。とにかく、気持ちよくて仕方ないのだ。本当は、もっと動きたい。でも、あまり無理をすると、絵里奈が痛がってしまう。絵里奈を苦しめるのは、本望ではない。ならば、最初は丁寧に動いていく必要があるだろう。

「ちょっと動くよ」

「うん」

優希は恐る恐る腰を動かした。にゅるんとペニスが動き、鋭い刺激が伝わってくる。絵里奈の膣内は、襞のようなものがあり、それがペニスに絡みついていくのである。いわゆる数の子天井という名器であった。

ふと、結合部分に視線を注ぐ優希。たっぷりと蜜で満たされているものの、若干ではあるが、血が滲み、淡いピンク色になっていた。

「絵里奈、痛い?」

「痛いけど、このくらいなら大丈夫。ゴメンね、ホントはもっと動きたいよね」

「いや、僕は別に大丈夫だけど……。とりあえず、このくらいのペースで動いていくよ」

「うん、お願い」

ゆったりとしたペースで優希は動いていく。

彼のペニスの先端からは、カウパー腺液が滲み出し、それが絵里奈の女蜜と融合して、にちゃにちゃと淫靡な音を鳴り響かせ始めた。

(凄い、気持ちいい……、しっかり気を引き締めないと、直ぐにイってしまいそうだ)

優希自身、挿入直後から激しい射精感を覚えていた。

最初のセックスは、三擦り半で終わってしまう。そんな話があるが、それはあながち間違っていない。このような行為に慣れていない、未熟なペニスは、少しの刺激で、敏感に反応してしまう。とにかく、早くイカないために、下半身にグッと力を入れて、強引に射精感を抑え込んでいた。

(くぅぅ、これがセックスなのね……、痛いけど、しっかりしなきゃ……、この経験を記事にしなくちゃならないんだから。

着衣のままセックスをしているから、若干ではあるが、動きにくさがあった。しかし、制服姿の少女を犯しているという、背徳的な感情が、優希自身を支配していき、一種の興奮剤となっていた。

また、絵里奈自身も制服を着ながらのセックスに、情欲を掻き立てられていた。何かこう、無理矢理犯されているような気がして、興奮してしまうのである。

緩やかなペースで、ペニスをピストンさせ、ぐちゅぐちゅと、奥の方まで導き、そこで一旦止まる。そして、暫く感触を堪能したら、ゆっくりと引き抜いていく。その連続で、優希は行為を続けていった。

ペニスが膣壁をメリメリと切り開いていき、擦れ合う時の感触がとても心地いい。特に襞にペニスが絡みつき、そこを擦る時の感覚は別格であった。

これで、もっと速く動ければ、かなり気持ちよくなれるだろう。ただ、もしかすると、ゆっくりと動いているから、射精せずに済んでいるのかもしれない。仮に、今以上に素早く動いてしまうと、忽ちイってしまいそうになる。

絶妙なバランスで優希はピストン運動を続けていった。

挿入してから、ある程度時間が経つと、二人ともセックスに慣れ始めていった。

優希自身、最初はぎこちなく腰を動かしていたのであるが、今では、スムーズに腰を動かしている。

対する絵里奈も、優希の抽送のリズムに合わせて腰をリズミカルに振り始めた。

ドキドキと胸を高鳴らせつつ、優希は腰を動かしていく。じわじわと、気持ちよくなり、興奮のレベルが高まっていく。

絵里奈自身も徐々に発情の極みに達しようとしている。あれだけ痛かったのに、どういうわけか、痛みが薄らいでいき、今では気持ちよくなっている。ペニスが膣壁を擦れると、ゾクゾクと全身が貫かれるような快楽が降ってくるのだ。

「優希、もっと速く動いてもいいよ」

「え? 大丈夫なの?」

「なんか、慣れてきたのかもしれない。あんまり痛くなくなってきたのよ」

「じゃあ、ちょっと速めに動くよ」

「わかった。やってみて」

絵里奈の言葉を受け、優希は抽送のリズムを速めていった。

小刻みに腰を振り、ずちょ、にちょと、淫音を鳴り響かせながら、ピストンを繰り出していく。速く動けば動くほど、快感は鋭くなっていき、優希を追い詰めていく。

「あひぃ、はひぃ。わ、私、気持ちいいよぉ」

絵里奈の声も徐々に色気を帯びていき、甘くなっていった。

「僕も気持ちいい。セックスでこんなに素晴らしいんだね」

「はぅぅ、やぁん、うぅ、くぅぅぅ」

絵里奈は優希が動きやすいように、脚を大きく広げた。膣内にズブリとペニスが突き刺さり、肥大したクリトリスが、優希の陰毛により嬲られていく。

花弁が満開に広げられて、結合部分がくっきりと見えた。緋色に輝く粘膜の隅々まで、ペニスが擦り回していき。膣内がほじくられていく。愛液がしとどに溢れ出し、クレヴァスの先端に尖ったペニスが突き刺さっていた。

「優希、キスしてぇ」

「うん。キスだね」

優希は姿勢を前傾にさせて、絵里奈の唇を奪った。

貪るようにキスを展開していき、さらに、舌同士を絡めていく。半透明の唾液が糸のように伸びていき、深く絡みついていった。

「……んぅ、……んんっ」

深々と陰茎が膣内に収まり、さらに唇まで奪われていく。

全身の力がゆっくりと抜けていくような感覚が広がっていく。同時に、激しい快感が降り注ぎ、優希と絵里奈を心地よさの膜で包み込んでいった。

少しずつ、優希は限界を感じ始めた。鎌首からは時折、少量の精液をちびり始めた。

(くぅ、堪らないよ、おま×こ凄い締め付けだ)

射精感を覚えるものの、ピストンの動きを緩めずに、むしろ一気に強めていった。

もちろん、絵里奈自身も堪らなくなっていた。突撃されるように突かれ、獣同士が行う交尾のようなセックスを展開している。どこか変態的な気分になり、それが一層興奮させる要因となっていた。子種をたっぷりと含んだ精液が、しとしとと膣内に流れ込んでいった。

「うぅぅ、気持ちいいよ、絵里奈……」

くぐもった鳴咽を漏らし、腰を慄かせていく優希。

裏スジを引き攣らせて、鎌首をしゃくらせていく。そして、一層抽送のペースを速めた。

これ以上速く動けば、もう長くは持たない。しかし、溢れ出る快感に抗えなかった。

「私も気持ちいい。凄く、イイ、アアン……」

あまりの快感に、絵里奈もガクガクと身体を震わせ始めた。

この時の快感を言葉で伝えるのは不可能に近かった。

全身に快感の波に襲ってくる。絵里奈は呆気なくアクメに昇りつめていく。小さなアクメが断続的に降りかかり、それが次第に大きくなっていく。

「いぃ、ひいぃぃ、そんなにぃ、ん、んんぅー」

狂おしいまでの快楽に未熟な女体が反応していく。全身が快感に支配されて、絵里奈は下劣な声で泣き喚いた。

「あぁん、おま×こが気持ちいい、もっと、もっと突いて、激しくしてぇ……」

「うん、激しくだね、激しいのがいいんだね」

「はひぃ、ひぃ、激しいのがいいのぉ。あぁん、私イキそう……」

「僕もイキそうだよ。もうあんまり持たない」

絵里奈の瞳が焦点を結び、目の玉をひっくり返した。

そして、未だに続く絶頂を感じながら、激しく喘いでいく。

女陰はますます敏感になっていき、僅かばかりの刺激でも、激烈な愉悦へと変わっていくのだ。

バナナのように反り返った肉棒が、膣内のスポットを抉っていき、堪らない快楽を生み出していくのである。子宮口まで責められて、絵里奈はもはや耐えきれなくなっていた。

「んんっ、んぅ。ま、また来ちゃう、イッちゃうよ、優希、ううぅ、い、イクゥ」

拳を握りしめて、絵里奈は悶えていく。必死に快感に耐えていたのであるが、最早我慢できない。弓なりに背を反らせて、全身で感じ始めた。

この時、優希も限界を迎えていた。必死にアヌスに力を入れて耐えていたのであるが、もう無理である。臨界点に達し、射精の寸前まで追い詰められた。

「え、絵里奈、もうダメ、イクよ。中に出してもいい?」

「えぇぇ、中はダメだよ、赤ちゃんができちゃう」

「責任とるから、中に出させて……」

絵里奈は迷った。

しかし、身体全体で精液を受け止めたいという女の本性が疼いた。

「わかった。中に出してもいいよ」

「ホント? ありがとう。じゃあ出すからね……」

高回転の抽送で粘膜を掻き毟り、何度も何度も根元まで巨砲が突き挿さっていく。やにわに雄叫びを上げて、多量の樹液を膣内に巻き散らした。

ビュルビュルドピュ。

(あぁ、出てる、精子が出てるわ。優希がイッてる。私の中で……)

止めどない精液を受け止め、絵里奈も焦点を迎える。

スペルマの滾りを膣内で感じ切り、ペニスの拍動に子宮を震わせてイッた。生まれて初めて味わうセックスの悦びに、身も心も支配されていった。

好きかもしれない男が、自分の中で果てている。それは大きな喜びとなって、絵里奈を包み込んでいった。

これほどまで夢中になってくれた優希が、どこまでも愛おしくなり、ヒシっと優希を抱きしめて、セックスの余韻に浸り始めた。

「はぁはぁ、絵里奈、絵里奈ぁ」

精子を出し切り、念仏のように優希は呟いた。

それを聞き、絵里奈も反応する。

「優希、どうだった? ん? よかった?」

「凄くよかった。最高だったよ」

「私も気持ちよかったよ。優希ありがと」

消し飛びそうな意識を懸命に繋ぎ止めて、絵里奈はそう答える。

胸に突っ伏してきた優希をしっかりと抱きしめ、最高のひと時を満喫していった――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました