連載官能小説『処女の頑張り』第6回

連載官能小説

連載官能小説『処女の頑張り』第6回

(あぁ、見られてる。じろじろおま×こ見られちゃってる)

途轍もなく恥ずかしさを感じる桜。

だが、どこか見られて心地よくなる自分がいる。確かに恥ずかしいのではあるが、くすぐったい部分を触れられるようで、妙に興奮してしまうのである。

対する巧は、感動の面持ちで女性器を見つめている。

無修正の動画などで、何度かおま×こは見たことがあるが、変に黒かったり、歪な形をしていたりしていたはずである。だが、今目の前に広がる蜜園は全く違っている。輝かしい程、可憐なのだ。

ヴィーナスの丘には、僅かに陰毛が茂っており、全体的にフワフワとしている。

そこから視線を下げていくと、大陰唇が見える。そこには、あまり毛が生えておらず、ツルツルとしていて、何だかいやらしさを感じさせる。女性器は、どうしてこんなにも卑猥な形をしているのだろうか?

途轍もなく、興奮を誘う形をしているのである。

「桜ちゃん。おま×こ触ってもいい?」

「えぇぇ。触るの。ダメだよぉ。一応洗ってきたけど、おしっことかするし、汚いよ」

「桜ちゃんの身体に汚い所なんてないよ。お願い、ちょっと触らせて……」

必死に懇願する巧を見て、桜は嫌とは言えなくなった。ちょっとくらいなら触らせてもいいかもしれない。同時に、性器を他人に触れられて、どんな気持ちになるのか試してもみたかったのだ。

桜は、ほとんどマスターベーションをしない。過去に数回、机の角などに性器を押し当てて快感を貪ったことがあるが、自分が変態になったような気がして、それ以降は封印している。でも、何となく興味はある。確か、性器を何かで押し当てると、気持ちよくなる。これは事実であった。

だからこそ、巧の手マンに密かに期待を込めていた。どんな気持ちになるのだろうか? 興味は尽きないし、どんどん興奮してくる自分がいるのである。

巧は、大陰唇に触れた。そこは、プニプニとしており、弾力があった。そこを指で刺激しながら、ゆっくりと左右に押し開いていく。すると、花園の様子が良く見えるようになった。大陰唇を掻き分けると、小陰唇が見え、さらにビラビラとした襞のようなものがあった。

但し、その襞はあまり大きくなく、ぴったりと皮膚に張り付いているように見えた。そして、キレイなピンク色をしている。巧が無修正動画で見た時は、もっと黒い印象があったが、桜の性器は違っていたのだ。

「凄い……、凄くキレイだよ」

と、巧は告げる。自分でもどんどん興奮していくのがわかった。

ペニスは既に熱く反応している。彼はまだボクサーパンツを穿いていたが、その中で暴発寸前な程膨れ上がっていたのだ。また、亀頭の先端からはカウパー腺液が滲み出している。

「タク君、恥ずかしい。だからあんまり見ないで。女の子のあそこをじっとみるなんて変態だよ」

「変態でもいいよ。男はみんなおま×こが好きなんだ。もっとじっくりと見せて……」

ピンク色にテカる小陰唇の先には、ぬらぬらと光る膣口が見えた。そこは、僅かに濡れており、しっとりとしているように感じられた。巧はスッと指先を伸ばし、膣口付近をコソコソと刺激し始める。指先に、桜の愛蜜が付着し、ツンとした性臭が漂い始める。

「桜ちゃん、濡れてるよ」

「バカぁ、そんなこと言わないでよ。し、仕方ないじゃない。こんな風にされたら誰だって濡れるに決まってるでしょ」

「濡れてるってことは、桜ちゃんも興奮しているんだよね。俺、何か嬉しくなってきた」

と言い、巧は心底嬉しそうな顔を浮かべた。

その表情を見た桜も、どこか安心してくる。巧にならすべてを任せてもいい。そんな風に感じたのである。

巧は指先を膣口に当て、そして、そのまま胎内に指を少しだけ挿れた。

「桜ちゃんって処女なんだよね?」

「そうだけど」

「なら、処女膜があるかもしれないから、あんまり指は奥深くまで入れないよ。俺のち×ぽで膜を破りたいから」

「うん。おちん×ん、ホントに挿れるの?」

「当たり前じゃん。そうしないとセックスできないよ」

巧はそう言うと、指の第一関節くらいまで膣内に挿入し、そこをくちゅくちゅと刺激し始めた。たっぷりと愛蜜が湧き出しているおかげで、指はスムーズに動く。また、にちょ、ぐちょと淫猥な音が鳴り響き、それが静かな室内に染み渡っていった。

(やだぁ、音が出てるぅ。恥ずかしいよぉ)

そこで桜はキュッと目を閉じた。

あまりに恥ずかしいので、凝視できなくなったのである。

今度、巧はスッと指先を抜き、膣口の上方部分にある陰核に照準を移していく。

「ねぇ、クリトリスって知ってる?」

と、巧が尋ねる。

もちろん、その単語くらい知っている。女の子の一番敏感な部分である。ただ、あまり弄った経験はない。

「知ってるけど、どうするの?」

「クリトリスに触られると気持ちいいんだって。だから、俺が弄ってあげるよ」

「ちょ、ちょっと待って、心の準備が……」

すべてを言う前に、巧が動いた。

彼は親指を使って陰核の包皮を剥くと、ずるっと奥から、白い豆のようなものを露出させた。それは、ヒクヒクと震えており、どこか生物のようにも見えた。

「俺、クリトリスってあんまり見たことないけど、かなり小さいんだね。桜ちゃんのが特別小さいのかな?」

クリトリスの大きさはさまざまである。小豆大の大きさもあれば米粒大の大きさもある。桜のクリトリスはあまり大きくなく、米粒くらいのサイズであった。巧が陰核をクリクリと指で弄ると、鋭い刺激が桜を襲った。

「きゃぁ、ちょっとダメだよ……」

その刺激は、あまりにも痛烈だった。

脳天を貫くような、強い痺れ。そして、じわじわと広がっていく悦楽。それらすべてが初めての体験であった。

白く輝く女豆は、弄られたことにより、若干であるが、充血し始めた。すると、白と血管の赤が入り混じり、キレイなピンク色に発色していく。巧は桜の様子を見ながら、陰核を刺激し続ける。

「どんどんおま×こからお汁が出てくる。大洪水だよ」

「あぁぁん、ふぁ」

声にならない嗚咽を漏らす桜。

心地よい刺激が、全身に広がっていくのだ。身体が反応を示し、ビクッビクッと動いていく。

陰核を指の腹で刺激してから、今度は、軽く摘まみ上げる。そして、くりくりと弄り回していった。桜は強い快感を覚え、淫声を上げ始める。

「タク君、そんなに弄ったら、私、変になっちゃうぅ」

「変になってもいいよ。気持ちいいんでしょ?」

「気持ちいいけど、何か複雑な感じだよ。あそこが熱くなって、ジンジンしちゃうの」

「今度は指じゃなくて、舌で弄ってあげるね」

巧は一旦クリトリスから指を離した。

束の間の小休止。切ない刺激から解放された桜は、ホッとため息をついた。

しかし、その安堵も、本当に些細な時間であった。

今度、巧は顔面を性器に近づけていき、クンクンと匂いを嗅ぎ始めたのだ。

これには桜も堪らない。秘唇の匂いを嗅がれて、忽ち恥ずかしくなり、ジタバタと暴れた。

「落ち着いてよ、桜ちゃん。ただ匂いを嗅ぐだけだから」

「ダメェェ、匂い嗅いじゃダメなの。おしっことかするし……、とにかくダメェェ」

抵抗する桜であったが、両足をグッと巧に捕まれて、強引にM字開脚のポーズを取らされてしまう。女である桜は、力では巧には敵わなかった。

女の部分に鼻先を近づけ、くんかくんかと鼻を動かし、匂いを嗅ぎまくる巧。どんなアダルトビデオでも匂いまでは伝わらない。巧は女性器特有のヨーグルトのような甘い香りを感じ、メロメロになっていた。こんな馨しい香りは、他に嗅いだことがなかった。

さらに、舌先を伸ばし、膣口を丁寧に舐め上げていく。僅かにしょっぱさを感じ、ツンとするようなアンモニア臭を感じた。しかし、それは決して不快な香りではない。むしろ逆に、 強く興奮させる麻薬的な力があった。

「桜ちゃんのおま×こ、凄くいい匂いがする」

「ダメだったら。もう止めてぇぇぇ」

「どうして? 褒めてるんだよ」

「女の子のあそこなんて、そんなキレイなものじゃないわ。ふ、不潔よ、タク君」

「不潔でも何でもいい。俺は桜ちゃんの身体を堪能したいんだ」

そう言い放つと、巧は陰核を舌で転がし始める。

指先での刺激がソフトだとすると、舌先の攻撃は、かなりハードであった。ゾクゾクっと全身が軋むような衝撃が走る。本当は恥ずかしくて堪らないはずなのに、気持ちよくなってしまい、もっと舐めて欲しくなっていく。

「あぁ、ダメなのに、気持ちよくなっちゃうよぉ」

ヒィヒィと喘ぎながら、桜は身体を捩らせていった。

続けて、巧はクリトリスを甘噛みし、強い刺激を加えていく。こうなると、桜は耐えきれなくなる。身体の奥底が燃えるように熱くなり、ずんずんとした鋭い快感が襲い掛かってくるのだ。もう、耐えられない。気持ちよさが爆発し、このまま溶けてしまいそうに感じた。

「おま×こがヒクヒク震えてるよ。イキそうなの?」

イクということがいまいちわからない桜であったが、絶頂が近いことは察していた。

これまでに断続的にアクメを感じていたが、その感覚が短くなり、さらに激しくなっていく。そうなると、おま×こ全体と身体が融合したかのような感覚になり、体中が心地よくなっていくのだ。

「うん。気持ちいい、イクかもしれない」

と、正直に桜は告げる。

それを聞いた巧は、ニコッと笑みを浮かべると、陰核を舌で弄り続けて、最後の仕上げにかかる。対する桜は、ガクガクと身体を震わせながら、とうとうオルガスムスを感じ始めた。

「あぁぁん、だ、ダメ、もうダメだよ、イッちゃうよぉ」

「イってもいいよ。イクところを俺に見せて」

「きゃぁぁぁぁー。い、イクゥ」

激しく声を上げた桜は、勢いよく身体を反り返らせた。

そして、そのまま昇天し、イってしまったようである。

ガクッとベッドの上に崩れ落ちた。

「桜ちゃん、イッたんだね? 気持ちよかった?」

朦朧とする意識の中で、桜は答えた。

「うん、凄く気持ちよかった」

こんなにも、蕩けるような悦楽を覚えたのは初めてであった。

手マンやクンニリングスの余韻に浸っていると、巧が顔を近づけ、優しく口づけをしていく。

うっとりとする桜であったが、徐々に意識が戻っていく。それはまるで、王子のキスによって目覚めた白雪姫のようであった。

「桜ちゃん、俺のここ、こんなになっちゃった」

そう言い、巧は穿いていたボクサーパンツを脱いだ。

すると、勢いよく男根が反り返り、下腹部にぺちっと当たった。

赤黒く充血し、男の象徴を見せつける巧は、静かにしゃべり始める。

「ねぇ、今度は桜ちゃんが俺のち×ぽを弄ってくれない。気持ちよくなりたいんだ」

巧の言葉を受け、徐々にはっきりし出した意識の中で、桜はゆっくりと頷いた――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました