連載官能小説『処女の頑張り』第8回

連載官能小説

連載官能小説『処女の頑張り』第8回

(あぁ、私、セックスするんだ。あの大きなおちん×んをおま×こに挿れられるんだ)

脚を広げ、巧が挿入しやすいようにする。巧は桜の膝部分に手を当て、ペニスを秘壺にあてがおうとしている。

「桜ちゃん、挿れるよ、いいよね?」

「うん。私は大丈夫……」

正直、恐怖がないわけではない。初めては痛いと聞く。だけど、早く巧と一つになりたかった。それだけ、巧のことが好きでいたのである。

(タク君と繋がる……、嬉しい……)

女の本能が、繋がることを望んでいる。

秘唇からは、愛蜜が滴り落ち、怒張を迎え入れる準備は万端である。

後は、二人で楽しむだけ……。うっとりとするような濃密な時間が流れる。

巧はペニスを持ち、そして、ゆっくりと膣口に当てて、そのまま挿入していった。

ずぶずぶずぶ……。

蜜がしとどに溢れているので、挿入はスムーズに行われた。じっくりと胎内の感触を味わいながら、巧は腰を動かし始める。

(凄い、これがセックスなんだ……、凄く気持ちいい。蕩けそうだ)

初めて童貞を卒業し、巧は男になった。嬉しい気持ちはあるが、気を引き締めないと、忽ちイってしまいそうになる。それくらい、膣内の感触は素晴らしいものがあった。

挿入直後、ブチっという音が僅かに聞こえた。桜を覆っていた純潔の膜が、今破られたのである。そして、彼女も大人の仲間入りを果たす。嬉しさと恥ずかしさが混在し、巧が愛おしくなっていく。

鋭い痛みが桜を襲うが、耐えられないほどではない。それ以上に、巧と繋がっている事実が嬉しかった。もっと、巧を喜ばせたい。気持ちよくなってもらいたい。桜はそんな風に考えながら、必死に痛みに耐える。巧のことを考えれば、決して耐えられぬ痛みではないのだ。

「桜ちゃん大丈夫?」

苦悶の表情を浮かべる桜に対し、心配した巧が声をかける。

彼も処女が痛いというのを知っている。それだけに、自分だけが気持ちよくなるのはフェアではないような気がしていた。

「うん、大丈夫。だけど、最初はゆっくり動いてくれる? そうしてもらえるとありがたいの」

「わかった。あんまり速く動かないようにするよ。それに痛みが酷かったら言ってね。直ぐち×ぽ抜くから」

「ありがとう。でも、本当に大丈夫だから、気にしないで……」

ゆったりとしたペースで抽送を続ける巧。

腰をじっくりと動かしながら、ペニスを奥深くまで導き、そしてヌルリと引き抜いていく。結合部分からは、僅かに血が滲んでいた。それは、愛蜜と癒合し、キレイなピンク色になっている。

にちょ、ずちょと、淫猥な音がこだましていき、それが巧の脳内に心地よく響く。こんな淫音を聞いていると、ますます興奮してしまう。本当は、もっと速く動いて、気持ちよさを堪能したい。でも、それでは桜に負担をかけてしまう。そうはしたくなかった。

一方、桜は痛みと戦っていた。

ズキズキと、鈍い痛みが、膣内に広がっていく。傷口に塩を塗られているような感覚になる。それでも彼女は懸命に耐えていた。ここで痛いから抜いてほしいと言えば、巧はセックスを止めるだろう。だけど、それは本望ではなかった。

桜だって、もっと巧と繋がっていたい。そう感じていたのである。ずっと、好きだった。幼い頃から一緒で、気づいたら好きになっている。だからこそ、こうしてやって来たチャンスを、絶対に活かしたかったのである。

あまり、苦痛な表情を浮かべていると、巧が心配するかもしれない。そう察した桜は、無理にでも笑顔を作った。そして、感じようと、身体を震わせていく。

巧の額には汗が浮かび上がっていた。それがポタポタと、桜の身体に落ちていく。熱いセックスが展開され、若い二人は性の魔力に翻弄されていった。

(気持ちいい……、これがセックスなんだ。俺、大人になったんだよな……)

抽送を続け、巧は感動していた。

ずっと、セックスは憧れだった。周りの人間が一人ひとり、童貞を卒業し、自分だけ取り残されるのではないかという恐怖があった。それ故に、桜のセックスしてほしいと頼んだのである。

もちろん、拒絶される可能性も考えていた。また、これを機に嫌われてしまうかもしれない。そう思っていたが、こんなことを頼めるのは、桜の他に誰もいなかったのだ。そして、いざ、告白すると、桜が自分を好きでいる事実を知った。

これには驚いた。今まで、ずっと近くにいたから、桜の本当の気持ちに気づかなかったのだ。改めて、桜の気持ちを考え、巧は自分はどう思っているのかを思い浮かべた。

幼馴染である桜。ずっと一緒だったし、これからもずっと一緒にいるだろうと、楽観的に考えていた。でも、もしかすると、桜に彼氏ができる可能性だってあるのだ。桜に彼氏。自分以外の男ができてしまう。そう考えると、途端焦りが生まれた。

桜には幸せになってもらいたい。それは間違いないのであるが、彼女の男ができる事実が許せなかった。自分だけの存在でいて欲しかったのである。そこで、巧は本当の自分の気持ちに気づいた。

(俺も、桜ちゃんが好きだったんだなぁ……)

そう、巧も桜に好意を持っていた。

ただ、あまりに関係性が近すぎて、その好意の真の意味に気づかなかったのである。同時に、桜に告白されて、改めて自分の気持ちに気が付いた。ずっと一緒に居たい、そばに居たい。きっと、桜は自分にとって運命の人なんだろう。そんな風に考え始めた。

「桜ちゃん、好き。好き、好き、大好き!」

と、念仏のように唱える巧。

それを受け、桜は恥ずかしそうに笑みを浮かべる。

「私も好きだよ。タク君。大好き!」

相思相愛の二人は、こうして繋がり合っていった。

巧は姿勢をやや前傾にさせ、桜の乳房を揉み始めた。ツンと乳首は立っており、興奮している様子が見て取れる。鼻先を近づけて、匂いを嗅ぐと、ふんわりとした石けんのような香りが漂ってくる。

(桜ちゃん、とてもいい匂いがする。堪らないよ)

桜が放つ牝フェロモン臭をたっぷりと嗅ぎながら、巧は抽送を続ける。

おっぱいを懸命に揉み、さらに舐め回していく。もちろん、ペニスの動きは緩めない。非常にゆっくりとしたペースであったが、二人は確実に繋がっているし、途轍もない悦楽を覚え始めていた。

桜も憧れの巧と繋がれて、心の底から満足していた。恥ずかしいけれど、嬉しい、声を大にして叫びたい。それくらい感情は高鳴っていた。

「あぁん、タク君、おま×こ気持ちいいよぉ」

「俺も気持ちいい。ねぇ、もっと速く動いてもいい?」

「うん。大丈夫だと思う。来てぇ」

痛みは少しずつ消失していき、その代わり、じわじわと快感が降ってくるようになった。女壺に、ペニスを挿れられて、ずぼずぼとつかれると、恥ずかしいのではなるが、気持ちよくなってしまう。彼女もまた、セックスの虜になりつつあった。

「おま×こズボズボされると、気持ちいい。もっと突いてぇ」

「うぉぉぉ、桜ちゃん、行くよ。もっと激しく突くよ」

桜の言葉を胸に、巧はピストンの動きを一段階速めた。

すると、忽ち激しい射精感に襲われる。既に一度射精し、ペニスの状態は良かったはずなのだが、経験不足であり、若い彼の男根は、鋭い刺激に対応する、柔軟性がなかったのである。ぐぐぐと、射精感がせり上がってきて、それを耐えるのに必死になる。

巧は抽送を続けながら、アヌスに力を入れて、懸命に耐え忍んでいく。

膣内で肉竿がビクビクと震えている。何となくではなるが、敏感な桜の膣は、そう察した。まるで微細なセンサーが付いているかのような感覚である。

(タク君、イキそうなのかも……)

ふと、桜は巧の顔を見上げる。

苦しそうに、目を閉じ、何かに耐えている。

「タク君、大丈夫?」

と、桜は声をかけた。

すると、巧はカッと目を見開き、質問に答える。

「ぐぐぅ、お、俺、もうダメかも」

「あぁん、わ、私もイキそうだよ。一緒にイコう」

「桜ちゃん、どこに出せばいい? 中に出してもいいのかな」

中出しされる。

その言葉を聞き、桜はビクッと身体を震わせた。

ここで中出しされれば、もしかすると身籠ってしまうかもしれない。その危険は十分にあるのだ。だが、女としての本能が中出しを望んでいる。膣内全体を使って、巧を包み込みたい。沸々と、燃え滾る思いが炸裂しそうになった。

「いいよ、タク君、中に出して……」

桜は、中出しを選択した。

巧のすべてを受け入れたい。

そのためには、彼の精液を受け止めなければならない。

「え、いいの? 桜ちゃん」

戸惑う巧であったが、彼にも残された時間がそう多くない。

早く決断しないと、暴発してしまうだろう。

「いいの、中に出して欲しいの? 私を感じさせてぇ、お願いタク君」

「わかった、それじゃ中に出すからね、いっぱい出すよ」

「ふぁ、あぁん、来てぇ、中にたくさん出してぇ」

恐ろしいペースで抽送を続けていると、とうとう臨界点を超えた。

オルガスムスが全身を包み込み、圧倒的な快感が降り注いでくる。ここまで感じたのは、もしかすると初めてかもしれない。マスターベーションの比ではない、鋭い悦楽である。そんなズキュンとくるような刺激が彼を覆いこみ、そして、いよいよ果てる。

「うぉぉぉ、イクよ、桜ちゃん、で、出るぅ」

「うん、来てぇぇ、きゃぁぁ」

桜と巧の声がシンクロした瞬間、牡の欲望が発射された。

ドクドクドクと、たっぷりと精液が膣内に注ぎ込まれていく。

先ほど射精したばかりだというのに、巧のペニスからたくさんの量のスペルマが発射された。若いだけあって、回復力が高いようである。

「あぁぁ、タク君のせーえきが私の中でドクドクしてるぅ。お腹が温かいよぉ」

膣内にたっぷりと精液を出され、桜も気持ちよくなっていた。

中出しされると、どこか本気のセックスをしているような気がして、気分が良くなっていくのである。

牡汁を、すべて出し尽くすと、巧はガクリとベッドの上に崩れ落ちた。

そして、隣に横になる桜の髪を優しく撫でた。

「タク君、気持ちよかったよぉ」

「俺も、凄い良かった。これがセックスなんだね……」

「うん、二人とも大人になったね」

「そうだね。桜ちゃん、好きだよ」

「ありがとう、ねぇ、タク君、キスして欲しいな」

「わかった、目を閉じて……」

スッと目を閉じる桜。

それを確認した巧は優しく口づけをした。

プニっと柔らかい唇の質感が、巧の唇を覆っていく。

キスを終えて、桜は呟く。

「タク君、ずっと一緒だよ」

「うん。桜ちゃん、これからも宜しくね」

二人はにっこりと笑い合った。

彼らは、これからも愛を育んでいくだろう――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました