連載官能小説『処女の頑張り』第11回

連載官能小説

連載官能小説『処女の頑張り』第11回

(お兄ちゃんのおちん×ん、こんなに大きくなってる……。男の人の性器って、こんなに風になるんだ)

初めてみる、フル勃起したペニスを前に、小百合は驚きの眼差しを送っていた。

自分の知っているペニスは、こんなにも巨大ではない。もっと小さく、可愛いものである。それが、今目の前に広がる怒張は、赤黒く変色し、さらに血管も所々に浮き出ている。おまけに、ドクドクと脈を打っており、小刻みに動いていた。

「小百合、握ってみて」

と、健一が告げる。

妹にペニスを握らせるなんて、それは背徳的な行為である。それはわかっていたが、行為を止められなかった。溢れ出る興奮を抑えられない。早く、いきり立った肉竿を握ってもらい、扱いて欲しかったのである。

「握ればいいのね?」

「うん」

健一が軽く頷くと、それを見た小百合は、ゆっくりと手のひらでペニスを包み込んでいく。

ジンジンとしていて、とても熱を持っている。

(あぁ、凄く熱い……、お兄ちゃんも興奮してるんだ)

兄の勃起したペニスを感じ、小百合は健一の興奮の度合いを測っていく。自分がイッたように、健一にも気持ちよくなってもらいたい。そのために、これから彼のペニスを弄っていくのだ。

「凄く熱いね、お兄ちゃんのおちん×ん」

「うん。だって、小百合がエッチな格好してるから」

思えば、自分は裸である。おまけに、先程あられもない姿を見せて、イッてしまっているのだ。そう思うと、途端恥ずかしさが襲ってくる。

その恥ずかしさを押し殺し、彼女はペニスを握りしめ、それを緩やかなスピードで扱いていく。すると、にちょにちょと、淫猥な音が鳴り響き始めた。

(あふぅん。お兄ちゃんのおちん×んから何か出てきた)

傘頭から、半透明のカウパー腺液が滲み出してくる。

それはトロトロと流れ出し、やがて小百合の指先に付着した。熱く、それでいて糸を引いていく、淫らであり蜜のような液体であった。

「お兄ちゃん、何か出てきたよ。このままでいいの?」

「あぁ、我慢汁ってやつだよ。男は興奮すると、そういう液体を出すんだよ。つまり、感じている証かな……」

兄が感じている。

その言葉を聞き、小百合は心の底から嬉しくなっていく。

どこかこう、自分の行為が認められたような気がしたのである。

「小百合、少しずつ、スピードを上げてもらえる? そうすると、もっと気持ちよくなれると思う」

「うん、やってみるね」

言われた通り、小百合は抽送のリズムを一段階上げた。すると、より一層先走りが迸り、淫靡に流れていった。必死にペニスを扱いていくと、どこか、あそこが疼く自分がいる。この大きな肉竿で、激しく膣内を侵食されたら、一体どんな気持ちになるのだろう? 考えるだけで興奮してくるではないか。

まだ、セックスの経験がないから、あくまでも想像の話になるのだが、きっと、兄とのセックスは天にも昇るような気持ちよさであろうと感じられた。

「お兄ちゃん、気持ちいい?」

と、小百合は尋ねた。

自分の手コキに自信がないため、兄が気持ちよくなっているか不安なのだ。

「大丈夫。凄く気持ちいいよ。もしかすると、小百合はエッチの才能があるのかもしれない」

「バカぁ。そんな才能あっても嬉しくないよ」

「冗談だよ。とにかく、今のまま続けて、俺、今天国にいるみたいな気持ちなんだ……」

「フフフ、このまま続けてあげるからね」

必死になって、手コキを続ける小百合。

しかし、徐々に動きが単調になってきて、どうすればいいのかわからなくなった。

「どこを触ってほしい?」

「う~んと、カリの裏かな」

「カリの裏?」

「そう。えっと、亀頭の裏側かな、ち×ぽの包皮の付け根って言えばいいのかな……」

「そこを弄って欲しいの?」

「うん。俺、そこが敏感なんだ。だから弄って欲しいんだよ」

「やってみるね」

小百合は、指の角度を変えて、亀頭の裏側に回していく。

そして、カリ裏を爪先でカリカリと刺激し始めた。

すると、健一の身体がブルっと動いた。

「うぉ、凄くいいよ。それ気持ちいい」

「ホント? ならもっと弄ってあげる」

調子が出てきた小百合は、懸命にカリ裏を弄り始めた。

そして、ただ単にカリ裏を弄るのではなく、カリ表も同時に刺激していく。

淡く切ない快感が、健一を包み込んでいき、彼は満足していた。普段、マスターベーションをするが、その時とは比べ物にならないくらいの悦楽が降り注いでいる。

「くぅぅ。小百合、タマも弄って」

「タマ……。えっと、睾丸のこと?」

「うん。そうだよ。そこを優しく揉んで欲しい。あくまでも優しくね。意外とデリケートな部分だから」

「やさしく……だね。こんな感じ?」

丁寧な所作で、小百合は睾丸に触れていく。そして、優しく揉み込むように刺激していった。痺れるような痛烈な快感が直走る。小百合は、カリを中心に刺激しながら、同時に睾丸も弄り回している。つまり、ダブルで刺激を与えているのだ。

これには、健一も堪らなくなった。フルフルと震えながら、快楽を覚えていく。

「凄い。凄いイイヨ。堪らなく気持ちいい、うぅぅ」

嗚咽を漏らしながら、感嘆の声を上げる健一。

その声を聞き、小百合も勢いづいていく。それまで、恐る恐るペニスを弄っていたのであるが、今では大胆に握りしめ、勢いよく扱けるようになっていったのだ。

「お兄ちゃんのおちん×ん、ビクビク動いている」

「うん、それだけ気持ちいいんだ。もっと、もっとしてくれ」

「ねぇ。今度は舐めてあげようか? そうすれば、今以上に気持ちよくなれるじゃないかな」

「舐めてくれるの?」

「もちろん、お兄ちゃんのためだもん。舐めてあげるよ」

「じゃあ、亀頭から舐めて行って。お願い……」

小百合は、顔をペニスに近づけていった。

すると、ツンと青臭い香りが鼻を突いていく。迸る牡のフェロモン臭を嗅ぎながら、小百合もますます興奮していった。

(あぁん、お兄ちゃんのおちん×ん、凄い匂いがする。堪らないよぉ)

過去、健一の下着を盗み出しては匂いを嗅いでいた小百合である。彼女は、牡の香りにはとても敏感であった。同時に、健一の性臭を感じ取り、激しい悦楽を感じ取っていた。

舌先を亀頭に当て、そこをレロレロと舐めていく。その姿は、まるでアイスクリームを舐めているかのように見えた。舌先に、先走りのお汁が付着する。僅かに熱を持っており、おまけに少しだけ塩気や苦みがある。これが兄の味なのだとわかると、苦みも甘露のように甘く感じられた。

対する健一は、亀頭を舐られて、興奮の渦に巻き込まれていた。

彼は、フェラチオをされるのは初めてである。だからこそ、初めて感じる圧倒的な快感に驚きを覚えていたのだ。

「あぅぅ、小百合、堪らないよ。ち×ぽが蕩けそうだ」

「フフフ。お兄ちゃんのおちん×ん、もっと気持ちよくさせてあげるからね……」

初めてのフェラであるが、彼女は自信を持って、ペニスを舐められた。いつか、こんな日が来ればいいと、漠然と考えていた時期もある。だけど、自分と兄は兄妹である。決して結ばれない運命なのだ。

そう思い、半ば諦めていた。なのに……。兄は自分を受け入れてくれた。健一も自分に好意を持っていてくれていたのだ。その事実は、小百合を大きく勇気づけ、満開の笑顔にさせていった。

亀頭を舐め回していくと、今度は肉胴の部分に照準を合わせる。

ドクドクと脈打つ肉竿を舌でレレレと舐めていくと、痛烈な刺激が入っていく。健一は恍惚としながら、妹のフェラを堪能していた。

「あぁ、小百合、凄くいいよ。こんなにフェラが気持ちいいなんて知らなかった。最高だよ」

「私、初めてだから、上手くできるか不安だけど、気持ちいいの?」

「初めてとは思えないくらい上手だよ。素晴らしく気持ちいいよ」

「ありがとう。今度は咥えこんでみるね」

小百合はそう言うと、口いっぱいに広げて、ペニスを咥えこんでいった。

歯を立てないように気を付けながら、口腔内に肉竿を収めた。健一の怒張は、大きいので、すべてを口で含めない。それでも小さな口をフルに使って、もごもごと唾液を絡ませながら、動かしていく。

口腔内の粘膜がペニスを擦っていき、健一に悦楽を与える。

健一は、激しい快感に驚きながら、小百合のフェラチオを堪能していく。じわじわとする、切ない刺激が、徐々に鋭さを増していく。じんじんとペニス全体を包み込み、そして、圧倒的な心地よさを生み出していくのだ。

次第に、健一も射精感を覚え始める。

ここまで快感は未体験であったため、忽ちイキそうになってしまう。しかし、まだまだこの感情の高鳴りを味わっていたかった。もう少しだけ、後少しだけ……。

それでも、彼の限界は近づいている。

アヌスに力を入れて、必死になって射精感を封じ込めていたのであるが、どうやら、それも限界のようである。

肉胴を舐め回しながら、小百合はさらに陰嚢を手で揉み揉みしながら、刺激を加えていった。ペニスと陰嚢をダブルで刺激されて、最早耐えるのは難しくなっていく。口元から声にならない嗚咽が漏れ聞こえ、彼を天国に誘っていく。

「さ、小百合、お、俺、もうダメ、イキそうだ」

「お兄ちゃん、イキそうなの? ならイッてもいいよ」

「口で受け止めてくれるか?」

「うん。お兄ちゃんの精子を味わいたいの。だから口の中にいっぱい出してもいいんだよ」

「ありがとう。くぅぅ、あぁぁ、もう、……イクッ!」

途端、全身に電流が走ったかのような衝撃が走る。

噴火したマグマのように、ドロドロとした液体が放出されたのである。

オルガスムスに導かれながら、健一は小百合の口腔内に激しく射精をしていった。

ドクドクと、スペルマが注ぎ込まれ、そのすべてを、小百合は包み込んでいく。

口から零れそうになった時、彼女は精子をゴクリと飲み干し、最後の一滴まで精液を吸い取り始めた。

「んん……ちちゅ、にちゅ、んんん」

ペニス全体を吸い込むように包み込むと、最後のスペルマがドロッと出てきた。それも、躊躇わず飲み込む。健一のすべてを堪能した小百合は満足感で笑みを浮かべながら、ようやく口を離した。

「お兄ちゃん、気持ちよかった?」

「うん。俺の精子、飲んでくれたのか?」

「そっちのほうが男の人は喜ぶんでしょ? お兄ちゃんだから特別だよ」

「ありがとう。凄く嬉しいよ」

そう言い、健一はヒシっと小百合を抱きしめた。

彼の腕の中で、「ぅぅ」と小さく声をあげながら、丸くなる小百合。

幸せとはまさにこのことを言うのだと感じられた。

「小百合、このままセックスしてもいいよな? 俺、小百合と繋がりたい」

その言葉を聞き、小百合も頷く。

「うん、いいよ。お兄ちゃんがしたいようにして」

健一は、ゆっくりと小百合を押し倒すと、彼女の脚を持ち、それを左右に広げていった。二人の甘いセックスが始まろうとしている――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました