連載官能小説『憧れのお姉さん』第3回

連載官能小説

連載官能小説『憧れのお姉さん』第3回

(僕、とうとう見れるんだ。美沙さんのおま×こ……)

童貞である雄介は、女性器を見た経験がない。

今の時代、無修正の動画などがあるから、見ようと思えば、見られるのであるが、彼はそういったタイプの動画を見てこなかった。そのため、正真正銘、初めて女陰を見るのである。

食い入るように美沙の下半身を見つめる雄介。

その視線に美沙は気づく。

「女のあそこなんて、そんなにキレイなものじゃないのよ」

「そんなことないですよ。僕、おま×こ見たことないんです」

「そう、なら、見せてあげる。ねぇ、パンティ脱がして」

美沙は着ていたショートパンツを脱ぎ、下着姿になった。

シンプルな白のショーツである。ただ、所々にレースがあしらわれ、華美な印象がある。

「脱がしていいんですか?」

「いいのよ。早くやって……」

急かすように美沙が告げる。

ここまで言われたら、最早動くしかない。雄介は、美沙の前に座り込み、そしてパンティの両端に手をかけた。そして、そのまま一気に脱がす。

ショーツを脱がすと、まず目に入ったのが、ふさふさと繁茂する恥毛である。美沙の体毛はあまり濃くないようで、控えめな陰毛が生え揃っている。その神々しい姿を、雄介は黙って見つめていた。

「どうしたの、雄介君」

「あ、いや、あまりにキレイで……、その、見惚れてしまいました」

「フフフ、まだ始まったばかりよ。これから大事な部分が見えるんだから」

「そうですよね、すみません」

美沙はにっこりと微笑むと、脚を左右に広げて、秘部を開帳していく。ただ、秘唇の前に手を置いて、大事な部分を見えないように隠している。

「美沙さん、手をどけてください」

「えぇぇ、どうしようかなぁ」

「お願いです、ここまできたら、おま×こが見たいんです」

「ウフ。そんなに必死にならなくても見せてあげるから安心しなさい」

美沙はゆっくりと手を跳ね除けていった。

すると、ヴィーナスの丘の下に、ぷっくりとした大陰唇が見えた。そこはあまり毛が生えれおらず、ツルツルとしている。おまけに、キレイな肌色をしていて、どこか、聖性さを感じることができる。

「触ってもいいですか?」

「そんなに触りたいの?」

「はい。お願いします」

「いいわよ。その代わり丁寧にね。デリケートな部分だから、あんまり掻き回しちゃ嫌よ」

「わかりました」

恐るおそる手を伸ばしていく雄介。

そして、大陰唇に触れてみた。そこはプニプニとして柔らかく、適度な弾力があった。そこを、指で押し開いていくと、くぱぁと、女陰が顔を出してくる。いやらしい襞に包まれた小陰唇に、その奥にぬらぬらと濡れている膣口が見える。

(あぁ、これが美沙さんのおま×こ。凄くキレイだ……)

「どう、初めて見たおま×この感想は?」

と、美沙が尋ねてくる。

そこで、雄介は正直な印象を告げる。

「キレイで、その、卑猥な形をしています」

「そういうものなのかしら。男の人っておま×こが大好きだから、皆食い入るように見るわよね」

「何か興奮するんです」

「そう。なら弄ってみて。雄介君のおちん×んをフェラして、実はあそこが疼いているの」

「わかりました。普通に触ればいいんですか?」

「そうね。まずは、膣の入り口を触ってみましょうか? ゆっくりやるのよ」

「はい」

そう言われ、雄介は指先を膣口に当てる。すると、にちゃと淫猥な音が聞こえた。既に女陰は、たっぷりと蜜で満たされており、指をスムーズに動かしていく。

「あぁ、美沙さんのおま×こ濡れてます」

「当然でしょ。私だって興奮するんだからね」

「それに凄く熱いです」

「うん。触られて、敏感になってるからかな。ねぇ、少し指先を挿れてみて」

「指を、挿れればいいんですね?」

「そう。そして、少しずつ動かすの。あんまり素早くやっちゃダメよ。最初はゆっくりが鉄則」

言われるままに、雄介は指先を膣内に入れてみた。じんわりとした体温が指先に伝わり、とても温かい。おまけにねっとりとしていて、指に絡みついてくるのである。

あまりに感動的過ぎて、雄介は泣きそうになっていた。憧れの美沙の性器を弄っている。それだけで、彼を昂らせるのである。

第二関節くらいまで指を挿れると、少しずつ抽送を始めた。愛蜜がしとどに溢れ出してきて、指先を濡らしていく。その液体が潤滑油代わりになり、指の動きを滑らかにしていくのだ。

「美沙さん、気持ちいいんですか?」

「ふぁ、あぁん、くすぐったいけれど、気持ちいいわ、その調子で続けて」

今度は、指をもっと奥まで挿れてみる。指のすべてが膣内に埋まり、膣壁が指を包み込んでいく。あまりに熱くて、雄介は驚いていた。

額に汗を浮かべながら、雄介は指を上下に動かしていく。動かすほどに、にちょくちょと淫靡な音がこだましていていき、それが室内に広がっていく。こんな淫音を聞いてしまうと、どんどん興奮してしまう。

既に何度もイッてるのに、ペニスは熱く反応を示し、硬くそそり立っている。

(あぁ、雄介君のおちん×ん、もうあんなに硬くなってる。私のおま×こを見て興奮しているのね)

と、美沙は感じていた。

そして、もっと気持ちよくなるために、彼女は脚を思い切り左右に広げた。美しい美女の、あられもない姿を垣間見て、雄介はクラクラとなり、精神を保つのに一苦労する。

「美沙さんのおま×こ、キュッと締まって、指に絡みつきます」

「そうよ。それがおま×こなの。咥えこんだら離さないんだから」

「それににちょにちょとして、凄く卑猥です」

「あぁん、そんな風に言っちゃ嫌よ。さぁ私をもっと気持ちよくして」

それまで指を一本だけ挿れていた雄介であったが、大胆にも、もう一本指を追加し、秘裂に導いた。すると、指の窮屈感は一層強まり、締め付けを感じることができた。

「くぁ、あぁん、いいわ、そんな感じで、少しずつ動きを速めていって」

「はい!」

雄介は、指の動きを速めていく。

指を二本挿れているのであるが、たっぷりと蜜が噴き出しているので、動きはスムーズである。どんどん動かしていくと、美沙の口から淫声が聞こえるようになる。

「あぁん、はぁ……」

(美沙さん、気持ちよくなってるんだ。もっと気持ちよくさせたい……)

と、雄介は感じていた。

そして、美沙に向かって尋ねる。

「美沙さん、どこを弄って欲しいですか?」

「きゃぁ……、あぁん、じ、じゃあ次はクリトリスを弄ってみて、場所わかる?」

「えっと、よくわかりません」

「ここよ、ここにクリトリスがあるの」

そう言い、美沙は自分の指先を陰核に向けた。

膣口の上方部分に、包皮に包まれた箇所がある。そこがクリトリスであった。

「包皮を剥いて、クリトリスを露出させて」

「こうですか?」

親指で包皮を押し出すように触れると、プクっとした豆のようなものが飛び出した。

それは、米粒大くらいの大きさであり、ヒクヒクと小刻みに震えている。

「そうしたら、指でクリクリって弄ってみて……。デリケートで敏感だから、気を付けてね」

「わかりました」

指の腹を使って、雄介は陰核に触れていった。

そして、コリコリとクリトリスを摘まむようにして刺激した。

すると、刺激が強すぎたのか、美沙の身体がググっと反り返った。

「はぁん、そんな激しすぎるわ」

「すみません、慣れてなくて」

「大丈夫よ。凄く気持ちいい。おま×こに指を挿れながら、同時にクリトリスも刺激してみて」

「はい! こうですか」

右手で胎内を侵食し、空いた左手を使って陰核を刺激する。

美沙はあまりに感じてしまうのか、ガクガクと身体を震わせて快感を覚えている。

(あぁ、堪らない、美沙さんのおま×こをもっと堪能したいよ)

淫らな感情が噴き出してきて止まらない。

雄介は懸命に手マンを繰り出しながら、彼女を恍惚とさせていった。

「美沙さん、おま×こ舐めてもいいですか?」

「きゃん、舐めたいの?」

「はい、舐めたいです」

「でも、汚いかもしれないし……」

「美沙さんの身体に汚い場所なんてありません。お願いします」

「わかったわ、じゃあ舐めて気持ちよくさせて」

腰を突き出し、さらに足を広げていく。

雄介はスッと、顔を性器に近づけていった。

すると、ツンとするアンモニア臭を僅かに感じた。しかし、それは決して不快ではなく、彼には熟れた果物のような匂いに感じられた。

「美沙さんのおま×こ、凄くいい匂いがします」

「いやぁ、匂いを嗅がないでぇ。恥ずかしいわ」

「無理です。もっと嗅がせてください」

嫌がる美沙を尻目に、強引に鼻先を膣に押し当て、クンカクンカと匂いを嗅いでいく。堪らない感情になり、ますます興奮してくるではないか。

舌先を使って、膣口を舐め回し、その後舌を胎内に入れていく。その状態で、べろべろとアイスを舐めるように、舐め回していった。

「う、うぅぅ、あぁぁん、そ、それ凄く気持ちいい……」

恍惚とした表情を浮かべながら、美沙が囁いた。

調子が出てきた雄介は、今後は、陰核を舌先で刺激していく。レロレロと転がすようにクリトリスを舐めると、美沙の身体がビクッと跳ねた。それだけ、圧倒的な興奮が彼女を包み込んでいるのである。

「くぅぅ、はぁん、く、クリちゃん弄られると、感じちゃうのぉ」

「もっと感じてください」

断続的なアクメが、徐々に鋭くなっていく。

体中が性感帯になったかのように、敏感に反応していくのだ。

「あぁ、雄介君、私そろそろイキそう。イッてもいいかしら?」

「もちろんです。気持ちよくなってください」

雄介は最後にクリトリスを甘噛みした。同時に、これがとどめの一撃となった。美沙は弓なりに身体を反らせると、電流が走ったかのように硬直し、その直後、ガクガクと震えだした。オルガスムスに包まれて、彼女は果てていく。

身体を痙攣させると、美沙はそのまま崩れ落ちた。

「私をイカせるなんて、なかなかやるわね、雄介君は」

「美沙さんの指示通りにしたからですよ」

「ねぇ、セックスしたい?」

「もちろんです」

「じゃあ、このまま続きをしましょう。いいわね?」

「わかりました。お願いします。

「まずは正常位から始めましょうか、そっちの方がやりやすいから。慣れてきたら、少しずつ体位を変えていきましょう」

そう言うと、美沙は仰向けに寝そべり、脚を左右に開いていった――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました