連載官能小説『憧れのお姉さん』第4回

連載官能小説

連載官能小説『憧れのお姉さん』第4回

雄介にとって、これが初めてのセックスになる。それも相手は、思い描いていた美沙なのだ。胸は高鳴り、興奮はピークを迎える。

(僕、美沙さんとセックスするんだ……)

そう考えると、心の底から嬉しくなる。

だが、不安もあるのだ、果たして上手くできるだろうか?

そんな風に考えていると、美沙が徐に声を出した。

「雄介君、挿れる場所、わかるわよね?」

「それはわかるんですけど、なかなか入りませんね」

膣口付近を、ペニスで弄りながら、挿入を試みるが、なかなか上手くいかない。

それを見ていた美沙が、雄介の剛直を手で支え、ゆっくりと秘部の入り口へと導いていく。

そして、とうとうペニスが胎内に侵入していく。

ずぶずぶずぶ……。

美沙の秘裂は、たっぷりと愛蜜で満たされているので、挿入は滑らかに行われた。初めて感じる胎内の感触に、雄介は驚いていた。

(これが、セックス。なんて気持ちいいんだろう)

想像以上に心地いい。温かな膣壁に、ペニスを包み込まれると、それだけで蕩けそうになってしまう。

「くぅ、雄介んのおちん×ん、凄く大きいわ」

「大丈夫ですか?」

「うん。じゃあ、最初はゆっくり動いてみましょうか? 一回イッてるから、直ぐに果てないと思うけど」

「わかりました。動かしてみます」

そう言い、雄介は少しずつ腰を動かし始めた。

腰をゆったりとしたペースでグラインドさせると、結合部分から、にちゃにちゃという淫音が響き始めた。その音を聞きながら、雄介は興奮の度合いを高めていくのであった。

「美沙さんのおま×こ、ねっとりとしていて気持ちいいです」

「私も気持ちいいわ。こんな大きなおちん×んで突かれるのは初めてだから」

懸命に抽送を続ける雄介。

美沙の言う通り、既に一度射精しているので、そこまで切迫した射精感は発生しない。しかし、これだけの心地よさである。気を引き締めてかからないと、忽ち、暴発してしまうだろう。細心の注意を払いながら、雄介は腰を動かしていく。

「あぁ、凄く気持ちいい。これがセックスなんですね。僕、感動しました」

「そうよ。これがセックスなの。雄介君も大人の男になったわね」

「はい。ありがとうございます」

「ねぇ、雄介君、突きながらでいいからキスしてくれる? 私、キスされながら挿れられるのが好きなの」

「キスですか、わかりました」

そう言われ、雄介は、姿勢を前側に倒していく。

そして、美沙の顔に自分の顔を近づける。

美沙の首元から、立ち昇る牝フェロモン臭を嗅ぎ、彼は、クラクラとしてしまった。

しかし、ここで止まるわけにはいかない。唇を近づけ、そっと、触れるだけのキスをする。すると、美沙がスッと背中に手を回し、そのまま激しく吸い付いてきた。驚く雄介であったが、そのまま流されるままに、ディープなキスを展開していく。

「にちゃ、んん、むぐ……」

美沙は舌を伸ばし、雄介の舌に絡めていく。

お互いの唾液を激しく啜り合い、濃密なキスを続ける。

(うわぁ、美沙さんの唾液、何だか密みたいに甘いや)

その味わいは、癖になりそうな感じであった。

濃厚なキスを行いながら、雄介はせっせとピストン運動を続けていった。美沙の膣壁には、襞のようなものがあり、それがペニスに絡みついていくのである。そのねっとりとした味わいは、形容しがたいものがあり、雄介を恍惚とさせていった。

「美沙さんのおま×こ、僕のペニスに吸いついてきます。なんか襞があって、凄く気持ちいいです」

「ウフフ、そうでしょ、私のおま×こってね、数の子天井っていう名器らしいわよ。独特の襞があって、それがおちん×んに絡みつくの。だから、癖になる男性が多いみたい」

「凄いです。本当に……」

感動しながら、雄介は、腰をくねらせ、突きの一撃を加えていく。

ずんずんと、ペニスが奥の方まで突き刺さり、美沙も気持ちよくなっていく。雄介の剛直はかなりの長さがあるため、子宮の入り口に届きそうな勢いであった。同時に、ここまで深く挿入された経験はない。それ故に、美沙も驚きながら、迸る快感に身を捩らせていった。

「雄介君、少しずつ、ペースを上げていきましょうか? できる」

「大丈夫です。やってみます」

美沙の言葉を胸に、雄介は抽送のリズムを上げていく。

突きまくりながら、チュッチュッとキスの雨を降らせ、美沙を満足させていく。

やがて、一旦キスを止めると、雄介は姿勢を起こした。動きが単調になってしまったので、少し変化を加えたい。確か、アダルトビデオで、女優の脚を抱えて挿入するシーンがあったはずである。あれを真似してみよう。そう考え、彼は美沙の片足を持ち上げた。

「きゃぁ、何をするの、雄介君」

驚いた美沙は、声を上げた。

しかし、雄介は落ち着きを払いながら、

「ちょっと、変化を加えてくて、ダメですか?」

「そう、好きにやってみて。もしかすると、もっと気持ちよくなれるかもしれないし」

「ありがとうございます」

脚を持ち上げての挿入は、確かに変化生まれた。

性器の締まりからが変わり、キュッと引き締まったのである。

ペニス全体を甘締めされながら、彼は官能的な気分に浸っていく。

「美沙さん、気持ちいいですか? 僕は凄い気持ちいいです」

「ふぁ、はぁん、はぁ、私も気持ちいい。おちん×ん、奥まで刺さってるわぁ」

「僕のち×ぽをもっと堪能してください」

勢い付いた雄介は、さらに抽送のスピードを上げていく。

パンパンパンと雄介の恥骨が、美沙の臀部に当たっていく。リズミカルに腰を振っていくと、どんどん快感が降ってくる。

(あぁ、セックスって本当に堪らない。何て気持ちいいんだろう……)

腰をグラインドさせ、美沙の膣奥にペニスを突きたてていく。快感は徐々に鋭さを増し、貫くような刺激が全身を支配していく。

「あぁん、雄介君、その調子よ、もっと激しく突いてもいいかもしれないわ」

「もっと激しくですか?」

「そう。できるかしら」

「大丈夫です、やってみます」

若い雄介は、とにかくセックスに貪欲であった。何でもやってみたい、その好奇心が、溢れてくる。同時に、好奇心があるからこそ、呑み込みも早かった。

勢いよく、抽送を続けていくと、次第に射精感がせり上がってくるのがわかった。明らかにオーバーペースでピストンしていたので、いつの間にか限界が迫っていたのである。

(不味いな。もう少しでイキそうだ。まだまだ楽しみたいのに)

グッとアヌスに力を入れる雄介。

彼の身体が、徐々に小刻みに震えていく。

すると、その様子を見た美沙が声を上げた。

「雄介君、大丈夫?」

「あ、いや、このペースで行くと、イッちゃいそうです」

「そうね。確かにペースが速かったかもしれない。少しペースを落としましょう。三回浅く突いて、四回目で深く挿入してみて。ゆっくりでいいからね。そうすれば、今よりも長くセックスができるわ」

「はい、わかりました」

美沙に言われた通り、雄介は肉竿の突き方を変えていった。

浅く三度突いて、四度目で一気に貫く。こうすると、リズムはゆったりでも、変化が生まれて気持ちよくなれるのである。せり上がってきた射精感も次第に落ち着きを取り戻す。

(よし、まだやれそうだぞ。大丈夫だ)

自信を取り戻す雄介。

ゆったりとしたペースで、美沙の胎内の感触を味わっていく。

いつの間にか、額には玉のような汗が浮かび上がっていた。

それ、腰を振るのと同時に、煌びやかに舞っていく。

(セックスってなんだかスポーツみたいだ。物凄く疲労感がある。でも、それが心地いい)

初めてのセックスということもあり、徐々に疲労感も増していく。ただ、それでも快感が素晴らしく、もっと続けていたい気持ちになるのだ。

雄介は、それまで片足のみ持ち上げていたのだが、今度は両足を垂直に持ち上げ、その状態で挿入を繰り返した。

「はぁん、そんな、おま×こが疼いちゃうわ」

「足を上げると、あそこの締まり方が変わるんです。凄く気持ちいい」

「あぁん、ふぁ、私も気持ちいいわ、こんなに気持ちいいセックスは初めてよ。雄介君、あなたセックスの才能があるのかもしれないわね」

「相手が美沙さんだからですよ。もっと気持ちよくさせたいんです」

「雄介君、挿入しながら、クリトリスを弄ってくれる。クリクリされると、凄く気持ちいいの」

「クリトリスですね。わかりました」

雄介は足を抱えるのを止め、今度は左右に多く開いた。そして、その状態で、陰核を指で摘まみ、コリコリと刺激していく。

これには、美沙も堪らなくなったようである。ガクッと身体を反り返らせながら、快感に酔いしれていく。

「きゃぁ、イイわ、凄く気持ちいい。クリちゃん弄られながら、おま×こ突かれるの気持ちいいのぉ」

「もっと、気持ちよくなってください」

陰核は赤く充血し、さらにヒクヒクと震えている。それは、何かこう小動物のようにも見えた。

一定のリズムを刻み、雄介は腰を動かし続ける。

ゆったりとしていたペースが、再び速くなり始め、淫猥な動きに変化していく。

「はぁ、美沙さん、美沙さぁん……」

念仏のように美沙の名前を呟き続ける雄介。

それを聞いた美沙も、雄介の名前を連呼する。

「雄介君、上手よ。私、凄く気持ちいいの。おま×こが蕩けそう」

「僕のち×ぽも蕩けそうです。否、もう蕩けているのかもしれない。こんな感覚初めてで、とにかく凄いです」

「はぁん、あぁぁ……。クゥ……」

美沙の喘ぎ声も徐々に艶のある響きになっていく。

どうやら、心底感じているらしい。

ここまで正常位で性行為を続けてきたが、新しい刺激が欲しくなった。

そこで、雄介は美沙に提案する。

「美沙さん、今度は後ろから挿れたいんですけど、いいですか?」

「後ろから? そうね、そろそろ正常位にも飽きてきたし、別の体位にしてみましょうか」

「ありがとうございます」

二人は、一旦正常位を止める。ペニスを膣口から引き抜くと、たっぷりと透明の密で覆われているのがわかった。しとどに濡れたペニスから、しとしとと美沙の愛蜜が滴り落ちていく。それがベッドのシーツに落下し、水溜りのような染みを作っていく。

美沙は姿勢を反転させ、四つん這いの姿勢になった。

そして、その状態のまま、腰をフリフリと振って、雄介を誘惑する。

(あぁ、美沙さんが僕を誘惑している。堪らないよ)

「美沙さん、後ろから挿れます。いいですね?」

「はぁん、早く挿れて、おま×こがち×ぽを欲しがってるの、早くぅ」

雄介は美沙の臀部に手を置くと、ペニスを膣口に当てがっていった――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました