連載官能小説『憧れのお姉さん』第5回

連載官能小説

連載官能小説『憧れのお姉さん』第5回

美沙の臀部に手を置き、そして、双肉をクイッと左右に押し広げる。すると、女の花園が、くぱぁと顔を出し、ツンとする性臭が辺りに染み渡っていった。

(うわぁ、美沙さんのおま×こ、トロトロだよ)

愛蜜でたっぷり満たされている美沙の秘唇は、早くペニスを挿れて欲しいのか、ヒクヒクと蠢いている。その淫らな光景を見ていると、性的な興奮が一層高まっていくのがわかる。正常位でもあれだけ気持ちよかったのだから、きっと後背位も気持ちいいのだろう。

と、漠然とそんな風に雄介は考えていた。

「雄介君、早く挿れてぇ」

と、美沙が甘い声を上げる。

その声でスイッチが入ったのか、雄介は膣口にペニスを押し当て、そのままゆっくりと貫いていった。

ずぶずぶずぶと、剛直が胎内に吸い込まれていく。温かな質感がペニス全体を覆いこみ、深い官能を与えていく。

「く、くぁ、気持ちいい。美沙さんのおま×こ、本当に最高ですよ」

「はぁん、私も大きなおちん×ん挿れられて、感じちゃってるのぉ。もっと突いてみて」

「突けばいいんですね。わかりました」

雄介は緩やかなペースで抽送を開始する。

にちょ、ぐちょと、淫音を響かせながらピストンをしていると、心の底から心地よくなっていく。同時に、グググっと、射精感がせり上がってくるのを感じていた。

(気を引き締めてかからないと、暴発しちゃいそうだ。しっかりしないと……)

と、雄介は気合を入れ直す。そして、下半身にグッと力を入れて、強引に射精感をかき消していく。まだやれる。まだイクわけには行かないのである。

「美沙さん、おま×この締め付けが強くて、ち×ぽが千切れそうですよ」

「あぁ、だって、気持ちよくて自然とあそこが締まっちゃうんだもん。わざとじゃないのよ。でも、締まりがいいと気持ちいいでしょ? そっちの方が絶対にいいはずよ」

「確かにそうかもしれません。ち×ぽがキュッと締め付けられて、凄く気持ちいいです」

「ううう、あぁ、はぁん、そうでしょう、私も感じちゃってるの。少しずつ、ペースを上げていきなさい。そうすれば、もっと気持ちよくなれるわ。でも、決して慌てないこと。いいわね?」

「わかりました。大丈夫だと思います」

雄介は最初から無理にペースを上げずに、ゆったりとした抽送を続けていく。美沙の言いつけ通り、三回浅く突いて、四回目で深く挿入していく。こうして、リズムを作っていくと、心地いいだけではなく、射精感も幾分か抑えられるのである。

「雄介君、おっぱいも揉んでみて……」

「おっぱいですね。こうですか?」

雄介は、姿勢をやや前傾にさせて、美沙に覆いかぶさると、その状態で手を前方に回し、美沙の乳房を包みこんだ。そして、手のひらでギュッとおっぱいを掴むと、そのまま、マッサージするように、バストを揉み込んでいく。

「きゃぁ、おっぱい弄られると、気持ちよさが増すわ。何だか犯されているみたいで、凄く興奮しちゃうの」

覆い被さる状態で、抽送を続け、さらに乳房を揉みまくる。こうすると、女を征服しているような気がしてきて、雄介も気分が良くなっていった。憧れの美沙をこうして犯している。それだけで、彼は興奮してくるのであった。

「美沙さんのおっぱい、凄い柔らかいです」

「私ね、そんなにおっぱいは大きくないんだけど、その分感度がいいみたいなの。だから、たくさん触って頂戴、そうすると、私も嬉しいから」

「はい、たくさん揉みますね」

調子づいた雄介は、バストを懸命に揉みしだきながら、同時にピストン運動を展開していく。後背位は、正常位に比べると、やや挿入が深くなるため、先程よりも、剛直が奥の方まで届いた。そして、膣壁をメリメリと切り開いていき、擦り合っていく。

そうすると、止めどない悦楽が生まれ、二人を包み込んでいくのであった。

「はぁん、あぁ、凄くいい、気持ちいいのぉ」

美沙があまり声を上げる。

艶を帯びた声は、聴いているだけで、性的なボルテージを上げていく。

雄介の抽送のリズムも少しずつ上がっていく。ゆったりとした突きの一撃が、徐々に鋭さを増していき、美沙を征服していくのである。

同時に、美沙は、彼のピストン運動に合わせて、腰を振り始めた。いやらしい、くねくねとした腰の動きが、雄介の腰の動きとリンクして、快感を高めていく。とにかく気持ちよく、雄介は心の底から心地よくなっていた。

「美沙さん、ち×ぽが奥まで届いておま×こを擦り上げていきます」

「そうよ、私のいやらしいおま×こをもっと突いて、そして、どんどん興奮させて。途中で止めちゃ嫌よ。私、今凄く気持ちいいんだから」

「僕もです。限界までやりますよ」

ここで、雄介はおっぱいを揉むのを止め、美沙の両腕を掴んだ。そして、勢いよく彼女を弓なりにさせると、その状態で、激しく突き始めた。

ずんずんずんと、ペニスが奥まで挿入され、美沙も気持ちよくなっていく。腕を強引に掴まれて、怒張を挿入されると、牝としての本能が、どんどん呼び覚まされていく。このままもっと征服してほしい。そして、今以上に気持ちよくしてほしい。そんな思いが浮かび上がってきた。

「美沙さん、もっとお尻を高く突き上げてもらってもいいですか?」

「お尻を高く? こうかしら?」

美沙は頭をベッドに擦り付けると、腰を高く上げた。

雄介は彼女の腕を離し、今度は臀部に手を置くと、上から下に貫くように抽送を始めた。動物の交尾のようなセックスが展開され、美沙は恥ずかしさと興奮に身を焦がらせていった。

「あぁん、こんな体勢、凄く恥ずかしいわぁ」

「でも、気持ちいいじゃありませんか? さっきよりもおま×こが締まりましたよ」

「きゃぁ、だって、あまりに気持ちよくて、おま×こが疼いちゃうのぉ」

「どんどん気持ちよくなってください。僕も凄く気持ちいいですから」

「はぁ、うぐぅ、雄介君……」

美沙の言葉を胸に、雄介は一層抽送のスピードを上げていった。

すると、再び大きな射精感が襲ってくる。

「アァッ、み、美沙さん、そんなに締めないで、イッちゃいそうです」

「いや、いや、まだイッちゃだめぇ。私、まだ足りないのぉ」

「でもこのままじゃ」

「雄介君。じゃあ攻守を交代しましょう。今度は私が責めるわ」

「美沙さんが?」

「そう、騎乗位で挿れてあげるから。大丈夫、そんなに激しくしないからたっぷり楽しめるわよ」

「わかりました。じゃあお願いします」

後背位から一転して、今度は騎乗位での挿入を試みる。

一旦、ペニスを引き抜き、雄介が仰向けに寝そべる。そして、その上に美沙が跨り、脚を開いていく。

「騎乗位だと、入ってる所がくっきり見えるわね」

「はい。凄くいやらしいです」

「ウフフ、じゃあ挿れるわよ」

「はい。なんかワクワクします」

美沙は雄介の怒張を手で握りしめると、そのまま自分の膣口に導いていき、ゆっくりと腰を落としていく。ぬむぬむと、ペニスが胎内に吸い込まれていき、心地いい刺激が雄介を貫いていく。

「あぁ、騎乗位も気持ちいいです。バックとは違うんですね」

「そう。挿入が一層深くなるでしょ。雄介君のおちん×ん、本当に大きいから、子宮に当たっちゃいそうよ」

美沙は腰を下ろし、ペニスを根元まで咥えこむと、その状態で、腰を円状に振り始めた。ペニスが膣内を掻き回していき、鋭い刺激が雄介を包み込む。

「くぁ、ち×ぽが蕩けそうだ。美沙さんのおま×ことても熱いです」

「それだけ私も興奮しているの。もっと淫らになった私を見てぇ」

続けて、美沙は腰を上下に動かし始めた。

腰を巧みに動かし、いきり立った怒張を包み込んでいく。膣壁をペニスが擦り上げていき、美沙も心地いい刺激を感じ始めた。

「あぁん、雄介君のおちん×ん、どうしてこんなに大きいの? こんな大きなおちん×ん初めて、凄く気持ちいいのぉ」

随喜の声を上げる美沙。

彼女はここまで大きなペニスに出会ったことがなかった。カリ首が太く、膣内を強引に切り開かれていく感触は、初めて味わう心地よさであった。

「雄介君、下からち×ぽをを突き上げてぇ」

「はい。こうですか?」

雄介は美沙の腰を振るリズムに合わせて、自分の腰を大きく突き上げていく。混然一体となり、激しい悦楽が降り注いでくるのだ。

「いいわ、その調子よ。はぁん、私もイキそうかも……」

美沙はこれまで、断続的なアクメを感じていたが、それが徐々に大きくなっていき、身体全体を包み込み始めた。膣内は、少しずつ痙攣を始め、身体も小刻みに震えている。イク前兆が現れていたのである。

「僕もイキそうです。あぁ、最高ですよ、一緒にイキましょう、美沙さん」

「ぐぅぅ、はぁぁ、もう少し、後少しだけ耐えて、お願い」

とはいうものの、雄介は限界に近かった。

初めてのセックスの割に、彼はよく持ったほうであろう。

それは、美沙もよくわかっている。だが、もう少しだけ、快感を味わっていたかった。

「ぐぅ、うぅぅ、み、美沙さん、僕、もうそろそろ限界です」

「わかったわ、私もイクから、そのまま中に出して頂戴」

「え? 中に出してもいいんですか?」

「中出しがセックスの基本よ。それに今日は安全な日だから大丈夫なの。だから、たくさん精子出してね」

「わかりました。じゃあ、中に出します」

最後の力を振り絞って、雄介は腰を突き上げていく。

美沙も腰を深く下ろし、ペニスを根元まで味わい尽くす。

「うわぁぁ、ダメだ、もう限界です、美沙さん、出るぅ」

「精子いっぱい出して、私の中に、お願い!」

次の瞬間、激しい性の高鳴りが感じられた。

オルガスムスを覚え、マグマのように精子が尿道から噴き出していく。

ビュルビュルドビュ。と、勢いよく子種が放出され、美沙の胎内に注ぎ込まれる。

「あぁぁ、中に出てる。おま×この中に精子がたくさん出てるわぁ」

「精子が止まりません。どんどん出てくる」

「最後の一滴まで出し尽くしなさい。すべて受け止めてあげるから」

「はい!」

心地いい射精感を味わいながら、とうとう雄介は全てを出し尽くし、そのまま果ててしまった。ガクッと身体を傾けると、ベッドの上に崩れ落ちてく。

ペニスを結合部分から引き抜くと、収まりきらなかったスペルマがドロッと溢れ出してくる。

「いやぁ、精子が出ちゃう。おま×こから精子が、もったいないわ」

美沙は精子を救い取ると、それを口元に持っていき、そのまま嚥下した。

その光景を見て、雄介はありがたさを感じていた。

ここまで自分を大切にしてくれる存在に出会えて、本当によかったと思っている。

「美沙さん、ありがとうございます。僕、凄く気持ちよかったです」

「私も気持ちよかったわ。でも、本当に相手が私でよかったの?」

「もちろんです。美沙さんじゃなきゃダメなんです」

「ウフフ。ありがとう。そう言ってくれると嬉しいわ」

「美沙さん、また今度してくれますか?」

「したいの?」

「はい。何度でも」

「仕方ないわね。相手してあげるわ。その代わり勉強も頑張るのよ」

「ありがとうございます」

美沙と雄介はセックスの余韻に浸り合い、最後にキスをしてベッドに横になった。

ふんわりとしたいい雰囲気が流れ、雄介は心の底から満足するのであった――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました