連載官能小説『憧れのお姉さん』第10回

連載官能小説

連載官能小説『憧れのお姉さん』第10回

「きゃぁ、雄介さん、この体勢、凄く恥ずかしいんですけど……」

「志保ちゃんのお尻の穴、ヒクヒク動いてるよ」

「やぁん、そんなこと言わなくていいです。恥ずかしすぎます」

「お尻も弄ってみたいなぁ」

「ダメです。そんなの不潔ですよ」

「わかってるよ。ちゃんとおま×こに挿れから安心してね」

雄介はそう言うと、ペニスを膣口に当てがい、そして、一気に姦通していった。

メリメリと、剛直が奥深くまで吸い込まれていく。

志保の膣内は、蜜液でトロトロになっており、ペニスをスムーズに動かしていった。同時に、肉襞が、怒張に絡みつき、形容しがたい快楽を生み出していた。

「あぁ、志保ちゃんのおま×この中、凄く温かい」

「くぅぅ、あぅ、おちん×んが奥まで入ってきます」

「もう痛くない?」

「はい、大丈夫です」

既に処女の痛みは完全に消失していた。心地よさを味わうことができ、志保も満足している。

雄介は、ペニスを奥まで導いていくと、そのまま少しだけ停止して、胎内の感触を味わっていった。キュッと怒張を締め付けられ、ねっとりと絡みつかれると、それだけで気持ちよくなってしまう。もっと、この悦楽を感じていたい。

そう考えた雄介は、静かにペニスを動かし始めた。

ヒップに手を当てて、リズミカルに抽送を生み出していく。彼の恥骨が、志保の臀部に当たり、パンパンと大きな音を上げた。

「あぁん、おちん×んで突かれると気持ちいいです」

「僕も気持ちいい。志保ちゃんのおま×こ、とにかくトロトロで凄いことになっているんだ」

「はうぅぅ。感じすぎちゃって、自然と濡れちゃうんです。あぁぁ……」

「気持ちよくなってくれて嬉しいよ。少しずつ動かしていくからね」

「はい、お願いします」

雄介は少しずつピストン運動のリズムを上げていった。

すると、ますますペニスが膣壁を擦り上げ、気持ちよくなっていく。グググと、射精感がせり上がってきて、耐えるがしんどい。しかし、まだ我慢しなくてはならない。

(凄く気持ちよくて、イキそうだ。でも、もっと味わっていたいなぁ)

と、雄介は感じていた。

下半身にグッと力を入れて、強引に射精感を抑え込むと、そのままの体勢で、ペニスを突きまくった。

ただ、あまりオーバーペースにならないように気を付けた。速く動き過ぎてしまうと、その分イクのが速くなってしまう。彼は、まだまだ志保の胎内の感触を味わっていたかった。

志保の臀部に手を当てて、リズミカルに腰を振っていく。すると、ぐちゅ、にちょと、淫靡な音がこだまし始めて、それが室内に広がっていった。

次第に、雄介の額に汗が浮かび上がってきた。それが部屋の明かりに照らされて、キラキラと輝いて見える。

一定のペースで腰を動かしていた雄介は、姿勢をやや前傾にさせ、志保に覆いかぶさった。そして、その状態のまま、勢いよく彼女の乳房を揉みしだいた。やや強引におっぱいを揉んでいくと、それに興奮したのか、志保の口から甘い声が漏れるようになった。

「あぁん、おっぱい、気持ちいいです。乳首も弄って……」

「志保ちゃんは、乳首が好きなんだね」

「感じちゃうんです。乳首をコリコリってされると、凄く気持ちよくなっちゃうんです」

「よし、たっぷり乳首を弄ってあげるよ」

そう言うと、雄介は指先を使って乳首を刺激し始めた。指で胸の蕾を摘み上げると、そのままクリクリと弄っていき、志保を心地よくさせていく。志保自身、乳首への刺激に耐えきれなくなったのか、思い切り背中を反らせ、甲高い声を上げて感じ始めた。

「ああぁぁ、そ、それいいです、凄く気持ちいい。もっとしてください」

「志保ちゃんは見かけによらずエッチなんだね。乳首が好きだなんて、凄く卑猥だ」

「いやいや、そんな風に言わないで。雄介さんの意地悪ぅ」

「ゴメン、僕はエッチな女の子の方が好きだよ。だから、今の志保ちゃんが凄く魅力的に見えるよ」

乳首を弄り続けると、志保の身体にも徐々に変化が現れた。淡い刺激が、次第に強くなっていき、全身を包み込んでいく。また、断続的にアクメを覚え始めた。ガクガクガクと、身体を小刻みに動かしていき、快感を貪っていくのである。

「志保ちゃん、気持ちいい?」

「はい、凄く気持ちいいです」

「どこが気持ちいいの?」

「え? その、おっぱいとかあそこです」

「あそこじゃわからないよ、ちゃんと言ってくれないと……」

「そんな恥ずかしい言葉、私からは言えません」

「ちゃんと言わないと、ち×ぽを抜いちゃうよ。それでもいいの?」

「それは、それは嫌です。おちん×ん抜かないでください」

「なら、言ってごらん。おっぱいの他にどこが気持ちいいの?」

「お、おま×こが気持ちいいです」

志保は恥ずかしさでいっぱいになりながら、淫語を発した。

顔中が真っ赤になり、沸騰するほど熱くなっている。

「よく言えました。おま×こが気持ちいいんだね?」

「はい。私のおま×こをもっと突いてください」

「わかった。たっぷり突いてあげるからね」

雄介は、前傾にしていた姿勢を変え、垂直に身体を起こした。

そして、その状態のまま、志保の腕を掴み、彼女を思い切り反り返らせる。反り返った状態で、ペニスを突き上げていき、新たな快感を生みだしていった。

「きゃぁ、あんまり乱暴にしないでぇ」

「嘘言っちゃだめだよ。こうした方が、おま×こが締まったよ。きっと興奮しているんじゃないの?」

志保はグッと言葉に詰まった。

確かに、やや乱暴に挿入される方が気持ちよくなってしまう。何というか、牡に征服されているような気がして、頭がフワフワとしてしまうのである。

「でも、こんな体勢、何か変態みたいで……」

「変態なんかじゃないよ。気持ちよければ、何だっていいじゃないか。志保ちゃん、気持ちいいって身体が言ってるよ」

「はい。確かに気持ちいいです。乱暴にされるの、好きかもしれません」

「そうしたら、もっと声を上げてもいいんだよ。そっちの方が、僕も興奮するから」

「はぅぅ、あはぁん、いい、それいいです。気持ちいいよぉ」

志保は乱れに乱れていく。

段々自分の中の殻が破れていくような感覚が広がっていく。そうすると、途端に気持ちよさの塊が降ってきて、身体を支配していくのである。

断続的なアクメが、次第に鋭さを増していく。じんじんと、脳内に直接響くような衝撃が、彼女を襲っている。同時に、再びイキそうになり始めた。

「雄介さん、このままだとイッてしまいます」

「イッてもいいよ。思い切りイッてごらん」

「きゃぁ、あぁぁん、感じすぎちゃいます」

途端、志保はオルガスムスを覚え始めた。

体中が震えていき、膣内が激しく収縮し、ペニスをキュッと包み込んでいった。

「あぁぁっ、い、イク、イッちゃう」

志保は身体を痙攣させると、叫ぶように告げた。

それでも雄介の突きの一撃は止まらない。容赦のない突きの連続が志保に襲い掛かる。そして、とうとう彼女は果ててしまった。

「あぅぅぅ、イクゥゥ……」

体中に電流が走ったかのように、彼女は身体を弓なりに反り返らせた。そして、圧倒的なアクメを覚え始める。

「志保ちゃん、イッたんだね。でも、これで終わりじゃないよ」

そう言い、雄介はさらに抽送のリズムを上げていった。

これには、志保も堪らなくなる。

「きゃぁ、イッたばかりのおま×こを突かないでぇ、おかしくなっちゃう」

「もっとイカしてあげるよ。イッタばかりの敏感なおま×こを突いてあげるからね」

「くぅぅ、うわぁぁ、ひぃぃ」

声にならない嗚咽を漏らす志保。

その淫声を聞きながら、雄介はピストン運動を続けていく。

彼自身もそこまで余力が残っているわけではない。既に限界は近かった。それでも男のプライドを胸に、必死に突き続けていたのである。

(そろそろ、僕もヤバいかな。だけど、もっと楽しみたい……)

そこで雄介は別の体位を試すことに決めた。

ペニスを挿入したまま、志保を自分の上に座らせていく。つまり、背面座位の姿勢を取ったのである。

「志保ちゃん、僕も下から突き上げるから、自分でも動いてみて」

「動くってどうすれば?」

「腰を上下に振るんだ。そうすえれば、ち×ぽがおま×こを擦って気持ちよくなれるはずだよ」

「わかりました。やってみます」

志保にとって、この騎乗位に近い姿勢は、未知なる体験である。

驚きもあったが、好奇心の方が優っていく。

彼女は率先して、腰を振り始めた。

雄介は舌になっている関係上、そこまで強く突き上げられない。この体勢は志保が主導になって行わなければならないのだ。志保はそれに途中から気づき始めた。

(今度は私が雄介さんを気持ちよくしなくちゃ)

そう考え、必死に腰を動かしていく志保。

ペニスが下から奥深くまで突き刺さるため、挿入はこれまで以上に深くなっていった。

特に、雄介の剛直は大きいので、子宮の入り口に届く勢いで突かれている。じわじわと、快感の塊が降り注ぎ、彼女を恍惚とさせていく。

もちろん、雄介も心地よくなっている。ペニスが奥の方まで届く分、怒張が膣壁をメリメリと擦り上げていくのである。カリ全体から肉胴までフルに使う分、気持ちよさもひとしおであった。

「うぉぉ、志保ちゃん、凄く気持ちいいよ。僕もイキそうだ」

「雄介さん、イキたくなったらいつでもイッて下さい」

「ねぇ、志保ちゃん、中に出してもいいの?」

「え? 中に……。それは……」

「僕、志保ちゃんの中に出したいんだ」

中出しされたら、赤ちゃんができてしまうかもしれない。

そのくらいの知識は、志保にも当然ある。

それ故に迷った。しかし、牡のすべてを受け入れたいという、女の欲望が優った。

「わかりました、中に出してください」

「いいんだね? 中に出すよ」

「はい、たっぷり出して、気持ちよくなってください」

「ありがとう。たくさん精子出すからね」

雄介はそう言うと、最後の力を振り絞って突き始めた。

徐々に、ペニス全体が心地よくなっていき、ビクビクッと、反応していく。

じわじわとオルガスムスを感じ始めたと思った瞬間、性の爆発が感じられた。

「うおぉぉぉ、イク、出るよ!」

ビュルビュルドピュ。

勢いよく子種が膣内に放出されていく。

「あぁん、凄い、熱い精子が私の中に……、たくさん出てます」

「うん、凄く気持ちよくて、精子が止まらないよ」

我慢に我慢を重ねてきたため、放出された精液の量も莫大であった。

全ての男汁を、膣内に注ぎ込むと、雄介は後ろから志保を抱きしめ、そのまま崩れ落ちた。

こうして二人のセックスは終わりを告げる……。

「雄介さんの精子が私の中に……、なんか凄く気持ちいいです」

「僕も凄く気持ちよかったよ、ありがとう、志保ちゃん」

そこで、雄介はペニスを膣口から引き抜いた。鈴口にはたっぷりと精液が付着し、ドロドロとしている。そして、膣孔から、入りきらなかったスペルマがゴボッと溢れてきた。

「おま×こから流れる精子って何か卑猥だなぁ、堪らなく興奮するよ」

「私も興奮します。雄介さん、もう一度抱いてくれませんか?」

「いいのかい?」

「はい。もっと雄介さんを感じていたんです」

「わかった。じゃあもう一回やろう」

雄介と志保はにっこりと笑い合う。

そして、雄介はスッと志保に顔を近づけ、そのまま優しくキスをした。

甘く蕩けるようなキスが二人を包み込み、新たなるセックスが展開されようとしている。

二人の甘く切ない時間は、まだまだ終わらない――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました