連載官能小説『憧れのお姉さん』第13回

連載官能小説

連載官能小説『憧れのお姉さん』第13回

(雄介さんとしちゃった……。私、とうとう結ばれたんだぁ)

雄介とのセックスを経験し、数日経ったある日、志保はぼんやりと考えていた。

自分は、確かに雄介と結ばれた。それは事実である。

だけど……。

「私って雄介さんの何なんだろう……?」

ふと、そんなことを考える。

付き合っているとか、そんな感じではない。あくまでも、身体の関係があるだけで、それ以上は進めていない。そう考えると、心がチクリと痛む。

(雄介さんは、私じゃなくて、お姉ちゃんが好きなんだよね)

そう、志保は雄介の本当の気持ちを知っている。

彼が好きなのは、自分ではなく、あくまでも姉の美沙なのである。

セックスをしたのだから、自分を選んでほしい。

そう思う心はある。だけど、人の想いは変えられない。

いくら自分が好きだとアピールしても、相手がその気にならなかったら意味がないのである。

(これで終わっちゃうのかな?)

一度限りの関係。

それで終わってしまうかもしれない。

(嫌だよ。そんなの……)

そう。それは耐えがたい。

二番目でもいいから、彼女は雄介と一緒に居たかった。離れるのは、とても辛いからだ。

彼女が、部屋で考え込んでいると、ドアがノックされた。

「誰?」

「私、美沙よ」

「お姉ちゃん。何か用?」

立ち上がると、志保は部屋のトビラを開けた。

すると、部屋着姿の美沙が立っているのがわかった。

「ちょっと今いい?」

「うん、いいけど、何の話?」

「雄介君の話って言ったらわかるかしら」

雄介という言葉が出て、ドキンと胸が跳ねる。

一体、雄介の件で何の話があるのだろうか?

美沙は部屋に入るなり、中央に置いてあるローテーブルの前に座り込んだ。

そして、志保に対して優しく微笑む。

「私ね、知ってるの」

と、美沙は切り出す。

「知ってる? 何が?」

訳も分からず、志保はあえてそう答えた。

「志保。あなた雄介君と寝たでしょ?」

「え、えぇぇ。ど、どうしてそんなこというの?」

「私はあなたの姉だからね。何でもお見通し。あなたが雄介君を慕っていることも知っているわ。それでどうするの?」

「どうもこうも、私じゃダメなの」

「私じゃダメ? 何でかしら?」

「だって、雄介さんが好きなのは、私じゃなくてお姉ちゃんなんだもん」

雄介が自分を好きでいるのは、当然であるが知っている。

だが、志保も知っているとは意外だった。美沙は、雄介は自分とではなく、志保と結ばれるべきだと感じている。年も近いし、そっちの方が健全であると考えるからだ。

そもそも自分なんてダメな人間である。働きもせずに、毎日ダラダラと実家に寄生している存在。もちろん、働くつもりはある。今は、その準備期間なのだ。だからこそ、今この大切な時期を、雄介に捧げるわけにはいかないのである。

「私は、志保と雄介君はお似合いだと思うけど」

「でも、ダメだよ。私じゃダメなの。お姉ちゃんじゃないと」

「このままでもいいの?」

このままでいいか?

改めて問われると、解答に迷ってしまう。

ただ、雄介と結ばれたいという思いがあるのが事実である。

そう考え、志保は答える。

「このままじゃ嫌だけど……。どうしていいのかわからないの」

「実はね、今度の週末、ウチに雄介君を呼んであるの」

「雄介さんを? どうして?」

「雄介君には、楽しいことをしましょうって言ってあるわ」

楽しいこと……。それはつまり。

「エッチなことするの?」

「そう。志保も入れて三人で楽しみましょうって言ってあるのよ。これはチャンスよ。雄介君を掴むためのね。最初は、私もいるけど、スッと抜けるから、その後ちゃんと告白しなさい。きっと受け入れてくれるから」

「でも、お姉ちゃんはそれでいいの? お姉ちゃんだって雄介さんが好きなんじゃないの?」

志保は鋭かった。

美沙自身、雄介に心奪われている。しかし、今の自分の立場が、それを許さないのである。

「私はダメよ。雄介君には相応しくないの。相応しいのは、志保、あなたよ」

「お姉ちゃん……」

そこまで聞くと、志保はグッと押し黙った。

二人の間に沈黙が流れ、淡々と時が進んでいった――。

一方、雄介も自室で考え込んでいた。

美沙と志保、二人の女性と寝てしまっている。

彼は美沙が好きだが、同じくらい志保にも愛着がある。

二人ともよすぎて、どちらかを選べと言われても無理なのだ。

(僕、どうしたらいいんだろう?)

答えが出ないまま、とうとう週末を迎える。

週末――。

雄介は美沙の自宅へ向かった。

両親が不在ということだったので、そこまで緊張はしないが、気分が高揚している。

家のインターフォンを押すと、美沙ではなくて、志保が現れた。

白の清楚な感じのロングワンピースを着ている。その姿にうっとりしながら、雄介は声を出した。

「あ、志保ちゃん。こんにちは」

「はい。雄介さん、上がってください」

「うん、ありがとう」

志保に案内されるまま、雄介はリヴィングに通された。

そこでは、美沙が軽食の用意をしながら、慌ただしく動いていた。

タイトなデニムパンツに、シックな白のブラウスを着て、その上にピンクのエプロンを羽織っている。

「雄介君、いらっしゃい。どうぞ座って」

「あ、はい、すみません」

「志保と二人でクッキー焼いたのよ。よかったら食べてね」

テーブルの上には、色とりどりのクッキーが並べられていた。どれも美味しそうである。

「あの、紅茶もありますから」

と、志保が告げ、紅茶を淹れる準備を始める。

雄介は、緊張を紛らわすために、クッキーを食べて、そして紅茶を飲んだ。

美沙はサンドイッチを作り終え、それをテーブルの上に置いた。

「今日はその、呼んでくれてありがとうございます。こんな風にパーティーみたいになるとは思いませんでした」

「ウフフ。時間はたっぷりあるわ。楽しみましょう」

と、美沙はウインクした。

そして、そのまま雄介に近づいてくる。

「雄介君、ちょっと待っててね」

美沙はそう言うと、志保と一緒にリヴィングから出て行った。

暫くの間、一人取り残される雄介。

時間にして五分ほど経つと、意外な格好をした二人が入ってくる。

「み、美沙さん、それに志保ちゃんも……、その恰好」

「いやぁ、恥ずかしいからあんまり見ないで」

と、志保は顔を真っ赤にしながら叫んだ。

「こういうの、雄介君も好きでしょ?」

と、美沙が告げる。

美沙と志保は、裸エプロンという格好で雄介の前に立っているのである。

そして、美沙は雄介に前まで進むと、スッと雄介を立たせ、するすると、ズボンを脱がしていった。

「雄介君のおちん×ん、どうなっているか見せて」

「あ、その、そんな、待ってください」

二人の裸エプロンという姿を見て、彼のペニスはムクムクと大きくなり始めた。

それを見た美沙は、歓喜の声を上げる。

「わぁ、もうこんなに大きくして。本当に雄介君ってエッチなのね」

「すみません。そんな恰好みたら、我慢できませんよ」

「ウフ。じゃあ、まずは雄介君を気持ちよくしてあげるからね」

美沙はそう言うと、雄介を椅子に座らせ、自身は後ろに回った。

雄介の対面には志保がしゃがみ込んでいる。

「一体、何をするんですか?」

興奮した面持ちで、雄介が尋ねる。

すると、美沙がそれに答えた。

「気持ちいいことよ。まずはこうするの」

美沙は雄介の胸部に手を回し、指で乳首を弄り始めた。

そして、前方にいた志保が、エプロンをやや下に下げ、大きな乳房を露出させた。

「雄介さん、気持ちよくなってください」

と、志保は言い、なんと自分の胸の谷間に、雄介のペニスを挟んだのである。

いわゆるパイズリ。初めて体験するパイズリに、雄介は驚いていた。

「あぁ、志保ちゃんのおっぱい、凄く柔らかい」

「私、こういうの初めてなんで上手くできるかわかりませんけど、とりあえずやってみますね」

志保は胸の谷間にペニスを挟み込むと、そのまま乳房を上下に揺すり、剛直を扱き始めた。

ゆっさゆっさと、たわわなおっぱいが揺れ、雄介を快感の海へ誘っていく。この時、同時に、雄介は乳首も弄られているので心地よさは、二倍、三倍へと跳ね上がっていった。

「雄介君、気持ちいい?」

と、美沙が蠱惑的な表情を浮かべ尋ねてくる。

それを受け、雄介は答える。

「はい。凄く気持ちいいです。こんなの初めてですよ」

「私はそこまで胸が大きくないから、こういうことはできないけど、志保は大きいからね。あなたをきっと気持ちよくしてくれるわよ」

「はぅぅ、おっぱいにち×ぽが包まれて、凄く気持ちいいです」

志保は、胸の上部から亀頭だけど、解放し、レロレロと舌で舐め回し始めた。乳房に肉胴を包まれて、その状態で亀頭を舐られる。ダブルの刺激に、雄介は感動してしまった。

「あぁ、志保ちゃんが、僕のち×ぽを舐めてる。なんて卑猥なんだ」

「んちゅ、にちゅ、雄介さん、気持ちいいですか?」

と、確認するように志保が言ってくる。

もちろん、脳内が激しく痺れるほど気持ちいい。

「最高だよ。直ぐにイッちゃいそうだ」

その言葉を聞いた、美沙が割って入ってくる。

「雄介君、まだイッちゃダメよ。まだまだこれからなんだからね」

「はい、すみません、あまりに気持ちよくて」

立ち昇る射精感を、強引に抑え込んでいく雄介。

アヌスにグッと力を入れると、幾分が余裕が生まれてくる。

恍惚とした表情を浮かべる雄介に対し、美沙が顔を近づけていく。

そして、乳首を弄ったまま、軽く口づけをした。

「んぐ、むぐ……」

キスをされて、頭がフワフワとしてくる。

こんなに心地いい気分に浸れるとは、思ってもみなかった。

続けて、美沙は強引に自分の舌を、雄介の舌に絡めていく。

直前まで飴を舐めていたのか、美沙の唾液はミントのような味わいがあった。

(うわぁ、美沙さんのキス、本当に濃厚だよ)

と、雄介は感じていた。そして、されるがままにキスを展開していく。

二人のキスを見ていた志保も、負けじとパイズリを続ける。

「雄介さん、私も見てください」

ゆさゆさと乳房の動きを速めて、快感を生みだしていく志保。

雄介の眉間にクッと皺が寄った。

(志保ちゃんのパイズリも最高だ。ち×ぽが蕩けそうだよ)

やがて、キスを終えた美沙が、雄介に向かって言った。

「雄介君、もっと気持ちよくなりたい?」

「はい、それはもちろんです」

「わかったわ。じゃあ雄介君は四つん這いになって」

「え? 僕が四つん這いに?」

「そうよ。ち×ぽとお尻の穴を両方弄ってあげる。志保、ちょっとこっちに来て」

雄介は四つん這いになり、お尻の方に美沙が立ち、顔の方に志保が膝立ちで屈みこんだ。

美沙は、雄介の脚を開かせ、お尻を高く上げさせると、股の間からペニスを掴み、勢いよく扱き始めた。

「あぅぅ、何か恥ずかしいですけど、気持ちいいです」

「雄介君は、志保のおっぱいを触ってあげて」

雄介の眼前に志保の乳房が広がる。志保は恥ずかしそうに顔を背けているが、早く胸を触ってほしそうだった。

「志保ちゃん、おっぱい触るよ?」

「はい。お願いします」

志保の言葉を聞き、雄介は片手を床に置き、残ったもう片方の手を伸ばし、志保の乳房を揉み始めた――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました