連載官能小説『憧れのお姉さん』第14回

連載官能小説

連載官能小説『憧れのお姉さん』第14回

先ほどまでパイズリをしていた志保のおっぱいは、どこまでも柔らかく、雄介を更なる興奮に導いていった。

(志保ちゃんのおっぱい、凄いプニプニしてる……)

「ぁぁ、雄介さん、気持ちいいです」

と、志保が甘い声を上げる。

そんな二人のやり取りを見ていた美沙は、雄介のペニスを握りしめながら、勢いよく上下に動かし始めた。そして、残ったもう片方の手を使って、アヌス回りを、さわさわと摩り始める。

「うわぁ、み、美沙さん何を……」

「お尻の穴、感じる?」

「感じるっていうか、なんか変な感じがします」

「気持ちよくないの?」

「気持ちいいです。でも、汚いですよ。出す穴ですし」

「大丈夫よ。だって雄介君のお尻だもの。もっと弄ってあげるわね」

美沙はそう言うと、菊筋を指で這わせながら、少しずつ弄る範囲を広げていく。じわじわとした、淡い刺激が雄介を襲っていった。

「美沙さん、それ、凄いです。堪りません」

雄介自身、アヌスを弄られるのは、初めての経験である。

前回、美沙とアナルセックスはしているのであるが、自分の尻孔を使ったわけではない。だからこそ、迸るアヌスへの直接的な快感が、あまりにも素晴らしくて、思わず声を上げてしまった。

「ウフフ。雄介君のお尻の穴、ヒクヒクしているわよ」

「あまりに感じすぎちゃって、自然と動いちゃうんですよ」

「わかってるわ。さぁ、雄介君、志保を同時に気持ちよくしてあげて」

アヌスへの愛撫を受けながら、雄介は志保の乳房を揉みしだいていた。しかし、あまりに菊筋が気持ちよすぎて、おっぱいを弄る手が、止まってしまう。快感に集中したいのであるが、志保を放っておくこともできない。彼は、微妙な心境で揺れていた。

「雄介さん、今度は私のおま×こを弄ってください」

と、志保が告げる。

そして、彼女は床に座り込み、そのままM字開脚をした。

裸エプロンの状態であるため、下半身には何も身に付けていない。そのため、秘部がくぱぁと顔を出し、ぬらぬらと光る膣口が良く見えた。

(志保ちゃんのおま×こ、凄く濡れてる)

志保も興奮しているのだろう。

しとどに、秘所から蜜液が滴り落ちている。

「志保ちゃん、おま×こ触るよ、いいね?」

「はい、お願いします」

と、志保が恥ずかしそうに告げる。

雄介は、指で膣口を弄ると、スッと指先を胎内に挿入していった。

志保の膣内は、果てしなくヌメヌメとしており、それでいてとても温かい。また、指をしっとりと、包み込んでいくのであった。

「うわぁ、志保ちゃん、おま×こが大洪水になってるよ。興奮してるんだね」

「いやぁ、そんな風に言わないでください。恥ずかしすぎます」

「恥ずかしがってる志保ちゃんも可愛いと思うよ」

「ううううー。雄介さんの意地悪ぅ」

膣内に指を挿れて、くちゅくちゅと静かに掻き回していく。ねっとりと、愛蜜が絡みつき、雄介の指先を濡らしていく。

一方、美沙は懸命に雄介のペニスと菊門を弄り続けていた。ペニスは猛々しくそそりたち、先端からはカウパー腺液が滲み出していた。また、尻孔を同時に刺激すると、剛直がビクッと跳ねて、小刻みに動いていく。その変化が面白くて、美沙は必死に二か所を責め続けた。

「雄介君のおちん×ん、どんどん大きくなっているわよ。本当にエッチなんだから」

と、美沙が告げる。

それを受け、雄介が答える。

「僕が気持ちよくなったら、次は美沙さんを弄ってあげますよ。楽しみにしていてください」

「私を感じさせてくれるのね? 嬉しいわ。でも、その前にしっかり志保を感じさせてあげてね」

「もちろんです。限界までやります」

決意を込めて、雄介は言い放つ。

そして、志保の膣内を弄りつつ、残ったもう片方の手を使って、今度は陰核を責め始めた。

クリトリスを不意に触られて、ビクッと志保は背筋を震わせる。

「あぁ、雄介さん、そこはダメですよぉ」

「どうして、一番感じるでしょ?」

「感じ過ぎちゃうんです。直ぐにイキたくなっちゃうのぉ」

「イキたくなったら、イッていいんだよ。そっちの方が僕も嬉しいから」

親指で陰核の包皮を器用に剥くと、プクっと白い豆のようなものが飛び出した。米粒大くらいの大きさであり、外気に触れて、ヒクヒクと小刻みに震えている。その仕草を見ると、とても、可愛く感じてしまう。

「志保ちゃんのクリトリス、敏感に反応してるね。触ってあげるよ」

「きゃぁ、あぁぁぁ」

クリトリスを弄られて、志保は甲高い声を上げた。

そして、そのまま背中を弓なりに反らせていく。

雄介は、膣内の奥深くまで指を挿入しながら、Gスポットを刺激しつつ、さらに、陰核を指で弾くように弄り始めた。ダブルの刺激に、志保も快感の極みを覚えている。前回、初めてセックスをして、交わりの悦楽を知ったばかりであるが、今回も素晴らしく気持ちいい。うっとりとしてしまうのであった。

「雄介さん、気持ちいいです」

「うん。もっと気持ちよくしてあげるよ。もっと、こっちに近づいてきて」

「え? 近づくんですか?」

「そう、今度は舐めてあげるから」

「あぁぁ、舐めるなんてダメですよぉ。反則です」

「じゃあ、舐めなくてもいいの? 志保ちゃん、おま×こ舐められたいんじゃないの?」

「それは……」

志保は顔を真っ赤にさせた。

おま×こを舐められれば、今以上に気持ちよくなれるだろう。

だが、恥ずかしさもあるのだ。彼女の理性は、今まさに吹き飛びそうになっていた。

「おま×こ、舐めてくださいって言ってごらん」

「うぅぅ、言わなくちゃダメなんですか?」

「そうだよ。言わないと、舐めてあげないよ」

「わかりました。言います。言うから舐めてください」

「言ってごらん」

「私のおま×こを舐めてください。お願いします」

「よく言えました。じゃあ舐めてあげるからね」

二人のやり取りを見ていた美沙も、徐々にボルテージが上がっていく。

「なかなかやるじゃない雄介君。恥ずかしがっている志保を、そこまで導くなんて流石よ。……で、あなたはどうなの? 気持ちいい?」

アヌスとペニスを同時に弄られて、彼は気持ちよくなっていた。また、こんな悦楽を感じるのは、初めてに近い。アナルを弄られながら、ペニスを刺激されると、途轍もない快感が降ってきて、彼の理性を吹き飛ばしていくのである。

「気持ちいいです。お尻が特に気持ちいいですよ。流石美沙さんです」

「フフフ、雄介君のお尻の穴、徐々に広がっているわよ」

「うわぁぁ、このままだと精子が出てしまいます」

「まだよ、まだ精子出しちゃダメ。もっと我慢しないと……」

「はい、で、でも……」

必死になって耐える雄介。

本来、アヌスに力を入れることで、射精感を押さえていくのであるが、その尻孔を、弄られているため、力が入らない。従って、自然と射精感が襲ってきて、耐えきれなくなるのである。

雄介は、何とか耐え忍び、必死になって志保の性器を舐め始めた。こうすることで、幾分か耐えられるようになったのだ。

志保の秘部からは、熟れた果物のような匂いがしている。独特の刺激臭であるが、全く不快ではない。果てしなく情欲を誘う、牝フェロモン臭である。

じゅるじゅるじゅる。と、大きな音を立てながら、雄介は志保の秘唇を舐め回していく。どんどんと愛蜜が湧き出してきて、それが雄介の舌の上で踊るようになった。蜜液は、どこか塩気のある味わいであるが、仄かな甘みも感じられる。まさにシロップのようだと言えるだろう。

女汁をたっぷりと堪能しながら、今度雄介は、秘唇からクリトリスへ照準を移した。

白い女豆を、舌でレロレロと刺激していくと、志保の身体が、ビクビクッと跳ねていく。余程感じているのだろう。顔は薄紅色に上気し、口元から、桃色の吐息が漏れている。

また、額には薄っすらと汗が浮かび上がり、電球の明かりに照らされて、煌びやかに輝いて見える。

雄介は、舌でクリトリスを弄りながら、膣内に指を挿入し、Gスポットを刺激していった。

すると、志保がハッとした顔を浮かべ、雄介に向かって言った。

「雄介さん、ちょっと待ってください。何か出そうです」

「え? 出るって何が?」

「わかりません。でも、その、おしっこ出そうです」

「そのまま出してもいいよ。多分潮吹きだと思うから」

「いやぁ、止めてください、ちょっとストップぅ」

必死に抵抗する志保であったが、興奮した雄介は止まらない。

執拗に陰核を舐め続け、さらにGスポットを突き続けている。連続してGスポットを至芸されたため、尿意に近い感覚を覚え始めた志保。少しの間耐えていたのであるが、我慢も限界を迎えた。

そして、そのまま放尿するように、透明の液体を巻き散らした。

「いやぁぁ、出ちゃう。見ないでぇぇ」

志保は激しく潮吹きをした。熱い体液が、床に散乱しびしょびしょに濡らしていく。

「志保ちゃん、これが潮吹きだよ。凄いや」

「やぁぁ、もう、止めてください、恥ずかしすぎます」

「大丈夫だよ、自然な反応だから」

雄介は、志保を潮吹きさせて概ね満足していた。

たっぷりと気持ちよくさせることができたと思っているのである。

「雄介君。志保をイカせたみたいね。じゃあ今度はあなたをイカせてあげる」

と、美沙が告げる。

そして、彼女はペニスを扱くスピードを上げていった。

また、それと同時に、アヌスに指を挿れて、くちゅくちゅと直腸内を掻き回していく。

これには雄介も堪らない。

いい加減、我慢の限界である。口をだらしなく開けて、快感に酔いしれる雄介。

「美沙さん、僕もうダメです。出ちゃいそうです」

「精子が出そうなの?」

「はい。出そうです」

「なら、最後は口で受け止めてあげるわ。仰向けになりなさい」

言われるままに、雄介は仰向けになる。

そして、その状態で、脚を大きく広げた。

美沙は、雄介のアヌスに指を挿れた状態で、カプっとペニスを咥えこんだ。

そして、唾液をたっぷりと含ませて、フェラチオを始めたのである。

その光景を、志保がやや遠巻きに見ていた。

(お姉ちゃんが、雄介さんのおちん×んを舐めてる。いいなぁ)

本当は、自分も雄介を気持ちよくしてあげたい。

そんな思いが浮かんでは消える。

すると、それを見ていた美沙が、ペニスを一旦口から離し、志保を呼び寄せた。

「志保、最後はあなたがやりなさい」

「え? いいのお姉ちゃん?」

「雄介君が好きなんでしょう。なら、その想いをぶつけなさい」

美沙は志保にペニスを譲り、自らは、雄介のアヌスを刺激するのに徹した。

対する志保は、美沙の想いを汲み取り、雄介のいきり立った剛直を咥えこむと、必死に上下に動かし始めた。

「あぁ、凄く気持ちいい、もうダメだ、出ちゃいます」

と、悲痛な叫び声をあげる雄介。

彼の中で限界がすぐそこまで迫っていたのである。

「雄介君、出してしまいなさい、志保が全て受け止めてくれるから」

「はい、志保ちゃん、口の中に出すよ!」

志保は頷き、それを肯定する。

ゾクゾクとする悦楽が、雄介の全身を貫いていく。

そして、ペニスが激しく収縮を始めたかと思うと、今度はオルガスムスがペニス全体を甘く包み込んでいった。

これが限界。雄介は狂ったように叫んだ。

「あぁぁ、ダメだ、出る。イキます」

次の瞬間、激しい牡の欲望が、勢いよく発射された。

大量の白濁色のスペルマが、志保の口腔内に注ぎ込まれる。

あまりの量に驚く志保であったが、彼女は意外と冷静であった。

二度目のフェラチオだし、一応勝手はわかっているつもりだ。

溢れ出る精液を何とか口いっぱいに受け止めると、それを一気に飲み下した。

どろりと濃い液体が、喉元を流れていく。

「志保ちゃん、ありがとう、凄く気持ちよかった」

志保は精飲し終えると、ペニスから口を離した。そして、

「雄介さん、喜んでもらえて私も嬉しいです」

雄介は、そこでそっと志保の頭を撫でた。

ふんわりと柔らかい髪の毛の質感が、手のひらを覆っていく。

「二人とも、これで終わりじゃないのよ」

ふと、美沙が告げた。

そう、まだまだこれは序章である。

「もちろんです。次は美沙さんを気持ちよくします」

と、雄介は告げた。

「なら、私のおま×こをおちん×んで突いて。志保、先にやらせてもらうけど、いいわね?」

「うん。でも、その後は私の番だよ」

「もちろん、じゃあ雄介君、始めましょうか?」

美沙が告げ、雄介が答えた。

「はい。僕のち×ぽで気持ちよくなってください」

再び剛直がムクムクと硬くなっていくのを感じ、雄介は美沙とのセックスに思いを馳せた――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました