連載官能小説『憧れのお姉さん』第15回

連載官能小説

連載官能小説『憧れのお姉さん』第15回

美沙を仰向けにさせ、両足を持ち、それを左右に広げる。すると、秘部が押し開かれて、くっきりとしたキレイなピンク色の粘膜が見える。美沙は、手コキやフェラチオで興奮していたのか、ぐっしょりと秘唇を濡らしており、それがヌラヌラと光り輝いて見えた。

(美沙さんのおま×こ、凄く濡れてる……)

素直にそう感じる雄介。

憧れの美沙を、こうしてまた抱けるのである。それだけで、気分は浮き立ってくる。

「雄介君、早く挿れてぇ」

と、美沙が甘い声で急かす。

雄介は固くなったペニスを持ち、ゆっくりと膣口に向けていく。

ぴちょんと、亀頭の先端が秘裂に当たる。ねっとりと濡れており、ヌメヌメとしているのがわかった。

「美沙さん、挿れますよ? いいですね?」

と、雄介は確認する。

当然、美沙はそれ肯定する。首を上下に動かし、同時に腰をくねくねと振り始めた。

雄介は、膣口にペニスを押し当て、そのままするりと、内部に挿入していく。既にたっぷりと愛蜜により満たされているので、挿入は非常にスムーズであった。

ずぶずぶずぶ……。

めり込むように、怒張が牝孔に吸い込まれていく。独特の襞が集まりが、ペニスに絡みつくようになり、とても気持ちがいい。雄介は、しばし硬直しながら、胎内の感触を味わっていた。

(美沙さんのおま×この中、やっぱり気持ちいい。最高だよ)

「雄介君、ゆっくり動かしてみて、私、待ちきれないの」

「わかりました」

雄介は、ゆったりとしたペースで腰をグラインドさせる。

すると、結合部分からにちゃにちゃという淫猥な音がこだましていき、それが室内に響き渡っていった。

(お姉ちゃん、気持ちよさそう……)

横から志保が覗き見ている。早く自分も雄介のペニスが欲しい。そんな風に感じていた。

美沙の膣壁を、ずりゅずりゅと、擦りあげるようにして、抽送を繰り返していく。途端、淡い刺激が襲ってきて、雄介の身体を包み込んでいく。迸る快感を前に、雄介はメロメロになっていた。

「あふん、雄介君のおちん×ん、凄く大きいから奥まで届くのよ。凄くいい感じ」

と、美沙は気持ちよさそうな声を上げる。

徐々に淫声に艶感が出てきて、より一層官能的なムードが広がっていく。

通常の正常位の状態から、少しずつ姿勢を前傾にさせていく雄介。

そして、上から下に押し付けるようにして、ピストン運動を始めた。こうすることで、より一層奥まで入っていくような気がしたのである。

雄介と美沙の身体が密着し合い、美沙は雄介の背中に手を回していった。そして、激しくキスを求める。

「雄介君、キスして、お願い」

「はい!」

雄介は顔を近づけていき、そのまま美沙の唇を奪った。

プニっと柔らかい唇の質感が、じんわりと広がっていく。チュッチュッと啜るように唇を吸い上げると、今度は、舌を口腔内に挿れて絡めていった。お互いの唾液が深く絡み合い、口元からポロポロと垂れていった。その光景は、どこまでも淫らであり、激しく情欲を誘う。

(美沙さんの唾液、何だか凄く甘く感じるよ)

と、雄介は思っていた。

爽やかなミントグリーンの味わいがある唾液であった。チュパチュパと、舌同士を絡めていき、ディープなキスを展開していく。性的にますます興奮していき、グググと全身に力が漲っていく。

雄介は、激しくキスをした状態で、美沙の胸を揉み始めた。

美沙のバストは、志保のそれに比べると、かなり小さい。しかし、感度が非常に良いようで、触れると、身体をびくりと反応させて、甘い淫声を轟かせた。

「きゃぁ、おっぱいも気持ちいい。雄介君、もっと弄って……」

美沙はとろりと蕩けるような表情を浮かべながら、快感を覚えていく。

乳房を揉まれると、なんだが、全身が心地よくなっていく。膣をペニスで突かれ、さらにおっぱいを揉まれ、彼女はより一層悦楽を感じ始めた。

「乳首も弄ってあげますよ」

と、雄介は言い放ち、乳首を指でコリコリと刺激し始めた。

乳首は忽ち硬くなり、プクっと膨らんでいく。花の蕾のようになった乳首を指で丁寧に触っていくと、雄介もエロスの波へ巻き込まれていった。

「はぁうん、乳首も気持ちいい。感じちゃうのぉ」

美沙が叫んだ。

その声は、しっとりとしたリヴィング内に、反響していく。

もちろん、志保もその淫声を聞いている。

姉のあられもない姿を見て、自身もまた興奮していくのであった。

(お姉ちゃん……、雄介さんをどう思ってるんだろう?)

気になるのは、美沙の雄介に対する気持ちである。

好きでなければ、こんな風にしてセックスをしないであろう。

しかし、美沙は当然のように雄介を受け入れている。

恐らく、雄介に対して特別な感情を抱いているのは間違いない。そうなると、自分のこの恋心はどうなってしまうのか? そればかりが気がかりで、志保を鬱屈とさせる。

やがて、雄介はキスを止めて、カプッと乳首を咥えこんだ。そして、コリコリと甘噛みをしていく。途端、美沙の身体に電流が走ったかのような衝撃が走る。

「あぁぁん、乳首、噛んじゃいやぁ」

「美沙さんの乳首、何だか凄く美味しいんです。それに気持ちいいでしょ?」

「気持ちいいけど。何か変な感じ。乳首を噛まれると、ドキってしちゃう」

「乳首を噛んだら、美沙さんのおま×こがキュッと締まりましたよ。興奮してるんですね?」

「だって、そんな風に噛まれたら、誰だって感じちゃうわ。それにおま×こを締めるのはわざとじゃないの、自然にそうなってしまうのよぉ」

美沙は激しく身を捩らせながら、随喜の声を上げる。

口では嫌と言っていても、本当はもっと乳首を弄って欲しかった。それくらい、雄介の愛撫は絶妙だったのである。

乳首をコリコリと甘噛みした後、今度は乳房全体を舐め回していく。もちろん、突きの一撃は忘れない。膣内をペニスで突き上げつつ、さらに、おっぱいを弄り倒してくのだ。雄介も次第にセックスに慣れてきて、余裕が生まれつつあった。

一定のリズムで抽送を続けながら、さらに、胸を弄る。それが可能になったのである。

「雄介君、今度は後ろから突いて。獣みたいに私を犯してぇ」

「後ろからですね。そうしましょう」

雄介は一旦ペニスを引き抜いた。

愛蜜によりしっとりと濡れたペニスが、キラキラと輝いて見える。

そして、美沙を素早く立たせ、テーブルの端に手を付かせた。そして、その状態のまま、彼はペニスを膣口に当てがい、一気に貫いていった。いわゆる、立ちバックという体位である。

「あぁん、立ったままするなんて、獣みたい、なんだか興奮するわぁ」

美沙は髪を振り乱しながら、感じ始める。

対する雄介は、美沙の臀部に手を当てて、ずちゅにちゅと、勢いよくペニスを突きたてていく。立ちバックにしたことにより、挿入が幾分か深くなった。特に、雄介の剛直はかなりの長さがあるので、子宮の入り口に届く勢いで、挿入が繰り出される。

これには、美沙も堪らなくなっていった。奥までずんずんと突かれると、どこかレイプされているような気持になっていって、興奮してしまうのである。乳首をピンと立たせ、背中を少し弓なりにさせながら、彼女は官能的な気分を味わっていった。

「あぅん、雄介君、ち×ぽが奥まで届いて気持ちいいわ。もっと速く突ける?」

「もっと速くですね? 多分大丈夫だと思います」

そうは言ったものの、徐々に射精感がせり上がってくるのを感じていた。

先ほど、イッたばかりだというのに、美沙とのセックスがあまりに気持ちよくて、早くも限界を感じ始めていたのである。だが、まだイクわけにはいかない。少なくとも、美沙を満足させるまでは、果てられないのである。彼は、必死に下半身に力を入れつつ、迸る射精感を強引に抑え込んでいった。

美沙に言われるままに、雄介は抽送のリズムを一段階引き上げた。

腰の振り方が速まり、立っているのがしんどくなってくる。それでも、彼は懸命になってペニスを突き続けていった。

「あぁ、いいわ、それ、凄く気持ちいい。くぅん。激しく突かれると、感じちゃうの……」

「僕も凄く気持ちいいです。美沙さんを満足させるまで、頑張ります」

「ひゃぁ、だったら、もっと……、もっと激しく突いて。私をとことん犯しなさい」

後ろから挿入していくと、なんだか女性を征服したような気分が広がっていく。雄介の中に眠る牡の本能が呼び覚まされていくような感じがした。

もっと速く、そして、美沙を心地よくさせる。

それができれば、自分も進化できる。雄介はそんな風に感じていた。

彼は自分の限界を破るように、さらに抽送のリズムを上げて、突きまくる。このままの速度を維持していると、恐らく後、数分持たないであろう。しかし、それでもよかった。この数分間にすべてを注ぐ。その決意を胸に、彼はペニスを突きたてていったのである。

「あぁ、美沙さん、僕、このままだとイッてしまいます。美沙さんはどうですか?」

「くぅん、私もそろそろイキそうかも。ずっと我慢してるけど、もうすぐ限界って感じよ」

「なら、一緒にイキましょう。僕、美沙さんと一緒にイキたいです」

「わかったわ。限界が近くなったら教えてね。私もなるべく合わせるから……」

雄介の恥骨が、美沙の臀部の柔らかい部分に当たり、ぺちぺちと淫猥な音を鳴り響かせる。ペニス全体が熱くなっていき、快感の塊のようなものが全身に広がっていく。

一方、美沙もアクメを覚え始めていた。性器が擦れ合い、淡い刺激が伝わっていくと思ったら、徐々に大きくなっていって、彼女を支配していったのである。セックスでここまで感じるのは、本当に久しぶりであった。もしかすると、自分は雄介と身体の相性がいいのかもしれない。

でも……。

(雄介君は志保とくっつべきよ。私じゃなくていいの。でも今だけは心地よくさせて)

美沙は身体をガクガクと震わせながら、快感を覚えていく。

小さなアクメが、次第に大きくなっていき、耐えるのがしんどくなっていく。体中が性感帯になったような気持ちがして、彼女を恍惚とさせていく。

「み、美沙さん、僕、そろそろ限界です。出そうです」

「はぁん、私もイク、イキそうよ」

「中に出してもいいんですか?」

「もちろんよ、中に精子をたくさん頂戴。たっぷりと出して私を満足させてぇ」

「わかりました。中にたくさん出します……」

雄介は最後の力を振り絞ってピストン運動を続けた。

腰を大きくグラインドさせ、あらん限りの力で突き続ける。

あまりに気持ちよすぎて、フッと力が抜けそうになるのであるが、それに懸命に耐えながら、彼は腰を振りまくった。

やがて、二人の限界がやって来る。

オルガスムスに全身を包まれると、雄介のペニスがキュッと収縮を始めて、ビクビクと小刻みに震え始めた。

対する美沙も、膣内が激しく痙攣していくのを感じていた。

「あぁぁ、ダメだ、出る、出します!」

と、雄介が叫んだ。

それに合わせて美沙も淫声を発する。

「きゃぁぁ、イク、イク、イッちゃうー」

二人の声がシンクロした瞬間、激しい性の高鳴りを感じた。

途端、ビュルビュルドピュと勢いよく、白濁色の子種が放出されていく。

ドクドクとしたスペルマが、一気に美沙の膣内に注ぎ込まれて、満たしていく。

「はぅん、精子がたくさん私の中に、ビュビュって出されると、凄く気持ちいい」

美沙は身体を弓なりになせて、放出された精子を受け止めていく。

雄介は、最後の一滴までスペルマを絞り出すと、放心状態になってペニスを引き抜いた。すると、どろりとした子種が、美沙の膣から溢れ出し、トロトロと零れていった。それは、どこまでも淫らな光景であった。

「雄介君、凄くよかったわ。ありがとう。私、これで満足できたと思う」

「美沙さん、僕も気持ちよかったです」

「じゃあ、次は、志保を気持ちよくしてあげて。まだまだできるでしょ?」

「もちろんです。何回でもできます」

「ウフフ、逞しい言葉ね。じゃあ、志保、次はあなたの番よ」

そう言われ、志保は顔を赤らめた。

「雄介さん。私のことも気持ちよくしてください」

志保はそう言うと、スッと雄介に近づき、精子を放出しぐったりなったペニスを口で咥えこんだ。すると、再び剛直が硬さを取り戻していく。

「志保ちゃん、次は君を気持ちよくさせるからね……」

雄介は、志保をリヴィングのソファに寝かせ、そして、脚を持ち上げ、開いていった――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました