連載官能小説『憧れのお姉さん』最終回

連載官能小説

連載官能小説『憧れのお姉さん』最終回

度重なるセックスをして、雄介は心地いい疲れを感じていた。何度も射精をしているので、ペニスがズキッと痛むが、まだまだ問題ない。それに興奮は尽きないのである。何度だってできそうであった。

雄介は、志保を床に寝かせた。そして、脚を広げると、秘部を押し開き、サーモンピンクの膣口を露出させる。そこは、たっぷりと愛蜜で満たされており、早く挿れて欲しそうな顔を浮かべていた。

「志保ちゃん、挿れるよ。いいね?」

「はい。大丈夫です。早く挿れてください」

と、志保は懇願するように告げる。

早く、雄介と一つになりたかった。どういうわけか、雄介と結ばれると、頭がフワフワとして、夢見心地になるのである。同時に、圧倒的な快感が襲ってきて、それが、彼女を大きく感動させていくのだ。

志保は自ら脚を大きく広げた。いつもだったら恥ずかしいと思ってしまうような体勢も、今だけは、全く恥ずかしくなかった。ただ、早く気持ちよくなりたい。その想いで支配されている。

(志保ちゃんのあそこ、お漏らししたみたいに、濡れてる)

志保の秘裂は、これまでの情事でたっぷりと濡れていた。

同時に、キラキラと輝いて見える。

雄介は、肉竿を膣口に押し当てると、そのままゆっくりと挿入していった。

めり込むように、ペニスが膣内に吸い込まれていく。トロトロとした肉襞が、肉棒を上手い具合に包み込み、甘美なる味わいを発生させる。

「志保ちゃんの中、凄く温かい……」

「くぅ、雄介さんのおちん×ん、凄く気持ちいいです」

「少しずつ動いていくからね」

雄介は、静かに腰を穿ち始める。既に何度もセックスを経験し、自分のペースというものを会得していた。最初から飛ばさずに、緩やかなペースで動かしていく。徐々にペースアップさせて、快感を生みだしていけば、これまで以上に気持ちよくなれる。と、彼は感じていた。

腰をグラインドさせ、ペニスを奥の方まで導いていく。

じゅりゅっと、膣壁を肉竿が擦りあげ、心地いい刺激を発生させていった。志保も、その快感にくらくらとしていた、ここまでセックスが気持ちいいとは思っていなかった。どこか背徳的な行為だと思っていたのであるが、今では、大胆に腰を振れる。その変身に、彼女自身が驚いていた。

「はぅうう、おちん×んが奥まで届きます。子宮をノックしているみたい」

「志保ちゃんの中、凄く窮屈で最高だよ。にちょにちょとしていて、堪らなく気持ちいい」

志保の胎内の感触を、じっくりと味わっていく雄介。

彼もまた、セックスの虜になりつつあった。

それだけ、快感が素晴らしいのである。ここまで気持ちよくなれる、セックスの素晴らしさに、改めて感動していた。

「あぁぁん、雄介さん、もっと突いて、お姉ちゃんを犯した時みたいに……、私にも激しくしてください」

「わかった。激しくしてほしいんだね。でも、どうしようかなぁ、僕はもっとじっくりと楽しみたいんだけど」

「ううぅ。意地悪しないでください、お願いします」

口元から涎を垂らしながら、志保は懇願する。

その表情があまりに妖艶であり、雄介はグッと息を詰まらせた。

(志保ちゃん、凄く色っぽい)

艶やかな志保を見ていると、意地悪をしたくなる半面、願いを叶えてやりたくもなる。そんな絶妙なラインで、彼は揺れていた。

結局、雄介は志保の願いを聞き入れた。

抽送のリズムを一段階引き上げ、ペースを速めていく。

「志保ちゃん、このくらい激しいのがいいの?」

雄介の恥骨が、志保の腿裏に当たっていく。そして、パンパンパンとリズミカルな音を上げていった。

「はい、激しいの好きです。気持ちよくなれるから」

甲高い声を上げて、志保は乱れていった。

そんな二人のセックスを、少し離れた場所で美沙は見つめていた。

自分もこの中に入っていきたい。そう考えた彼女は、スッと雄介に近づき、そのまま唇を奪った。

突然のキスに驚いた雄介であったが、直ぐに状況を理解し、身を委ねていく。

そして、舌同士を絡めて、濃厚なディープキスを展開していった。

長いキスを終え、ぷはぁと息を吐く雄介。

ミントグリーンの香りのする美沙の吐息を感じ、甘い時間を堪能していく。

「美沙さん……」

「私のことも見て。志保だけじゃなくて……」

「すみません。美沙さん、凄く魅力的ですよ」

「うん、私、まだまだ気持ちよくなりたいの。だからお願い。私にも挿れて」

「じゃあこうしましょう。美沙さん、そして、志保ちゃん、二人は上下に抱き合うような姿勢を取ってください。そうしたら、僕が交互に突きますから」

雄介の提案を志保と美沙は飲んだ。

彼女たち二人は、向かい合わせに抱き合い、そのまま寝そべった。美沙が下になり、志保が上である。つまり、美沙に挿入する場合は、正常位。志保に挿入する場合は、後背位という体勢になる。

まず、雄介は下になっている美沙の秘裂にペニスをあてがっていった。

美沙の女陰は、先程イッたということもあり、敏感な反応を示している。

ヒクヒクと膣口が震え、トロトロとした愛蜜が滴り落ちて流れていく。

「美沙さん、どうです? 気持ちいいですか?」

「あぁぁん、いいわ。凄くイイ。最高に気持ちいいのぉ」

美沙は激しく淫声を上げて、身体をくねらせて感じ始めた。

「お姉ちゃんばかりズルい。雄介さん、私にも挿れてくださいぃぃ」

と、志保が甘える声で言う。

忙しく動き続ける雄介は、何度か美沙の膣内を突いた後、素早く、上に跨る志保の秘唇にペニスを押し入れて、気持ちよくさせていく。

こうして二人と交互に挿入していくと、同じおま×こでも、かなりの違いがあることがわかった。志保の膣内は、かなり窮屈で、肉竿をキュキュっと甘締めしていくが、美沙の膣は少し違っている。全体的にフワフワとしているものの、独特の襞があり、それがねっとりと怒張を包み込んでいくのである。

二人の性器をとことん堪能できて雄介は心の底から感動していった。

このまま三人でずっと、気持ちよくなっていたい。そうすれば、もっと幸せになれるような気がした。

「くぁぁぁ、志保ちゃん、おま×こ締め過ぎだよ」

と、雄介は叫んだ。

すると、志保が恥ずかしそうに告げる。

「だ、だって、あんまり気持ちよくておま×こが勝手に締まっちゃうんです。だから、しょうがないのぉ。雄介さんだって、締まるおま×この方がいいでしょ?」

「いいんだけど、あまりに締め付けが強すぎて、イッちゃいそうになるよ」

「イキたくなったら、おま×こにたくさん精子出してください。そっちの方が気持ちよくなれるんです」

徐々に、射精感がせり上がってくる。

それに耐えながら、雄介は必死に腰をグラインドさせ続けた。

二人の女性を交互に突きながらするセックスは、かなり高等なプレイであると言えるだろう。雄介は、二人を気持ちよくさせたいという思いから、懸命になって突き続けている。

美沙を三度突いたら、一旦ペニスを抜き、今度は志保に三度突く。このようにして、二人を同時に、気持ちよくさせていったのである。

「雄介君、気持ちいいわ。あなたのおちん×ん、本当に最高よ」

「ありがとうございます。僕も気持ちいいです。美沙さんと志保ちゃんのおま×こ、二人とも、違うんですけど、どっちも最高ですよ」

雄介は高らかに叫んだ。

三人は蕩けるような時間を共有し、そして、徐々にアクメを覚え始める。

何度もセックスをしているが、アクメの心地よさは、忘れられない。圧倒的な甘美なる刺激が降ってくるのである。

美沙も志保も身体を抱き寄せながら、腰を振りまくっている。そして、早く早くと、ペニスをせがむ。

雄介も忙しくペニスを動かし、二人の女性の女陰を激しく突き続けていった。

濃厚なセックスもとうとう終盤戦を迎えた。

三人とも体力が限界に近づき、動きも緩慢になっていった。特に、雄介の疲労の色は濃く、抽送のスピードが落ちてきている。それでも、彼は力を振り絞って、突きの一撃を生み出していった。

「あぁぁ、雄介君、また私イキそう、おま×こがゾクゾクしてるの。堪らないわ」

と、美沙が告げると、数秒遅れて志保も叫んだ。

「くぅん、雄介さん、私もイキそうです。イッてもいいですか?」

「もちろんです。二人ともイッてください。僕も精子を出します」

「雄介君、私と志保のおま×こに平等に精子を出してね。お願い」

「わかりました。やってみます」

射精感が、ピークを迎えつつある。

彼は、ガクガクと身体を震わせると、最後の力を使って、ピストン運動を繰り出していった。

恐ろしいスピードで、ペニスが膣内を侵食していく。

「あぁ。僕もイキそうです。精子が出ます」

「出して、精子を私のおま×この中にたくさん出して……」

と、美沙が言うと、続けて志保が、

「私の中にもたくさん精子を下さい。お願いぃぃ」

あひあひと、口元をだらしなく開けながら、二人の美女は精子をねだった。

次の瞬間、雄介の中で性の爆発が発生する。

まずは、美沙の中にスペルマを注ぎ込むと、直ぐに引き抜き、素早く志保の胎内に精子を放っていった。

ドクドクとした白濁色のスペルマが、ゴボゴボと、二人のおま×こに流れていく。その心地よさを感じながら、美沙も志保も声を高らかにして叫んだ。

「きゃぁーイクゥ」

美沙と志保の声がシンクロし、二人共果ててしまう。

三人のプレイは、こうして終わりを迎えた。

ぐったりとし、床に寝そべった美沙が、口を開いた。

「雄介君、よかったわ。ありがとう、心の底から満足できたわ」

「僕も気持ちよかったです。ありがとうございました」

二人の言葉を聞いた後、志保が答える。

「雄介さん、また三人でしましょうね。絶対ですよ」

「もちろん、美沙さんもいいですね?」

美沙はやや困惑した顔を浮かべたが、最後はにっこりと笑った。

「そうね。三人でこのまま楽しむのもいいかもしれない。またやりましょう」

「はい!」

雄介は、美沙と志保の二人を手に入れ、そして、今後も気持ちよくすると誓った。三人でもプレイは、今後も続くであろう。果てしない性の営みは、じっくりと流れるように続いていくのであった――。

 

〈了〉


Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました