連載官能小説『痴漢にハマる女』最終回

連載官能小説

連載官能小説『痴漢にハマる女』最終回

(私、何をしているんだろう……)

激しく自己嫌悪に陥る操。

自分は既に、二度も痴漢の魔の手に堕ちている。

捕まえると豪語しながら、全くそれができない。だからこそ、彼女は憂鬱な気持を抱えていたのである。

(ちゃんとしないと)

そう。自分の役目は痴漢を捕まえること。

それができなければ、全く意味がない。

何としてでも、痴漢を捕まえたい。その心意気はあるのだ。ただ、どういうわけか、痴漢のテクニックに屈してしまうのである。あの絶妙な指使いを前にすると、心が奪われてしまうのだ。不甲斐ない……。そんな気持ちが彼女を襲っている。

(明日もバスに乗らないと)

ただ、気持ちが挫けてしまう。

また、痴漢のテクニックに屈してしまったら、結局は痴漢の言いなりになってしまうことになる。それだけは避けたい。何としてでも、自分を諌めて奮い立たなければならない。

(大丈夫。私ならできる……)

と、操は自分を奮い立たせる。

痴漢を捕まえたい。その気持ちは確かにある。しかし、その中には、あのテクニックを股感じたいという思いが含まれていた。あの絶妙な指捌きを、彼女は欲しているのだ。どこまでも、痴漢の魔の手に堕ちていく。いいようにあしらわれて、寸止めを食らってしまう。

あのテクニックで絶頂を迎えられたら、どれだけ気持ちよくなれるか? 考えるだけで、身体がゾクゾクとしてきてしまう。前々回、そして前回、自分はイクことができなかった。だからこそ、激しく身体が疼いて仕方ない。なんとかイキたい。でも、バスの中でイッてしまったら、それこそ、変態ではないか。

(はぁ、私、どうなるんだろう……??)

考えていても仕方ない。結局は、バスに乗ることになるだろう。

次こそは捕まえる。その決意を胸に、彼女は眠りに就いた。

翌日――。

いつも通りのバスに乗り、痴漢の襲来を待つ。

バスの中は、依然として混雑しており、身動きを取るのが難しい。

(同じバスに乗った。となると、痴漢は必ずやってくるはず。今回は絶対に捕まえるわ)

決意を固め、身体をしゃっきりとさせる。

格好も依然と同じ、セクシーな装いを心がけた。

痴漢は自分を狙ってくる。だから、あえてこのような格好をしなくてもいいのだが、何となく、気分を奮い立たせるために、セクシーな格好をしているのである。

やがて、痴漢が乗ってくるバス停に、バスが停車する。

乗客がどっと乗ってきて、車内の混雑はピークを迎える。

操は、ドキドキしながら、痴漢の襲来を待っていた。

そして、バスが動き出すと、スカートの上からお尻を触られたのである。同時に、耳元で声が聞こえた。

「いつもセクシーな格好ですね。期待しているんですね?」

混雑して振り返れない。だが、操はひっそりと声を出す。

「馬鹿言わないで、あなたを捕まえるためよ」

「ククク。そうですか? でも、僕を捕まえたら気持ちよくなれませよ。それでもいいんですか?」

「気持ちよくなんかないわ。あなたのやっていることは犯罪なのよ」

「なら、大声でも出せばいいんじゃないですか? そうすれば僕を捕まえられますよ。でも、あなたはそれをしない。つまり、僕のテクニックの虜になっている……。違いますか?」

「くッ。そんなわけないわ。あなたを捕まえるために、あえて泳がせているの。しっかりと証拠が揃ったらあなたを捕まえてあげるから」

「そうですか? まぁいいでしょう。今日もじっくり調理してあげます。前回、前々回とイケませんでしたから、今回はイカせてあげてもいいんですよ」

イカせる。

その言葉を聞くと、どこか身体が火照ってしまう。同時に、秘裂がズキリと疼くのであった。脇の下に、じっとりと汗が浮かび上がり、緊張感のあるムードが流れる。

最初に動いたのは、男の方であった。

彼は、なんと、スカートの中に手を突っ込み、ショーツをズルッと引き下ろしたのである。

(な、なんて強引なの)

あまりの手業に、操は面食らってしまう。

ただ、素早すぎて、防ぎきれなかった。ショーツを太もも付近まで脱がされて、その状態で、指で秘唇を弄られる。

「おやおや、おま×こが濡れますよ」

と、男の囁き声が、操の耳元に届く。

確かに彼女は秘部を濡らしていた。身体は正直に、淫猥な行為を期待しているのである。またしても、痴漢の魔の手に堕ちてしまう。瞬く間に顔を真っ赤にさせた操は、必死に抵抗をする。そして、痴漢の腕を掴むのに成功する。

「捕まえたわ。さぁ、覚悟しなさい」

「ただ腕を掴んだだけですよ。それに力が入っていません」

痴漢はあくまでも冷静であった。

腕を掴まれているというのに、まったく同様せずに、秘裂を弄り回している。操は、痴漢の腕を掴んだのであるが、結局何もできず、されるがままになってしまった。

(あぁ、ダメ、そんなところを触られたら、おかしくなっちゃう)

ガクガクと身を捩らせて感じ始める操。

痴漢のテクニックの前に、またしても屈してしまうのであった。

立っているのが、本当にしんどい。だが、この衆人環視の中、激しくイクわけにはいかない。何だか欲求不満の変態になったような気がして、彼女は自分が恥ずかしくなった。

「今日はイカせてあげます。安心してください」

と、男の声が聞こえる。

そして、彼は何を思ったのか、操の身体に自分の身体を密着させてきた。

(くぁ、何をするつもりなの??)

操はドキッと背筋を震わせる。

ふと、臀部に、何か硬いものが当たる。

(嘘、これってもしかして……)

操の臀部に当たったもの。それは痴漢のペニスであった。

このバスの中で、男は操の胎内に侵入しようとしているのである。

あまりの大胆な行為に、唖然としてしまう操。ヌルヌルとした女の部分に、硬くなったイチモツが当たる。尻たぶを閉じているが、そこを強引にこじ開けて、秘唇にペニスを突っ込んできた。

グググ……。痴漢のペニスが操の膣内に入ってきた。彼のペニスは、かなり大きく、ギュウギュウと膣内を切り開いていく。ただ、愛蜜により、秘部はたっぷりと濡れているので、挿入はスムーズに行われた。

「おま×こが濡れているから、あっさり入りました。どうです、気持ちいいでしょう?」

「あなた何を考えているの? こんなバスの中で……、正気じゃないわ」

「正気のままじゃ気持ちよくなれませんよ。自分を解放しないとね」

痴漢は狭い環境の中で、器用にピストン運動を開始する。バスが揺れるタイミングを見計らって、ペニスを突き上げてくるのである。その行為があまりの手慣れているため、操は心地よくなってしまう。

バスの中で、痴漢の肉竿を受け入れている。こんなところを見られてしまったら、どうなってしまうのであろうか? 操は、恐る恐る周りを見渡した。後ろにいる痴漢は見られなかったが、左右にいる乗客は、二人の情事に気づいていないようであった。コックリコックリとうたた寝しているのだ。

とりあえず、見つかる心配はないかもしれない。ただ、この状況は絶対的に不味い。このままでは、本当にイカされてしまう。それだけは……。イッてしまったら、それこそ自分を保てないような気がした。

(あふぅん、もう止めて……、本当に狂いそうだわ)

じわじわとした甘い悦楽が、突きの一撃と共に、身体に降りかかってくる。膣内をペニスでかき回されると、それだけで心地よくなってしまう。操は、「はぁはぁ」と、甘ったるい吐息を吐き、何とか耐えようと躍起になる。しかし、痴漢のテクニックは凄まじく、的確に急所を突いてくるのである。

奥深くまで肉棒を挿入され、一定のリズムで突かれる。三度浅く突いて、四度目で一気に貫く。グググと体中が熱く火照り、身動きが取れないのに、思わず声を出してしまいそうになる。

「ふぁん、あぁぁ」

とうとう思わず、淫声が漏れる。

すると、痴漢の囁き声が聞こえる。

「ククク、声が漏れていますよ。乗客に聞かれてしまってもいいんですか?」

「だって、こんな風に突かれたら、私、おかしくなっちゃうわ……」

「もう少し、ペースを上げて、早くイカせてあげますよ。たっぷり堪能してください」

痴漢の抽送のリズムが上がっていく。

ずんずんと突き上げるような刺激が、操の秘唇を襲っていく。

彼女は次第にアクメを覚え始め、耐えるのがしんどくなっていった。

(あぁん、ダメ、このままじゃイッてしまう……)

操はガクガクと身体を震わせて、感じ始めた。

どうやら、最早耐えられなくなっていったようである。

痴漢は操がイキそうなのを見抜いているらしく、突きの一撃を強め、最後の仕上げにかかっている。

「ラストスパートです。さぁ快くまで気持ちよくなってください……」

と、痴漢は小声で呟いた。

同時に、抽送のスピードを速め、ずりゅめりゅと、膣壁を擦りあげていった。

「く、うぁぁ、私、イク、イッちゃう」

「イッていいんですよ。そして、僕のテクニックの虜になってください」

次の瞬間、膣内に何かが流れ込むのがわかった。

「ま、まさか中に出しているの?」

「中出しが基本ですからね。僕の子どもを孕んでください」

「くぅぅ、あぁぁぁ」

中出しされると、何というか心地よくなってしまう。

精液の暴走を感じながら、とうとう操も果ててしまった。膣内が激しく収縮し、身体をビクッと跳ねさせた。

(あぁぁぁ、私、イッてる、中出しされて、イッちゃってるぅ)

こうして、操は痴漢の魔の手に完全に堕ちた。

解放された時、膣から吐き出された精液がドロリと零れ落ちた。

やがてバスが停車し、操は痴漢から解放される。

最後、痴漢の声が聞こえた。

「ククク、また気持ちよくなりたかったらバスに乗ってください。いつでも犯してあげますよ」

(私、どこまでも堕ちていくのね……)

操は再びバスに乗るだろう。新たなる刺激を求めて――。

 

〈了〉


Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました