連載官能小説『旅先で出会った女』第4回

連載官能小説

連載官能小説『旅先で出会った女』第4回

ショーツの上から秘裂を触ると、じんわりとした体温が感じられた。それは燃えるように熱く、火傷するかと思われたほどである。

豊は、丁寧に染みのできた部分をなぞるように触れていく。指先に愛蜜が付着し、僅かだが、ツンとするような刺激臭を感じる。しかし、それは決して不快な香りではなく、むしろ逆に、興奮を誘うような高貴な匂いであると思った。

(凄い、濡れてる……)

正直に、そんな風に感じた。

ここまで興奮してくれて、豊は心の底から嬉しくなった。旅先で出会った美女。それが由美だ。そんな由美の秘唇を、今自分は弄り倒そうとしている。そんな数奇な運命が、彼の手をゆっくりと動かし始めた。

「おま×こ。たっぷり濡れてますね」

「はぅぅ。それだけ興奮しているのよ。早く弄って欲しいの」

「わかりました。じゃあ、ショーツを脱がします」

「うん。そうして」

豊はショーツの端に手をかけ、そのままゆっくりと下におろしていった。ぐっしょりと濡れている秘部が露になり、豊の興奮も高鳴っていく。

由美の脚を左右に広げ、女陰を開帳させる。ふわふわとした控えめな淫毛の下に、たっぷりと濡れた秘裂が輝いている。その光景を、生唾を飲み込みながら、見つめる豊。女性器を見るのは、本当に久しぶりのことである。

それだけに、彼は強い感動を覚えていた。

「あんまりじろじろ見られたら恥ずかしいわ」

顔を朱色に染めながら、由美が囁く。

「ゴメン。ただ、美しくて」

「そうかしら、おま×こって少しグロテスクな形をしていない?」

「そんなことないですよ。神秘的な形で、むしろ興奮するよ」

「ウフフ。それならいいんだけど。豊さんのおちん×んを弄って、凄く興奮しているの。だから、こんなにトロトロになってしまって……。凄く恥ずかしいわ」

「濡れているおま×こも素敵だと思う。これから弄ってあげるからね」

「うん。ありがとう。早く気持ちよくなりたいの」

由美は蕩けるような笑みを浮かべた。

その笑顔を見て、豊はそっと秘唇に指を当てた。

全体的に、くちょくちょとしていて、淫らである。彼の指先には、ハチミツのようなラブジュースが付着していった。

膣口を指で擦るように刺激していくと、由美が背筋をスッと緊張させた。それと同時に、女陰がピクリと動いていく。

彼女の性器は、非常に綺麗であった。ヴィーナスの丘に繁茂する淫毛は薄く。遠目から見るとパイパンに感じられるかもしれない。また、大陰唇はキレイな肌色をしていて、無駄毛が一本も生えていない。

さらに、その奥を広げると、くぱぁと小陰唇が顔を出す。肉襞はやや褐色がかっているが、変に黒くなく、自然な色合いをしていた。そして、小陰唇を掻き分けていくと、ぬらぬらと濡れている膣口が見える。そこは、全体的にトロトロととしており、蕩けそうな印象があった。

指で擦ると、ヌメヌメとして淫蜜が付着し、それが指先をスムーズに動かしていくのだ。性器全体を、よく観察するように見つめ、そして、膣口付近を刺激していく。

豊自身、女性器を弄るのは久しぶりだったので、上手く気持ちよくさせられるか不安であった。ただ、自分の気持ちを高め、先程のお返しをする感覚で、秘唇を撫で回していった。

「ねぇ、おま×この中も弄って。そうすると気持ちよくなれるの」

「おま×この中がいいんだね。凄く卑猥なセリフだ」

「いやぁん、だって気持ちよくなりたいんだもの。淫語を話す女子は嫌い?」

「ううん。そんなことないよ。大胆な発言をする方が好きかな。恥ずかしがっていると、楽しめないしね」

「そうでしょ。だから、お願い。あんまり焦らさないでおま×こを弄って」

豊は言われるままに、指先を胎内に導いていく。

彼女の膣内は、とても熱くなっていた。それでいて、ヌメヌメとしていて、膣壁が指先に密着し、絡みついていくのである。由美の膣壁は、独特の襞があるようで、それがねっとりと絡みついてくる。吸盤で吸われているような感覚になるのであった。

彼は、指を奥深くまで挿入していった。そして、Gスポットを刺激し、快感を生み出していく。対する由美は、余程心地いいのか、恍惚とした表情を浮かべて、快感に身を委ねている。

「あぁん、豊さん、凄く気持ちいい。とても丁寧なのね」

「あんまり慣れていないんだけどね」

「ううん、凄く繊細な指捌きで、いい感じよ。そのままもっと弄って」

「わかった。このまま続行するよ」

豊は、Gスポットをコンコンと押すように刺激しながら、同時に膣壁をカリカリと擦り始めた。ヌルヌルになった膣内からは、止めどなく愛蜜が溢れ出し、大洪水になっていく。

(もう一本くらい指が入りそうだな……)

そう感じた豊は、今挿れている人差し指にプラスして、中指も同時に挿入していった。キュキュっと膣内が締まり、指への締め付けが強くなる。

「あぅ。くぁぁん」

指を二本挿入され、由美の甘い声もより一層大きくなる。

その淫声聞きながら、豊の性的な興奮も高まっていくのであった。

やがて、豊は親指の腹を使って、陰核を刺激し始めた。

女性の一番敏感な部分が、クリトリスであることは知っている。もっと気持ちよくさせるためには、ここを弄るのが一番的確であると感じたのであった。

「きゃぁ、クリを弄るの。激しいわぁ」

「クリトリスがヒクヒク震えているよ。触って欲しいみたいだね」

「あふぅん。そうよ、クリも触って欲しいの。そうしたらもっと気持ちよくなれるから」

陰核の包皮を親指で剥くと、プルンと白い豆のようなものが飛び出した。それは外気に触れて、小動物のように震えていた。その光景を見て、豊は愛おしさのようなものを感じ始める。

くりくりとクリトリスを刺激すると、由美の顔がますます薄紅色に染まっていく。そして、漏れ聞こえる、ため息にも艶のある響きが混じり始めた。

「くぅぅん。クリちゃん、凄く気持ちいい。もっと弄って、お願い」

「クリトリスが充血してきたよ。もっと激しくしていいんだね?」

「もちろん。荒々しいのが好きなの」

右手を使って胎内を掻き回し、空いた左手で陰核を摘み、擦りあげていく。

淡い刺激が、突如鋭さを増し、由美を襲っていく。女の一番敏感な部分を触られて、由美も興奮しっぱなしであった。

「ふぁ、あぁぁん。ぅぅ、くぅぅ」

女はあまりの愉悦に言葉にならない、ため息を漏らしていった。

豊も徐々に勢いづいていく。クリトリスを弄りながら、今度は性器に顔を近づけていく。

クンニリングスをしてみようと思ったのである。

秘唇に顔を近づけると、ツンとした刺激臭が鼻を突いた。ヨーグルトの酸っぱいような香りが充満し始めた。特に、シャワーを浴びていないため、匂いは一層際立っている。

「由美さんのおま×こ、凄くいい匂いがする」

「やぁ、匂いを嗅いじゃダメェ。恥ずかしいわ」

「大丈夫だよ。全然不快じゃないから」

「でも、汚いわ。シャワーも浴びていないし」

「シャワーを浴びないほうが、野性的な感じがして好きだな。君もそうなんだろ?」

「それはそうだけど、やっぱりおま×この匂いを嗅がれるのは恥ずかしいわよ」

「恥ずかしがっている姿も可愛くて魅力的なんだ。だから、もっと見せて」

豊は舌先を膣口に当て、ベロベロとアイスを舐めるように、触れていく。

ねっとりとした舌で舐められると、それだけで心地よくなってしまう。由美は身を捩らせながら感じ続け、「アン、アン」と、淫声を轟かせた。

膣口全体を舐め回し、さらに、舌先を胎内に挿れていく。

性器全体を貪るように堪能しながら、次いで豊は、陰核を舌で刺激し始める。

ねちっこく舐るようにしてクリトリスを弄っていくと、由美の身体がビクンと震えていった。彼女も徐々にアクメを覚え始めたようである。

「はひぃ。豊さん、私、何だかイキそうになってきたわ」

「イキたくなったらイッていいよ。気持ちよくなっている由美さんの姿が見たいから」

「うん、そのまま舐め続けて。凄く気持ちよくて蕩けそうだから」

「わかった。君がイクまで舐め続けているよ」

豊は陰核と女陰をセットで舐め続け、由美をイカせるために懸命になっていた。

どれくらいだろう、甘く切ない時間が流れていく。由美を襲っていたアクメは、徐々に大きくなっていき、やがて高波のように巨大になった。

「あぁぁん。ダメ、イク、イッちゃう」

由美のおま×こが、不意に痙攣を始めた。

イク兆候が現れたのである。

豊は最後の仕上げと言わんばかりの勢いで、秘唇を舐め続けた。

すると、由美はとうとう果ててしまう。

「アッ、あぁぁ、もうダメェ」

由美の身体に電流が走ったかのような衝撃が巻き起こる。

痛烈な快感を覚えながら、彼女はガクッと身体を折って、崩れ落ちた。

「由美さん、イッたんだね?」

「うん。凄く気持ちよかった。こんなに気持ちよくなったのは、本当に久しぶりよ。ありがとう」

「僕の方こそ、上手くできたみたいでよかったよ」

「豊さん。このまま続きをしたいんだけどいいかしら?」

「続き?」

「そう、つまりセックスをしましょうってこと」

「本当にいいのかい? 僕で」

「もちろんよ。最高の夜になりそう。ねぇ、お願い、セックスして」

「僕も君としたいな。一緒になろう」

二人はにこやかに笑い合う。

そして、やがてくる挿入の時に、期待感を募らせていった――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました