連載官能小説『旅先で出会った女』第5回

連載官能小説

連載官能小説『旅先で出会った女』第5回

ベッドの上に由美を仰向けに寝かせる。既に、二人共生まれたままの姿になっており、セックスの用意は整っていた。

豊が何かを言う前に、由美は率先して脚を開いていく。すると、ヌラヌラと光り輝く膣口がいやらしく見えていった。彼は、ゴクリと生唾を飲み込みながら、自身のペニスを持ち、それを女陰に押し当てていく。

ぬちょっと、卑猥な音が聞こえたかと思うと、亀頭に愛蜜が付着した。それはトロトロと滑っていて、丁度いい潤滑油となっていく。

「由美さん、挿れますよ?」

と、豊が囁くように告げる。

彼は、興奮と緊張の織り交ざった感情の中にいた。

セックスをするのは、久しぶりである。だからこそ、上手くできるか不安である。それでも、気持ちよくなりたいという意志が上回っている。早く結合し、滑った胎内の感触を味わいたい。そんな風に感じていた。

対する由美も、強い期待感の中にいた。心のどこかで、豊とは身体の相性がいいのではないかという感じがしてくるのである。前戯を受けて、彼女はそう思っていた。同時に、あの大きなペニスを挿れられると、どんな気分になるのか、試してみたい気持ちもあった。

豊の怒張は、由美が見てきた中でも、トップクラスのサイズを誇る。決してサイズが全てというわけではないが、大きい方が奥まで届くであろうし、きっと気持ちいのではないかと感じていた。

「うん、早く挿れてぇ」

由美が甘い声で告げる。

それを受け、豊はいきり立った剛直を膣口に当てていった。

既に、たっぷりと蜜液で満たされているので、挿入はスムーズに行われた。ずぶずぶずぶと、めり込むようにペニスが胎内に侵入していき、温かで、しっとりとした粘膜の感触が、ペニス全体を覆っていった。

(うぅ。凄く気持ちいい……)

と、豊は素直に感じていた。

ここまで気持ちよくなったのは、もしかすると、初めてかもしれない。

それだけ、圧倒的な快感が彼を襲っている。

「最初はゆっくり動きますね」

「わかったわ。でも、奥までしっかり挿れてね」

「奥が好きなんですね。やってみます」

豊は、ゆったりとしたペースで腰をグラインドさせ始めた。

彼の骨盤が、由美の臀部に当たり、ぺちぺちとリズミカルな音を上げる。

挿入はゆっくりだが、由美の言う通り、なるべく奥の方までペニスを挿れるように工夫していく。何度か浅く突いて、一気に貫くように深く押し入れる。まさに、緩急をつけた挿入であった。

深く突かれる度に、由美の淫声が轟いていく。

「うぅぁ、くぅぅ、イイわ、凄く感じるの」

「僕も凄く気持ちいいです。ち×ぽが蕩けそうだ」

「私のおま×こ、気持ちいいでしょ?」

「はい。独特の襞が、ペニスに絡みつくんです」

「そうなのよ。私の性器って、名器っていうらしいわ。数の子天井っていうのよ」

その単語は聞いたことがあったが、実際に目の当たりにするのは初めてであった。

彼女の胎内は、無数の襞が散乱しており、それがペニスに吸いつくように密着するのである。その状態で擦っていくと、堪らない快感が迸るのであった。

ゆったりとしたペースで抽送を続けていた豊であったが、少しずつペースを上げていく。あまりにゆっくりであると、気持ちよさが半減してしまうと感じたのである。

「徐々に動きを速めていきますよ」

「あぁぁ、そうして、もっと激しくしてぇ」

由美が劈くように叫ぶ。

その声を聞いていくと、ますます興奮する自分がいるのに気が付いた。まさに火が付いた状態と言えるだろう。豊は腰を穿つスピードを速めていき、快感を生み出していく。

ずりゅ、めりゅ……、と、ペニスが膣壁を擦り、淡い刺激が伝わってくる。その悦楽は、動けば動くほど激しくなっていき、二人を包み込んでいった。

「きゃぁ、おちん×んが奥まで届いて、おかしくなっちゃうわぁ」

「由美さんのおま×こ、トロトロになっていて、ち×ぽがスムーズに動きます」

「それだけ感じているのよ。さぁ、もっと激しく突いて頂戴」

由美はそう言うと、自らの腰を突きの一撃に合わせて振り始めた。

豊はというと、由美の膝頭に手を置いて、やや速めのスピードで突き続ける。じわじわと快感が全身を包み込み、彼をうっとりとさせていく。

ふと、結合部分に視線を注ぐ。すると、淫猥な糸が伸びて、くちゅくちゅという淫音を鳴り響かせていた。とにかく、心地よくて堪らない。どこかでも感じていたいという気持ちになるのであった。

豊は垂直だった姿勢を、やや前傾にさせていく。由美に覆いかぶさるような体勢になると、自分の顔を由美の顔に近づけていく。そして、そのままプルンと震える唇を奪った。淫猥なキスが、展開されようとしている。

「んぐ、んんん、あっぁぁ」

突然のキスの雨に、由美も情熱的になっていく。

触れるだけのキスから一転して、舌を絡めるディープなキスへと変化していくのであった。

(由美さんとするキス、凄く熱くてうっとりするなぁ)

ここまで情熱を感じるキスをかつてしたことがあっただろうか?

豊は感慨深くなって、自らの舌を深く絡めていった。お互いの唾液を啜り合っていくと、口元から、涎が零れて、それがシーツの上に落下していく。彼女の唾液は、ハチミツのように甘く、豊を恍惚とさせていった。

やがて、豊は由美とキスをするのを止め、舌先を首元に這わせていった。そして、首回りを、レロレロ舐めつつ、挿入を繰り返していく。

由美の首筋には汗が流れ出ており、ややしょっぱい味のする汗を堪能できた。首元を舐めながら、それを徐々に下に下げていく。

「豊さん、おっぱいも舐めて」

「もちろんです。今舐めますよ」

舌先を乳房に当てて、円を描くように舐めていく。

ふんわりとしたいい香りが、豊の鼻を突いた。神々しいというか、情欲を誘う香りであると感じられた。

おっぱい全体を舐めたり吸ったりして、刺激に変化を加えながら、由美を気持ちよくさせていく。もちろん、ペニスを穿つのも忘れない。ずんずんと、剛直を胎内に侵入させ、快感を貪っていくのである。

膣壁をメリメリと切り開いていく時の快感は、形容しがたいものがあり、豊を強く満足させていく。

「乳首も、乳首も舐めて。乱暴にしてぇ」

と、由美が叫ぶ……。

彼女はどこかレイプ願望があるようであった。

豊は、由美の胸の蕾に噛みついた。そして、コリコリと歯を優しく使いながら、甘噛みしていく。すると、由美はビクッと身体を跳ねさせ、快感に身を委ねていった。

「あぁん、それいいわ、凄く気持ちいい」

「由美さんは乳首が好きなんですね」

「うん、乳首弄られると気持ちよくなっちゃうのぉ、もっとしてぇ」

由美の甘い囁き声が、静かな部屋に染み渡っていく。

豊は、懸命にプクりと勃起した胸の膨らみを、舐めたり噛んだりし続けた。何だか、柔らかいゴムを噛んでいるような気持になる。

由美のおっぱいを一通り堪能すると、豊は姿勢を上げていった。そして、彼女の脚を大きく開くと、それを上方に持ち抱えていく。つまり、まんぐり返しに近い体勢を取らせたのである。

「やぁ、こんな体勢恥ずかしいわ」

「おま×こがキュッと締まりましたよ。興奮してるんじゃないですか」

「こんな恥ずかしい体勢になったら、嫌でも興奮してしまうわ。仕方ないじゃない」

「恥ずかしがってる由美さんも凄く可愛いですよ。もっと顔を見せて」

由美は仄かに顔色を薄紅色に染めている。あられもない体勢になり、恥ずかしがしとどに襲い掛かってくるのであった。

豊は、上から下に突き刺すような体勢でペニスを突き続けた。

挿入の角度がやや代わり、一層奥まで届くようになっていく。

「あふぅん、おちん×んがずりゅっと奥まで入ってくるぅ」

「奥がいいんですよね? こうすれば、もっと奥の方まで届きますよ」

「きゃぁ、子宮に当たっちゃう。感じちゃうのぉ」

由美は激しく悶えながら、「アン、アン」と声を上げていった。

豊はさらに速いペースで、腰をグラインドさせる。

メリメリと、膣の奥までペニスが届き、彼も気持ちよくなっていった。

先ほど、イッたばかりなのではあるが、次第に射精感が浮かび上がってきた。じんじんと、ペニスが熱くなり、心地よくなっていくのである。しかし、まだイクわけにはいかない。セックスは始まったばかりなのである。これからが本番であろう。

豊は、アヌスにキュッと力を入れると、強引に射精感を抑え込んでいった。

次いで、彼は由美の脚を上方に掲げた。先ほどは、脚を広げつつ上に持ち上げたが、今回は脚を閉じた状態で、上に掲げたのである。こうすると、秘部の形が変化し、締め付け具合が変わっていった。キュッと包み込まれるようにペニスが締め付けられるのであった。

「今度は何をするつもり?」

「こうすると、おま×こが締まると思って、どうですか?」

「いい感じよ。その調子でやって頂戴」

「わかりました。どんどん突いていきますよ」

豊はさらに抽送のリズムを上げていく。

じわじわとする悦楽が、次第に鋭さを増していく。にちょにちょと、ペニスが胎内を蠢き、途轍もない快感を生み出していく。

豊も由美も、セックスの快感の虜になりつつあった。

二人とも、貪欲に快楽を求め続ける。

パンパンパンと、肉同士がぶつかり合う音がこだまし、それが、豊の耳に心地よく届く。徐々に、彼の中での限界が近づいてくる。

(参ったな、このままだと、イッてしまうかもしれない)

と、豊は感じていた。

一方、由美もアクメを覚えつつあった。

ジンジンとした刺激の波に包み込まれ、心地よくなっていくのである。

「由美さん、このままだと、僕イッてしまうかもしれません」

「私も気持ちいい。イキたくなったらイッていいから。その代わり、何度もやりましょう」

「どこに出せばいいですか?」

「中に出して、中にあなたの精子をたくさん頂戴」

「中に……、いいんですか?」

「精子をビュッビュッって中に出されると気持ちいいの、だからお願い、中に出してェ」

「わかりました。じゃあ、たっぷりと中に出しますよ」

豊の中で限界が近づきつつあった。

そして、有らん限りの力を使って突き続ける。

「あっ、ああぁ、ダメだ、……イク、イキます」

と、豊が叫んだ。

半秒遅れ、由美が声を上げる。

「私もイク! 一緒にイキましょう」

次の瞬間、激しい性の爆発があった。

ビュルビュルドピュと、勢いよく子種が放出されていく。それらは全て、由美の胎内に注がれていった。

「あぁぁ、出てる、たくさんの精子が私の中に……」

由美はガクガクと身体を震わせながら、悦楽を覚えていく。

そして、そのまま由美も果てていった。

最後、二人は抱き合いながら、熱い口づけを交わす。

「豊さん、まだよ、まだ足りないわ」

「うん、僕ももっと君としたいよ」

「次は後ろから犯して。バコバコって乱暴な感じで」

「わかった。後背位でしよう」

「その次は騎乗位よ。私があなたを導いてあげる」

「それは楽しみだな。ぜひお願いするよ」

肉棒を膣口から引き抜くと、どろりと精液が零れ落ちた。それはどこまでも淫らな光景である。

由美は姿勢を起こして、今度は四つん這いになった。そして、腰をフリフリと振りながら、豊を誘惑していく。

当の豊は、由美の官能的な姿を見つめながら、再びペニスが熱く反応していくのを、確かに感じていた――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました