連載官能小説『彼女のお母さんに憧れて』第5回

連載官能小説

連載官能小説『彼女のお母さんに憧れて』第5回

先ほどイッたばかりの秘裂は、とても敏感になっている。

ヒクヒクと震えており、さらに、トロトロの蜜液で満たされていた。

「挿れますよ、明子さん」

「本当にするの? こんなのってよくないわ……、だって私は人妻よ……」

「大丈夫ですよ。言わなきゃバレません。俺、口は堅いですから」

「で、でも……、そ、そんな……」

「とにかく、俺、もう我慢できないんです。セックスしたいんですよ。お願いします」

必死に懇願する優人。

彼の肉棒は、はち切れんばかりに膨れ上がっていた。

「おま×こ、これだけ濡れているんですから、直ぐに入りますよ」

「きゃぁ、あぁぁ……」

悲痛な叫び声を上げる明子。

但し、その声を無視して、優人は挿入を試みる。

「挿れます。いきますよ」

「はぅぅ。あぁぁん……、お、おちん×んが、入ってくるぅ……」

優人は勢いよく、ペニスを秘唇にあてがい、そのまま一気に貫く。

ずぶずぶと、めり込むようにペニスが膣内に埋没していった。

「う、うぅぅ。ぐぅ、あぁん、お、大きい……、おちん×ん、凄く大きいわ」

「俺のち×ぽが明子さんの中に入った……」

「あぐぅ……、抜いてぇ、このままじゃ……私、変になってしまう……。それに夫を裏切りたくないのぉ」

「大丈夫です。直ぐに気持ちよくなりますから」

「はぁぁぁぁぁん……。ひっ、ひぃぅ……あぁぁん、アァツ……」

優人はゆっくりと抽送を始めていく。

最初は静かに動き、胎内の感触をペニス全体で味わっていくのであった。

「おちん×んが、あそこに刺さって……、ぅぅ、……な、何か変な感じ。あぁぁ……、どうしたらいいの? 私、どうなっちゃうの??」

「そのままでいいんですよ。俺の動きに合わせて腰を振ってください。そうすれば、もっと気持ちよくなれますから」

「きゃぁ……、あふぅん。あそこが壊れちゃいそう。そんなに動かないで……」

「まだ全然動いていないですよ。これからが本番です」

そう言い、優人は少しずつピストン運動を速めていく。

すると、にちゃにちゃと淫猥な音が鳴り響き始めた。

「いやぁぁん、お、音が……音が出てるぅ……。恥ずかしいぃ」

「おま×こに俺のち×ぽがずっぷりと入っているんですよ。だから音が出るのは当然です。むしろ……、イイじゃないですか? 俺はエッチな音が聞こえた方が興奮しますよ。明子さんは違うんですか?」

「そ、そんな……、恥ずかしいし、……はぁん、あぁぁ、そんなに動かれたら……私、あぁぅぅ……」

明子の声にも徐々に艶のある響きが含まれ始めた。

彼女は少しずつ感じ始めたのである。だが、それを認めなくなかった。

「明子さん、もっと速く動いてもいいですか? これじゃ満足できない」

「え? ぇぇぇ、もっと速く動くの……、そ、そんな……ダメよ、これ以上されたら、あそこが壊れちゃうわ」

「壊れるまで突いてあげますよ。そうすれば、きっと今以上に気持ちよくなれますから」

「くぅん、……、ハァツ……ハァハァ……、あふぅん、これじゃ、まるで獣みたい」

正常位での挿入になるが、かなり荒々しいセックスになったため、獣同士が交尾しているかのような形であった。

それが、堪らなく恥ずかしい……。しかし、どこかで求める自分もいるのであった。

「明子さん、おま×こがキュッと締まってますよ。気持ちいいですか?」

「あぅぅ……、き、気持ちよくなんか……。あぁぁぁん。そ、そんなに動かないで……。お願い、これで満足でしょう?」

「まだ満足なんかしていません。明子さんだって、こんなにおま×こ濡らしているんですから、心の底では興奮しているはずなんです。否、俺を求めているはずだ」

「っ……、っぅ……、私が、優人君を求めているですって? そんなはずは……」

「だったら、もっと必死に抵抗すればいいじゃないですか? それをしないってことは、明子さんもこのセックスを望んでいるってことでしょ」

「あ、あなたが強引にするから……、あぁぁん、私、本当は嫌なのよ……、絶対に感じてなんかいないわ」

「そうですかね? 感じていない人間は、そんな艶のある声を出しませんよ。それに、おま×こがお漏らししたみたいにぐちょぐちょだ」

確かに彼女の秘唇はたっぷりと蜜液で満たされていた。

そして、愛蜜が結合部分から滴り落ちていく。

「もっと奥までち×ぽを挿れてあげます。行きますよ」

「くぅ……、はははぁん、そ、そんな、あんまり乱暴にしないで……。あそこが……裂けちゃう……。あぁぁぁぁ……」

優人は、一定のリズムで突きの一撃を繰り出し始める。

三度浅く突いて、四度目で一気に貫く。このようにして、リズミカルに抽送を続けた。

「おま×こ気持ちいいですか? 否、気持ちいいですよね。そろそろ認めてください……」

「きゃわ……、ぁぁぁん、んんぁ、んんん……、本当に止めてぇ……」

「本当に止めてもいいんですか? ここで止めたら、もう気持ちよくなれないんですよ。こんなにおま×こが濡れているのに、途中でお預けを食らったら、それこそ、明子さんは変になってしまいますよ。そうだ、もっと俺に、エッチな言葉を聞かせてください」

「はぁん……、っ……な、何を言ってるの? あふぅん……」

「今、どこを突かれていますか? 言ってください」

「あぁぁぁ……んんぁ……んん、そんな恥ずかしい言葉言えないわ……」

「言ってください、言わないと突くのを止めますよ」

「ひぃ……、本当に止めてくれるのね、だったら止めなさい、そっちの方がいいに決まってるから……」

「強情だなぁ、なら、こういう作戦で行くか……」

優人はそう言うと、徐にペニスを抜いた。

そして、明子の脚を広げ、そのままじっくりと視線を注いだ。

「い、一体何をするの?」

「このままいつまで耐えられるか待っています。ほら、どんどんち×ぽが欲しくなってきたでしょ」

「おちん×んなんて欲しくないわ」

「そうですか? ならずっとこのまま脚を広げていてください。気持ちよくはなれませんから」

「くぅ……。あぁぁ……」

あられもない姿を見られ、心の奥底から興奮してくる自分がいる。

じわじわと、股間部分が熱くなり、ペニスを求めたくなるのであった。

(う、嘘でしょ。おちん×んを抜かれたら、何か物足りなくなってる。どうして? どうしたおちん×んが欲しいと思ってしまうの??)

やがて、明子はくねくねと身体をくねらせ始めた。

「おや、どうしたんですか? 明子さん、身体が動いていますよ、それもかなり卑猥だ」

「あぁぁん、だって、あなたがおちん×んを抜くからぁ……」

「抜いてくれって言ったのは、明子さんじゃないですか? 俺はそれに従ったまでです」

「少しくらいなら、挿れてもいいわ。そっちの方が優人君もいいんじゃない?」

「ククク……。なら、素直にち×ぽをおま×こに挿れて下さいって、言ってくださいよ」

「はぁうぅ……、くぅん、んんん……、そんな意地悪しないで……。このままだと、私、おかしくなってしまいそうなの」

「ち×ぽが欲しいんですか?」

そう優人が尋ねると、明子はコクリと頷いた。

とうとう、身も心も優人に捧げてしまう。そんな思いが体中を支配していく。

「明子さん、言ってください。おま×こにち×ぽ挿れてって……」

「言えば、おちん×んを挿れてくれるのね?」

「もちろんです。ちゃんと挿れてあげます。そして、心の底から気持ちよくしてあげますよ」

(ぁぁぁ、本当に恥ずかしい……、で、でも言わないと、おちん×んを挿れてもらえない。……、それにこれ以上我慢できないわ、あそこが疼いて仕方ないの。そうよ、仕方ないの。あなた、ゴメンなさい。私はふしだらな女です。どうしても、若いおちん×んを求めてしまうの……)

数秒の間があった後、明子は意を決した。

おま×こがズキリと疼き、これ以上耐えきれない。

「お、おま×こにおちん×んを挿れてぇ」

「よく言えました。じゃあ、お望み通り挿れてあげます。いいですね?」

「はぁん……、んんぁ、早くぅ……、おちん×んをおま×こに挿れて、ズボズボしてほしいのぉ……」

「わかりました。じゃあ挿れますよ」

「うううん……っ……、っあぁん」

明子の甘い嗚咽が漏れ、優人は再びペニスを女の部分に導いた。

メリメリと、膣壁を肉竿が侵食していく。

「くぅぅ……、んんぁ、入ってきたぁ。おちん×んが、私の中にぃ。大きいおちん×ん、気持ちいいのぉ」

「すっかり俺のち×ぽの虜ですね。でも、嬉しいですよ……。やっぱりセックスはお互いに感じ合わないと楽しめませんからね」

「きゃぁ……、は、早く突いて、私のおま×こを、ズボズボってして……、お願いいぃ……」

明子は淫声を轟かせた。

その艶のある響きが、心地よく優人の耳に届く。

「心配しないでもちゃんと挿れてあげますよ。ほら、どうです? 奥まで入ったでしょう? 気持ちよさそうですね? 明子さん……、顔がうっとりとしていますよ。写真に撮りたいくらいだ」

「だってぇ、おちん×んが凄く気持ちいいんだもの……。グチュグチュの私のおま×こを、思い切り掻き回して……、ズボズボって、おちん×んを動かして……、は、あぁん、は、早くぅ、お願いぃ、あんまり焦らさないでぇ」

「わかってますよ。それにしても凄い締め付けだ、子供を産んだおま×ことは思えない。セックスは久しぶりだったんですか?」

「はははぁん、ぁぁぁ、んぁ……っっ!! 久しぶりなのぉ。本当に久しぶりのセックスなのぉ、だから、おま×こが疼いて仕方ないのよぉ」

「なんて卑猥なんだ。憧れの明子さんが、乱れている。俺、凄く興奮してきました。俺のち×ぽを堪能してください」

優人は、抽送を速めていった。ずんずんとペニスを奥深くまで挿入し、快感を生み出していく。

対する明子は、若い牡の肉竿の虜になってしまっていた。最早、抜け出せないだろう。

「アッ、凄い! 凄く元気ねぇ。優人君のおちん×んが、私のおま×この中で暴れているわぁ。ははぁん。じんじんして気持ちいいぃ」

「俺も気持ちいいですよ。おま×こがキュッとち×ぽに絡みつくんです。ねっとりとしていて、甘締めされて、……本当に最高ですよ」

「んふぅ……、あぁぁん、くぅん……」

「あぁ、何だか精子が出そうです。このまま出してもいいですか?」

「出すって、中に出すつもりなの?」

「もちろんです、それがセックスの基本じゃないですか?」

「ま、待って、中に出されたら、赤ちゃんができちゃうかもしれないし」

「そうしたら、俺の子供を産んでください。も、もう我慢できない、中に出しますよ……」

「きゃぁぁ、中に出すの……? 中出し、中に精子をビュルビュルって出すつもり?」

「そうですよ。中に出された方が、明子さんも気持ちいいはずですよ」

明子は思い悩んだ。

彼女は、若い欲望を全身で感じたい。そんな風に考え始めた。

「わかったわぁ。中に出して……。私のおま×こに、優人君の精子をたくさん頂戴……」

「ありがとうございます。じゃあ、遠慮なく出しますからね。たくさん出してあげますよ」

「はぁ……はぁ、身体が疼く、精子が欲しいわ。私のおま×こんたっぷり精子頂戴ぃぃ」

「あぁぁ、出る……。イキます。精子出します」

と、叫ぶように優人が言い放った。

そして、次の瞬間、牡の欲望を一気に発射させる。

「あぁぁあん、す、凄い、出てる、熱いぃ、お腹の中に精子がたくさん……」

「うわぁぁ、精子が止まらない。どんどん出てくる……」

「ひぃ……はぁ……、おま×こに中出しされてぇ、私気持ちよくなってるぅ。中出し気持ちいいぃ、精子をビュビュって出されるの気持ちいいのぉ」

明子はガクガクと体を震わせて、全身で快感を表現していく。

こうして、中出しセックスは終わりを告げた。

「明子さん、今日はこれで終わりにしますけれど、また明日来ますから。再び楽しみましょう」

「え? 明日もするの??」

「もちろんです。今度は違う体位でしたいなぁ……」

優人は嬉々として語った。

対する明子は、ズキリと秘唇が疼くのを感じるのであった――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました